iPhone12・iPhoneSEが21600円割引中 

ワイモバイル OPPO Reno5 Aを実機レビュー!21,600円割引中

 

ワイモバイル OPPO Reno5 A

 

本記事ではワイモバイルで発売の5G対応Androidスマホ「OPPO Reno5 A」を実機レビューします。

 

Snapdragon765G・4眼カメラ搭載で、ワイモバイルの中では高性能の機種です。

オンラインサイトなら新規・MNPはもちろん機種変更でも最大21,600円割引されて実質18,000円で購入できます。

 

6月23日にオンライン限定割引が18,000円→21,600円に増額されました

 

▼OPPO Reno5 Aの詳細を見る▼

ワイモバイル公式サイト 

 

▼オンラインは端末割引あり▼

ワイモバイル 21600円割引 キャンペーン

 

ワイモバイルでOPPO Reno5 Aが発売

 

ワイモバイル OPPO Reno5 A

 

ワイモバイルの発売日

 

ワイモバイルにおけるOPPO Reno5 Aの発売日は2021年6月3日(木)です。

発売1週間前の5月28日(金)から予約開始しました。

 

  • 予約開始:5月28日(金)
  • 発売日:6月3日(木)

 

OPPO Reno5 Aの価格

 

ワイモバイルにおけるOPPO Reno5 Aの通常価格は税込39,600円です。

店舗では、新規もMNPも機種変更も基本的にこの価格で販売されます。

 

ちなみに、OPPO Reno3 Aの発売当初の価格も税込39,600円でしたので同額ですね。

 

オンラインなら自動割引

 

前章のとおりワイモバイルにおけるOPPO Reno5 Aの価格は税込39,600円ですが、オンラインストアで買えば自動で割引が適用されます。

 

<OPPO Reno5 Aの実質価格>

契約内容割引額実質価格
店舗
家電店
新規・MNP
機種変更
契約変更
¥0¥39,600
WEB新規
MNP
¥21,600¥18,000
SBから
乗り換え
¥0¥39,600
機種
変更
¥21,600¥18,000

 

6月23日にオンライン限定割引が18,000円→21,600円に増額されました。

 

上記の割引は公式ストア限定です。

店舗や家電量販店は対象外なので、OPPO Reno5 Aは必ずワイモバイル公式ストアで購入しましょう。

 

▼オンラインは端末割引あり▼

ワイモバイル 21600円割引 キャンペーン

 

 

機種変更でも21600円割引

 

OPPO Reno5 Aは機種変更でもお得です。

ワイモバイル公式ストアで機種変更すれば21,600円が自動で割引されます。

 

6月23日にオンライン限定割引が18,000円→21,600円に増額されました

 

通常、機種変更は最大7,200円割引のことが多いですが、OPPO Reno5 Aは機種変更でも21,600円割引です。

実質18,000円で買えますので、機種変更は必ずワイモバイル公式ストアで手続きしましょう。

 

店舗では基本的に割引は適用されず、定価販売です。

 

▼機種変更でも21,600円割引▼

ワイモバイル 機種変更 オンライン

 

 

OPPO Reno5 Aのキャンペーン

 

ワイモバイルでOPPO Reno5 Aを購入すると、3,000円分のPayPayボーナスが貰えるキャンペーンが開催されます。

 

2021年8月31日までにワイモバイルでOPPO Reno5 Aを購入し、キャンペーンサイトから応募すると全員が3,000円分もらえます。

新規・MNPはもちろん、機種変更でも対象です。

 

購入後にエントリーが必要なので注意してください。

詳細Reno5 Aキャンペーン | OPPO

 

SIMフリー・楽天モバイルでも発売

 

OPPO Reno5 Aはワイモバイルだけでなく、SIMフリー版・楽天モバイル版も発売されます。

SIMフリー版は家電量販店やMVNO各社で発売され、さらに同仕様の製品が楽天モバイルでも発売されます。

 

SIMフリー版の発売日はワイモバイルより遅い6月11日(金)、価格は43,800円程度です。

 

また、楽天モバイルでも6月18日(金)にOPPO Reno5 Aが発売され、価格は42,980円でした。

詳細楽天モバイルでOPPO Reno5 Aが発売

 

SIMフリー版との違い

 

ワイモバイル版(型番:A101OP)とSIMフリー版(型番:CPH2199)は以下の点で異なります。

 

ワイモバイル版SIMフリー版
SIMロックなし(※)なし
SIMスロットnano SIM
のみ
nano SIM ×2
+ eSIM
価格
(発売時点)
¥39,600¥43,800
発売日6月3日(木)6月11日(金)

※購入時から解除済

 

ワイモバイル版はSIMロックがあるものの、すべての機種で購入時からロックが解除されているので実質SIMフリーです。

 

最大の違いはSIMスロットです。

ワイモバイル版はnano SIM×1のシングルSIMですが、SIMフリー版はnanoSIM×2に加え、eSIMも使えます。

(nano SIM+nano SIMか、nano SIM+eSIMの組み合わせのみ可能)

 

ほとんどの方はSIMが1枚のシングルSIMで問題ないと思いますが、1つの端末で複数のSIMを使い分けたい方はSIMフリー版を買ったほうが良いかもしれません。

 

また、ワイモバイル版にはワイモバイル・ソフトバンク関連のアプリがいくつかプリインストールされています。

 

 

楽天モバイル版との違い

 

OPPO Reno5 Aは楽天モバイルでも発売されました。

楽天モバイル版は、楽天のアプリがプリインストールされている以外はSIMフリー版と同じです。

よって、ワイモバイル版と楽天モバイル版の違いは、基本的にはSIMスロットのみです。

 

ワイモバイル版はnano SIM×1のシングルSIMですが、楽天モバイル版はnanoSIM×2に加え、eSIMも使えます。

(nano SIM+nano SIMか、nano SIM+eSIMの組み合わせのみ可能)

 

  • ワイモバイル版:シングルSIM
  • 楽天モバイル版:デュアルSIM(DSDV)
    ※「nano SIM×2」か「nanoSIM+eSIM」

 

▼オンラインは端末割引あり▼

ワイモバイル 21600円割引 キャンペーン

 

 

OPPO Reno5 Aのスペック

 

スペック一覧表

 

OPPO Reno5 Aのスペック詳細は以下のとおりです。

 

スペック
本体サイズ
(mm)
高162× 幅75
×厚さ8.2
本体の
重さ
約182g
画面
サイズ
約6.5インチ
解像度2,400 × 1,080
(TFT)
バッテリー
容量
4,000mAh
搭載
OS
Android 11
CPUSnapdragon765G
(オクタコア)
2.4+1.2+
1.8GHz
メモリー
(ROM)
128GB
メモリー
(RAM)
6GB
対応外部
メモリ
microSDXC
(最大1TB)
有効画素数
(メインカメラ)
6,400万(標準)
800万(超広角)
200万(マクロ)
200万(深度測定)
有効画素数
(サブカメラ)
1,600万画素
USB
端子
USB Type-C

詳細Reno5 Aのスペック | Ymobile

 

本体カラー・色

 

OPPO Reno5 Aの本体カラーは「アイスブルー」「シルバーブラック」の2色です。

 

ワイモバイル OPPO Reno5 A 本体カラー

 

私が購入したのはアイスブルーです。

薄い水色で、結構気に入りました。

 

ワイモバイル OPPO Reno5 A カメラ 指紋認証センサー

 

5G対応

 

OPPO Reno5 Aは5Gに対応したAndroidスマホです。

ワイモバイルのシンプルS/M/Lは5Gに対応しており、エリア内では追加料金無しで5Gが使えます。

 

まだまだ5Gエリアは狭いものの、OPPO Reno5 Aを使っている方はエリアが広がり次第5Gが使えるようになります。

 

ワイモバイルが使う5Gバンドn77だけでなく、au・ドコモのn78にも対応していますので、他社の5Gも使えるでしょう。(ただしドコモのn79には非対応)

 

他社で使う場合は各キャリアの動作確認一覧に従ってください

 

また、4Gの周波数を5Gに転用したn3/n28にも対応しています。

ただし、これはバンドを掴むと5Gと表示されるだけでほとんど4Gと変わらないはずなのであんまり意味はありません。

しばらくは5Gのことを気にする必要はありません。

 

SIMロック? SIMフリー?

 

ワイモバイルのOPPO Reno5 AはSIMフリーです。

正確に言うと、SIMロックはかかっていますがSIMロック解除された状態で販売されますので、自身で解除手続きをする必要はありません。

 

私も試しにOCNモバイルONEのSIMを入れてみましたが、APN設定すればすぐに通信ができました。

2021年5月21日以降にワイモバイルで購入したスマホはすべてSIMロック解除済みの状態で発送されるようです。

 

2021年5月12日以降製品をご購入されたお客さまへ
SIMロック解除対応製品をご購入された場合、購入時にSIMロック解除の手続きを実施した状態でお渡しいたします。お客さまのお申出によるお手続きは不要です。
詳細SIMロック解除 | Ymobile

 

6.5インチの大画面

 

OPPO Reno5 Aのディスプレイは6.5インチです。

比較的大きめの画面なので、文字を大きく表示したい方や動画をよく観る方にもおすすめです。

 

画面は大きめですが、ベゼル(フチ)がほとんどなくインカメラもパンチホールカメラなので本体サイズはそれほど大きく感じません。

 

ただし、ディスプレイは有機ELではありません。

前作OPPO Reno3 Aは有機ELでしたが、この点は気にする方はやや残念かもしれません。(私は全く気にしませんが)

 

ワイモバイル OPPO Reno5 A ディスプレイ

 

リフレッシュレート90Hz

 

OPPO Reno5 Aのリフレッシュレートは最大90Hzです。

1秒間に90枚の画像で表示できますので、画面はなめらか快適です。

 

私が実際に使ってみた中ではそれほど差は感じませんでしたが、特にゲームをする方には嬉しい機能ですね。

 

シングルSIM/DSDS非対応

 

OPPO Reno5 AはSIMスロットが一つのシングルSIMです。

DSDSやDSDVには対応していません。

 

SIMフリー版はnano SIMが2つとeSIMが搭載されており、DSDVに対応していますが、ワイモバイルはシングルSIMです。

前作OPPO Reno3 Aもワイモバイル版はシングルSIMに改良されていました。

毎度のことながら、この点は残念ですね。

 

ワイモバイル OPPO Reno5 A SIMスロット シングルSIM

 

CPUはSnapdragon765G

 

OPPO Reno5 Aに搭載されているチップセットは、Snapdragon765Gです。

700番台ですがかなり高い性能なので、ほとんどの3Dゲームも問題なく操作できるでしょう。

 

私も使ってみましたが、Snapdragon845搭載のPixel3と同じか速いくらいの処理速度で快適でした。

 

RAMは6GB/ストレージ128GB

 

OPPO Reno5 Aのメモリー(RAM)は6GB、ストレージは128GBです。

これだけあれば十分ですね。

 

ワイモバイル関連のアプリもいくつか入っていますが、ストレージにはかなり余裕があります。

 

ワイモバイル OPPO Reno5 A ストレージ容量

 

また、ストレージ容量はSDカードで最大1TB増設可能です。

 

microSDカード挿入可

 

OPPO Reno5 Aは最大1TBのマイクロSDカードを挿入することでストレージ容量を増やせます。

ストレージ容量は128GBありますが、足りない方はマイクロSDカードを使用しましょう。

 

 

バッテリー容量は4000mAn

 

OPPO Reno5 Aのバッテリー容量は4,000mAhです。

OPPO Reno3 Aは4,025mAhでしたので、ほとんど同じですね。

 

端末は18Wの急速充電に対応していますが、充電器やケーブルはありません。

お持ちでない方は自身で対応の充電器の購入が必要です。

 

4眼レンズカメラ搭載

 

OPPO Reno5 Aのアウトカメラは4つのレンズを搭載しています。

6,400万画素のメインレンズに加え、800万画素の超広角レンズと200万画素のマクロレンズ・深度測定用レンズがあります。

 

  • 6,400万画素(標準)
  • 800万画素(超広角)
  • 200万画素(マクロ)
  • 200万画素(深度測定)

 

ワイモバイル OPPO Reno5 A カメラ 指紋認証センサー

 

アウトカメラは本体からかなり飛び出しています。

スマホケース無しで使うと飛び出した部分に傷が付きやすいため、できる限りスマホケースをつけたほうが良さそうです。

 

インカメラは1,600万画素で、画面内の小さな穴で撮影できるパンチホール式です。

また、アウトカメラとインカメラで同時に撮影できる機能もあります(いつ使うかわかりませんが)。

 

ワイモバイル OPPO Reno5 A インカメラ パンチホール

 

カメラのレビュー

 

OPPO Reno5 Aで実際に撮影した写真をTwitterに記載しています。

 

 

完璧とまでは言えませんが、夜景もズームもキレイです。

こだわる方には物足りないかもしれませんが、通常の方は十分すぎる性能でしょう。

 

特に夜景は実力差が出ますが、撮り比べたPixel3やPixel5とも価格差ほどの性能差は感じませんでした。

Pixelに比べるとやや暗いかなと思う点もありましたが、明るいところも暗いところも鮮明に写っており、全く問題ありません。

この価格でこの性能なら十分だと思います。

 

イヤホンジャックあり

 

OPPO Reno5 Aには本体下部に3.5mmイヤホンジャックがあります。

有線でイヤホンやヘッドフォンを繋げられるのはメリットですね。

 

ワイモバイル OPPO Reno5 A イヤホンジャック USB端子

 

USB端子はUSB Type-C

 

OPPO Reno5 AのUSB端子はUSB Type-Cです。

 

ただしACアダプタやUSBケーブルは付属していません。

 

モノラルスピーカー

 

OPPO Reno5 Aはのスピーカーはモノラルです。

ストレオスピーカーではありません。

 

OPPO Reno5 Aの付属品一覧

 

OPPO Reno5 Aの付属品は以下のとおりです。

 

ワイモバイル OPPO Reno5 A 付属品 同梱品

 

<OPPO Reno5 Aの付属品>

  • SIMピン
  • 保護フィルム(貼付済)
  • クリアケース
  • 説明書/マニュアル

 

充電器・ACアダプタやUSBケーブルは付属していません。

画像では見づらいですが、画面には保護フィルムが最初から貼付されています。

 

ACアダプタ/ケーブルなし

 

OPPO Reno5 AにはおそらくACアダプタ・ケーブルは付属・同梱されていません

ACアダプタやUSBケーブルをお持ちでない方は自身で購入が必要です。

 

 

スマホケースが付属

 

OPPO Reno5 Aにはクリアケースが付属しています。

 

ただし、機能的にもデザイン的にもシンプルで簡易的なものです。

こだわりがある方は自身でスマホケースを買いましょう。

 

 

フィルムは貼付済み

 

OPPO Reno5 Aは出荷時点で画面フィルムが貼り付けられています。

そのため、特段こだわりがなければ自身でフィルムを買う必要はありません。

 

ただし強度の高いガラスフィルムや指紋がつかないフィルム・覗き見防止フィルムなどが欲しい方は自身で買いましょう。

 

 

▼公式で最新情報を確認▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

OPPO Reno5 Aの便利機能

 

搭載便利機能一覧

 

OPPO Reno5 Aに搭載されている便利機能は以下のとおりです。

 

有無
防水
防塵
ワンセグ
おサイフケータイ
指紋認証
顔認証
ワイヤレス充電

詳細Reno5 Aのスペック | ワイモバイル

 

指紋認証・顔認証対応

 

OPPO Reno5 Aには指紋認証センサーも顔認証が搭載されています。

マスクを付けていることが多い最近では、特に指紋認証があるのは嬉しいですね。

 

指紋認証センサーは本体背面にあります。

 

ワイモバイル OPPO Reno5 A カメラ 指紋認証センサー

 

私はほとんど右手の人差指をセンサーにかざしてロック解除するのですが、よくカメラの出っ張りに指が触れてしまいました。

カメラレンズに指紋がついて汚れるのが嫌なので、もう少し下にあればよかったのです。

(慣れれば問題ないかもしれません)

 

防水・防塵対応

 

OPPO Reno5 Aは防水・防塵に対応しています。

防水はIPX8防塵はIP6Xというレベルで、水濡れ等による故障のリスクは低いでしょう。

 

おサイフケータイ対応

 

OPPO Reno5 Aはおサイフケータイに対応しています。

最近はキャッシュレスが推進されていますのでおサイフケータイが搭載されているのは嬉しいですね。

 

ワンセグ・フルセグ非対応

 

OPPO Reno5 Aはワンセグ・フルセグには対応していません。

 

▼公式で最新情報を確認▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

OPPO Reno5 Aの対応バンド

 

対応バンド・周波数一覧

 

OPPO Reno5 Aの対応バンドは以下の通りです。

 

  • 5G:n3・n28・n77
  • LTE:B1・3・8・18・19・26・28・41・42
  • W-CDMA:B1・6・8・19

詳細Reno5 A 対応周波数 | Ymobile(PDF)

 

ドコモ4G回線で使える?

 

ドコモ回線で使用するFDD-LTEのバンドは1・3・19です。

OPPO Reno5 Aは1・3・19の全てに対応しています。

 

また、OCNモバイルONEのSIMを挿してみたところVoLTEでの接続を確認しました。

3Gバンドの1・6にも対応しています。

 

よって、OPPO Reno5 AはSIMロック解除すればドコモ・ahamoやドコモ回線の格安SIMでも使えます

 

5Gについては未検証です
ただし、使用前に必ず各キャリアの動作確認端末を確認してください

 

ソフトバンク/ワイモバイル可

 

ソフトバンク・ワイモバイル回線で使うFDD-LTEのバンドは1・3・8ですが、OPPO Reno5 Aはもちろんすべて対応しています。

また、WCDMAのバンド1・8にも対応しています。

 

よって、ワイモバイルはもちろんですが、SIMロック解除すればソフトバンク・LINEMOやソフトバンク回線を使った格安SIMでも問題なく使えます

ソフトバンク・LINEMOなどの5Gも使えます。

 

ただし、使用前に必ず各キャリアの動作確認端末を確認してください

 

au回線・au VoLTEは?

 

OPPO Reno5 Aはau回線のLTEバンド(1・18・26)の全てに対応しています。

また、au VoLTEにも対応しています。

 

よって、SIMロック解除すればau・povo・UQモバイルやau回線を使った格安SIMでも使えます。

 

ただし、使用前に必ず各キャリアの動作確認端末を確認してください

 

楽天モバイルで使える?

 

ワイモバイル版のOPPO Reno5 Aは楽天モバイルの4Gバンド(B3・18・26)に対応しています。

私も楽天モバイルのSIMを入れて使ってみましたが、問題なく接続できました。

 

一部、パートナー回線のバンド18にしかつながらないという口コミもありましたが、私の端末ではバンド3を掴みました。

価格.comにもバンド3を掴んだという口コミがあります。

詳細楽天モバイルでの使用 | 価格.com

 

また、私は検証していませんが楽天モバイルの5Gにも接続できたとの口コミもあります。

詳細【朗報】ワイモバイル版 OPPO Reno5 A、楽天モバイル5Gを受信することが判明

 

ただし、使用前に必ず楽天モバイルの動作確認端末一覧を確認してください

 

なお、OPPO Reno5 Aは楽天モバイルでも購入できます。

楽天モバイル版はnano SIM×2とeSIMにも対応しているので、個人的には楽天モバイルで購入するほうがおすすめです。

詳細楽天モバイルでOPPO Reno5 Aが発売

 

OPPO Reno5 Aの購入/機種変更はこちら!

 

以上、ワイモバイルで発売中のOPPO Reno5 Aについて解説しました。

 

OPPO Reno5 Aはオンラインで買えば最大21,600円割引されます。

機種変更でも21,600円割引されて18,000円で買えますので、必ずワイモバイル公式ストアで買いましょう。

店舗では割引は適用されません。

 

▼購入はオンラインがお得▼

ワイモバイル公式ストア 

 

▼機種変更でも21,600円割引▼

ワイモバイル 機種変更 オンライン

 

 

 

ワイモバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました