初期費用無料&6000円分還元キャンペーン中 

ワイモバイルでiPhoneを使う全手順解説!機種変更手順やテザリングの方法も

 

 

本記事ではワイモバイルでiPhoneを使う設定手順や料金、乗り換え・機種変更の方法を解説します。

本記事では、前半で手持ちのiPhoneにワイモバイルのSIMを挿して使う手順、後半でワイモバイルで買えるiPhoneについて解説します。

 

▼iPhone用SIMを購入する▼

ワイモバイル公式サイト 

 

iPhoneの動作確認状況

 

ワイモバイルでは、本記事の説明対象のiPhone(iPhone6S・SE以降の機種)について動作確認が完了しています。

ワイモバイルのSIMカードを挿入しても正しく使えます。

 

SIMフリー端末も、ドコモ・au・ソフトバンクで購入したiPhoneも問題なく使えますので安心して購入してください。

 

ワイモバイルでiPhoneを使う手順

 

手持ちのiPhone・またはアップルストアなどで購入したiPhoneをワイモバイルで使うためには、以下の4つの手順が必要になります。

 

  1. SIMカードを契約
  2. iPhone本体を準備
  3. SIMカードを本体に挿入
  4. APN設定

 

さらに、他社からMNP乗り換えでワイモバイルに契約する場合は、上記の他にMNP予約番号の発行や回線切り替え手続きが必要です。

詳細手順は下記をご覧ください。

詳細ワイモバイルにMNP転入する手順

 

iPhone用SIMカードを購入

 

まず、ワイモバイルでiPhone用のSIMカードを契約します。

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。

 

SIMカードの契約・購入はワイモバイルの店頭でも可能ですが、ワイモバイル公式オンラインサイトの購入が簡単でおすすめです。

 

まずはワイモバイル公式オンラインサイトにアクセスし、手続きを進めます。

 

注意点はSIMカードのサイズです。

本記事で説明するiPhoneのSIMサイズは全てnanoです。

 

 

その後、契約方法(新規契約/MNP乗り換え)・料金プラン・オプション・割引サービスを選択します。

最後に、毎月の料金明細が出てきますので確認してください。

 

ワイモバイル SIMのみ購入画面

 

次のページで、契約者の各種情報を入力します。

本人確認書類が画像でアップロードできるのが便利ですね。

 

 

他社からのMNP乗り換えの場合は、MNP予約番号の取得が必要です。

各携帯会社でMNP番号を発行してもらいましょう。

 

 

最後に、入力内容を確認すれば申込み完了です。

最短で翌日にはSIMカードが送られてきますので、それまでにiPhone端末を準備しましょう。

 

iPhone本体を入手

 

ワイモバイルで買えるiPhoneはiPhone7・iPhone6S・iPhone SEのみです。

他のiPhoneを使いたい場合、端末は各自で用意する必要があります。

 

入手方法は主に

  • アップルストアでSIMフリー端末を購入
  • 他社で購入したiPhoneを流用
  • スマホ店で中古/新品を買う

の3通りです。

詳細は後ほど詳しく解説します。

 

iPhoneにSIMカードを挿入

 

端末とSIMカードが手元に届いたら、iPhone本体にワイモバイルのSIMカードを挿入します。

挿入方法はアップルの公式サイトに詳細が記載されています。

 

 

APN設定(ネットワーク設定)

 

iPhone本体にSIMカードを挿入したら、APN設定(プロファイルインストール)が必要です。

APN設定とは、iPhoneをワイモバイルの回線に接続するための設定です。

 

作業は非常に簡単です。

なお、APN設定をするためにはデータ通信が必要になりますが、iPhoneはまだデータ通信ができませんので、WiFiに接続した状態で作業をします。

 

WiFiにつながったら、下記のサイトよりプロファイルと呼ばれる設定用データファイルをダウンロード・インストールします。

 

 

APNプロファイルのダウンロード・インストールが完了すると、いよいよiPhoneがワイモバイルで使えるようになります。

 

▼iPhone用SIMカードを購入▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

iPhone本体の入手方法

 

Ymobileで購入できるのはiPhone7・iPhone6S・iPhone SEのみです。

他のiPhoneを使いたい場合は各自で用意する必要があります。

 

iPhoneの入手方法は主に以下の3通りです。

 

SIMフリーのiPhoneを購入

 

1つ目は、アップルストアで購入する方法です。

 

アップルストアでは、ワイモバイルのSIMカードを挿して使用できるiPhoneの「SIMフリー端末」が購入できます。

店頭でも購入できますし、Appleのオンラインストアでも購入できます。

詳細iPhoneを購入する – Apple

 

▼iPhone端末価格表▼

64GB128GB
iPhone 8¥52,800¥57,800
iPhone 8
Plus
¥62,800¥67,800
iPhone XR¥64,800¥69,800
64GB128GB256GB
iPhone
11
¥74,800¥79,800¥90,800
64GB256GB512GB
11 Pro¥106,800¥122,800¥144,800
11 Pro
Max
¥119,800¥135,800¥157,800

 

他社で購入したiPhoneを流用

 

2つ目は、ドコモ、au、ソフトバンクで購入したiPhoneを持ち込んで流用する方法です。

これらで購入したiPhoneは、iPhone6S・SE以降の機種なら使えます。

 

ただし、SIMロック解除が必要です。

SIMロック解除とは、ドコモ・au・ソフトバンクなどの携帯会社で使用していた端末を、別の携帯会社でも使用できるようにすることです。

 

SIMロック解除
SIMフリー不要
ドコモで購入
auで購入
ソフトバンクで購入

 

ドコモ・au・ソフトバンクのマイページからSIMロック解除を申請しましょう。

 

 

オンラインで手続きすると3分程度で解除が完了します。

店頭や電話で手続きすると有料(3,000円程度)になりますので注意してください。

 

スマホ店で中古/新品を購入

 

iPhone本体はスマホ通販サイトや街なかの中古スマホ店でも購入できます。

 

特にスマホ通販大手のイオシスではiPhoneの中古/未使用品の在庫が豊富です。

また、価格が安いのも特徴なので、ぜひ探してみてください。

私も先日イオシスで中古のiPhone7を買いました。

 

▼中古/未使用のiPhoneが格安▼

 

古いiPhoneは使える?

 

iPhone5S・iPhone6はSIMフリー版のみワイモバイルで使えます

 

ドコモ・au・ソフトバンク版のiPhone5S・iPhone6はSIMロック解除できないため使えません。

それ以前のiPhoneも使用不可です。

 

 

iPhone使用時の注意点

 

SIMカードサイズはnano

 

ワイモバイル公式オンラインサイトでは、サイズの異なる2種類のSIMカードが販売されています。

nano(ナノ)とmicro(マイクロ)です。

 

iPhone6S・iPhone SE以降のiPhoneのSIMカードサイズは全て「nano」です。

誤ってmicroを購入しないように気をつけてください。

 

iPhoneでテザリング可能

 

iPhoneに関して一番多い質問が「テザリングできますか?」というものです。

ワイモバイルではiPhoneでテザリング可能です。

 

テザリングとは、iPhoneを介してPCやゲーム機をインターネットにつなぐことです。

iPhoneをモバイルルーター代わりに使うイメージですね。

 

ワイモバイルは通常通りテザリングも可能ですので、安心してください。

テザリングは無料でできます。

 

キャリアメールも使える

 

ワイモバイルはiPhoneでもキャリアメールが無料で使用可能です。

 

ドコモ・au・ソフトバンクでは「@docomo.ne.jp 」「 @ezweb.ne.jp」「@softbank.ne.jp」というキャリア独自のメールが使えます。

 

格安SIMではキャリアメールは使えないことが多いのですが、ワイモバイルもキャリアメール「~@ymobile.ne.jp」を無料で使えます

もちろん、iPhoneでも使用可能です。

 

iPhoneは端末保証対象外

 

ワイモバイルで手持ちのiPhoneを使用する場合、故障や破損などに対する端末の保証をうけることはできません。

 

ワイモバイルでは、端末とセットで契約した場合も、SIMカードのみで契約した場合も「故障安心パック」というオプションがあるのですが、対象機種が指定されています。

ワイモバイルで取り扱っていないiPhoneは対象外なので実質補償は受けられません。

 

端末の破損や故障が不安な方は、アップルの保証サービスを利用しましょう。

iPhoneには基本的に1年間のハードウェア保証がついています。

 

ただし、基本的には自然故障が対象なので、破損や水没が不安な方は「Apple Care+」(アップルケア)への加入がおすすめです。

補償期間が2年間に伸び、破損や水没も含め最大2回まで7,800円/回で対応してくれます。

 

▼iPhone用のSIMの詳細を見る▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

iPhone使用時の月額料金/維持費

 

ワイモバイルの料金プラン

 

ワイモバイルのメインの料金プランは2019年10月よりスマホベーシックプランになりました。

スマホベーシックプランのデータ容量と月額料金(税抜)は以下の通りです。

 

<スマホベーシックプランの月額料金>

プランデータ~7ヶ月目8~24ヶ月目
S3GB¥1,980¥2,680
M9GB¥2,980¥3,680
R14GB¥3,980¥4,680

 

例:iPhone8の場合

 

例として、iPhone8(64GB)の場合を見てみます。

 

iPhone8のSIMフリー端末(64GB)の本体価格は52,800円です。

これに契約プラン毎の料金を足した月額料金・維持費(税抜)は以下のとおりです。

 

SMR
端末代金¥52,800
月々
支払
~7ヶ月¥1,980¥2,980¥3,980
8-24ヶ月¥2,680¥3,680¥4,680
2年総額¥112,220¥136,220¥160,220

 

他の機種を使う場合も端末代金が違うだけで、月額料金や割引は同じです。

 

▼今すぐSIMカードを購入する▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

ワイモバイル契約者がiPhoneに機種変更する方法

 

ここでは、ワイモバイル契約者が手持ちのiPhoneやワイモバイルで販売していないiPhoneに機種変更する手順を解説します。

 

ワイモバイルで販売しているiPhone7・iPhone6Sに機種変更する手順は下記記事を参考にしてください。

 

 

iPhoneに機種変更する手順

 

既にワイモバイルに契約してスマホを使っている方が、iPhoneに機種変更する手順は以下の通りです。

 

  1. iPhone端末を準備
  2. 元の端末からSIMカードを抜く
  3. iPhoneにSIMを挿入
  4. APN設定

 

基本的には現在の端末からSIMカードを抜いてiPhone本体に挿し、APN設定をすれば機種変更完了です。

 

ワイモバイルで使えるiPhone端末やSIMロック解除の要否は前述した「アイフォン本体を入手」の章をおよみください。
APN設定(ネットワーク設定)については「APN設定(プロファイルインストール)」の章をお読みください。

 

機種変更時はSIMサイズに注意

 

機種変更時にはいくつか注意点があります。

まずはSIMカードのサイズです。

 

繰り返しになりますが、本記事における説明対象のiPhoneで使用できるSIMカードのサイズはnanoのみです。

そのため、現在の端末に挿しているSIMカードがmicro・標準SIMの場合、iPhoneでは使用できません

 

ワイモバイルショップでSIMカードのサイズ交換をしてもらいましょう。

その際、交換手数料として3,000円がかかります。

 

ワイモバイル版iPhoneから他社iPhoneに機種変更する場合

 

ワイモバイルでiPhone7・iPhone6S・iPhone SEとSIMをセットで契約していた方が、他で購入したiPhoneに機種変更する場合は、SIMカードの変更が必要です。

 

通常、ワイモバイルでSIMカードを契約すると「n111」または「n101」というSIMカードが発行されます。

しかし、ワイモバイルで購入したiPhoneに挿入されているSIMは、「n141」というワイモバイル版iPhone専用のSIMカードです。

 

▼Android One S1のSIMはn111▼

 

そのため、n141は他で購入したiPhoneに挿しても使えません。

使えるのはワイモバイルのiPhoneのみです。

 

ワイモバイルでiPhone SE・iPhone6S・iPhone7を購入した方が他で購入したiPhoneに機種変更する際は、SIMカードの交換が必要です。

 

ワイモバイルの店舗で「n101」に交換してもらってください。

その際、手数料として3,000円+税がかかります。

 

厳密にいうと特殊なAPNを入力すると使えますが、保証対象外ですので素直にSIMを交換したほうが良いでしょう。

どうしても知りたい方は「こちらの記事」に記載されている非公式APNを入力すれば使えるようです。

 

 

ワイモバイルで発売中のiPhone

 

ここからは、ワイモバイルで購入できるiPhone7・iPhone6Sについて解説します。

 

iPhone SEは販売終了しました

 

iPhone7

 

スペック一覧表

 

iPhone7のスペックは以下の通りです。

 

スペック
サイズ(mm)H153× W72× D7.9
重さ約158g
画面サイズ6.1インチ
解像度3,120 x 1,440
(QHD+)
バッテリー容量1,960mAh
CPUA10
メモリ(ROM)32GB・128GB
メモリ(RAM)2GB
対応外部メモリ
有効画素数
(メインカメラ)
1,200万画素
有効画素数
(サブカメラ)
700万画素
防水・防塵IP67
端子Lightning

 

ストレージ容量

 

ワイモバイルで発売されるiPhone7のストレージ容量は32GB・128GBの2種類です。

 

本体カラー・色

 

ワイモバイルで発売されるiPhone7の本体カラーは「ブラック」「シルバー」「ゴールド」「ローズゴールド」の4色です。

 

 

iPhone7はSIMロック済み

 

ワイモバイルで販売するiPhone7にはSIMロックがかかっています

そのため、他の格安SIMキャリアで使う場合にはSIMロック解除が必要です。

 

ソフトバンクや、ソフトバンク回線を使ったMVNOで使う場合にもSIMロック解除が必要になりますので注意してください。

 

iPhone7の端末価格

 

ワイモバイルで発売されたiPhone7の税込端末価格は以下の通りです。

 

<端末価格>

  • 32GB端末:35,784円
  • 128GB端末:46,584円

 

▼iPhone7購入・詳細はこちら▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

iPhone6S

 

スペック一覧表

 

スペック
サイズ(mm)W67× H139× D7.1
重さ約143g
画面サイズ4.7インチ
解像度1,334 x 750
バッテリー容量1,624mAh
OSiOS11
CPUA9チップ
M9コプロセッサ
メモリ(ROM)32GB・128GB
メモリ(RAM)2GB
対応外部メモリ
通信速度(下り)
有効画素数
(メインカメラ)
1200万画素
有効画素数
(サブカメラ)
500万画素

 

本体カラー

 

 

端末の色は、ローズゴールド、ゴールド、シルバー、スペースグレイの4種類です。

 

ストレージ容量

 

ワイモバイルで発売されているiPhone6Sのストレージ容量は32GBと128GBの2種類です。

 

iPhone6SにはSDカードを装着することができませんので、写真や動画をたくさん撮られる方は128GBの端末を選ぶか、クラウドのストレージを利用するのがおすすめです。

 

端末価格(定価)

 

ワイモバイルにおけるiPhone6Sの本体価格(定価)は以下の通りです。

 

<端末価格>

  • 32GB端末:16,344円
  • 128GB端末:26,784円

 

▼iPhone6Sを購入/機種変更する▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

YmobileのiPhone用SIM・端末購入はこちら!

 

以上、ワイモバイルでiPhoneを使う手順と料金の解説でした。

iPhone7・iPhone6Sを購入する方は、在庫切れになる前にお早めにお買い求めください。

 

手持ちiPhoneに挿して使うSIMカードを契約する場合はワイモバイル公式オンラインサイトがおすすめです。

SIMカードの送料も無料で、最短翌日には自宅に届きます。

ぜひご利用ください!

 

▼SIMカード契約はこちら▼

ワイモバイル公式サイト 

 

ワイモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました