Libero S10が一括1円セール中! 

ワイモバイルでHUAWEI nova 3を使う手順!機種変更やAPN設定も

 

HUAWEI nova 3

 

本記事ではワイモバイルでHUAWEI nova 3を使う手順を解説します。

 

HUAWEI nova 3は以前ワイモバイルで販売していましたが、現在は終了しました。

ですが、手持ちのHUAWEI nova 3はワイモバイルで使えます。

 

▼SIMカード契約はこちら▼

 

▼nova 3の格安中古を探す▼

スマホ通販のイオシス

 

ワイモバイルで使えるnova3

 

nova3の動作確認状況

 

ワイモバイルではHUAWEI nova 3の動作確認が完了しています。

 

他で購入したnova3もワイモバイルのSIMを挿して問題なく使用できますので安心してください。

テザリングも可能です。

詳細ワイモバイルの動作確認端末一覧

 

nova3はSIMフリー

 

国内で販売されているnova3はSIMフリー端末です。

 

SIMロックがかかっていませんので、ワイモバイルのSIMを挿してAPN設定するだけで使えます。

 

バンド・周波数も対応

 

nova3の対応バンド・周波数は以下の通りです。

 

  • FDD LTE:B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28
  • TDD LTE:B38/40/41
  • WCDMA:B1/2/4/5/6/8/19
  • GSM:850/900/1800/1900 MHz

 

ワイモバイル回線で使うバンドはFDD-LTEの1・3・8、WCDMAのバンド1・8ですが、nova3は全て対応しています。

 

そのため、ワイモバイルやソフトバンク回線を使った格安SIMでも問題なく使えます

また、ドコモ回線やau回線の格安SIMでも使用可能です。

 

▼お得なキャンペーン実施中▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

ワイモバイルでnova3を使う手順

 

他で購入したnova3をワイモバイルで使う手順は、主に以下の通りです。

 

  1. nova3本体を準備
  2. ワイモバイルでSIM契約
  3. 本体にSIMを挿入
  4. APN設定

 

上記の他に、他社からMNPで乗り換える場合はMNP予約番号の発行が必要です。

詳細は下記記事をお読みください。

詳細YmobileにMNPで乗り換える手順

 

nova3本体を準備

 

まず、nova3本体を準備しましょう。

nova3本体は家電量販店やAmazon・楽天市場などで端末のみを購入できます。

 

 

また、スマホ通販サイトや中古スマホ店ではnova3の未使用品・中古品が格安で購入できます。

おすすめはイオシスです。

私もよくスマホを購入しています。

 

▼nova3の格安在庫を探す▼

スマホ通販のイオシス

 

 

ワイモバイルでSIMを契約

 

 

続いて、ワイモバイルでSIMカードを契約します。

(他社から乗り換えの方は、MNP転入手続きとあわせてSIMを契約します)

 

手続きはワイモバイルの店舗でも可能ですが、契約事務手数料が無料で高額のPayPay還元が受けられるワイモバイル公式オンラインサイトが断然おすすめです。

 

SIMカードサイズの選択

 

ワイモバイル公式オンラインサイトで手続きをする場合、最初の画面でSIMカードのサイズを選択します。

 

iPhone用SIM契約手順

 

nova3のSIMカードサイズはnanoです。

上記の画面でnanoサイズのSIMカードを選択してください。

 

契約形態・予約番号の入力

 

契約方法の欄で「新規契約」または「のりかえ」を選択します。

乗り換えの方は、その下の「現在お使いの端末・プラン」で「ドコモ・au・MVNO」または「ソフトバンク」を選択すればOKです。

 

iPhone用SIM契約手順 iPhone用SIM契約手順

 

MNP乗り換えの方は、のちほどMNP予約番号を入力する画面が出てきますので、10桁の数字を入力しましょう。

 

ワイモバイル公式サイトでソフトバンクから乗り換える場合、MNP予約番号は不要です。
詳細ソフトバンクから乗り換える全手順

 

その後は料金プランやオプションを選択し、本人確認書類をアップロードすればOKです。

手続きが終了すれば、SIMカードが届くのを待ちましょう。

 

▼nova3用SIMを契約する▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

nova3にSIMカード挿入

 

ワイモバイルに新規契約でSIMカードを購入した場合、SIMカードは開通した状態で届きますので、回線の開通手続きは不要です。

ワイモバイルからSIMカードが届いたら、nova3本体にSIMカードを挿入します。

 

SIMの挿入の仕方は各端末の取扱説明書などを確認してください。

 

APN設定

 

nova3にワイモバイルのSIMカードを挿入したら、APN設定(プロファイルインストール)が必要です。

 

APN設定とは、nova3をワイモバイルのネットワーク回線に接続するための設定です。

APN設定をしないとワイモバイルの回線につながりません。

 

作業は非常に簡単です。

 

多くの場合、端末にSIMカードを入れて「設定」⇒「モバイルネットワーク」⇒「アクセスポイント名」をタップすると、下記のように自動でキャリアの候補が表示されます。

その中からワイモバイルを選択すればOKです。

 

 

<AndroidのAPN設定>

項目設定内容
名前(任意)
APNplus.acs.jp
ユーザー名ym
パスワードym
MCC440
MNC20
認証タイプCHAP
MMSChttp://mms-s
MMSプロキシandmms.plusacs.ne.jp
MMSポート8080
APNタイプdefault,mms,supl,hipri

 

ただし、場合によっては上記のうちMMSCやMMSプロキシなどが設定されない場合があります。

もし設定されていない場合は「Android端末のAPN設定」を参考に手動で設定を行ってください。

 

APN設定が完了すると、いよいよnova3がワイモバイルで使えるようになります。

 

▼nova3用SIMカードを購入▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

nova3使用時の注意点

 

HUAWEI nova 3

 

SIMカードのサイズに注意

 

ワイモバイルのSIMカードをnova3に挿して使用する場合、SIMカードのサイズに注意が必要です。

nova3のSIMカードサイズはいずれもnanoです。

 

新規でSIMカードを契約する場合は、必ずnanoサイズのSIMを選択してください。

機種変更する方で現在のSIMカードのサイズがnanoでない場合は、ワイモバイル店舗でSIMカードのサイズを交換してもらう必要があります。

 

一部使えないサービスあり

 

ワイモバイルのSIMカードを単体で契約してnova3に挿して使う場合、一部サービスが使えない場合があります。

 

例えば、端末保証オプションの一種である「故障安心パックプラス」にも加入できません。

 

また、「ソフトバンクWi-Fiスポット」はワイモバイルの端末では無料で使えますが、SIMのみ契約して他社端末に挿して使う場合は使用できないことになっていますので注意してください。

 

公式サイトではソフトバンクWi-Fiスポットが使えないことになっていますが、実際は他社端末に挿しても使える場合もあります。
(実際に私も使えています)

 

詳細ワイモバイルならソフトバンクWi-Fiスポット無料!

 

▼nova3用SIMカードを購入▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

nova3に機種変更する方法

 

ここでは、ワイモバイル契約者が手持ちのnova3に機種変更する手順を解説します。

 

nova3への機種変更手順

 

既にワイモバイルに契約してスマホを使っている方が、nova3に機種変更する手順は以下の通りです。

 

  1. nova3端末を準備
  2. 元の端末からSIMカードを抜く
  3. nova3にSIMを挿入
  4. APN設定

 

基本的には現在の端末からSIMカードを抜いてnova3本体に挿し、APN設定をすれば機種変更完了です。

 

APN設定(ネットワーク設定)については「APN設定(プロファイルインストール)」の章をお読みください。

 

機種変更時はSIMサイズに注意

 

機種変更時にはいくつか注意点があります。

まずはSIMカードのサイズです。

 

繰り返しになりますが、nova3で使用できるSIMカードのサイズはnanoのみです。

そのため、現在の端末に挿しているSIMカードがmicro・標準SIMの場合、nova3では使用できません

 

ワイモバイルショップでSIMカードのサイズ交換をしてもらいましょう。

その際、交換手数料として3,000円がかかります。

 

ワイモバイル版iPhoneからnova3に機種変更する場合

 

ワイモバイルでiPhone7・iPhone6S・iPhone SEとSIMをセットで契約していた方が、nova3に機種変更する場合は、SIMカードの変更が必要です。

 

通常、ワイモバイルでSIMカードを契約すると「n111」または「n101」というSIMカードが発行されます。

しかし、ワイモバイルで購入したiPhoneに挿入されているSIMは、「n141」というワイモバイル版iPhone専用のSIMカードです。

 

▼Android One S1のSIMはn111▼

 

そのため、n141はnova3に挿しても使えません。

使えるのはワイモバイルのiPhoneのみです。

 

ワイモバイルでiPhone SE・iPhone6S・iPhone7を購入した方がnova3に機種変更する際は、SIMカードの交換が必要です。

 

ワイモバイルの店舗で「n101」に交換してもらってください。

その際、手数料として3,000円+税がかかります。

 

厳密にいうと特殊なAPNを入力すると使えますが、保証対象外ですので素直にSIMを交換したほうが良いでしょう。

どうしても知りたい方は「こちらの記事」に記載されている非公式APNを入力すれば使えるようです。

 

お得なキャンペーン実施中

 

ワイモバイルではお得なキャンペーンを実施中です。

nova3をワイモバイルで使う場合にも、必ず下記キャンペーンを適用させましょう。

 

エントリーで3,000円分還元

 

Yahoo!モバイル どこでももらえる特典

 

Yahoo!上にあるワイモバイルストアでは、「どこでももらえる特典」を実施しています。

 

このキャンペーンは、こちらのページでエントリーした後、公式サイトや店舗でスマホベーシックプランに契約すると、3,000円分のPayPayボーナスライトが貰える仕組みです。

オンラインだけでなく、店舗で契約しても貰えるのが特徴です。

 

SIMのみ契約の場合も、こちらのページから「どこでももらえる特典」にエントリーした上で公式サイトから申し込むのが現在一番お得です。

 

特典を受けるには、事前にYahoo! JAPAN IDでログインした後、こちらのページでエントリーが必要です。

必ず契約前にエントリーしておいてください。

 

▼エントリーはこちら▼

どこでももらえる特典 

 

 

SIM契約でPayPay還元

 

ワイモバイルでSIMのみ契約する場合は、必ずオンラインで契約しましょう。

どこでももらえる特典とあわせて最大9,600円分のPayPayが貰えます。

 

ワイモバイルSIMのみ還元

 

ただし、ワイモバイル公式オンラインサイトとYahoo!のワイモバイルストアでもらえるPayPayの額が異なります。

どちらがお得かは時期やキャンペーン内容によって異なりますので、必ず下記記事で確認してから契約しましょう。

 

 

契約事務手数料が無料

 

 

ワイモバイル公式サイトでは、契約事務手数料無料キャンペーンを実施中です。

 

通常、ワイモバイルに新規契約・MNP転入・機種変更する際には税抜3,000円の事務手数料がかかりますが、オンラインストアでの契約のみ無料です。

店舗で手続きすると手数料3,000円がかかりますので、必ずオンラインストアで契約しましょう。

 

  • 店舗:事務手数料3,000円
  • WEB:事務手数料無料

 

「どこでももらえる特典」とも併用可能なので、こちらのページからエントリーした上で公式サイトで申し込みましょう。

 

▼契約はオンラインがお得▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

その他お得なキャンペーン

 

上記以外にも、ワイモバイルではお得なキャンペーンを実施しています。

月額500円割引になる家族割や、データ増量キャンペーン・おうち割光セットも実施中です。

 

現在実施中の最新キャンペーンは下記記事にまとめています。

契約前に必ずチェックしてください。

 

 

 

nova3用SIM申し込みはこちら!

 

以上、ワイモバイルでnova3を使う手順でした。

 

nova3は今でも十分な性能で価格の安いおすすめスマホです。

せっかくの高性能スマホなので、通信速度が快適なワイモバイルで使いましょう。

 

nova3用のSIMカード購入はワイモバイル公式オンラインサイトが圧倒的にお得です。

限定キャンペーンも実施中ですので、ぜひ利用してください!

 

▼nova3用SIMを申し込む▼

ワイモバイル公式サイト 

 

▼SIMカード契約はこちら▼

 

 

ワイモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました