2023年の学割「ワイモバ親子割」開始!詳細はこちら 

ワイモバイルでPixel7・Pixel 7 Proは使える?機種変更のやり方も解説

端末

 

ワイモバイル ピクセル7

 

本記事では、ワイモバイルでGoogle Pixel 7・Pixel 7 Proを使う手順を解説します。

 

ワイモバイルでもPixel 7・Pixel 7 Proが使えますが、APN設定が必要です。

また、機種変更時にはいくつか注意点もあります。

 

▼SIM契約で高額ポイント還元▼

 

 

ワイモバイルでPixel 7は使える?

 

ワイモバイル Pixel7 ピクセル7

 

Pixel7・7 Proの動作確認状況

 

記事執筆時点で、ワイモバイルでは以下の機種の動作確認が終了しています。

 

機種販売元
Pixel 7SIMフリー
Pixel 7 ProSIMフリー

 

動作確認が完了しているのはSIMフリー版(グーグルストア版)のPixel 7・Pixel 7 Proのみです。

ソフトバンク版やau版は動作確認されていません。

詳細動作確認端末一覧

 

ただし、まず間違いなくソフトバンク版・au版も使えます。

ソフトバンク版もau版もSIMロックはかかっていませんので、SIMを入れてAPN設定すれば使えます。

 

ワイモバイルでの販売なし

 

Pixel 7・Pixel 7 Proはワイモバイルでは販売されていません。

そのため、Pixel 7を使うには他で端末のみを購入し、ワイモバイルに持ち込む必要があります。

 

Pixel 7・Pixel 7 Proの購入方法

 

Pixel 7シリーズはGoogleStoreでSIMフリー版が購入できます。

グーグルストアでの販売価格は以下のとおりです。

 

<グーグルストアの販売価格>

端末容量税込価格
Pixel 78GB /
128GB
¥82,500
8GB /
256GB
¥97,900
Pixel 7
Pro
12GB /
128GB
¥124,300
12GB /
256GB
¥139,700

※送料込み

詳細スマートフォン | GoogleStore

 

ただし、GoogleStoreで販売されている期間は非常に短いです。

次世代の機種が発売されるとすぐに終売になるので、狙っている方は早めに購入しましょう。

 

SIMロック解除は不要

 

前章の表のとおり、Pixel 7・7 Proはauやソフトバンクでも発売されましたが、ワイモバイルで使う場合もSIMロック解除は不要です。

 

ソフトバンクとauの端末は以前までSIMロックがかかっていましたが、ソフトバンクは2021年5月12日以降、auは2021年10月1日以降に購入した端末はSIMロックがかかっていません。

Pixel 7・7 Proの発売日は2021年10月以降なので、どこで買った端末もSIMロックはかかっていません。

 

▼SIM契約で高額ポイント還元▼

 

 

Pixel 7をワイモバイルで使う手順

 

Pixel 7・7 Proをワイモバイルで使う手順は以下のとおりです。

 

  1. Pixel 7の端末を用意
  2. Pixel 7にSIMを差す
  3. 初期設定・データ移行
  4. APN設定

 

Pixel7本体とSIMを準備

 

まずはPixel 7・7 Proの端末と、ワイモバイルのSIMを用意しましょう。

 

これから端末を買う方は、Google StoreでSIMフリー版を買いましょう。

また、楽天市場やイオシス・じゃんぱらなどのスマホショップでもPixel7シリーズの未使用品・中古品が購入できます。

 

 

これからワイモバイルのSIMを契約される方は、キャンペーンを利用してお得に契約してください。

何も考えずに店舗で契約すると1万円以上損してしまいます。

詳細ワイモバイルのお得な契約方法

 

▼SIM契約で高額ポイント還元▼

 

 

Pixel7本体にSIMを挿入

 

端末とSIMカードが準備できたら、本体にSIMを挿入します。

SIMピンを用いてスロットを開け、SIMカードをセットしてスロットを元に戻してください。

 

SIMの差し替え

 

端末の初期設定・データ移行

 

SIMを入れたあとにPixel7・Pixel 7 Proの電源をONにすると、端末の初期設定が開始します。

画面の指示にしたがって初期設定をすすめていくと、途中でデータ移行が可能です。

 

元の端末がAndroidでもiPhoneでも、基本的には付属のクイックスイッチアダプターを使って両方の端末をケーブルで接続し、データを転送します。

旧スマホからPixel7・Pixel 7 Proへのデータ移行の手順はこちらに記載されています。

 

 

APN設定

 

Pixel7・Pixel 7 ProはSIMカードを入れて初期設定しただけでは通話やデータ通信ができません。

SIMは認識するもののアンテナピクトが3G表示になりますので、手動でAPN設定が必要です。

 

▼3GなのでAPN設定が必要▼

Pixel7 ワイモバイル APN設定

 

設定(歯車マーク) → ネットワークとインターネット → モバイルネットワーク をタップ

 

Pixel7 ワイモバイル APN設定

 

最下段の「詳細設定」から、「アクセスポイント名」をタップ

 

 

右上のメニューボタンから「新しいAPN」をタップ

 

 

各項目に、以下の内容を設定します

 

<AndroidのAPN設定>

項目設定内容
名前(任意)
APNplus.acs.jp.v6
ユーザー名ym
パスワードym
MCC440
MNC20
認証タイプCHAP
MMSChttp://mms-s
MMSプロキシandmms.plusacs.ne.jp
MMSポート8080
APNタイプdefault,mms,supl,hipri

 

ただし、MCC(440)とMNC(20)は自動で入力されました。

 

手入力はミスの原因になるので、こちらのページを開きながらコピー&ペーストするのがおすすめです。

 

 

すべて入力したら、右上のメニューボタンから「保存」をタップします。

 

 

最後に一つ前の画面に戻り、今入力したAPNを選択します。

 

 

選択してしばらく待つと、アンテナピクト(画面右上の表示)が4Gまたは5Gになるはずです。

ならない場合は一度機内モードをON→OFFにし、しばらく待ちましょう。

 

機内モードON/OFFを繰り返しても4G/5Gにならない場合は、APNの入力ミスが考えられます

 

無事4G/5G表示になった後はWi-FiをOFFにして、WEBサイトが開くか・通話ができるか・SMSの送受信が可能か確認してください。

問題なければ設定は完了です。

 

▼SIM契約で高額ポイント還元▼

 

 

ワイモバイルでPixel 7に機種変更

 

すでにワイモバイルを契約している方も、Pixel7・Pixel 7 Proに機種変更できます。

手順は以下のとおりです。

 

  1. SIMカードの番号を確認
  2. Pixel7の端末を用意
  3. Pixel7にSIMを差し替える
  4. 初期設定・データ移行
  5. APN設定

 

SIMのサイズ・種類を確認

 

まず、機種変更する前にSIMカードのサイズと番号を確認しましょう。

Pixel7・Pixel 7 Proで使えるSIMカードのサイズはnanoのみなので、micro・標準SIMを使っている方は店舗でSIMを交換してもらってください。

 

また、nanoSIMを使用中の方も注意が必要です。

ワイモバイルのSIMカードは「n101」「n111」「n141」の3種類があり、このうち「n141」はPixel7・Pixel 7 Proでは使えません。

 

ワイモバイル SIM n141 n111

 

「n141」はワイモバイルで販売されたiPhoneの専用SIMです。

もしかしたらPixel7・Pixel 7 Proでも使える可能性はありますが、公式には使えないことになっています。

事前に店舗に行き、SIMカードをn101に交換してもらいましょう。

 

n101・n111はすべての端末で使えますし、ワイモバイルで買ったiPhoneでも使えます。

詳細SIMカードの交換 | ワイモバイル

 

Pixel7本体を用意

 

SIMカードが確認できたら、Pixel7・Pixel 7 Proの端末を用意しましょう。

 

これから端末を買う方は、Google StoreでSIMフリー版を買いましょう。

また、Pixel7・Pixel 7 Proは発売後しばらくすると楽天市場などで端末のみを購入できますし、イオシスやじゃんぱらでも安く販売されています。

 

 

Pixel7にSIMを差し替え

 

端末が準備できたら、現在の端末からSIMカードを抜き、Pixel 7・Pixel 7 Pro本体にSIMを差し替えます。

SIMピンを用いてスロットを開け、SIMカードをセットしてスロットを元に戻してください。

 

端末の初期設定・データ移行

 

SIMを入れたあとにPixel 7・Pixel 7 Proの電源をONにすると、端末の初期設定が開始します。

この初期設定の途中でデータ移行も可能です。

 

元の端末がAndroidでもiPhoneでも、基本的には付属のクイックスイッチアダプターを使って両方の端末をケーブルで接続するとデータが転送されます。

旧スマホからPixel 7・Pixel 7 Proへのデータ移行の手順はこちらに記載されています。

 

 

機種変更時のAPN設定

 

Pixel 7・Pixel 7 ProはSIMカードを入れて初期設定しただけでは通話やデータ通信ができません。

SIMは認識するもののアンテナピクトが3G表示になりますので、手動でAPN設定が必要です。

 

▼3GなのでAPN設定が必要▼

Pixel7 ワイモバイル APN設定

 

設定(歯車マーク) → ネットワークとインターネット → モバイルネットワーク をタップ

 

Pixel7 ワイモバイル APN設定

 

最下段の「詳細設定」から、「アクセスポイント名」をタップ

 

 

右上のメニューボタンから「新しいAPN」をタップ

 

 

各項目に、以下の内容を設定します

 

<AndroidのAPN設定>

項目設定内容
名前(任意)
APNplus.acs.jp.v6
ユーザー名ym
パスワードym
MCC440
MNC20
認証タイプCHAP
MMSChttp://mms-s
MMSプロキシandmms.plusacs.ne.jp
MMSポート8080
APNタイプdefault,mms,supl,hipri

 

ただし、MCC(440)とMNC(20)は自動で入力されました。

 

手入力はミスの原因になるので、こちらのページを開きながらコピー&ペーストするのがおすすめです。

 

 

すべて入力したら、右上のメニューボタンから「保存」をタップします。

 

 

最後に一つ前の画面に戻り、今入力したAPNを選択します。

 

 

選択してしばらく待つと、アンテナピクト(画面右上の表示)が4Gまたは5Gになるはずです。

ならない場合は一度機内モードをON→OFFにし、しばらく待ちましょう。

 

機内モードON/OFFを繰り返しても4G/5Gにならない場合は、APNの入力ミスが考えられます

 

無事4G/5G表示になった後はWi-FiをOFFにして、WEBサイトが開くか・通話ができるか・SMSの送受信が可能か確認してください。

問題なければ設定は完了です。

 

YmobileでPixel7使用時の注意点

 

eSIMも使える

 

ワイモバイルではeSIMも選べますが、Pixel 7・Pixel 7 ProでもワイモバイルのeSIMが使えます

Pixel7/7 ProはeSIMも動作確認済みです。

詳細動作確認端末一覧 | Ymobile

 

Pixel 7・Pixel 7 ProはnanoSIMに加え、eSIMのスロットもあります。

よって、ワイモバイルはあえてeSIMを選び、他社のnanoSIMと併用することも可能です。

 

2枚のSIMを併用すれば仕事用とプライベート用で電話番号を分けられます。

 

また、例えば楽天モバイルと併用すれば「データ通信は楽天モバイルのSIMで使い放題、通話はワイモバイル」といったことも可能です。

デュアルSIMをうまく使いこなせば料金を大きく節約できる場合もあるので、是非活用してください。

 

eSIMの詳細はこちらにまとめています。

詳細ワイモバイルのeSIMを解説

 

▼eSIM契約で高額還元中▼

 

 

Pixel 7/7 ProのSIMサイズ

 

ワイモバイルでPixel 7・Pixel 7 Proを使う際にはいくつか注意点があります。

まず、SIMカードのサイズです。

 

Pixel 7・Pixel 7 Proで使えるSIMカードのサイズは一番小さいnanoのみです。

現在使っているSIMカードがmicroや標準の場合、Pixel 7・Pixel 7 Proでは使えませんので事前にSIMカードの交換が必要です。

 

SIMカードの交換はワイモバイルの店舗でしかできません。(オンラインは不可)

その際、手数料3,300円がかかります。

詳細SIMカードの交換 | Ymobile

 

n141のSIMは使えない

 

ワイモバイルで買ったiPhoneからPixel 7・Pixel 7 Proに機種変更する際には注意が必要です。

 

ワイモバイルでiPhoneを買うと、n141という特殊なSIMが送られてきます。

これはワイモバイルのiPhoneでしか使えないことになっています。

 

n141はPixel 7・Pixel 7 Proでは使えない(※)ので、こちらもSIMカードの交換が必要です。

店舗でn101に交換してもらってください。(n111は問題なく使えます)

 

※注意※

ただ、公式見解ではn141は他機種で使えないことになっていますが、実際には問題なく使える場合もあります。

個人的には、一度n141をPixel 7・Pixel 7 Proに挿してAPN設定をし、問題なく使えるようであればそのまま使っても良いと思います。

 

不安な方は店舗でSIMを交換してもらいましょう。

n101(またはn111)ならどの機種でも問題なく使えます。

 

使えないサービスあり

 

SIMカードをPixel 7・Pixel 7 Proに挿して使う場合、一部サービスが使えない場合があります。

 

例えば、端末保証オプションの一種である「故障安心パックプラス」にも加入できません。

また、「ソフトバンクWi-Fiスポット」は端末セットで購入すれば無料で使えますが、SIMをPixel 7・Pixel 7 Proに挿して使う場合は使用できないことになっています。(実際は使えますが)

詳細SIM単体で使えるサービス | Ymobile

 

公式サイトではソフトバンクWi-Fiスポットが使えないことになっていますが、実際は使えます(実際に私も使えています)

 

ワイモバイルのキャンペーン情報

 

ワイモバイルでは常時お得なキャンペーンを実施中です。

これからPixel 7・Pixel 7 Pro用にSIM・eSIMを契約される方は、必ず下記キャンペーンを活用してください。

 

新どこでももらえる特典

 

ワイモバイル どこでももらえる特典 キャンペーン

 

ワイモバイルでは新どこでももらえる特典というキャンペーンを実施しています。

 

このキャンペーンは事前にエントリーしたうえでワイモバイルに申し込み、申込月の4ヶ月後にPayPay支払いで買い物すると、最大20%相当のPayPayポイントが上乗せされて貰える仕組みです。

通常のPayPayポイント還元に加え、さらに最大20%相当のポイントが還元されます。

 

  1. こちらのページからエントリー
  2. ワイモバイルに申し込み
  3. 4ヶ月後にPayPay支払で買い物
  4. 最大3,000ポイント還元

 

貰えるPayPayポイントの上限額はプランによって異なります。

プランSの還元額は最大500円分、プランM・Lは最大3,000円分です。

 

特典の上限額
プラン
S
500円分
プラン
M・L
3,000円分

 

エントリーページはワイモバイル公式ストア(ヤフー店)にありますが、ヤフー店だけでなく公式オンラインストア・店舗や家電量販店で契約しても貰えます。

 

 

ワイモバイルの契約前には必ずエントリーしてください。

 

▼エントリーはこちら▼

新どこでももらえる特典 

 

▼契約前に必ずエントリー▼

 

SIMのみ/eSIMのキャンペーン

 

ワイモバイルでSIMのみ契約する場合は店舗よりオンラインが断然お得です。

公式オンラインストアと公式オンラインストア(ヤフー店)もSIM契約で高額のPayPayポイントが還元されます。

 

ただし還元額は異なるので、お得な方で契約しましょう。

 

新規契約時の還元額

 

<新規契約時の還元額>

プラン公式ヤフー
S対象外対象外
M6,000円分5,000円分
L6,000円分5,000円分

 

新規契約はワイモバイル公式ストアがお得です。

ただしPayPayポイントがもらえるのはプランM・Lに契約した場合のみです。

 

▼SIM契約で高額ポイント還元▼

 

MNP乗り換え時の還元額

 

<MNP時の還元額>

プラン公式ヤフー
S3,000円分3,000円分
M10,000円分10,000円分
+最大7,000円分還元
L10,000円分10,000円分
+最大7,000円分還元

 

MNP時はワイモバイル公式ストア(ヤフー店)の方がお得です。

プランSは同額ですが、プランM/Lは10,000円分に加え、3か月後のPayPayでの買い物額の20%が還元されます。

最大7,000円分のポイントが貰えますので、PayPayでの買い物が多い方はヤフー店の方がお得ですね。

 

▼SIM契約で高額ポイント還元▼

 

いずれの場合も必ず新どこでももらえる特典にエントリーしてから契約してください。

 

▼必ず事前にエントリー▼

新どこでももらえる特典 

 

ワイモバ親子割

 

ワイモバ親子割 2023年 ワイモバイル 学割

 

ワイモバイルでは11月16日からワイモバ親子割を実施しています。

昨年同様、今年も18歳以下とその家族が対象で、プランMが最安990円から使えるようになります。

 

ワイモバ親子割のみ適用の場合、基本料金が契約から1年間、毎月1,100円割引されます。

対象はプランM・LのみでプランSは対象外ですが、プランMを契約すればプランSと同額で1年間使えます。

 

  • 対象者:18歳以下とその家族
  • プラン:シンプルM/L(Sは対象外)
  • 割引:1,100円×1年間割引

 

家族割・おうち割も併用可能で、プランMは月990円から使えます。

 

<シンプルS/M/Lの親子割>
(家族割・おうち割適用時)

プラン
S
プラン
M
プラン
S
通常
料金
¥2,178¥3,278¥4,158
親子割の
割引額
--¥1,100-¥1,100
おうち割/
家族割の
割引額
-¥1,188-¥1,188-¥1,188
割引後料金
(1年間)
¥990¥990¥1,870

※税込

 

さらにSIMのみ契約時のキャンペーンも併用可能です。

ワイモバ学割の詳細はこちらにまとめています。

詳細2022~2023年のワイモバ親子割を解説

 

その他にもお得なキャンペーンを実施中です。

SIM契約時のキャンペーン詳細と、現在実施中のキャンペーンはこちらにまとめています。

詳細Ymobileの最新キャンペーン一覧

 

 

ワイモバイルでピクセル7を使おう

 

以上、ワイモバイルでPixel 7・Pixel 7 Proを使う・機種変更する手順でした。

Pixel 7・Pixel 7 ProはSIMを差してAPN設定すれば問題なく使えますが、機種変更時のSIMの種類・サイズには注意してください。

 

これからSIMを契約される方は必ずキャンペーン情報を確認しましょう。

契約方法を間違うと最大14,000円分損してしまいます

 

 

▼SIM契約で高額ポイント還元▼

 

▼eSIM契約で高額還元中▼

 

 

 

ワイモバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました