初期費用無料+6,000円分還元キャンペーン中 

ワイモバイルのかんたんスマホを全解説!月額料金や使用者の口コミも【705KC】

 

ワイモバイル_かんたんスマホ

 

本記事では、ワイモバイルから発売中の「かんたんスマホ」(705KC)について、詳しく解説します。

 

見やすい画面とかんたんな操作性に加え、専門員による無料サポート無料の国内通話かけ放題などの特典も満載です。

シニアの方には大変おすすめのスマホです。

 

▼かんたんスマホの価格/詳細を見る▼

ワイモバイル公式サイト

 

  1. かんたんスマホの料金・価格
    1. 端末価格・実質負担額
    2. 月々支払額・維持費
  2. かんたんスマホのキャンペーン
    1. エントリーで3,000円分還元
    2. 契約事務手数料が無料
    3. 端末価格はオンラインが安い
    4. ワイモバ学割
    5. その他お得なキャンペーン
  3. 60歳以上は国内通話かけ放題
    1. キャンペーン適用条件
    2. 機種変更でも通話無料
    3. オプション申し込みが必要
    4. 60歳未満でも使える?
  4. 無料で専門員のサポートあり
    1. 押すだけサポートで疑問解決
    2. 専門員への相談も無料
    3. ワイドサポートの加入不要
  5. 迷惑電話対策アプリが追加
    1. アプリで迷惑電話をブロック
    2. 迷惑電話対策アプリは無料
  6. かんたんスマホのスペック・仕様
    1. かんたんスマホの型番
    2. 発売日
    3. 本体の色・カラー
    4. スペック一覧表
    5. 画面サイズは5.0インチ
    6. SDカードで容量増設可能
    7. USB端子はUSB Type-C
    8. アダプタ・ケーブルなし
    9. おすすめの充電器
  7. 搭載便利機能
    1. 搭載便利機能一覧表
    2. 防水、防塵対応
    3. 耐衝撃・傷がつきにくい
    4. ワンセグでテレビ視聴
    5. 赤外線通信機能
    6. 指紋/おサイフケータイなし
  8. かんたんスマホの特徴・レビュー
    1. 大きな文字で見やすい画面
    2. よく使う連絡先を登録できる
    3. LINEがプリインストール
    4. 好きなアプリを自由に使える
    5. 3日間充電不要のバッテリー
    6. 普段使いに十分なCPU性能
    7. 1300万画素カメラ搭載
  9. かんたんスマホの評判・口コミ
    1. 他機種にSIM挿入でも特典適用
    2. バッテリーの評判・口コミ
    3. 文字の読みやすさの口コミ
    4. 料金の口コミ・評判
    5. 押すだけサポートの口コミ
  10. かんたんスマホ購入はこちら!

かんたんスマホの料金・価格

 

端末価格・実質負担額

 

ワイモバイルにおけるかんたんスマホの本体価格(税込)は以下の通りです。

 

  • 新規・乗り換え:32,400円(※)
  • 機種変更:39,600円

※ソフトバンクからの乗り換え除く

 

特典が豪華なだけに、少々価格は高めですね。

 

以前は音声SIMとセット契約なら月額割引が適用されていましたが、2019年9月で廃止されました。

上記端末価格に、月額料金が加算されます。

 

月々支払額・維持費

 

ワイモバイルでかんたんスマホを24回分割払いで購入した場合の月々支払額・維持費は以下の通りです。

 

<新規契約・乗り換え時の月々支払額>

SMR
~7ヶ月¥3,369¥4,469¥5,569
8~24ヶ月¥4,139¥5,239¥6,339

※端末24回払い
※料金は税込
※ソフトバンク以外からの乗り換えの場合

 

<機種変更時の月々支払額>

SMR
~7ヶ月¥3,831¥4,931¥6,031
8~24ヶ月¥4,601¥5,701¥6,801

※料金は税込

 

▼かんたんスマホの価格/詳細を見る▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

かんたんスマホのキャンペーン

 

ワイモバイルではお得なキャンペーンを実施中です。

かんたんスマホを契約する際も必ず下記を適用させましょう。

 

エントリーで3,000円分還元

 

Yahoo!モバイル どこでももらえる特典

 

Yahoo!上にあるワイモバイルストアでは、「どこでももらえる特典」を実施しています。

 

このキャンペーンは、こちらのページでエントリーした後、公式サイトや店舗でスマホベーシックプランに契約すると、3,000円分のPayPayボーナスライトが貰える仕組みです。

オンラインだけでなく、店舗で契約しても貰えるのが特徴です。

 

端末セット購入の場合は、こちらのページから「どこでももらえる特典」にエントリーした上で公式サイトから申し込むのが現在一番お得です。

 

特典を受けるには、事前にYahoo! JAPAN IDでログインした後、こちらのページでエントリーが必要です。

必ず契約前にエントリーしておいてください。

 

▼エントリーはこちら▼

特典エントリーページ 

 

 

契約事務手数料が無料

 

 

ワイモバイル公式サイトでは、契約事務手数料無料キャンペーンを実施中です。

 

通常、ワイモバイルに新規契約・MNP転入・機種変更する際には税抜3,000円の事務手数料がかかりますが、オンラインストアでの契約のみ無料です。

 

店舗で契約・機種変更すると手数料3,000円がかかりますので、必ずオンラインストアで契約しましょう。

 

  • 店舗:事務手数料3,000円
  • WEB:事務手数料無料

 

「どこでももらえる特典」とも併用可能なので、こちらのページからエントリーした上で公式サイトで申し込みましょう。

 

▼契約はオンラインが簡単でお得▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

端末価格はオンラインが安い

 

ワイモバイルのスマホセットで契約・機種変更しようと考えている方は、必ずワイモバイル公式サイトで契約しましょう。

前章で解説した事務手数料無料に加え、端末価格にも自動で割引が適用されます。

 

ワイモバイル公式サイトで端末を購入すれば、最大14,400円の割引が適用されます。

 

  • 新規・MNP:最大14,400円割引
  • 機種変更:最大7,200円割引

 

ワイモバイルオンラインストア端末割引

 

この割引が適用されるのはオンラインサイトのみです。

店舗では割引が適用されませんので注意してください。

 

もちろん「どこでももらえる特典」とも併用可能なので、こちらのページからエントリーした上で購入しましょう。

 

▼手数料無料+端末割引が適用▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

ワイモバ学割

 

ワイモバ学割2020

 

ワイモバイルでは毎年恒例の学割キャンペーンが11月29日から開始しました。

2020年の学割は、学生とその家族が1,000円×13ヶ月割引になります。

 

学割はプランM・Rが対象で、新規割と併用するとプランMが月額1,980円から使えます。

もちろん端末セットで契約する場合にも対象です。

 

<ワイモバ学割適用後の料金>

スマホベーシックプラン
S
(3GB)
M
(9GB)
R
(14GB)
基本
料金
¥2,680¥3,680¥4,680
新規割
(~7ヶ月目)
¥1,980¥2,980¥3,980
学割
(~13ヶ月目)
対象外¥1,980¥2,980

※新規割は契約翌月から6ヶ月間のみ
※学割は契約月から13ヶ月間のみ

 

さらに、家族割が適用されると2回線目以降は月額500円の割引となり、スマホベーシックプランMは月額1,480円、スマホベーシックプランRは月額2,480円にまで安くなります。

 

<学割+家族割適用後の料金>

スマホベーシックプラン
S
(3GB)
M
(9GB)
R
(14GB)
基本
料金
¥2,680¥3,680¥4,680
新規割
(~7ヶ月目)
¥1,980¥2,980¥3,980
学割
適用後
対象外¥1,980¥2,980
家族割
適用後
¥1,480¥1,480¥2,480

※家族割適用は2回線目以降
※新規割は契約翌月から6ヶ月間のみ
※学割は契約月から13ヶ月間のみ

 

学割の実施期間は2019年11月29日(金)~2020年6月1日(月)です。

 

2020年のワイモバ学割の詳細は下記に詳しくまとめています。

 

 

▼ワイモバ学割の詳細を見る▼

ワイモバ学割(公式) 

 

 

その他お得なキャンペーン

 

上記以外にも、ワイモバイルではお得なキャンペーンを実施しています。

月額500円割引になる家族割や、データ増量キャンペーン・おうち割光セットも実施中です。

 

現在実施中の最新キャンペーンは下記記事にまとめています。

契約・機種変更前に必ずチェックしてください。

 

 

 

60歳以上は国内通話かけ放題

 

 

かんたんスマホには、契約に付随するお得な特典が2つあります。

 

1つ目は、60歳以上の方がワイモバイルでかんたんスマホを購入のうえ、スマホプランS/M/Lを契約すると、国内通話がかけ放題の「スーパー誰とでも定額」の月額料金が無料になる特典です。

つまり、国内通話がかけ放題になるのです。

 

通常、スマホプランは10分以内の国内通話は何度でもかけ放題です。

しかし、スーパーかけ放題なら10分を超えた分も含めかけ放題になります。

※ナビダイヤルなど、かけ放題対象外の番号あり

 

キャンペーン適用条件

 

この特典は正式には「60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン」という名称です。

このキャンペーンが適用されることで、「スーパー誰とでも定額」の月額料金(1,000円)が無料になります。

 

▼スーパー誰とでも定額▼

 

キャンペーンが適用されるための条件は主に以下の2つです。

 

<適用条件>

  • 契約者がかんたんスマホ購入時点で60歳以上
  • スマホベーシックプランS/M/Rに契約

 

ワイモバイルでスマホを契約される方はほぼ「スマホベーシックプラン」なので、60歳以上でかんたんスマホを購入するだけで、完全かけ放題です。

このキャンペーンが適用されるのは「かんたんスマホ」だけなので大変お得です。

 

機種変更でも通話無料

 

現在、既にワイモバイルを契約している方もチャンスです。

この「60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン」は、新規契約・MNP乗り換えに加え、機種変更でも適用されます。

 

60歳以上の方で、現在既にスマホプランS・M・Lを契約していて他の機種を使用している方も、かんたんスマホに機種変更すればキャンペーンの対象となります。

機種変更ならプランの解約手数料(違約金)もかかりませんので、通話をよくする方はお得になルカ脳性があります。

 

オプション申し込みが必要

 

繰り返しになりますがこの「60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン」は、通常1,000円/月の有料オプション「スーパー誰とでも定額」が無料になるキャンペーンです。

国内通話をかけ放題にするためには、「スーパー誰とでも定額」への加入申し込みが必要です。

 

60歳以上の方がかんたんスマホを購入し、スマホベーシックプランに契約するだけではオプションは適用されません。

料金は無料ですが、必ずオプション加入申し込み手続きが必要ですので注意してください。

(オンラインサイトなら自動でオプション加入になります)

 

▼オンラインサイトなら自動で加入▼

 

60歳未満でも使える?

 

かんたんスマホは60歳未満の方でも申込可能です。

端末価格は同じで、専用のサポート無料で使えます

 

唯一の差は国内通話無料の適用可否です。

60歳以上の方は「スーパー誰とでも定額」が無料になりますが、60歳未満の方は無料になりません。(有料で申し込みは可能)

 

ただしスマホベーシックプランにもともと10分かけ放題がついていますので、60歳未満の方も10分以内の国内通話なら何度でも無料です。

10分以上の通話をよくする方は、月額1,100円払えばスーパー誰とでも定額に加入できます。

 

<60歳以上と60歳未満の差異>

60歳以上60歳未満
申し込み
国内通話
かけ放題
無料有料
(※)
専門員の
サポート
ありあり
端末価格どちらも同じ

 

▼かんたんスマホの価格/詳細を見る▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

無料で専門員のサポートあり

 

押すだけサポートで疑問解決

 

かんたんスマホには「押すだけサポートボタン」が設置されています。

操作で困ったこと・わからないことが発生した場合にこのサポートボタンを押すと、スマホが自動的に前後の操作を読み取って困りごとを予測し、サポートを提案してくれます。

 

 

ユーザーが解決方法を探すのではなく、スマホ側がサポートを自動提案してくれるので大変便利です。

精度もなかなか高いようですね。

 

専門員への相談も無料

 

スマホの自動サポート機能でも解決しなかった場合は、専用のカスタマーセンターに連絡ができます。

相談は何度でも無料ですし、かんたんスマホユーザー専用のカスタマーセンターなので、比較的すぐに電話が繋がります。

 

60歳未満の方でも無料でサポートが使えます。

 

 

「スマホの操作は難しいから不安だ…ガラケーのままが良い」という方も、困った事があればいつでも専門員に聞く事ができるので、思い切ってスマホにしてみてはいかがでしょうか。

 

ワイドサポートの加入不要

 

かんたんスマホのサポートサービスは、ワイモバイルが他の機種で提供している「ワイドサポート」とは別のサポートとなっています。

よって、ワイドサポートへの加入は不要です。

 

ワイドサポートは月額500円かかりますが、かんたんスマホの専門サポートは無料です。

 

▼かんたんスマホの価格/詳細を見る▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

迷惑電話対策アプリが追加

 

アプリで迷惑電話をブロック

 

2019年2月28日以降、かんたんスマホには「迷惑電話対策アプリ」が追加されます。

 

このアプリは、「トビラシステム」という迷惑電話対策の専門業者が持つデータベースを参照し、ブラックリストに入っている電話番号からの着信を拒否したり、警告を表示します。

 

また、こちらから電話をかける場合にも同様に警告を出すことで、振り込め詐欺などの被害を防ぎます。

 

迷惑電話対策アプリは無料

 

この迷惑電話対策アプリは通常は有料ですが、かんたんスマホ使用者は無料で使用できます。

 

2月28日以降に購入した場合は購入時からアプリがインストールされています。

すでにかんたんスマホを購入している方も、2月28日以降に配信されるアップデートにて自動でアプリがインストールされて使えるようになります。

 

▼かんたんスマホの価格/詳細を見る▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

かんたんスマホのスペック・仕様

 

かんたんスマホの型番

 

ワイモバイルにおけるかんたんスマホの型番は「705KC」です。

 

発売日

 

かんたんスマホの発売日は2018年8月9日です。

2019年3月7日に新色「シルバー」が発売されました。

 

本体の色・カラー

 

かんたんスマホは「ライトブルー」「ライトピンク」「シルバー」の3種類から選べます。

シルバーは2019年3月7日に追加されました。

 

ワイモバイル_かんたんスマホ 本体カラー

 

スペック一覧表

 

かんたんスマホのスペック一覧表は以下の通りです。

 

スペック
サイズ(mm)H147× W71× D9.2
重さ約142g
画面サイズ5.0インチ
解像度1,280 x 720
(HD)
バッテリー容量2,600mAh
連続通話時間
(LTE)
1,010分
連続待受時間
(LTE)
640時間
OSAndroid 8.1
CPUSnapdragon430
(オクタコア)
1.4GHz+1.1GHz
メモリ(ROM)32GB
メモリ(RAM)3GB
対応外部メモリmicroSDXC
(最大256GB)
通信速度(下り)最大112.5Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
1,300万画素
有効画素数
(サブカメラ)
500万画素

 

スペック詳細はワイモバイル公式サイトでご確認ください。

 

画面サイズは5.0インチ

 

かんたんスマホの画面サイズは5.0インチです。

最近のスマホは大型化が進んでいますので、5.0インチはコンパクトな部類に入ります。

 

画面解像度はHDなので必要最低限といったところですね。

 

SDカードで容量増設可能

 

かんたんスマホのストレージ容量は32GBです。

これだけあれば十分かとは思いますが、もし足りなくなったらSDカードを装着することで容量を増設できます。

 

マイクロSDカードは最大256GBまで増設できますので、写真や動画をたくさん保存する場合は利用してください。

 

 

USB端子はUSB Type-C

 

かんたんスマホのUSB端子は上下どちらでも挿せるUSB Type-Cです。

 

アダプタ・ケーブルなし

 

かんたんスマホには充電器(ACアダプタ・USBケーブル)が同梱されていません

 

USBのACアダプタと、USB Type-Cのケーブルをお持ちの方はかんたんスマホでも使えます。

お持ちでない方は別途購入が必要です。

 

おすすめの充電器

 

私がおすすめする充電器は以下の機種です。

 

▼安心のエレコム(USB type-C)▼

 

搭載便利機能

 

搭載便利機能一覧表

 

かんたんスマホに搭載されている便利機能は以下の通りです。

 

有無
防水
防塵
ワンセグ
おサイフケータイ
指紋認証
顔認証
赤外線通信

 

防水、防塵対応

 

 

かんたんスマホは防水・防塵に対応しています。

特に防水は、水深1mに30分間沈めても問題なし(IPX7の防水性能)です。

 

水周りで使っても、雨の日に屋外で使用しても問題ないですし、誤ってお風呂やトイレに落としても、データの消失を防ぐことができるので大変安心ですね。

 

耐衝撃・傷がつきにくい

 

かんたんスマホは衝撃にも強く、壊れにくい構造になっています。

耐衝撃は京セラ製スマホの特徴ですね。

 

米国国防総省が定める基準に準拠しており、高さ1.22mからの落下試験もクリアしています。

 

ワンセグでテレビ視聴

 

かんたんスマホにはワンセグが搭載されています。

ワンセグ搭載スマホなら外出先でもTVを見る事ができるので、非常にファンが多い機能です。

 

ワンセグ視聴にはアンテナが必要ですが、購入時に付属していますので安心です。

 

赤外線通信機能

 

かんたんスマホには、先に説明した防水・防塵ワンセグのほかに、赤外線通信機能も搭載されています。

 

赤外線通信機能が搭載されたスマホやケータイと、写真や電話帳のデータをやり取りできます。

ガラケーからスマホに乗り換える場合もワンタッチでデータを移行できますし、撮った写真を送るのもかんたんです。

 

指紋/おサイフケータイなし

 

かんたんスマホには指紋認証センサー・顔認証やおサイフケータイは搭載されていません。

 

▼かんたんスマホの価格/詳細を見る▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

かんたんスマホの特徴・レビュー

 

大きな文字で見やすい画面

 

かんたんスマホは、全体的に大きな文字で表示されます。

とても見やすく、メニューや表示内容がはっきりと見えます。

 

また、ボタンも大きいので文字入力もかんたんです。

押し間違いも発生しにくくなっています。

 

▼押しやすいボタン▼

 

よく使う連絡先を登録できる

 

 

かんたんスマホでは、通常の電話帳のほかによく使う連絡先を登録しておくと、ホーム画面上(いつも表示される画面)にその連絡先を表示できます。

電話をしたりメールしたりする場合も、そのボタンを押せばワンタッチで発信したりメールできます。

 

わざわざ電話帳を開かいたり、着信履歴をたどったりせずとも連絡ができるのが大変便利です。

 

LINEがプリインストール

 

 

かんたんスマホには、LINEのアプリがはじめから入っています

わざわざGoogle Pley Storeからインストールしなくても、簡単な設定だけでLINEを使えます。

 

好きなアプリを自由に使える

 

かんたんスマホは通常のスマホと同様、好きなアプリをインストールする事が可能です。

LINE以外にもニュース配信アプリやamazon・楽天市場などのショッピングアプリ、ヤフー路線案内なども人気ですね。

 

3日間充電不要のバッテリー

 

スマホは外出先でのバッテリー切れが心配ですね。

しかし、かんたんスマホは2,600mAhのバッテリーを搭載しており、また操作による電池の消耗を抑える構造になっているため、電池の持ちが抜群です。

 

普段使いなら3日間充電しなくてもOKの作りになっています。
(使い方や環境等により消耗具合は異なります)

 

普段使いに十分なCPU性能

 

かんたんスマホに搭載されたCPUはSnapdragon430で、メモリー(RAM)は3GBです。

普段使いには十分ですが、アプリを複数同時に操作する場合や、ゲームをする場合は処理速度にもたつきが出るかもしれません。

 

あまりおられないと思いますが、もう少し性能が良い機種が欲しいという方は同じ京セラ製の「Android One X3」がおすすめです。

 

1300万画素カメラ搭載

 

かんたんスマホのカメラは1300万画素です。

そこまでハイスペックではありませんが、1世代前のスマホよりは進化しており、十分でしょう。

 

ただし、画面側にある自撮り用カメラは500万画素と最低限です。

カメラにこだわる方は、こちらもシャープ製の「Android One X4」がおすすめです。

 

▼かんたんスマホの価格/詳細を見る▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

かんたんスマホの評判・口コミ

 

他機種にSIM挿入でも特典適用

 

発売から時間がたっていないためまだ情報がありませんが、価格.comで以下の情報がありました。

 

Y!mobile寺尾氏が質問に回答してる様です

―― 60歳以上のユーザーがかんたんスマホを購入した場合、国内通話定額(スーパーだれとでも定額)を無料で使える。
この契約のSIMカードを他の端末に挿して使った場合も、同様に無料で使えるか。

寺尾氏 できる。(購入時に)使用者確認を行うので、お客さまを信頼してやらせていただく(穴はふさがない)。
引用元:価格.com

 

つまり、契約者が60歳以上でかんたんスマホを購入し、SIMだけ抜いて他の機種に挿しても「スーパー誰とでも定額」の無料キャンペーンが適用されるということです。

「国内かけ放題は嬉しいけど、端末は別のがいいな…」という方にもおすすめですね。

 

バッテリーの評判・口コミ

 

同じく価格.comからの引用です。

 

【バッテリー】
がっつり使用して2日もちました。

【バッテリー】
ネット・動画・メール・地図くらいの用途だと2日くらいは持ちます

引用元:いずれも価格.com

 

ガッツリ使用して2日も持つということであれば、バッテリーの持ちはなかなか良いようですね。

(もちろん使用頻度によりますし、この方の「がっつり」がどの程度かはわかりませんが)

 

文字の読みやすさの口コミ

 

価格.comのなかに、「老眼のため文字が読めるか不安…」との声もありました。

 

前に説明したとおり、かんたんスマホはもともと文字が大きく設定されています。

さらに、自分の好みにあわせて「大」「最大(でか文字)」に調整することも可能です。

 

 

料金の口コミ・評判

 

電話かけ放題無料、端末代金分割でも3000円ちょっとで所有できるスマホはこれ以外にはありません。大手であれば、電話かけ放題を入れると6000円前後まで跳ね上がってしまいます。圧倒的な維持コストの安さで、途中の契約を無理やり断ち切ってこちらのほうに移動してきましたが、結果的に判断してよかったです。
引用元:価格.com

 

かんたんスマホを使われる方は、メールや電話が中心だと思います。

ついつい長くなってしまう通話も、かけ放題なら安心ですね。

 

通常なら、スマホだと毎月1000円、ケータイなら1500円かかるかけ放題も、かんたんスマホならずっと無料です。

非常にうらやましいサービスですね。

 

押すだけサポートの口コミ

 

操作や設定がわからないときに「押すだけサポート」を何度か利用している。親切に教えてもらえるようで、その度に問題が解決しているらしい。
引用元:価格.com

 

この「押すだけサポート」、ご高齢の方がどこまで活用できるか心配であまり使われないんではないかと思いましたが、意外に使っていらっしゃるようですね。

しかも親切に対応してくれるということで何よりです。

 

サポートは無料なので、話し相手が欲しくて電話する人などもいそう…

 

かんたんスマホ購入はこちら!

 

以上、ワイモバイルの「かんたんスマホ」の解説でした。

 

シニアにも使いやすい安心設計のうえ、60歳以上なら国内通話かけ放題専門員によるサポートも無料です。

ワイモバイルの料金はもともと安いので、格安でスマホを使う事ができます。

 

かんたんスマホの購入・契約は店舗でも可能ですが、24時間いつでも受付可能で手続き簡単のワイモバイル公式サイトが断然便利です。

契約もかんたんなので、ぜひ利用してくださいね!

 

▼かんたんスマホの価格/詳細を見る▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

ワイモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました