2023年の学割「ワイモバ親子割」開始!詳細はこちら 

アップルストアで買ったiPhoneをワイモバイルで使う方法!機種変更も

iPhone

 

アップルストアで買ったiPhoneをワイモバイルで使う・機種変更

 

本記事ではアップルストアで買ったiPhoneをワイモバイルで使う手順を解説します。

 

最新のiPhone14もワイモバイルで使えます。

他社からの乗り換えや機種変更手順も解説します。

 

▼SIM契約で高額ポイント還元▼

 

 

アップルストアのiPhoneを使う設定

 

iPhone13

 

ワイモバイルではiPhone SE 第3世代iPhone12を販売中ですが、他のiPhoneも使えます。

 

現在アップルストアで販売中のiPhone14シリーズ・iPhone13シリーズも使用可能です。

以前に発売されていた機種も使えます。

 

アップルストアで買ったiPhoneをワイモバイルで使うためには、以下の手順が必要です。

 

  1. iPhone本体を準備
  2. SIMカードを契約
  3. SIMカードを本体に挿入
  4. 初期設定・データ移行
  5. システムアップデート

 

これから、上記手順について解説していきます。

 

対象はiPhone6S・iPhone SE以降の機種です
他社からの乗り換え手順はこちら
ワイモバイルに乗り換える手順

 

iPhone本体を入手

 

まず、自身で使いたいiPhone本体を準備しましょう。

 

これから本体を買われる方は、アップルストアでiPhone14・iPhone13シリーズとiPhone12・iPhone SE 第3世代が購入できます。

詳細iPhone | Apple

 

iPhone12シリーズ以降は楽天モバイル 楽天市場店の方がお得な場合もあります

 

iPhone用SIMカードを購入

 

続いて、ワイモバイルでiPhone用のSIMカードを契約します。

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。

 

SIMカードとは

 

SIMは、オンラインサイトで契約すれば店舗より断然お得に契約できます

あらかじめ新どこでももらえる特典にエントリーしておけばさらに3,000円分お得です。

 

▼事前に必ずエントリー▼

どこでももらえる特典 

 

▼SIM契約で高額ポイント還元▼

 

最短で翌日にはSIMカードが発送されますので、それまでにiPhoneの端末本体を準備しましょう。

他社からMNPで乗り換える方は、下記記事で手順を詳しく解説しています。

 

 

iPhone XS・XR以降のeSIM対応機種ならワイモバイルのeSIMも使えます。

eSIMの設定方法はこちらにまとめています。

詳細ワイモバイルのeSIMをiPhoneで使う

 

iPhoneにSIMカードを挿入

 

端末とSIMカードが手元に届いたら、iPhone本体にワイモバイルのSIMカードを挿入します。

SIMピンを使ってSIMスロットを開き、SIMを置いて閉じます。

 

SIMの差し替え

 

挿入方法はアップルの公式サイトに詳細が記載されています。

詳細iPhoneにSIMを差す – Apple

 

初期設定・データ移行

 

iPhoneにSIMを挿して電源をONにすると、本体の初期設定が開始します。

 

元の端末がiPhoneの方は、クイックスタートを利用して初期設定時にデータ移行ができます。

元の端末のソフトウェアが最新であることを確認した上で、新しいiPhoneの初期設定時に元のiPhoneを新しいiPhoneの隣に置いておくだけでデータが移行されます。

詳細クイックスタート | Apple

 

AndroidからiPhoneへのデータ移行はクイックスタートが使えませんが、「iOSに移行」というApple純正アプリを使うのがおすすめです。

詳細はこちらに記載されています。

詳細AndroidからiPhoneへのデータ移行 | Apple

 

iOSアップデート

 

iPhoneはAPN設定(プロファイルインストール)は不要です。

 

iPhoneのシステムバージョンがiOS14.5以降なら、SIMを挿しただけで自動的に接続され、通話やデータ通信(4G・5G)ができるようになります。

以前はiPhone12シリーズのみAPN設定が必要でしたが、現在はシステムアップデートで接続できます。

 

もし3Gのままの場合やうまく接続できない場合は、ソフトウェアを最新にアップデートしましょう。

Wi-Fiに接続した上で「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」をタップし、iOSを最新にしてください。

ほとんどの場合はiOSを14.5以降にすればSIMを挿しただけで自動で接続されます。

 

iPhone ソフトウェア アップデート IOS

 

もしうまくいかない場合は、「設定」→「一般」→「情報」をタップし、「キャリア設定アップデート」のポップアップが出たら”アップデート”をタップしてください。

詳しい手順はこちらにまとまっています。

詳細iPhoneのAPN設定 | ワイモバイル

 

上記設定が終わると、いよいよiPhoneがワイモバイルで使えるようになります。

 

▼SIM契約で高額ポイント還元▼

 

 

iPhoneがお得なキャンペーン

 

ワイモバイルではお得なキャンペーンを実施しています。

アップルストアでiPhoneを買って、ワイモバイルでiPhone用のSIMを契約する場合も、以下のキャンペーンを必ず確認してください。

 

新どこでももらえる特典

 

ワイモバイル 新どこでももらえる特典 増額 キャンペーン

 

ワイモバイルでは新どこでももらえる特典というキャンペーンを実施しています。

 

このキャンペーンは事前にエントリーしたうえでワイモバイルに申し込み、申込月の4ヶ月後にPayPay支払いで買い物すると、最大20%相当のPayPayポイントが上乗せされて貰える仕組みです。

通常のPayPayポイント還元に加え、さらに最大20%相当のポイントが還元されます。

 

  1. こちらのページからエントリー
  2. ワイモバイルに申し込み
  3. 4ヶ月後にPayPay支払で買い物
  4. 最大3,000ポイント還元

 

貰えるPayPayポイントの上限額はプランによって異なります。

プランSの還元額は最大500円分、プランM・Lは最大3,000円分です。

 

ただし、プランM/Lは人により最大6,000円分に増額されます

 

特典の上限額
プラン
S
500円分
プラン
M・L
3,000円分
(人により6,000円分)

 

エントリーページはワイモバイル公式ストア(ヤフー店)にありますが、ヤフー店だけでなく公式オンラインストア・店舗や家電量販店で契約しても貰えます。

 

 

ワイモバイルの契約前には必ずエントリーしてください。

 

▼エントリーはこちら▼

どこでももらえる特典 

 

▼契約前に必ずエントリー▼

 

SIMのみ/eSIMのキャンペーン

 

ワイモバイルでSIMのみ契約する場合は店舗よりオンラインが断然お得です。

公式オンラインストアと公式オンラインストア(ヤフー店)もSIM契約で高額のPayPayポイントが還元されます。

 

ただし還元額は異なるので、お得な方で契約しましょう。

 

新規契約時の還元額

 

<新規契約時の還元額>

プラン公式ヤフー
S対象外対象外
M6,000円分5,000円分
L6,000円分5,000円分

 

新規契約はワイモバイル公式ストアがお得です。

ただしPayPayポイントがもらえるのはプランM・Lに契約した場合のみです。

 

▼SIM契約で高額ポイント還元▼

 

MNP乗り換え時の還元額

 

<MNP時の還元額>

プラン公式ヤフー
S3,000円分3,000円分
M10,000円分10,000円分
+最大7,000円分還元
L10,000円分10,000円分
+最大7,000円分還元

 

MNP時はワイモバイル公式ストア(ヤフー店)の方がお得です。

プランSは同額ですが、プランM/Lは10,000円分に加え、3か月後のPayPayでの買い物額の20%が還元されます。

最大7,000円分のポイントが貰えますので、PayPayでの買い物が多い方はヤフー店の方がお得ですね。

 

▼SIM契約で高額ポイント還元▼

 

いずれの場合も必ず新どこでももらえる特典にエントリーしてから契約してください。

 

▼必ず事前にエントリー▼

どこでももらえる特典 

 

ワイモバ親子割

 

ワイモバ親子割 2023年 ワイモバイル 学割

 

ワイモバイルでは11月16日からワイモバ親子割を実施しています。

昨年同様、今年も18歳以下とその家族が対象で、プランMが最安990円から使えるようになります。

 

ワイモバ親子割のみ適用の場合、基本料金が契約から1年間、毎月1,100円割引されます。

対象はプランM・LのみでプランSは対象外ですが、プランMを契約すればプランSと同額で1年間使えます。

 

  • 対象者:18歳以下とその家族
  • プラン:シンプルM/L(Sは対象外)
  • 割引:1,100円×1年間割引

 

家族割・おうち割も併用可能で、プランMは月990円から使えます。

 

<シンプルS/M/Lの親子割>
(家族割・おうち割適用時)

プラン
S
プラン
M
プラン
S
通常
料金
¥2,178¥3,278¥4,158
親子割の
割引額
--¥1,100-¥1,100
おうち割/
家族割の
割引額
-¥1,188-¥1,188-¥1,188
割引後料金
(1年間)
¥990¥990¥1,870

※税込

 

さらにSIMのみ契約時のキャンペーンも併用可能です。

ワイモバ学割の詳細はこちらにまとめています。

詳細2022~2023年のワイモバ親子割を解説

 

その他にもお得なキャンペーンを実施中です。

SIM契約時のキャンペーン詳細と、現在実施中のキャンペーンはこちらにまとめています。

詳細Ymobileの最新キャンペーン一覧

 

 

アップルストアのiPhoneに機種変更

 

iPhoneに機種変更するやり方

 

続いては、ワイモバイル契約者がアップルストアで買ったiPhoneに機種変更する手順を解説します。

iPhoneに機種変更する手順は以下のとおりです。

 

  1. iPhone端末を準備
  2. SIMを差し替え
  3. 初期設定・データ移行
  4. システムアップデート

 

基本的には現在の端末からSIMカードを抜いてiPhone本体に差し替えれば機種変更は完了です。

APN設定(プロファイルインストール)は不要で、ソフトウェアを最新にアップデートしておけば自動でAPN設定されます。

 

iPhone端末のみを入手

 

まず、自身で使いたいiPhone本体を準備しましょう。

 

これから本体を買われる方は、アップルストアでiPhone14・iPhone13シリーズとiPhone12・iPhone SE 第3世代が端末のみ購入できます。

詳細iPhone | Apple

 

iPhone12シリーズ以降の機種は楽天モバイル 楽天市場店の方がお得な場合もあります

 

SIMの差し替え

 

新しいiPhoneが用意できたら、今の端末からSIMカードを抜いて新しいiPhoneに差し替えます。

 

SIMの差し替え

 

SIMを別の端末に差し替えても、料金プランや契約内容に変化はありません。

これまでと同じように使い続けられます。

 

初期設定・データ移行

 

新しいiPhoneにSIMを差し替えて電源をONにすると、本体の初期設定が開始します。

その際に、もとの端末のデータを新端末に移行できます。

 

元の端末がiPhoneの方はクイックスタートが便利です。

元の端末のソフトウェアが最新であることを確認した上で、新しいiPhoneの初期設定時に元のiPhoneを新しいiPhoneの隣に置いておくだけでデータが移行されます。

詳細クイックスタート | Apple

 

AndroidからiPhoneへのデータ移行はこちらを参考にしてください。

詳細AndroidからiPhoneへのデータ移行 | Apple

 

APN設定は不要

 

SIMを差し替えた後、プロファイルのインストールは不要です。

iPhoneのシステムバージョンがiOS14.5以降なら、SIMを挿しただけで自動的に接続されます。

 

もし3Gのままの場合やうまく接続できない場合は、ソフトウェアを最新にアップデートしましょう。

以前はiPhone12シリーズのみAPN設定が必要でしたが、現在はシステムアップデートで接続できます。

 

iPhone ソフトウェア アップデート IOS

 

「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」をタップし、iOSを最新にしてください。

ほとんどの場合はiOSを14.5以上にすればSIMを挿しただけで自動で接続されます。

 

もし接続できない場合、「設定」→「一般」→「情報」をタップし、「キャリア設定アップデート」のポップアップが出たら”アップデート”をタップしてください。

詳しい手順はこちらにまとまっています。

詳細iPhoneのAPN設定 | ワイモバイル

 

上記設定が終わると、いよいよiPhoneがワイモバイルで使えるようになります。

 

機種変更時はSIMサイズに注意

 

機種変更時にはいくつか注意点があります。

まずはSIMカードのサイズです。

 

初代iPhone SE・iPhone6S移行のiPhoneで使用できるSIMカードのサイズはnanoのみです。

そのため、現在の端末に挿しているSIMカードがmicro・標準SIMの場合、iPhoneでは使えません

 

iPhone用SIM契約手順

 

ワイモバイルの店舗でSIMカードのサイズ交換をしてもらいましょう。

その際、交換手数料として3,300円がかかります。

詳細SIMカードの交換 | Ymobile

 

eSIMクイック転送は使える?

 

iOS16以降にアップデートしたiPhoneにはeSIMクイック転送という機能があります。

これは、他機種に入れたSIM/eSIMをiPhone上の手続きのみで他のiPhoneに移し替える機能です。

元のSIMが通常のnanoSIMでもeSIMに転送できるのがメリットです。

 

ただし、記事執筆時点でワイモバイルはこのeSIMクイック転送に対応していません。

現在nanoSIMを契約中の方はSIMを差し替えるだけで機種変更できますが、eSIMを契約中の方は店舗で移し替えてもらう必要があります。

オンラインではできず、店舗で移し替えてもらう際には手数料3,300円がかかります。

詳細eSIMの再発行・機種変更手順まとめ

 

iPhoneが使えない/4Gにならない

 

ワイモバイルのSIMを入れたのにiPhoneが4Gにならない・3Gのままの場合は、以下を確認しましょう。

 

  1. iOSが古い
  2. 他社プロファイルが未削除
  3. n141のSIMを使っている

 

iOSをアップデートする

 

iPhoneはワイモバイルでSIMを入れただけで接続できます。

APN設定(プロファイルのインストール)は不要です。

iPhone13もiPhone12もシステムを最新にアップデートすればSIMを入れただけで繋がります。

 

ただし、iOSのバージョンが古いとうまく接続できない場合があります。

Wi-Fiに接続した上で、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」からアップデートしてください。

 

iPhone ソフトウェア アップデート IOS

 

他社プロファイルを削除

 

他社で使っていたiPhoneをワイモバイルで使う場合には事前にプロファイルを削除しましょう。

本体に他社のプロファイルがインストールされた状態だと、ワイモバイルのSIMを入れても接続できません。

 

「設定」→「一般」→「プロファイル」または「設定」→「一般」→「VPNとデバイス管理」をタップし、他社の構成プロファイルがインストールされていれば削除してください。

 

iPhone プロファイル 削除

 

n141のSIMは使えない?

 

n141はワイモバイルのiPhone専用

 

すでにワイモバイルを契約中の方はSIMの番号に注意が必要です。

 

通常、ワイモバイルでSIMカードを契約すると「n111」または「n101」というSIMカードが発行されます。

しかし、ワイモバイルで買ったiPhoneに挿入されているSIMは、「n141」というワイモバイル版iPhone専用のSIMカードです。

 

▼SIMに番号が記載▼

ワイモバイル SIM n101 n111 n141

 

このn141はワイモバイル版iPhone専用のSIMのため、アップルストアで購入したiPhoneに挿しても使えないことになっています。(実際は使える場合あり)

動作が保証されているのはワイモバイルで買ったiPhoneのみです。

 

そのため、ワイモバイルの店舗で「n101」に交換してもらってください。

その際、手数料として3,300円がかかります。

(オンラインでは交換できません)

 

実際はn141も使える

 

前章のとおりn141のSIMはワイモバイル版iPhoneの専用SIMで、Apple Storeで買ったiPhoneでは使えないことになっています。

公式サポートに確認しても上記のような回答が来ます。

 

しかし、実際にはApple Storeで買ったiPhoneでもn141が使えます

以前はiPhone12では使えませんでしたが現在は使えるようですし、iPhone13シリーズも使えます。

もちろんそれ以前のiPhoneもiOS14.5以降なら使えます。

 

n141は本来使えないので自己責任にはなりますが、SIMの交換が面倒な場合はn141のままでも良いかもしれません。

(私なら素直にn101に交換しますが…)

 

SIMフリーiPhoneの購入方法

 

ワイモバイルでもiPhoneを販売中ですが、他でiPhoneの端末のみを購入して使うこともできます。

 

iPhoneはほとんどの方はApple Storeで購入すると思いますが、実は楽天モバイル 楽天市場店の方がお得な場合もあります。

 

Apple Storeで購入

 

iPhoneを端末のみ購入する場合、ほとんどの方がApple Storeで購入すると思います。

 

Apple StoreではiPhone14・13シリーズとiPhone12・iPhone SE 第3世代のSIMフリー版が端末のみで購入できます。

アップルの店舗でも買えますが、オンラインでも送料無料なのでオンラインストアで買うのが便利です。

 

Apple StoreにおけるiPhoneの価格は以下のとおりです。

 

<iPhoneの税込価格>

容量税込価格
iPhone
14
128GB¥119,800
256GB¥134,800
512GB¥164,800
iPhone
14 Plus
128GB¥134,800
256GB¥149,800
512GB¥179,800
iPhone
14 Pro
128GB¥149,800
256GB¥164,800
512GB¥194,800
1TB¥224,800
iPhone14
Pro Max
128GB¥164,800
256GB¥179,800
512GB¥209,800
1TB¥239,800
容量税込価格
iPhone
13
128GB¥107,800
256GB¥122,800
512GB¥152,800
iPhone
13 mini
128GB¥92,800
256GB¥107,800
512GB¥137,800
容量税込価格
iPhone
12
64GB¥92,800
128GB¥99,800
256GB¥114,800
容量税込価格
iPhone SE
第3世代
64GB¥62,800
128GB¥69,800
256GB¥84,800

詳細iPhone | Apple(日本)

 

ただし次章で解説する楽天モバイル楽天市場店のほうがお得な場合もあるので、どちらも確認してください。

 

楽天モバイル楽天市場店で購入

 

iPhone14・iPhone13シリーズやiPhone12シリーズ・iPhone SE 第3世代は楽天モバイル 楽天市場店で買うのもおすすめです。

 

楽天モバイル楽天市場店では、Apple Storeと同じSIMフリー版のiPhoneが端末のみで購入できます。

 

さらに、楽天モバイル楽天市場店は楽天市場内のショップなので、購入金額に応じて楽天ポイントが還元されます。

 

iPhone13・iPhone12・iPhone SE 第3世代はApple Storeと同じ価格のため、ポイント還元を含めると楽天モバイル 楽天市場店の方がお得です。

 

iPhone14シリーズの価格はApple Storeに比べて少し高いですが、5のつく日・0のつく日やお買い物マラソンなどを狙って買うとこちらの方がお得になる場合もあります。

購入前にどちらがお得か確認してから買いましょう。

 

 

  • 買える端末はApple Storeと同じ
  • Apple Storeより少し高い
    →ポイント還元でお得な場合も

 

▼ポイント分だけお得?▼

楽天モバイル楽天市場店 

 

ソフトバンクで端末のみ購入

 

iPhoneはソフトバンクで端末のみを購入する方法もあります。

特にiPhone14シリーズはソフトバンクで端末のみ購入するのもありです。

 

ソフトバンクにおけるiPhone14の通常価格はApple Storeや楽天モバイル楽天市場店よりかなり高いですが、新トクするサポートを利用すれば半額で購入できます。

 

新トクするサポートをかんたんに説明すると、2年後にiPhoneをソフトバンクに返却すればiPhone14の価格が半額になるしくみです。

以前は2年後に新しい機種の買い替えが必要でしたが、2021年10月以降は端末を返却すれば買い替えは不要になりました。

 

  • iPhone14を48回払いで購入
  • 2年後にiPhone14を返却
    →iPhone14の支払いは24回分のみ

 

2年おきに新しい端末を買い換える方や、今後もソフトバンクを契約し続ける方は新トクするサポートでの購入がおすすめです。

詳細新トクするサポート | SoftBank

 

▼iPhone14も半額で買える▼

ソフトバンク トクするサポート+

 

ただし、端末は返却が必要です。

また、少々仕組みが複雑なので、よくわからない方はApple Storeか楽天モバイル楽天市場店で買いましょう。

私なら楽天モバイル 楽天市場店で買うと思います。

 

▼端末のみ購入可能▼

楽天モバイル楽天市場店 

 

 

iPhone向け持ち込み端末補償

 

ワイモバイルでは持ち込みiPhone向けの端末保証オプションに加入できます。

本サービスの正式名称は「持込端末保証 with AppleCare Services」です。

 

オプションの加入条件

 

対象はSIM単体契約者

 

本サービスに加入できるのは、ワイモバイルで音声SIM単体で契約した方です。

他で購入したiPhoneをお持ちで、ワイモバイルではSIMのみを契約した方がこのオプションに契約できます。

 

端末セットで契約して持ち込みのiPhoneを使う場合や、ワイモバイルでiPhoneを購入する方は対象外です。

ワイモバイルで購入したスマホには「故障安心パックプラス」という別の端末保証オプションが用意されています。(月額759円)

 

加入できるタイミング

 

本オプションは加入できるタイミングが決められています。

 

契約場所条件
店舗契約と同時
オンライン
ストア
利用開始日またはご契約日の
10日後のいずれか早い方の
当日を含む14日間まで

 

音声SIMを店舗で契約する場合はSIM契約と同時に加入する必要があります。

あとからオプションのみ申し込むことはできません。

 

音声SIMをオンラインストアで申し込む場合、一度SIMのみを申し込んだ後にマイワイモバイルからオプションの申し込みが必要です。

オプションは「利用開始日」または「契約日の10日後」のいずれか早い方の当日を含む14日間にしか申し込めません。

 

例えば契約日が3月1日で利用開始日が3月5日の場合、契約日の10日後(3月10日)より利用開始日の方が早いので、3月5日当日を含む14日間(3月18日まで)に申し込む必要があります。

 

<申込可能期間のイメージ>

ワイモバイル 持ち込みiPhone用 端末保証 いつまで

 

対象のiPhoneと月々の料金

 

持込端末保証 with AppleCare Servicesは、保証対象のiPhoneが限られています。

また、iPhoneの種類によって月々のオプション料金が異なります。

 

月額料金対象機種
¥1,250iPhone 13 Pro Max
iPhone 13 Pro
iPhone 12 Pro Max
iPhone 12 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone X
¥950iPhone 13
iPhone 13 mini
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 11
iPhone XR
iPhone 8 Plus
iPhone 7 Plus
iPhone 8
iPhone 7
iPhone SE(第1/第2世代)

※最新の対象機種と月額料金はこちら

 

上記のとおり、オプション料金は月1,250円と月950円の2種類です。

同じiPhone13シリーズでも13Proシリーズは1,250円、13・13miniは950円です。

 

対象機種は初代iPhone SE以降の機種です。

iPhone6S・6S PlusやiPhone6・iPhone5シリーズは対象外なので注意してください。

 

なお、月額料金とは別に、実際に保証を受ける場合には別途料金がかかる場合があります。

 

保証内容

 

オプション加入により保証される内容は以下のとおりです。

 

  • 自然故障
  • バッテリー交換
  • 画面・背面ガラスの損傷
  • 水没・水濡れなどその他の損傷

 

自然故障以外に、誤って画面を破損した場合や水没させてしまった場合も保証がうけられます。

 

また、持込端末保証 with AppleCare Servicesに加入していれば、Appleが提供するエクスプレス交換サービスも利用できます

 

エクスプレス交換サービスとは、対象機種を修理に出す際に新品に交換してくれるサービスです。

通常、修理に出すと本体が手元に戻ってくるまでiPhoneが使えませんが、エクスプレスサービスなら修理に出す際に新しい機種を持ってきてくれます。

修理が終わっても新品を返送する必要がなく、そのまま使い続けられます。

詳細エクスプレス交換サービス | Apple

 

保証利用時の支払額

 

前章のとおり、実際に保証を受ける場合には別途料金がかかる場合があります。

 

<保証内容と負担額>

保証内容負担額
自然故障無料
バッテリー交換無料
画面修理¥3,700
背面ガラスの修理¥3,700
画面修理+
背面ガラスの修理
¥7,400
その他の修理¥12,900

 

自然故障とバッテリー交換は無料です。

ただし、バッテリーはiPhoneのバッテリー表示が80%以下になった場合のみ交換してもらえます。

 

画面が割れた場合は3,700円です。

水没・水濡れなどの場合は12,900円かかるので注意してください。

 

保証の利用方法

 

端末にトラブルが発生して保証を利用する場合、通常はAppleストアまたはApple正規サービスプロバイダで手続きします。

エクスプレス交換サービスを利用する場合は、専用サイトから手続きをします。

 

内容利用方法
自然故障Apple、
またはAppleの
正規サービスプロバイダ
で受付
バッテリー交換
画面修理
背面ガラスの修理
画面修理+
背面ガラスの修理
その他の修理
エクスプレス
交換サービス
専用サイト
手続き

詳細保証の利用方法 | ワイモバイル

 

対象iPhoneの変更方法

 

iPhoneを買い替えた場合、保証対象のiPhoneは変更可能です。

変更はマイワイモバイルで手続きします。

 

事前に変更しておかないと、実際にトラブルが起きた際に保証対象になりません。

 

iPhoneの保証オプションは必要?

 

本記事で解説したとおり、ワイモバイルでは持ち込みのiPhoneにも保証オプションが付けられるようになりました。

しかし、そもそも端末保証オプションは必要でしょうか?

 

保証オプションが必要かどうかは人によって意見が異なりますが、私はこれまで保証オプションを付けたことはありません。

iPhoneも買っていますが、Apple Careに加入したこともありません。

 

私は比較的丁寧にスマホを扱う方で、購入後すぐにスマホケースと画面フィルム(ガラスフィルム)を使うこともあり、これまで画面割れや水没などを経験したことがありません。

そのため、最大で月1,250円というオプション料金を毎月支払い続けるのはもったいなく感じます。

最近はディスプレイの強度も上がっていますし、強度が高いケース・ガラスフィルムも販売しているので、個人的にはオプション加入は不要だと思います。

 

ただし、これまでに画面割れなどで痛い目にあった方は加入しておいても良いかもしれません。

特に高額のiPhoneを買う方は自分の使い方とリスクを天秤にかけて検討しましょう。

 

Apple Storeで買ったiPhone用SIMカードの契約はこちら

 

以上、Apple Storeで買ったiPhoneをワイモバイルで使う手順の解説でした。

 

ワイモバイルのSIM契約はワイモバイル公式ストアがおすすめです。

契約事務手数料が無料で、キャンペーンも利用すれば店舗より断然お得です。

必ずオンラインで契約しましょう。

 

▼SIMカード契約はこちら▼

ワイモバイル公式ストア 

 

▼SIM契約で高額ポイント還元▼

 

端末別の詳細手順はこちら!

 

 

iPhone13の詳細はこちら
YmobileでiPhone13を使う手順

 

 

ワイモバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました