初期費用無料+6,000円分還元キャンペーン中 

ジャパネットたかたのワイモバイルスマホは本当にお得?arrows Jのスペックも解説

 

ジャパネット

 

最近、ジャパネットたかたでワイモバイルのスマホが購入できます。

 

ジャパネットたかたで契約できるプランとスマホは、実はワイモバイル公式サイトやワイモバイル店舗で契約できるプランとは微妙に異なります。

そこで、本記事ではジャパネットたかたのプランが本当にお得か、通常プランと比較・検証します。

 

▼ジャパネットたかたで申し込む▼

ジャパネットたかた(公式)

 

▼通常プランの申し込みはこちら▼

ワイモバイル公式サイト 

 

arrows Jの価格・料金

 

料金に含まれるもの

 

ジャパネットの料金プランは、ワイモバイルの通常の料金プラン(スマホベーシックプラン)とは異なります。

ジャパネットで契約すると、以下のプランとなります。

 

<ジャパネットのプラン>

  • スマホベーシックプランM(9GB)
  • 国内通話かけ放題

 

上記が含まれて、次の機種変更までずっと料金は定額です。

ただし、ドコモ・auから乗り換えの場合と、ソフトバンクから乗り換えの場合は料金が異なります。

 

ジャパネットの料金

 

ジャパネットで新規に電話番号を発行しarrows Jを購入した場合の料金は以下のとおりです。
※すべて税込

 

<新規契約>

  • 初期費用3,300円
  • 頭金:10,780円(訪問時に支払い)
  • 月額料金:4,380円

※初月の料金は日割り計算

 

さらに、現在ドコモ・auを契約している方がMNPで番号そのまま乗り換えの場合は、頭金が100円に割引されます。

 

<ドコモ・auから乗り換え>

  • 初期費用3,300円
  • 頭金:100円(訪問時に支払い)
  • 月額料金:4,380円

※初月の料金は日割り計算

 

ただし、ソフトバンクから乗り換えの場合は月額料金が550円高くなります

ソフトバンクとワイモバイルは同じグループ会社のため、2社間で乗り換えても特典がつかないのです。

 

<ソフトバンクから乗り換え>

  • 初期費用3,300円
  • 頭金:10,780円(訪問時に支払い)
  • 月額料金:4,930円

※初月の料金は日割り計算

 

料金はずっと定額

 

ジャパネットでワイモバイルに契約すると、次の機種変更までずっと料金は定額です。

 

ワイモバイル公式サイトで契約すると最初の半年間だけ割引が適用されて安くなり、7ヶ月目から高くなります。

しかし、ジャパネットはずっと定額です。

 

端末代金は24回払いのみで2年後に支払いが終了しますが、それと同額の割引が終了するため、2年後・3年後以降も同じ料金で使えます

 

機種変更するとあらたに端末代金が上乗せされるため、定額ではなくなります。

 

自宅への訪問サポート付き

 

ジャパネットでワイモバイルに申し込むと、担当の係員が自宅を訪問し、各種契約手続きや端末の初期設定をしてくれます

また、スマホの使い方もレクチャーしてくれます。

 

この料金はarrows Jは無料です。

 

通常、自宅に訪問して端末の初期設定やサポートを受けるためには、メニューごとに5,000円と出張料3,000円かかります。

初期設定とレクチャーを同時に受けた場合は13,000円かかりますが、ジャパネットで申し込みなら無料でできるのは大きなメリットですね。

 

最低利用期間/契約解除料

 

ジャパネットでワイモバイルのスマホプランに契約した場合、最低利用期間や契約解除料はありません。

 

ワイモバイルでは2019年9月までは2年間の最低利用期間と9,500円の契約解除料(解約金)がありました。

しかし、2019年10月からメインとなったスマホベーシックプランには、最低利用期間・違約金はありません。

 

ジャパネットで契約しても同様です。

 

▼ジャパネットたかたで申し込む▼

ジャパネットたかた(公式)

 

▼公式サイトの申し込みはこちら▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

ワイモバイル公式との比較/違い

 

ワイモバイル公式サイトや店舗とジャパネットの料金プランは異なります。

ここでは双方の差異とどちらがお得か解説します。

 

arrows Jはジャパネットのみ

 

arrows J

 

まず最大の違いはarrows Jというスマホはジャパネットでしか販売していません。

他のスマホキャリアでも販売していませんので、arrows Jが買えるのはジャパネットのみです。

 

ワイモバイルでは長らく富士通社製のスマホを販売していません。

 

料金の比較

 

前章で解説したとおり、ジャパネットは以下の3つがセットになって月額4,380円です。

 

  1. スマホベーシックプランM(9GB)
  2. スーパー誰とでも定額
  3. 端末代金

 

ワイモバイル公式サイトでスマホベーシックプランMと「スーパー誰とでも定額」を契約し、2年間使用した場合の料金と比較した表は以下のとおりです。

 

<2年使用時の支払額比較>

Ymobile
公式サイト
ジャパネット
プラン
M
~6ヶ月目¥3,278
¥4,380
7ヶ月目~¥4,048
スーパー誰とでも
定額
¥1,100
2年総額¥118,932¥105,120

※税込
※ワイモバイルはSIMのみ、ジャパネットは端末込み

 

上表の通り、料金プランだけを比較するとジャパネットのほうが2年総額で1.3万円ほどお得です。

ただし、ジャパネットはこれに端末代金の頭金(10,780円)がかかります。

 

上表のワイモバイルはSIMのみの料金なので、新規契約の方はワイモバイルでSIMカードのみを契約するのと同じ支払額で新しい端末が手に入ることになります。

 

ドコモ・auから乗り換えの方は、端末代金の頭金が100円に割引されます。

よって、ドコモ・auから乗り換えの方はワイモバイルのSIMのみより1.3万円ほど安い料金でスマホ端末も買えることになります。

 

よって、ジャパネットでarrows Jを購入するのはお得です。

 

  • 新規契約:公式サイトのSIMのみの料金で端末も手に入る
  • ドコモ・auから乗り換え:公式サイトのSIMのみの料金より1.3万円ほど安い料金で端末も手に入る

 

▼ジャパネットたかたで申し込む▼

ジャパネットたかた(公式)

 

▼公式サイトの申し込みはこちら▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

結論:ジャパネットは本当にお得?

 

ジャパネットがお得な人

 

結論から言うと、ジャパネットで買うのがおすすめな人は以下の方です。

 

  • スマホをあまり使わない
  • 10分以上の通話をよくする

 

端末セットで購入・arrows Jで問題なし

 

ジャパネットで販売している端末はarrows Jのみです。

 

それほど高いスペックではありませんが、普段使いには十分です。

よって、電話・メール・LINEが中心で、アプリやSNSをガンガン使わない方には十分でしょう。

 

以前はワイモバイル公式サイトでも実質0円・実質100円の端末が販売されていましたが、2019年10月以降はどんなに安くても10,000円ほどかかります。

ジャパネットのarrows Jは端末代金も実質無料に近いので、arrows Jで問題なければジャパネットはお得です。

 

一方、使えるスマホをすでにお持ちの方やarrows J以外のスマホが良い方はワイモバイル公式サイトで契約しましょう。

 

10分以上の通話をよくする

 

スマホで10分以上の通話が多い方にもジャパネットはおすすめです。

 

そもそも、ワイモバイルのスマホベーシックプランには最初から10分以内の国内通話かけ放題がついています。

しかし、10分以上は有料になるので、10分以上の通話が多い方は通話料金がどんどん加算されていきます。

 

一方、ジャパネットのプランは10分以上の国内通話もかけ放題になる「スーパー誰とでも定額」がついています

ワイモバイル公式サイトでプランMに「スーパー誰とでも定額」をつけるより、ジャパネットで契約したほうが料金が安いです。

 

よって、10分以上の通話が多い方や長電話をされる方はジャパネットがお得です。

 

ただし、スマホベーシックプランにはもともと10分かけ放題がついています。

通話時間が少ない方や10分以上の長電話をしない方はワイモバイル公式サイトでスマホベーシックプランのみを契約したほうがお得です。

 

▼ジャパネットたかたで申し込む▼

ジャパネットたかた(公式)

 

 

ジャパネットで損する人は?

 

一方、以下の方はジャパネットはおすすめできません。

 

  • 通話が少ない
  • 10分以上の長電話が少ない
  • プランS・Rを選びたい
  • スマホをすでに持っている
  • arrows J以外のスマホを使いたい

 

通話をあまりしない・10分以上の長電話をしない

 

ジャパネットで購入して最も損な方は通話をあまりしない方です。

 

そもそも、ワイモバイルのスマホベーシックプランには10分かけ放題が含まれています。

10分かけ放題が含まれて以下の料金です。

 

<スマホベーシックプランの料金表>

プランデータ~7ヶ月目8~24ヶ月目
S3GB¥1,980¥2,680
M9GB¥2,980¥3,680
R14GB¥3,980¥4,680

 

一方、ジャパネットは「スーパー誰とでも定額」が必ずセットになっています。

 

「スーパー誰とでも定額」をセットにした料金で比較するとワイモバイル公式サイトよりお得です。

ですが、「スーパー誰とでも定額」が不要ならワイモバイル公式サイトの方がお得です。

 

そもそも通話をあまりしない方や、通話はするけど10分以内におさまる・長電話はしないという方はワイモバイル公式サイトで「スーパー誰とでも定額」なしの通常プランを契約しましょう。

 

プランS・Rを選びたい

 

ジャパネットで選べるのは毎月9GB使える「スマホベーシックプランM」のみです。

もしかしたらSやRも選べるのかもしれませんが、割引が適用されない可能性があります。

 

プランMの容量は9GBなので、結構多いです。

(私も毎月3~4GBしか使いません。)

 

中にはプランS(3GB)で足りる方や、9GB以上使いたい方もおられるでしょう。

その場合はワイモバイル公式サイトで自身にあったプランを選びましょう。

 

スマホを持っている・他機種を使いたい

 

ジャパネットはarrows Jとの端末セットでしか契約できません。

スマホをすでにお持ちの方は、ワイモバイル公式サイトでSIMカードのみ契約すれば今のスマホをそのまま使える場合もあります。

 

また、arrows Jはスペックがあまり高くないエントリーモデルのスマホです。

ゲームやアプリをよく使う方や、カメラの写真にこだわる方は満足できない可能性もありますので、ワイモバイル公式サイトで他の機種を選びましょう。

 

ワイモバイルのおすすめスマホは下記にまとめています。

 

 

▼公式サイトの申し込みはこちら▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

ジャパネットで契約時の注意点

 

SoftBankから乗り換えは増額

 

ジャパネットでワイモバイルに申し込むと、次回機種変更までずっと4,380円でつかえます。

 

しかし、これは新規契約またはドコモ・auからの乗り換えの場合です。

ソフトバンクから乗り換えの場合は月額料金が+550円となり、月額4,930円となります。

 

端末の頭金が必要

 

ジャパネットは端末代金コミコミ価格といいましたが、別途頭金10,780円が必要です。

この頭金は、訪問時に現金での支払いが必要です。

 

ただし、ドコモ・auからの乗り換えの場合は頭金は100円に減額されてお得です。

 

店舗でもサポート可能

 

ジャパネットで購入したスマホについて不明点や故障の場合は、全国にあるワイモバイル店舗でサポートが受けられます

 

また、ジャパネットのコールセンターでも使い方や料金、故障についての問い合わせも受けてくれます。

 

▼ジャパネットたかたで申し込む▼

ジャパネットたかた(公式)

 

▼公式サイトの申し込みはこちら▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

arrows Uのスペック

 

カラーバリエーション

 

arrows Jの本体カラーは「ブルー」「ホワイト」「ブラック」の3種類です。

 

arrows J 本体カラー

 

スペック一覧表

 

スペック
サイズ(mm)H149× W72× D8.8
重さ約166g
画面サイズ5.8インチ
解像度2,280 x 1,080
(フルHD+)
バッテリー容量2,880mAh
OSColor OS 6
(Android 9ベース)
CPUSnapdragon450
(オクタコア)
1.8GHz
メモリ(ROM)32GB
メモリ(RAM)3GB
対応外部メモリmicroSDXC
(最大400GB)
有効画素数
(メインカメラ)
1,310万+
500万
画素
有効画素数
(サブカメラ)
800万画素

 

スペック詳細arrows J | Ymobile

 

搭載機能一覧

 

arrows Jには以下の便利機能が搭載されています。

 

有無
防水
防塵
ワンセグ
おサイフケータイ
指紋認証
顔認証
急速充電
ワイヤレス充電

 

防水・防塵対応

 

arrows JはIPX5・IPX8 の防水とIP6Xの防塵に対応しています。

雨の日やお風呂での操作も安心です。

 

おサイフケータイ対応

 

arrows Jはおサイフケータイに対応しています。

キャッシュレスが推進される中で、おサイフケータイの人気が再び高まっています。

 

指紋認証・顔認証なし

 

arrows Jは指紋認証・顔認証によるロック解除ができません。

 

ワンセグ/フルセグなし

 

arrows Jは富士通製スマホですが、ワンセグ・フルセグには対応していません。

ワンセグ・フルセグ対応機種はどんどん少なくなっていますね。

 

▼ジャパネットたかたで申し込む▼

ジャパネットたかた(公式)

 

 

ワイモバイル料金の節約技

 

おうち割でさらに料金割引

 

 

ワイモバイルには、月々のスマホ料金をさらに安くする裏技があります。

それは、家のネットをソフトバンク光/ソフトバンクAirにすることです。

 

家のネットをソフトバンク光・Airにすると「おうち割」が適用され、月々のスマホ料金が最大1,000円割引になります。

 

<おうち割による割引額>

対象プラン月割引額
スマホベーシック
プラン
500円
スマホプラン
S500円
M700円
L1,000円

 

上図の割引は1人当たりの割引額です。

よって家族でワイモバイルユーザーが3人いれば最大3,000円/月の割引になります。

(スマホプランLの場合)

 

ワイモバイルユーザーなら、この「おうち割」はめちゃくちゃお得です。

ぜひソフトバンク光に申し込みましょう。

 

詳細ワイモバイルのおうち割を解説!

 

高額キャッシュバックも!

 

さらに、ソフトバンク光・Airには公式サイトや家電量販店で申込んではいけません。

正規代理店のWEBサイトから申し込めば申込特典として高額のキャッシュバックがもらえます。

 

正規代理店とは、ソフトバンクからネット回線の販売や申込の受付を正規に委託した代理店のこと。
正規代理店は顧客獲得競争をしているので、独自の特典を設けていることが多い。 

 

ソフトバンク光のキャッシュバック額は、新規申し込みか転用かで異なります。

 

<光のキャッシュバック額>

キャッシュバック
新規¥33,000
転用¥15,000

 

ソフトバンクエアーは誰でも28,000円、3日以内に手続きを完了すれば30,000円もらえます。

 

<エアーのキャッシュバック額>

キャッシュバック
全員28,000円
3日以内に
登録完了
30,000円
(+2,000円)

 

正規代理店から申し込むことで、余計なオプション加入が必要だったり、手間が増えたりと言ったことはありません。

ただただキャッシュバックがもらえるだけですので、必ずこちらから申し込みましょう。

 

正規代理店のメリット

  • 公式特典+独自特典の2重取り
  • キャッシュバック最大3.3万円
  • 余計なオプションなど一切なし
  • 手間が余計にかかることもなし
  • キャッシュバック貰い忘れなし

 

▼オプション不要でキャッシュバック▼

 

▼Airの申し込みはこちら▼


 

 

お得なワイモバイル申し込みはこちら

 

以上、ジャパネットで買えるワイモバイルのプラン・端末詳細と公式サイト購入との比較でした。

 

前章で解説した通り、「スーパー誰とでも定額」と自宅訪問設定が必要ならジャパネット、不要ならワイモバイル公式サイトや店舗で契約した方がお得です。

ご自身や契約者の状況に合わせ、お得に契約してください!

 

ジャパネットの申し込みはこちらからどうぞ!

 

▼ジャパネットたかたで申し込む▼

ジャパネットたかた(公式)

 

一方、ワイモバイル公式で申し込みの方はこちらからどうぞ!

 

▼公式サイトはこちらから▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

ワイモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました