iPhone・Androidが最大21,600円割引中 

ワイモバイルでiPadは使える?使えるiPadと設定手順を解説

 

ワイモバイル iPad

 

本記事ではワイモバイルでiPadシリーズ(iPad・iPad mini・iPad Pro・iPad Air)を使う手順を解説します。

 

ワイモバイルのSIMでも使えますが、シェアSIMを挿して使うのがおすすめです。

 

▼SIM契約で5,000円分お得▼

ワイモバイル SIM PayPay キャンペーン

 

ワイモバイルで使えるiPad

 

iPad

 

動作確認済のiPadは?

 

本記事執筆時点で、ワイモバイルでは以下のiPadが動作確認されています。

 

<動作確認済のiPad>

機種名端末購入元
11インチ
iPad Pro
SIMフリー版
11インチ
iPad Pro
docomo・au・SoftBank版
12.9インチ
iPad Pro(第3世代)
SIMフリー版
12.9インチ
iPad Pro(第3世代)
docomo・au・SoftBank版
10.5インチ
iPad Pro
SIMフリー版
10.5インチ
iPad Pro
docomo・au・SoftBank版
12.9インチ
iPad Pro(第2世代)
SIMフリー版
12.9インチ
iPad Pro(第2世代)
docomo・au・SoftBank版
12.9インチ
iPad Pro
SIMフリー版
12.9インチ
iPad Pro
docomo・au・SoftBank版
iPad
(第7世代)
SIMフリー版
iPad
(第7世代)
docomo・au・SoftBank版
iPad
(第6世代)
SIMフリー版
iPad
(第6世代)
docomo・au・SoftBank版
iPad
(第5世代)
SIMフリー版
iPad
(第5世代)
docomo・au・SoftBank版
iPad mini
(第5世代)
SIMフリー版
iPad mini
(第5世代)
docomo・au・SoftBank版
iPad mini 4SIMフリー版
iPad mini 4docomo・au・SoftBank版
iPad Air
(第3世代)
SIMフリー版
iPad Air
(第3世代)
docomo・au・SoftBank版

 

最新の動作確認状況は下記を確認してください。

詳細動作確認端末一覧

 

セルラーモデル

 

iPadシリーズにはWi-Fiモデルとセルラーモデル(Wi-Fi+Cellularモデル)があります。

 

Wi-FiモデルはSIMカードを入れられず、Wi-Fiによる通信のみが可能です。

一方、Wi-Fi+セルラーモデルはWi-Fiでの通信に加え、SIMカードを挿してSIMによる通信もできます。

 

Wi-FiモデルWi-Fi+
セルラーモデル
Wi-Fiでの
通信
SIMでの
通信
×

 

ワイモバイルで使えるのはセルラーモデル(Wi-Fi+Cellularモデル)です。

 

SIMロック解除が必要な場合

 

新品のiPadはApple Storeか、ドコモ・au・ソフトバンクで購入できます。

 

Apple Storeで販売されるiPadはSIMフリーなので、ワイモバイルのSIMを挿してAPN設定をすれば使えます。

 

一方、ドコモ・au・ソフトバンクで販売されたiPadには、他社で使えないようにSIMロックがかかっています。

ワイモバイルで使うためには、このSIMロックを事前に解除しなければなりません。

 

ソフトバンク版もSIMロック解除が必要なので注意してください。

 

<SIMロック解除の手順>

 

SIMロック解除すれば、どこで買ったiPadでもワイモバイルで使えるようになります。

 

中古のiPadも使える

 

iPadはApple Storeで本体のみを購入できますが、価格は少々高いです。

できる限り価格を抑えたい方は、中古のiPadも検討しましょう。

 

大手スマホ通販サイトのイオシスでは、中古はもちろん未使用品のiPadも在庫が豊富です。

新品より安く購入できますので、ぜひ探してみてください。

 

iPadではないですが、私も先日イオシスでタブレットを購入しました。

 

▼iPadの格安在庫を探す▼

スマホ通販のイオシス 

 

 

iPadはシェアSIMがおすすめ

 

iPadに通話機能は不要

 

iPadのセルラーモデルには、ワイモバイルの通常のSIMを差しても使えますが、シェアSIMでの利用がおすすめです。

 

ほとんどの方はiPadで通話はしないでしょう。

であれば、音声通話機能のないデータ通信専用SIMを挿して使いましょう。

 

シェアSIMとは

 

シェアSIMとは、SIMカードを追加発行して、複数のSIMで契約したデータ容量を分け合うサービスです。

 

ワイモバイルの音声SIMを契約している方は、データ通信専用SIMを追加することで親となる音声SIMとデータ容量を分け合えます。

親となる音声SIMはスマホに挿して使い、子回線のシェアSIMはiPadに挿して使えば、親と子の間でデータ容量を分け合えるのでお得です。

 

私もシンプルプランMを親としてシェアSIMを1枚追加し、速度計測用のスマホに挿して使っています。

iPadを使う場合はこのシェアSIMが断然おすすめです。

 

 

シェアSIM契約は店舗で

 

シェアSIMの契約は店舗のみです。

オンラインではできません。

すでに音声SIMに契約している方は、来店予約した上で店舗でシェアSIMを発行してもらいましょう。

 

これからワイモバイルに契約される方は、店舗で契約すると同時にシェアSIMを発行してもらってもOKです。

しかし、オンラインで契約すれば親回線の音声SIMの契約事務手数料が無料になります。(シェアSIMはそもそも手数料が無料)

 

よって、「親回線の音声SIMはオンラインで発行し、SIMが届いたらシェアSIMを店舗で発行する」のが一番お得でおすすめです。

 

 

 

ワイモバイルでiPadを使う手順

 

ワイモバイルでiPadを使うためには以下の手順が必要です。

 

  1. iPad本体を準備
  2. ワイモバイルのSIMを契約
  3. 本体にSIMを挿入
  4. APN設定

 

これから、各手順の詳細を解説していきます。

 

使えるiPadを準備

 

iPad

 

まずはiPad本体を用意しましょう。

これから本体を購入される方は、AppleStoreで端末のみを購入できます。

購入iPad | Apple (日本)

 

また、少しでも安く買いたい方は「イオシス」などの大手スマホ通販サイトで買うのもおすすめです。

中古や未使用品のiPadの在庫が豊富です。

 

▼iPadの格安在庫を探す▼

スマホ通販のイオシス 

 

ドコモ・au・ソフトバンクで買ったiPadを持ち込む場合は、SIMロック解除が必要です。

下記を参考に事前にSIMロックを解除しておきましょう。

 

<SIMロック解除の手順>

 

ワイモバイルのSIMを契約

 

SIMカードとは

 

続いて、ワイモバイルのSIMを契約します。

前章でも解説しましたが、iPad用のSIMはシェアSIMが断然おすすめです。

 

音声SIMを契約している方は、店舗でシェアSIMを追加発行してもらいましょう。

手数料無料で発行してもらえます。

 

ワイモバイルの音声SIMを契約していない方は、ワイモバイルに乗り換えてから店舗でシェアSIMを発行してもらってください。

乗り換えの手順は下記に詳しくまとめています。

 

 

本体にSIMを挿入

 

SIMカードとiPad本体が準備できたら、iPad本体にSIMカードを挿入します。

手順はこちらを参考にしてください。

 

APN設定

SIMを差した後にはAPN設定が必要です。

本体にSIMを差した後、Wi-Fiに接続した状態で「iPadのAPN設定」から設定を進めてください。

※リンク先はiPhoneと記載されていますが、iPadも同じです。

 

APN設定が完了すれば、iPadの設定は終了です。

 

▼お得なキャンペーン情報▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

ワイモバイルでiPadを使おう!

 

以上、ワイモバイルでiPadを使う手順の解説でした。

 

iPadで使う場合はシェアSIMの利用がおすすめです。

ワイモバイルの音声SIMを契約している方は、店舗でシェアSIMを発行してもらいましょう。

 

これからワイモバイルに契約される方は、オンライン限定のキャンペーンがお得なので、オンラインで音声SIMを契約した後に店舗でシェアSIMを発行するのがお得です。

キャンペーン一覧はこちらからどうぞ!

 

▼お得なキャンペーン情報▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

ワイモバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました