1円のAQUOS sense4 basicが終売間近! 

ワイモバイルとLINEMOを比較!違いは?おすすめは?

 

ワイモバイル LINEMO 比較 違い おすすめ

 

本記事ではワイモバイルとLINEMOの違いとおすすめを解説します。

どちらもソフトバンクより料金を安く抑えられますが、微妙に違いがあります。

 

ワイモバイルは豊富なサービスと手厚いサポートがあり、誰でも使いやすいです。

LINEMOはワイモバイルより料金が安いですが、やや上級者向けかもしれません。

 

▼毎日21時から実施中

ワイモバイル SIM タイムセール

 

▼LINEMOはこちら▼

LINEMO

 

ワイモバイルとLINEMOの違い・比較

 

ワイモバイルとLINEMOの大きな違いや下表のとおりです。

 

<比較一覧表>

ワイモバイルLINEMO
サポート店舗・
電話・チャット
チャット
のみ
料金
プラン
・3GB:¥2,178
・15GB:¥3,278
・25GB:¥4,158
・3GB:¥990
・20GB:¥2,728 
データ
フリー
なしLINE
家族割・
光セット割
月1,188円
割引
なし
最低利用期間
・違約金
なし
スマホ
購入
×
使える
スマホ
基本的に同じ
通信速度速い
(SoftBankと同じ)
制限時の
最大速度
S:300kbps
M・L:1Mbps
ミニ:300kbps
スマホ:1Mbps
通話料金30秒毎に22円
通話
オプション
10分かけ放題:¥770
かけ放題:¥1,870
5分かけ放題:¥550
かけ放題:¥1,650
留守番
電話

(無料)
×
Yahoo!
プレミアム
会員費
無料有料
キャリア
メール
×

 

これから、一つずつ解説していきます。

 

店舗・電話サポートの有無

 

ワイモバイル 店舗数

 

ワイモバイルとLINEMOの大きな違いの一つに、店舗の有無があります。

 

ワイモバイルは全国に2,000以上の店舗があります。

契約や機種変更はもちろん、端末の故障や困ったときにも店舗に駆け込めば店員さんのサポートを受けられますので安心ですね。

もちろん電話やチャットでのサポートも受けられます。(電話はあまり使えませんが…)

 

一方、LINEMOには店舗がありません

電話サポートもありませんし、ソフトバンクショップでも契約手続きや困ったときのサポートは受け付けてくれません。

困ったときにはWEBサイト上のチャットサポートで問い合わせるか、自分で解決する必要があります。

 

契約や設定はそれほど難しいものではありませんが、よくわからない方はワイモバイルの方が安心です。

 

料金の違い

 

また、料金プランも異なります。

 

ワイモバイルの料金表

 

ワイモバイルは現在「シンプルS/M/L」がメインプランです。

 

<シンプルS/M/Lの料金表>

プランSML
データ
容量
3GB
1年間:5GB
15GB
1年間:20GB
25GB
1年間:30GB
月額
料金
¥2,178¥3,278¥4,158
家族割・
おうち割
適用後料金
¥990¥2,090¥2,970
制限時の
最大速度
最大
300kbps
最大
1Mbps
通話料22円/30秒
10分かけ放題:+770円
かけ放題:+1,870円

※税込
※データ容量は1年間無料で増量

詳細ワイモバイルの料金プランを解説

 

データ容量は月3GB・15GB・25GBの3つが選べます。

ただし、契約から1年間は「データ増量オプション無料キャンペーン」が適用され、データ容量が5GB/20GB/30GBに増量されます。

詳細データ増量オプション無料キャンペーン

 

LINEMOの料金表

 

LINEMOは2つのプランが選べます。

サービス開始当初は20GBプランのみでしたが、のちに月3GBのミニプランが追加されました。

 

<LINEMOの料金表>

ミニプランスマホプラン
データ
容量
3GB20GB
月額
料金
¥990¥2,728
制限時の
最大速度
最大300kbps最大1Mbps
通話料22円/30秒
5分かけ放題:+550円
かけ放題:+1650円

詳細料金プラン | LINEMO

 

どちらが安い?

 

ワイモバイルとLINEMOは、月に使うデータ容量によってどちらがお得か異なります。

下表をご覧ください。

 

<容量別の料金比較>

使用量ワイモバイルLINEMO
3GB
未満
¥2,178¥990
3GB~
15GB
¥3,278¥2,728
15GB~
20GB
¥4,158¥2,728
20GB~
25GB
¥4,158

 

上表の通り、容量が20GB以下ならの場合はLINEMOの方がお得です。

LINEMOは20GBまでのプランしかありませんので、20GB以上使う方はワイモバイルを選ばざるを得ません。

 

なお、ワイモバイルは1年間データが5GB/20GB/25GBに増量されます。

例えば月に使うデータ容量が3GB~5GBの場合、ワイモバイルは1年間2,178円ですが、LINEMOだと2,728円なので最初の1年間はワイモバイルがお得です。

 

ただし、料金の安さだけで選んではいけません。

ワイモバイルとLINEMOは提供サービスが異なるので、必ず次章以降の違いも確認してください。

 

データフリー/カウントフリー

 

ワイモバイルとLINEMOではデータフリーの有無に違いがあります。

データフリーとは、特定のサービスでデータ容量を消費せず使い放題になるサービスです。

 

ワイモバイルにはデータフリー・カウントフリーサービスはありません。

 

一方、LINEMOはLINEによるデータ通信はデータ容量を消費せず、使い放題です。

LINEのトークはもちろん、データを消費しやすいLINE音声通話やビデオ通話もデータを消費しません。

とくにビデオ通話も使い放題なのは嬉しいですね。

 

LINEでも一部はデータフリー対象外になるものの、LINEによる音声通話・ビデオ通話が多い方はLINEMOがおすすめです。

詳細LINEギガフリー | LINEMO

 

家族割・光セット割の有無

 

ワイモバイルには家族割が用意されています

家族でワイモバイルを契約していると、料金が毎月1,188円割引されます。

 

<シンプルS/M/Lの家族割>

SML
通常の
料金
¥2,178¥3,278¥4,158
家族割
適用後の料金
¥990¥2,090¥2,970

詳細ワイモバイルの家族割を解説

 

また、ワイモバイルにはおうち割光セットという割引もあります。

自宅の固定回線をソフトバンク光かソフトバンクエアーにすれば、ワイモバイルのスマホ料金が毎月割引されます。

ワイモバイルのスマホとソフトバンク光/エアーを契約している限りずっと割引されますし、割引は契約している家族全員に適用されます。

 

<おうち割光セットの割引額>

プラン割引額
シンプル
S・M・L
¥1,188
スマホベーシック
プラン
S・M・R
¥550

 

 

一方、LINEMOには家族割や光回線とのセット割はありません

特に家族で契約する場合や、ソフトバンク光・エアーを契約中の方がソフトバンクから乗り換える場合は、ワイモバイルの方がお得なこともあります。

 

最低利用期間/違約金の違い

 

ワイモバイルにもLINEMOにも、最低利用期間はありません

違約金もないので、自身の好きなタイミングで解約・他社への乗り換えが可能です。

 

今でも1,000円の違約金がとられるキャリアも残っていますが、ソフトバンク系列のブランドはすべて最低利用期間・違約金が廃止されています。

 

取り扱いスマホの有無

 

ワイモバイルではスマホが購入できます。

ワイモバイルに契約する際にスマホをセットで購入できますし、機種変更も可能です。

Androidはもちろん、iPhone12シリーズやiPhone11・iPhone SE 第2世代も販売中です。

詳細ワイモバイルの最新おすすめスマホ

 

一方、LINEMOはスマホを販売していません

LINEMO契約者は、ソフトバンクなどで買ったスマホを使うか、動作確認されている端末を家電量販店や通販サイトで購入して持ち込む必要があります。

APN設定やプロファイルのインストールも自身で作業が必要です。

詳細動作確認端末一覧 | LINEMO

 

これまでドコモ・au・ソフトバンクを契約していた方は「自分でスマホを買ってSIMを差し替える」という作業になれてない方も多いでしょう。

不安な方は、ワイモバイルを選んだほうが良いかもしれません。

 

使えるスマホの違い

 

ワイモバイルとLINEMOで使える端末はほぼ同じです。

 

手持ちのスマホを使いたい場合は、必ずそれぞれの動作確認端末一覧を確認してください。

ここに記載がある端末は問題なく使えることが確認されています。

 

 

ワイモバイルもLINEMOも使っている回線は同じなので、基本的に使える端末は同じです。

 

iPhoneはiPhone6S・初代SE以降の機種なら使えます。

ソフトバンクで販売された端末もSIMフリーまたはSIMロック解除済みなら使えます。

 

通信速度の違い

 

ワイモバイルとLINEMOの通信速度は同じです。

端末や環境によって変動はありますが、どちらもソフトバンクと同じ回線を使っており、理論上ソフトバンクと同じ速度が出ます。

 

私も毎月ワイモバイルの通信速度を測定していますが、お昼でも遅くならず非常に快適です。

同じ回線を使っているLINEMOも同様です。

 

通信速度はどちらも同じで、ソフトバンクと同様に速いです。

 

速度制限時の速度の違い

 

ワイモバイルもLINEMOも、月のデータ容量を使い切ると速度制限がかかります。

速度制限がかかった場合の最大速度は以下のとおりです。

 

<ワイモバイル>

  • プランS:最大300Kbps
  • プランM・L:最大1Mbps

 

<LINEMO>

  • 3GBプラン:最大300Kbps
  • 20GBプラン:最大1Mbps

 

どちらも3GBプランは最大300kbps、それ以外のプランは最大1Mbpsで通信できます。

 

最大1Mbpsだと、SNSやWEB閲覧などたいていのことは問題なくできるでしょう。

Youtubeも360pならつまらずに視聴できます。

 

どちらも使い放題なので、容量を使い切っても安心です。

詳細1Mbpsで何ができる?

 

データ繰り越しの有無

 

データ繰り越しにも大きな違いがあります。

 

ワイモバイルは余ったデータを翌月に繰り越せます

基本容量はもちろん、データ増量オプションで追加された容量も繰り越せるので無駄がありません。

詳細ワイモバイルでデータ繰り越しが開始

 

一方、LINEMOにデータ繰り越し機能はありません

3GBプランも20GBプランも、使いきれなかったデータ容量は消滅するので少しもったいないですね。

 

データシェア

 

ワイモバイル シェアプラン

 

ワイモバイルにはデータシェアの仕組みがあります。

1つの契約に対しSMS機能付きのデータSIMを追加し、複数のSIMカード間で容量を分け合う仕組みです。

 

私もシンプルMにシェアSIMを1枚追加し、2枚で容量を分け合っています。

1枚はメインのスマホ用、2枚めはタブレットやサブスマホ、モバイルルーターなどに挿して使うとお得です。

詳細ワイモバイルのシェアプランを解説

 

このシェアSIMの仕組みはLINEMOにはありません

音声SIMとデータSIM間で複数回線を契約する場合、シェアSIMがあるワイモバイルがお得です。

 

通話オプションの違い

 

ワイモバイルもLINEMOも、通常の通話料金は30秒ごとに22円です。

格安SIMにあるような、専用アプリでかけると半額になる機能はありません。

 

用意されている通話オプションと料金には差があります。

 

<通話オプションの比較>

ワイモバイルLINEMO
国内
通話料金
30秒毎に22円
通話
オプション
10分かけ放題:¥770
かけ放題:¥1,870
5分かけ放題:¥550
かけ放題:¥1,650

※かけ放題対象外の番号あり

 

ワイモバイルは10分かけ放題時間制限無しのかけ放題が用意されています。

一方、LINEMOは5分かけ放題と時間制限無しのかけ放題です。

また、時間制限無しのかけ放題の月額料金はLINEMOの方が安いですね。

 

留守番電話の料金比較

 

留守番電話についても差があります。

ワイモバイルは、ほぼ全ての機種で留守番電話が使えますし、料金は無料です。

 

一方、LINEMOには留守番電話のサービスがありません。

端末の伝言メモは使えますが、留守番電話を使っている方は注意が必要です。

 

ヤフープレミアム会員費の違い

 

ワイモバイル Yahoo!プレミアム

 

地味ですが大きな違いが、ヤフープレミアム会員費です。

ワイモバイルは、ワイモバイルに契約しているだけでヤフープレミアム会員費(月508円)が無料です。

 

ヤフープレミアム会員はプロ野球のパ・リーグやバスケットのBリーグのLIVE配信が全試合見放題になったり、コンビニやファストフードのクーポンが貰えるなどお得です。

私も活用しています。

詳細Yahoo!プレミアム for Y!mobile

 

一方、LINEMOはヤフープレミアム会員費が無料になる特典はありません

ソフトバンクを契約していた方も無料でヤフープレミアム会員になれていましたが、LINEMOに乗り換えると有料になってしまいます。

 

キャリアメールの有無

 

キャリアメールにも違いがあります。

ワイモバイルにはキャリアメール(@ymobile.ne.jp)がありますが、LINEMOにはキャリアメールが用意されていません。

キャリアメールがどうしても必要な方はワイモバイルを選びましょう。

 

なお、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える場合もソフトバンクで使っていたアドレス(~~@softbank.ne.jpなど)は使えませんので、アドレス変更が必要です。

 

ワイモバイルとLINEMOのおすすめは?

 

初めてならワイモバイルに

 

ここまで、ワイモバイルとLINEMOの違いについて解説してきましたが、結局どちらおすすめでしょうか?

初めて格安SIMに契約する方はワイモバイルがおすすめです。

 

前章までのとおり、料金はLINEMOの方が安い場合もあります。

しかし、LINEMOは「自身で端末を用意しなければならない」「設定も自分で」「店舗・電話でのサポートなし」など、少々難しいです。

 

一方、ワイモバイルはソフトバンクとほとんど同じサービスを実施しており、ソフトバンクを契約していた方も違和感なく乗り換えられるでしょう。

ワイモバイルでは端末も販売していますので自身で用意する必要はありませんし、オンラインサイトで買えば最大21,600円の割引も適用されます。

家電量販店などで買うよりも断然安いです。

 

また、全国に店舗がありますので、困ったことがあれば駆け込めるのがメリットです。

ドコモ・au・ソフトバンクを契約していた方で、格安SIM・格安スマホへの乗り換えが初めての方は、まずはワイモバイルに乗り換えるのが安心でおすすめです。

 

料金はLINEMOより少し高い場合が多いものの、ソフトバンクに比べるとかなり安いです。

ワイモバイルに最低利用期間や違約金はありませんので、格安スマホに慣れたらさらに安いLINEMOに乗り換えるのもありだと思います。

 

▼Ymobileの詳細はこちら▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

慣れたらLINEMOも検討

 

一方、以下に該当する方はLINEMOがおすすめです。

 

  • スマホの扱いに慣れている
  • 月に使う容量が20GB以下
  • LINEビデオ通話をよく使う

 

前章までで解説したとおり、料金はワイモバイルよりLINEMOの方が安い場合が多いです。

ワイモバイルも家族割やおうち割を利用すればほとんど同じ料金になりますが、単体で契約する方はLINEMOがおすすめです。

 

また、LINEMOにはLINEが使い放題になるLINEギガフリーというサービスもあります。

LINEのトークは容量消費が小さいので気にする必要はありませんが、ビデオ通話を長くする方はLINEMOだとデータ容量を大きく節約可能です。

3GBで月990円のミニプランでも使い放題なので、ビデオ通話をよく利用するカップル同士で契約したり、離れた場所に住む家族で契約される方も多いです。

 

ただし、LINEMOは料金が安い分、店舗はありませんしサポートはチャットのみです。

契約や初期設定はかんたんですし、一度設定してしまえばあとは心配不要ですが、不安な方はサポート体制が充実しているワイモバイルのほうが良いかもしれません。

 

▼LINEMOの詳細を調べる▼

LINEMO公式サイト 

 

 

ワイモバイル・LINEMOの契約はこちら

 

以上、ワイモバイルとLINEMOの比較・違いとおすすめの解説でした。

ワイモバイルとLINEMOには大きな違いがあるので、必ず本記事をよく読んでから契約しましょう。

 

どちらも契約時にはお得なキャンペーンを適用できます。

ワイモバイルの最新キャンペーン・お得な契約方法はこちらにまとめています。

契約前に必ず確認してください。

詳細ワイモバイルの最新キャンペーン

 

▼Ymobile契約はこちら▼

ワイモバイル公式ストア 

 

▼最大3,000円分お得▼

新どこでももらえる特典 ワイモバイル

 

 

LINEMOもPayPayボーナスが貰えたり、通話定額オプションが割引になるキャンペーンを実施中です。

詳細LINEMOのキャンペーン一覧

 

▼LINEMOの契約はこちら▼

LINEMO公式サイト 

 

LINEMO

 

 

ワイモバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました