Ymobileはどこで契約するのが一番お得? 

ワイモバイルでiPhoneを使う全手順解説!機種変更手順やテザリングの方法も

 

iPhone11

 

本記事ではワイモバイルでiPhoneを使う価格・料金や乗り換え・機種変更の手順を解説します。

 

ワイモバイルではiPhone7・iPhone6Sが購入できます。

また、他のiPhone(iPhone11やiPhone XR・iPhone8など)もワイモバイルで使えます。

 

前半でワイモバイルで買えるiPhone7・iPhone6S後半で他で購入したiPhoneをワイモバイルで使う手順を解説します。

 

▼iPhone購入はオンラインで▼

ワイモバイル公式サイト 

 

ワイモバイルで買えるiPhone

 

ワイモバイルでは現在iPhone7とiPhone6Sが購入できます。

新規契約時に端末をセット購入できますし、機種変更も可能です。

 

iPhone7

 

iPhone7

 

今iPhoneを買うならiPhone7がおすすめです。

 

最新のiPhoneから遡ると3世代前の機種になりましたが、今でも十分な性能です。

まだまだ在庫も豊富で、以前より価格も安くなりました。

 

在庫状況

 

ワイモバイルのiPhone7はまだ在庫が豊富です。

記事執筆時点で、32GB端末も128GB端末も全カラー選べます。

 

ただし、まれに128GB端末が在庫切れになっている場合があります。

過去の傾向を見ても128GBの人気カラー(シルバーなど)から売り切れていきますので、狙っている方は早めに購入しましょう。

 

iPhone7の在庫状況はこちらで確認してください。

詳細iPhone7の在庫状況を確認する

 

価格

 

iPhone7をワイモバイル公式オンラインサイトで購入した場合の端末価格は以下の通りです。

 

<新規・他社からの乗り換え>

  • 32GB端末:30,240円
  • 128GB端末:41,040円

 

<機種変更の場合>

  • 32GB端末:37,440円
  • 128GB端末:48,240円

 

この価格はワイモバイル公式サイトで購入した場合のみです。

店舗で契約すると新規・MNPなら14,400円、機種変更は7,200円高くなります。

 

iPhone7の価格やスペック、一番お得な申し込み方法は下記記事にまとめています。

 

 

▼公式でiPhone7を調べる▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

iPhone6S

 

iPhone6S

 

ワイモバイルではまだiPhone6Sも購入できます。

 

「今でもハイスペック!」とまでは言えませんが、ゲームなどをしなければ普段使いには十分な性能です。

 

さらに、iPhone7よりも価格がかなり安いです。

それほどスマホを使わない方や、学生さんなどにおすすめです。

 

在庫状況

 

iPhone6Sは在庫が少なく、終売間近です。

 

記事執筆時点で32GB端末は全カラー在庫がありますが、128GBは全カラー在庫切れです。

店舗でも在庫がないようなので、32GBもまもなく終売でしょう。

 

狙っている方はお早めに購入してください。

詳細iPhone6Sの在庫を確認する

 

価格

 

iPhone6Sをワイモバイル公式オンラインサイトで購入した場合の端末価格は以下の通りです。

iPhone7より1万円近く安いですね。

 

<新規・他社からの乗り換え>

  • 32GB端末:20,160円
  • 128GB端末:30,600円

 

<機種変更の場合>

  • 32GB端末:27,360円
  • 128GB端末:37,800円

 

iPhone7同様、この価格はワイモバイル公式サイトで購入した場合のみです。

店舗で契約すると新規・MNPなら14,400円、機種変更は7,200円高くなります。

 

iPhone6Sの価格やスペック、一番お得な申し込み方法は下記記事にまとめています。

 

 

▼公式でiPhone6Sを確認▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

持ち込みのiPhoneを使う手順

 

iPhone11 Pro

 

ワイモバイルではiPhone7・iPhone6Sを販売中ですが、他のiPhoneも使えます。

iPhone8やiPhoneXR、もちろんiPhone11シリーズも使用可能です。

 

他で購入したiPhoneをワイモバイルで使うためには、以下の4つの手順が必要になります。

 

  1. iPhone本体を準備
  2. SIMカードを契約
  3. SIMカードを本体に挿入
  4. APN設定

 

これから、上記手順について解説していきます。

 

対象はiPhone6S・iPhone SE以降の機種です。
他社からの乗り換えは「MNP乗り換えでiPhoneを使う手順」の章で解説します。

 

iPhone本体を入手

 

まず、自身で使いたいiPhone本体を準備しましょう。

 

入手方法は主に

  • アップルストアでSIMフリーを購入
  • 他社で購入したiPhoneを流用
  • スマホ店で中古/新品を買う

の3通りです。

 

ドコモ・au・ソフトバンクなどで購入したiPhoneをお持ちの方は、事前にSIMロック解除が必要です。

 

これから本体を買われる方は、アップルストアでiPhone8・iPhone XR・iPhone11シリーズが購入できます。

また、「イオシス」などの大手スマホ通販サイトでは中古・未使用のiPhoneが端末のみ購入できます。

 

購入方法やSIMロック解除については、後ほど「ワイモバイルで使えるiPhone」の章で詳しく解説します。

 

iPhone用SIMカードを購入

 

続いて、ワイモバイルでiPhone用のSIMカードを契約します。

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。

 

SIMカードの契約・購入はワイモバイルの店舗でも可能ですが、ワイモバイル公式オンラインサイトの購入が簡単でおすすめです。

店舗で契約するより最大6,000円お得です。

 

ワイモバイル公式オンラインサイトにアクセスしたら、最初にSIMカードのサイズを選択します。

iPhoneのSIMカードサイズはすべて「nano」です。

 

iPhone用SIM契約手順

 

続いて契約方法を選びます。

新規契約または他社からの乗り換えを選択してください。

 

iPhone用SIM契約手順

 

他社からの乗り換えは「MNP乗り換えでiPhoneを使う手順」の章で解説します

 

続いて料金プランを選択します。

容量に応じてスマホベーシックプランS・M・Rの3つから選びましょう。

 

iPhone用SIM契約手順

 

<ワイモバイルの料金表>

プランデータ~7ヶ月目8~24ヶ月目
S3GB¥1,980¥2,680
M9GB¥2,980¥3,680
R14GB¥3,980¥4,680

※税抜
※データ容量は1年間増量あり

 

最後にオプションを選びます。

現在1年間データ増量キャンペーンを実施していますので、「データ増量オプション」にはチェックを入れたままにしておきましょう。

 

iPhone用SIM契約手順

 

最後に料金を確認し、「ご購入手続きへ」をタップします。

 

すると、Yahoo! JAPAN IDとの連携画面が出てきます。

ここで、自身が使っているIDと連携しておきましょう。

ヤフープレミアムやPayPayなど、他のお得なサービスとの連携が便利になります。

 

iPhone用SIM契約手順

 

次の画面で契約者情報や本人確認書類のアップロードを行います。

本人確認書類は、あらかじめ写真を撮影しておき、画像データでアップロードしましょう。

 

iPhone用SIM契約手順

 

ここまでくればあとは画面に従って手続きすれば大丈夫です。

審査を経て、問題なければ数日後にSIMカードが送られてきます。

 

▼SIM契約はオンラインで▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

iPhoneにSIMカードを挿入

 

端末とSIMカードが手元に届いたら、iPhone本体にワイモバイルのSIMカードを挿入します。

挿入方法はアップルの公式サイトに詳細が記載されています。

 

 

APN設定(ネットワーク設定)

 

iPhone本体にSIMカードを挿入したら、APN設定(プロファイルインストール)が必要です。

APN設定とは、iPhoneをワイモバイルの回線に接続するための設定です。

 

iPhone11・11 Pro・11 Pro Maxを使う場合のAPN設定手順は以下の通りです。

 

  1. こちらのページにアクセス
  2. 「APN設定⽤の構成プロファイル」をタップ
  3. 「許可」をタップ
  4. DL後に「閉じる」をタップ
  5. ホーム画面に戻り「設定」から「プロファイルがダウンロードされました」をタップ
  6. 「インストール」をタップ
  7. パスコードを入力
  8. インストールを2度タップ
  9. 完了をタップ

 

iPhone11シリーズ以前の機種を使う場合の手順は以下の通りです。

 

  1. Wi-Fiに接続
  2. iPhoneの「設定」をタップ
  3. 「一般」をタップ
  4. 「ソフトウェアのアップデート」をタップ
  5. 画面に指示に従って手続きする

 

どちらの手順もこちらで解説されています。

詳細iPhoneのAPN設定 | Ymobile

 

APNプロファイルのダウンロード・インストールが完了すると、いよいよiPhoneがワイモバイルで使えるようになります。

 

なお、以前使っていたiPhoneのバックアップデータを復元する手順は下記ページを参考にしてください。

詳細バックアップ・データを復元する

 

▼SIMカード契約はこちら▼

ワイモバイル SIM単体5のつく日

 

 

MNP乗り換えでiPhoneを使う手順

 

他社から番号そのままでワイモバイルに乗り換えてiPhoneを使う場合には、以下の手順が必要です。

 

  1. SIMロック解除(※)
  2. MNP予約番号を発行
  3. Ymobileで転入手続き
  4. 回線切り替え
  5. SIMを本体に挿入
  6. APN設定

※他社で購入したiPhoneを使う場合のみ

 

ここから、上記手順を一つずつ解説していきます。

 

iPhoneのSIMロック解除

 

この章はドコモ・au・ソフトバンクなどで購入したiPhoneをそのままワイモバイルで使う方向けです。

 

ドコモ・au・ソフトバンクなどで購入したiPhoneは、他社で使用できないようにSIMロックがかかっています。

それらのiPhoneをワイモバイルで使うためには、SIMロックを解除しなければなりません。

 

ドコモ・au・ソフトバンクなどでスマホのSIMロックを解除する方法は2つあります。

店舗で手続きする方法と、マイページからオンラインで手続きする方法です。

 

 

店頭で手続きすると3,000円の手数料がかかりますので、できるだけマイページから手続きしましょう

「My Docomo」「My au」「My Softbank」なら無料で解除できます。

 

店舗WEB
(マイページ)
費用
(税抜)
3,000円無料

 

また、au・ソフトバンクやUQモバイルを解約した後にSIMロック解除する場合は、店舗のみの手続きとなり有料になります。

できるだけ、契約中に解除しましょう。

 

MNP予約番号を発行

 

続いて、乗り換え元キャリアでMNP予約番号を発行します。

 

MNP予約番号とは、番号そのままでワイモバイルにMNP転入するための、いわば「乗り換え番号」のようなものです。

 

10桁の数字が発行されます。

MNP予約番号は、ドコモ・au・ソフトバンクの店頭・電話・WEBで発行ができます。

<MNP予約番号の発行方法>

予約番号
発行方法
備考
ドコモ店舗
電話ドコモのスマホから151
または0120-800-000
WEBマイドコモ
au店舗
電話0077-75470
WEBMy au
ソフト
バンク
店舗
WEBMy SoftBank
電話Softbankスマホから*5533
または0800-100-5533

 

発行したMNP予約番号の有効期限は15日間です。

15日を過ぎると再発行が必要になりますので、予約番号を発行した後はすぐにワイモバイルへの転入手続きをしましょう。

 

ワイモバイルで乗り換え

 

乗り換え元キャリアでMNP予約番号を発行してもらったら、すぐにワイモバイルにMNP転入手続きをしましょう。

 

手続きは店舗でも可能ですが、いつ行っても混んでいますし、契約事務手数料がかかります。

そのため、24時間手続き可能で待ち時間なし、さらに事務手数料が無料ワイモバイル公式オンラインサイトが断然おすすめです。

 

乗り換えは契約手数料無料&キャンペーンがお得なオンラインサイトが断然お得です。

 

ワイモバイル公式オンラインサイトにアクセスし、まずはSIMカードのサイズを選びます。

iPhoneのSIMサイズは「nano」です。

 

iPhone用SIM契約手順

 

続いて、契約方法で「のりかえ」を選び、その下の「現在のご契約」で乗り換え元キャリアを選びます。

なお、LINEモバイルやマイネオのソフトバンク回線からの乗り換えは公式オンラインではできませんので、ワイモバイルストア(Yahoo!)で契約しましょう。

 

iPhone用SIM契約手順

 

iPhone用SIM契約手順

 

続いて料金プランを選択します。

容量に応じてスマホベーシックプランS・M・Rの3つから選びましょう。

 

iPhone用SIM契約手順

 

<ワイモバイルの料金表>

プランデータ~7ヶ月目8~24ヶ月目
S3GB¥1,980¥2,680
M9GB¥2,980¥3,680
R14GB¥3,980¥4,680

※税抜
※データ容量は1年間増量あり

 

最後にオプションを選びます。

現在1年間データ増量キャンペーンを実施していますので、「データ増量オプション」にはチェックを入れたままにしておきましょう。

 

iPhone用SIM契約手順

 

最後に料金を確認し、「ご購入手続きへ」をタップします。

 

すると、Yahoo! JAPAN IDとの連携画面が出てきます。

ここで、自身が使っているIDと連携しておきましょう。

ヤフープレミアムやPayPayなど、他のお得なサービスとの連携が便利になります。

 

iPhone用SIM契約手順

 

次の画面で、まずは本人確認書類のアップロードを行います。

本人確認書類は、あらかじめ写真を撮影しておき、画像データでアップロードしましょう。

詳細本人確認書類 | ワイモバイル

 

iPhone用SIM契約手順

 

続いてMNP予約番号を入力する画面が出てきます。

そこで、乗り換え元キャリアで発行してもらった10桁のMNP予約番号を入力しましょう。

 

iPhone用SIM契約手順

 

あとは契約者情報を入力し、画面の指示に従って手続きを進めていけばOKです。

審査を経て、問題なければ数日後にSIMカードが送られてきます。

 

▼SIMカード契約はこちら▼

ワイモバイル SIM単体5のつく日

 

 

回線切り替え

 

SIMカードが届いたら、回線切り替え手続きが必要です。

 

回線切り替えとは、乗り換え元キャリアからワイモバイルに回線を切り替える作業です。

この作業を終えると乗り換え元キャリアが解約され、ワイモバイルの通話やデータ通信ができるようになります。

 

同封されている用紙に記載されている電話番号に電話をかけ、音声案内の指示に従って回線切り替えを行ってください。

 

回線切り替えの電話の受付時間はAM10時~PM7:00です。

回線切り替えの電話をするまではこれまで使っていたSIMが使え、回線切り替えするとワイモバイルのSIMが使えるようになります。

 

ただし、SIM到着から6日をすぎると強制的に回線切り替えされます。

 

iPhone本体にSIMを挿入

 

回線切り替えが完了したら、iPhone本体にワイモバイルのSIMカードを挿入します。

挿入方法はアップルの公式サイトに詳細が記載されています。

 

 

APN設定(ネットワーク設定)

 

iPhone本体にSIMカードを挿入したら、APN設定(プロファイルインストール)が必要です。

APN設定とは、iPhoneをワイモバイルの回線に接続するための設定です。

 

iPhone11・11 Pro・11 Pro Maxを使う場合のAPN設定手順は以下の通りです。

 

  1. こちらのページにアクセス
  2. 「APN設定⽤の構成プロファイル」をタップ
  3. 「許可」をタップ
  4. DL後に「閉じる」をタップ
  5. ホーム画面に戻り「設定」から「プロファイルがダウンロードされました」をタップ
  6. 「インストール」をタップ
  7. パスコードを入力
  8. インストールを2度タップ
  9. 完了をタップ

 

iPhone11シリーズ以前の機種を使う場合の手順は以下の通りです。

 

  1. Wi-Fiに接続
  2. iPhoneの「設定」をタップ
  3. 「一般」をタップ
  4. 「ソフトウェアのアップデート」をタップ
  5. 画面に指示に従って手続き

 

どちらの手順もこちらで解説されています。

詳細iPhoneのAPN設定 | Ymobile

 

APNプロファイルのダウンロード・インストールが完了すると、いよいよiPhoneがワイモバイルで使えるようになります。

 

なお、以前使っていたiPhoneのバックアップデータを復元する手順は下記ページを参考にしてください。

詳細バックアップとデータの復元

 

▼SIMカード契約はこちら▼

ワイモバイル SIM単体5のつく日

 

 

ワイモバイルで使えるiPhone

 

ワイモバイルで買えるのはiPhone7iPhone6Sのみです。

他で購入したiPhoneもワイモバイルで使えますが、SIMロック解除が必要な場合があります。

 

主に以下のiPhoneがワイモバイルで使えます。

 

  1. ワイモバイルのiPhone
  2. アップルストアのiPhone
  3. 他キャリアで購入したiPhone
  4. 中古のiPhone

 

ワイモバイルのiPhone

 

ワイモバイルではiPhone7・iPhone6Sが購入できます。

乗り換え時にiPhone7やiPhone6Sの購入も可能です。

 

手順はワイモバイル公式サイトから好きなiPhoneと容量を選び、前章で解説した手順に沿って乗り換え手続きをすればOKです。

APN設定が不要なので少し楽ですね。

 

もちろん、ワイモバイルで購入したiPhoneはSIMロック解除無しで使えます。

 

アップルストアのiPhone

 

アップルストアで購入したiPhoneもワイモバイルで使えます。

 

アップルストアで販売されているiPhoneはSIMフリーなので、どれもワイモバイルで使えます。

アップルストア店舗でも購入できますし、Appleのオンラインストアでも購入できます。

詳細iPhoneを購入する – Apple

 

▼iPhone端末価格表(税抜)▼

64GB128GB
iPhone
8
¥52,800¥57,800
iPhone
8 Plus
¥62,800¥67,800
iPhone
XR
¥64,800¥69,800
64GB128GB256GB
iPhone
11
¥74,800¥79,800¥90,800
64GB256GB512GB
iPhone
11 Pro
¥106,800¥122,800¥144,800
11 Pro
Max
¥119,800¥135,800¥157,800

 

ドコモのiPhone

 

ドコモロゴ

 

ドコモで購入したiPhoneもワイモバイルで使えます。

 

使えるのはiPhone6S・iPhone6S Plus・iPhone SE以降の機種です。

ドコモのiPhone6やiPhone5S、iPhone5などはワイモバイルでは使えません。

 

また、使える機種もSIMロック解除が必要です。

SIMロック解除は店舗・電話・WEB(マイページ)で手続きできます

 

店舗・電話で手続きすれば手数料が3,000円かかりますが、マイページだと無料です。

ドコモを契約している方は必ずマイページから手続きしましょう。

 

ドコモをすでに解約した方や、中古のドコモ版iPhoneをSIMロック解除する場合にも、dアカウントがあればWEBで手続きでき、手数料がかかりません。

dアカウントは無料で作れるので、必ずWEBから手続きしましょう。

 

SIMロック解除の条件や具体的な解除手順は下記ページを参考にしてください。

詳細SIMロック解除の手続き | docomo

 

ドコモのiPhoneをワイモバイルで使う詳細手順は下記記事にまとめています。

 

 

auのiPhone

auロゴ

auで販売されたiPhoneもワイモバイルで使えます。

 

ドコモと同様、使えるのはiPhone6S・iPhone SE以降の機種です。

また、SIMロック解除が必要です。

 

SIMロック解除は店舗またはWEB(マイページ)で手続きできます

店舗で手続きすれば手数料が3,000円かかりますが、マイページだと無料です。

現在auを契約している方は必ずマイページから手続きしましょう。

 

auをすでに解約した方や、中古のau版iPhoneをSIMロック解除する場合は、店舗でしか手続きできません。

 

SIMロック解除の条件や具体的な解除手順は下記ページを参考にしてください。

詳細SIMロック解除の手続き | au

 

auのiPhoneをワイモバイルで使う詳細手順は下記記事にまとめています。

 

 

ソフトバンクのiPhone

 

ソフトバンクロゴ

ソフトバンクも同様に、iPhone6S・iPhone6Sプラス・iPhone SE以降の機種なら使えます。

 

ただし、SIMロック解除が必要です。

ワイモバイルとソフトバンクはグループ会社で同じ回線設備を使っているものの、SIMロック解除しないと使えないので注意してください。

 

SIMロック解除は店舗またはWEB(マイページ)で手続きできます。

店舗で手続きすれば手数料が3,000円かかりますが、マイページだと無料です。

ソフトバンクを契約している方は必ずマイページから手続きしましょう。

 

ソフトバンクをすでに解約した方や、中古のソフトバンク版iPhoneをSIMロック解除する場合は、店舗でしか手続きできません。

 

SIMロック解除の条件や具体的な解除手順は下記ページを参考にしてください。

詳細SIMロック解除の手続き | SoftBank

 

ソフトバンクのiPhoneをワイモバイルで使う詳細手順は下記記事にまとめています。

 

 

中古のiPhone

 

iPhone本体はスマホ通販サイトや街なかの中古スマホ店でも購入できます。

 

特にスマホ通販大手のイオシスではiPhoneの中古/未使用品の在庫が豊富です。

また、価格が安いのも特徴なので、ぜひ探してみてください。

私も先日イオシスで中古のiPhone7を買いました。

 

購入時は、できるだけSIMフリーまたはSIMロック解除済のiPhoneを買いましょう。

 

▼中古/未使用のiPhoneが格安▼

スマホ通販のイオシス

 

 

古いiPhoneは使える?

 

ここまではiPhone SE・iPhone6S以降の機種について解説してきました。

が、それ以前の古い機種も一部は使えます。

 

iPhone5S・iPhone6・iPhone6 PlusはSIMフリー版のみワイモバイルで使えます

 

ドコモ・au・ソフトバンク版のiPhone5S・iPhone6はSIMロック解除できないため使えません。

それ以前のiPhoneも使用不可です。

 

iPhone6S・iPhoneSE以降の機種はSIMフリーはもちろん、キャリア版でもSIMロック解除すればワイモバイルで使えます。

詳細動作確認端末一覧

 

 

iPhone使用時の月額料金/維持費

 

ワイモバイルの料金プラン

 

ワイモバイルのメインの料金プランは2019年10月よりスマホベーシックプランになりました。

スマホベーシックプランのデータ容量と月額料金(税抜)は以下の通りです。

 

<ワイモバイルの料金表>

プランデータ~7ヶ月目8~24ヶ月目
S3GB¥1,980¥2,680
M9GB¥2,980¥3,680
R14GB¥3,980¥4,680

※税抜
※データ容量は1年間増量あり

 

例:iPhone8の場合

 

例として、iPhone8(64GB)の場合を見てみます。

 

iPhone8のSIMフリー端末(64GB)の本体価格は52,800円です。

これに契約プラン毎の料金を足した月額料金・維持費(税抜)は以下のとおりです。

 

プランSMR
端末
代金
¥52,800
月々支払
(~7ヶ月目)
¥1,980¥2,980¥3,980
月々支払
(8~24ヶ月目)
¥2,680¥3,680¥4,680
2年総額¥60,120¥84,120¥108,120

 

他の機種を使う場合も端末代金が違うだけで、月額料金や割引は同じです。

 

▼お得にSIMを購入する▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

iPhoneがお得なキャンペーン

 

ワイモバイルではお得なキャンペーンを実施しています。

ワイモバイルでiPhoneを買う場合も、iPhone用のSIMを契約する場合も、以下のキャンペーンを必ず確認してください。

 

エントリーで3,000円分還元

 

Yahoo!モバイル どこでももらえる特典

 

Yahoo!上にあるワイモバイルストアでは、「どこでももらえる特典」を実施しています。

 

このキャンペーンは、こちらのページでエントリーした後、公式サイトや店舗でスマホベーシックプランに契約すると、3,000円分のPayPayボーナスライトが貰える仕組みです。

オンラインだけでなく、店舗で契約しても貰えるのが特徴です。

 

iPhone用のSIMカードを契約する場合も、こちらのページからエントリーした上で公式サイトから申し込むのが現在一番お得です。

 

特典を受けるには、事前にYahoo! JAPAN IDでログインした後、こちらのページでエントリーが必要です。

必ず契約前にエントリーしておいてください。

 

▼エントリーはこちら▼

どこでももらえる特典 

 

 

契約事務手数料が無料

 

 

ワイモバイル公式サイトでは、契約事務手数料無料キャンペーンを実施中です。

 

通常、ワイモバイルに新規契約・MNP転入・機種変更する際には税抜3,000円の事務手数料がかかりますが、オンラインストアでの契約のみ無料です。

店舗で手続きすると手数料3,000円がかかりますので、必ずオンラインストアで契約しましょう。

 

  • 店舗:事務手数料3,000円
  • WEB:事務手数料無料

 

「どこでももらえる特典」とも併用可能なので、こちらのページからエントリーした上で公式サイトで申し込みましょう。

 

▼契約はオンラインが簡単でお得▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

ワイモバ学割

 

ワイモバ学割2020

 

ワイモバイルでは毎年恒例の学割キャンペーンが11月29日から開始しました。

2020年の学割は、学生とその家族が1,000円×13ヶ月割引になります。

 

学割はプランM・Rが対象で、新規割と併用するとプランMが月額1,980円から使えます。

もちろんSIMのみ契約してiPhoneで使う場合も対象です。

 

<ワイモバ学割適用後の料金>

S
(3GB)
M
(9GB)
R
(14GB)
基本
料金
¥2,680¥3,680¥4,680
新規割
(~7ヶ月目)
¥1,980¥2,980¥3,980
学割
(~13ヶ月目)
対象外¥1,980¥2,980

 

さらに、家族割が適用されると2回線目以降は月額500円の割引となり、スマホベーシックプランMは月額1,480円、スマホベーシックプランRは月額2,480円にまで安くなります。

 

<学割+家族割適用後の料金>

S
(3GB)
M
(9GB)
R
(14GB)
基本
料金
¥2,680¥3,680¥4,680
新規割
(~7ヶ月目)
¥1,980¥2,980¥3,980
学割
(~13ヶ月目)
対象外¥1,980¥2,980
家族割
適用後
¥1,480¥1,480¥2,480

※家族割適用は2回線目以降

 

学割の実施期間は2019年11月29日(金)~2020年6月1日(月)です。

 

2020年のワイモバ学割の詳細は下記に詳しくまとめています。

 

 

▼ワイモバ学割の詳細を見る▼

ワイモバ学割(公式) 

 

 

その他お得なキャンペーン

 

上記以外にも、ワイモバイルではiPhoneがお得なキャンペーンを実施しています。

月額500円割引になる家族割や、データ増量キャンペーン・おうち割光セットも実施中です。

 

現在実施中の最新キャンペーンは下記記事にまとめています。

契約前に必ずチェックしてください。

 

 

 

iPhoneに機種変更する手順

 

ワイモバイルで機種変更する

 

ワイモバイルではiPhone7・iPhone6Sに機種変更できます。

機種変更も事務手数料無料&端末価格が7,200円割引のワイモバイル公式オンラインサイトがお得です。

 

手順は以下の通りです。

 

  1. 公式サイトで機種変更手続き
  2. 審査
  3. 商品発送
  4. 回線切り替え

 

オンラインで機種変更手続き

 

まずは、ワイモバイル公式オンラインサイトで機種変更手続きをしましょう。

 

好きな端末を選び、契約方法で「機種変更」を選びます。

 

ワイモバイルオンライン機種変更手順

 

すると、マイワイモバイルのログインボタンが表示されます。

電話番号やパスワードを入力し、ログインすると自身の電話番号が表示されます。

 

ワイモバイルオンライン機種変更手順

 

私の場合、現在の契約プランがスマホプランなので、料金プランの選択画面が出てきました。

 

スマホプラン契約中の方が機種変更すると、最低利用期間前でも違約金なしでスマホベーシックプランに移行できます。

スマホプランの方は機種変更のタイミングで移行しておいたほうがお得です。

 

 

最後に、支払い方法を選択し端末代金を確認してください。

 

なお、オンラインで手続きすればどの機種でも自動で7,200円の割引が適用されます。

表示された額は割引後の価格なので安心してください。

 

 

ここまでくればあとは大丈夫です。

自身の契約者情報などを入力すれば手続きは完了です。

 

審査を経て、問題なければ最短で翌日にも端末が発送されます。

 

▼機種変更はオンラインがお得▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

持ち込みのiPhoneに機種変更

 

続いては、ワイモバイル契約者が手持ちのiPhoneやワイモバイルで販売していないiPhoneに機種変更する手順を解説します。

 

既にワイモバイルに契約してスマホを使っている方が、iPhoneに機種変更する手順は以下の通りです。

 

  1. iPhone端末を準備
  2. 元の端末からSIMカードを抜く
  3. iPhoneにSIMを挿入
  4. APN設定

 

基本的には現在の端末からSIMカードを抜いてiPhone本体に挿し、APN設定をすれば機種変更完了です。

 

ワイモバイルで使えるiPhone端末やSIMロック解除は「ワイモバイルで使えるiPhone」の章をお読みください。
APN設定(ネットワーク設定)についてはこちらをお読みください。

 

機種変更時はSIMサイズに注意

 

機種変更時にはいくつか注意点があります。

まずはSIMカードのサイズです。

 

繰り返しになりますが、本記事における説明対象のiPhoneで使用できるSIMカードのサイズはnanoのみです。

そのため、現在の端末に挿しているSIMカードがmicro・標準SIMの場合、iPhoneでは使用できません

 

iPhone用SIM契約手順

 

ワイモバイルの店舗でSIMカードのサイズ交換をしてもらいましょう。

その際、交換手数料として3,000円がかかります。

詳細SIMカードの交換 | Ymobile

 

ワイモバイル版iPhoneから他社iPhoneに機種変更する場合

 

ワイモバイルでiPhone7・iPhone6S・iPhone SEとSIMをセットで契約していた方が、他で購入したiPhoneに機種変更する場合は、SIMカードの変更が必要です。

 

通常、ワイモバイルでSIMカードを契約すると「n111」または「n101」というSIMカードが発行されます。

しかし、ワイモバイルで購入したiPhoneに挿入されているSIMは、「n141」というワイモバイル版iPhone専用のSIMカードです。

 

▼SIMに番号が記載▼

 

そのため、n141は他で購入したiPhoneに挿しても使えません。

使えるのはワイモバイルのiPhoneのみです。

 

ワイモバイルでiPhone SE・iPhone6S・iPhone7を購入した方が他で購入したiPhoneに機種変更する際は、SIMカードの交換が必要です。

 

ワイモバイルの店舗で「n101」に交換してもらってください。

その際、手数料として3,000円+税がかかります。

詳細SIMカードの交換 | Ymobile

 

厳密にいうと特殊なAPNを入力すると使えますが、保証対象外ですので素直にSIMを交換したほうが良いでしょう。

どうしても知りたい方は「こちらの記事」に記載されている非公式APNを入力すれば使えるようです。

 

ワイモバイルのiPhone購入・iPhone用SIMカードの契約はこちら!

 

以上、ワイモバイルでiPhoneを使う手順と料金の解説でした。

 

iPhone7・iPhone6Sを購入する方は、在庫切れになる前にお早めにお買い求めください。

価格はスペック、お得な申込方法は下記記事にまとめています。

 

 

手持ちiPhoneに挿して使うSIMカードを契約する場合はワイモバイル公式オンラインサイトがおすすめです。

契約事務手数料が無料で、キャンペーンも利用すれば店舗より6,000円分お得です。

必ずオンラインで契約しましょう。

 

▼SIMカード契約はこちら▼

ワイモバイル公式サイト 

 

▼SIMカード契約はこちら▼

ワイモバイル SIM単体5のつく日

 

端末別の詳細手順はこちら!

 

ワイモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました