ワイモバイルでiPhone12は使える? 

ワイモバイルと楽天モバイル、どっちがおすすめ?料金や速度を比較

 

楽天モバイル ロゴ

 

本記事ではワイモバイルと楽天モバイルを比較し、おすすめを解説します。

 

結論から言うとワイモバイルの方がおすすめですが、楽天モバイルには一部の方に非常にお得なサービスがあります。

本記事をよく読み、自身にあったキャリアを選んでください。

 

▼公式でYmobileを調べる▼

ワイモバイル公式サイト 

 

▼公式で楽天モバイルを調べる▼

楽天モバイル公式サイト

 

結論:私の評価

 

ワイモバイルの評価

 

ワイモバイルロゴ

 

ワイモバイルは私が格安SIMで最もおすすめするキャリアです。

通信速度が速く、キャリアと同様のサービス・サポートが使えて、料金も安いです。

 

  • 圧倒的な通信速度
  • 全国に店舗が多数ある
  • PayPayとの連携がお得
  • キャリアメール・キャリア決済
  • 格安スマホで契約者数No.1
  • データ繰り越し不可
  • 最大14GBまでのプランしか無い

 

何より通信速度が圧倒的です。

お昼や夕方の混雑時間帯でも通信速度が落ちず、大手キャリアと変わらない速度が出ています。

楽天モバイルより断然速いですね。

 

詳細ワイモバイルの速度を毎月計測中

 

また、最近はPayPayとの連携がお得ですね。

ヤフーショッピング・PayPayモールで還元率が高くなったり、街ナカでの買い物時のPayPay還元率が高くなります。

 

唯一、余ったデータの繰越ができないのがデメリットです。

また、最大14GBまでしか選べないので、データをたくさん使う方は楽天モバイルも検討しましょう。

 

上記2点が気にならなければ、ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアから初めて格安スマホに乗り換える場合はワイモバイルにしましょう。

 

 

▼公式でワイモバイルを見る▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

楽天モバイルの評価

 

楽天モバイル

 

楽天モバイルはMVNOでは最多の契約者数を誇る格安SIMキャリアです。(ワイモバイルよりは少ない)

 

  • MVNOで最多の契約者数
  • 楽天市場/楽天モバイルとの連携
  • 最大1Mbpsでデータ使い放題
  • 店舗も増加中
  • 速度はワイモバイルより遅い
  • キャリア決済/キャリアメールなし

 

選ぶのはスーパーホーダイ一択

 

まず、最大の特徴はスーパーホーダイの1Mbps使い放題です。

楽天モバイルには2つの料金プランがありますが、必ずスーパーホーダイにしましょう

 

スーパーホーダイには、S/M/L/LLの全プランに「低速時・速度制限時でも最大1Mbps使い放題」というサービスが付いています。

 

アプリで低速モードに切り替えておけば、最大1Mbpsの速度ながらデータ容量を消費せず使い放題になるというサービスです。

もちろん、データ容量を使い切った後の速度制限時も最大1Mbpsです。

※12~13時と18~19時は最大300Kbps

 

他の格安SIMにも低速モードはありますが、最大128Kbps~200Kbpsの事が多いです。

この速度ではLINEの文字のやり取りなどは可能ですが、WEB閲覧やYoutubeの視聴はかなり難しいです。

 

しかし、楽天モバイルなら最大1Mbpsなので高画質でなければYoutubeも視聴できます

Youtubeは視聴できるのにデータ容量は消費しないので、データをたくさん使う方に大人気です。

 

楽天モバイルは、「スーパーホーダイを契約し、常時低速モード(最大1Mbps)で使い、速度が制限される時間帯のみ高速に切り替える」というのが最も有効な使い方です。

これ以外の使い方はあまりおすすめしません。

 

楽天ポイント・楽天市場との連携

 

もう一つの特徴として楽天経済圏のメリットを受けられることです。

楽天市場で買い物時のポイント還元率が上がったり、楽天ポイントが楽天モバイルの支払いに使えたり、楽天モバイルの料金支払いでポイントがたまったりします。

 

生活上のサービスを全て楽天系で統一することで、かなりお得になります。

楽天経済圏にどっぷりハマっている方は楽天モバイルでも良いでしょう。

 

▼公式サイトで楽天モバイルを見る▼

楽天モバイル公式サイト

 

 

どっちがおすすめ?

 

基本的にワイモバイルがおすすめです。

通信速度も速く、料金も安いです。

 

ただし、ワイモバイルで選べる容量はプランRの14GBが最大です。

カウントフリーなどもありません。

 

Youtubeなどをよく見る方や、データ使用量が14GBで足りない方は、最大1Mbpsで使い放題のスーパーホーダイを選びましょう。

 

以下に該当する方は楽天モバイルがおすすめです。

スーパーホーダイの最大1Mbpsを有効活用してください。

 

<楽天モバイルがおすすめの方>

  • 楽天市場/楽天ポイントを利用する
  • Youtubeなどをよく見る
  • 14GB以上データを使う

 

▼公式サイトで楽天モバイルを見る▼

楽天モバイル公式サイト

 

 

一方、上記に該当しない方や、難しくてわからない…という方はワイモバイルが断然おすすめです。

 

▼公式でワイモバイルを見る▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

楽天モバイルとワイモバイルの比較

 

ここから、通信速度や料金などを細かく比較します。

 

通信速度の比較

 

まずは最も気になる通信速度です。

結論から言うと圧倒的にワイモバイルが速いです。

 

ワイモバイルは昼でも速い

 

ワイモバイルの通信速度は、格安スマホではUQモバイルと並んでダントツです。

私も毎月計測していますが、ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアと体感で変わらない速度が出ています。

 

 

スマホの通信速度は4~5MbpsあればYoutubeの高画質動画でも快適に視聴できますが、ワイモバイルは常時数十Mbps出ています。

他の格安SIMが軒並み遅くなるお昼12時~13時でも、ワイモバイルの速度は全く変わりません。

 

速度にこだわる方はワイモバイルにしましょう。

 

▼公式でワイモバイルを見る▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

楽天モバイルは速くない

 

一方、楽天モバイルの通信速度はワイモバイルに比べて劣ります

私も毎月速度を計測していますが、ドコモ回線は格安SIMでは普通レベル、au回線はかなり遅いレベルです。

 

 

ドコモ回線はお昼と夕方18時~20時に1Mbpsを割り込み、SNSの画像表示なども遅延します。

また、お昼以降は15時・16時といった比較的回線が空いている時間でも5Mbpsを割り込むことが多いです。

 

なお、au回線は極めて遅いです。絶対におすすめしません。

 

冒頭で解説しましたが、楽天モバイルはドコモ回線のスーパーホーダイを契約し、低速モードに設定して常時1Mbpsで使用する、というのが定番の使い方です。

お昼や夕方の最大0.3Mbps(300Kbps)に制限される時間のみ高速モードにして使ってください。

 

組み合わせプランなど、高速モードで使うのであればわざわざ楽天モバイルを選ぶ必要はありません。

 

▼公式サイトで楽天モバイルを見る▼

楽天モバイル公式サイト

 

 

料金の比較

 

続いて、料金の比較です。

 

ワイモバイルはスマホベーシックプランのみですが、楽天モバイルには「スーパーホーダイ」と「組み合わせプラン」の2つのプランが用意されています。

 

スーパーホーダイとの比較

 

楽天会員の方がスーパーホーダイに契約した場合の料金表は以下の通りです。

 

楽天会員の方は1年間料金が1,500円割引になります。

また、S~LLのどのプランにも10分かけ放題がついています。

 

<楽天のスーパーホーダイ>

プランデータ
容量
1年目2年目
S2GB¥1,480¥2,980
M6GB¥2,480¥3,980
L14GB¥4,480¥5,980
LL24GB¥5,480¥6,980

 

ワイモバイルと使えるデータ容量が同じな14GBのプランで比較すると、ワイモバイルのほうが安いです。

 

<14GB使用時の料金比較>

ワイモバイル楽天モバイル
14GB
(L/R)
¥108,120¥125,520

※価格は税抜
※契約翌月から24ヶ月間の料金比較

 

なお、スーパーホーダイは容量を消費しない「低速モード」設定時や、データ容量を使い切った後も最大1Mbpsの速さで通信できるサービスがあります。

このサービスは非常に人気ですね。

 

  • 14GBの場合、ワイモバイルが安い
  • どちらも10分かけ放題付き
  • 楽天は低速/制限時も最大1Mbps

 

組み合わせプランとの比較

 

楽天モバイルには、データ容量・通話オプションを自由に選べる「組み合わせプラン」も用意されています。

組み合わせプランの料金表、および10分かけ放題をつけた場合の月額料金は以下の通りです。

 

データ容量音声かけ放題付
ベーシック¥1,250¥2,100
3.1GB¥1,600¥2,450
5GB¥2,150¥3,000
10GB¥2,960¥3,810
20GB¥4,750¥5,600
30GB¥6,150¥7,000

 

3GB使用時で、ワイモバイルと楽天モバイルの料金を比較してみました。

 

<3GBの料金比較>

ワイモバイル楽天モバイル
3GB/
かけ放題あり
¥60,120¥58,800
3GB/
かけ放題なし
¥60,120¥38,400

 

組み合わせプランの3GBの場合、10分かけ放題付きでもなしでも楽天モバイルのほうが安くなります

 

ただし、組み合わせプランには低速時・速度制限時でも最大1Mbpsのサービスはありません。

また、通信速度は圧倒的にワイモバイルのほうが速いです。

 

  • 料金は楽天モバイルのほうが安い
  • 楽天モバイルは容量も細かく選べる
  • 組み合わせプランは最大1Mbpsのサービスなし
  • 通信速度はワイモバイルが断然速い

 

▼公式でYmobileを調べる▼

ワイモバイル公式サイト 

 

▼楽天モバイルの詳細を見る▼

楽天モバイル公式サイト

 

 

PayPayか楽天ポイントか

 

ワイモバイルと楽天モバイルを選ぶ際、自身が使うショッピングサイトやポイントなどで選ぶ方も多いです。

 

特に楽天モバイルは楽天市場・楽天ポイントとの連携がお得です。

楽天ポイントが料金の支払いに使えますし、楽天モバイルユーザーは楽天市場で買い物時のポイント還元率が高くなります。

 

▼楽天モバイルの詳細を見る▼

楽天モバイル公式サイト

 

 

一方、ワイモバイルはPayPayとの連携がお得です。

とくにコンビニやスーパーなどでの還元キャンペーンの際、ワイモバイルユーザーは還元率が上がるというメリットがあります。

 

どちらをよく使うかも併せて検討してください。

 

▼公式でワイモバイルを調べる▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

その他の違い

 

通信速度と料金以外の大きな違いは以下の3つです。

 

<その他の比較>

ワイモバイル楽天モバイル
店舗多い少ない
(増加中)
データ
繰り越し
×
低速
モード
×
(最大1Mbps)

※最大1Mbpsはスーパーホーダイのみ、対象外の時間あり

 

ワイモバイルは全国に店舗がある

 

ワイモバイルは全国に1,000以上の店舗があります。

 

新規契約や機種変更はもちろん、故障や操作サポートなどもできます。

万が一の場合に駆け込める店舗が多いのは安心です。

 

一方、楽天モバイルは現在MNOのサービス開始にあわせて店舗が増加中ですが、店舗数はまだまだ少ないです。

 

店舗があったほうが安心という方はワイモバイルが良いでしょう。

 

▼公式でワイモバイルを調べる▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

ワイモバイルはデータの繰り越し不可

 

ワイモバイルの最大のデメリットはデータ繰り越しがないことです。

格安スマホで余ったデータを翌月に繰り越せないのはワイモバイルくらいです。

 

といっても、データ容量の使用量の変動が激しい方にはデメリットですが、そうでない人にはあまり関係ありません。

私は毎月大体5~7GBくらいのため繰越されても使いきれませんので、特に問題とは感じていません。

 

一方、楽天モバイルはデータ繰り越しが可能です。

 

楽天モバイルは低速で最大1Mbps

 

ワイモバイルには低速モードもありません。

 

低速モードとは、アプリなどで速度を低速モードに切り替えることで、低速ながらデータが使い放題になる機能です。

 

個人的には切り替えが面倒なのであまり使用しないのですが、これまで格安SIMで低速モード/節約モードを使っていた方には痛いデメリットかもしれません。

 

楽天モバイルには低速モードも完備しています。

 

また、スーパーホーダイなら低速モードに切り替えても最大1Mbpsで使用できます。

混雑時を除くと常時1Mbps近い速度が出ているようなので、データをたくさん使う方に楽天モバイルはおすすめです。

※12~13時と18時~19時は最大300Kbps

 

▼楽天モバイルの詳細を見る▼

楽天モバイル公式サイト

 

 

楽天モバイルからワイモバイルにMNPで乗り換える手順

 

 

楽天モバイルの音声通話SIMからワイモバイルにMNPで乗り換えるためには、以下の手順を踏む必要があります。

 

  1. MNP予約番号を発行
  2. ワイモバイルに転入手続き
  3. 回線切り替え
  4. 本体にSIMを挿入(※)
  5. APN設定(※)
  6. SIMを返却

※楽天モバイルで使っていたスマホをそのまま使う場合のみ

 

MNP予約番号の発行や回線切り替えなど、詳しい手順は下記記事に詳しくまとめています。

 

 

逆にワイモバイルから楽天モバイルに乗り換える場合は下記記事を参考にしてください。

 

 

 

ワイモバイルと楽天モバイルの比較まとめ

 

以上、楽天モバイルとワイモバイルの比較とおすすめの解説でした。

 

結論は以下のとおりです。

 

  • 基本的にワイモバイルがおすすめ
  • 以下に該当時は楽天モバイルが良い
    • 楽天市場/楽天ポイントを使う
    • 月14GB以上使う
    • Youtubeなどをよく見る

 

基本的にはワイモバイルを選べば間違いないと思いますが、上記3つに当てはまる方は楽天モバイルのスーパーホーダイを選びましょう。

本記事を参考にお得に格安スマホを使ってください!

 

他の格安SIMも調べたい方はこちらからどうぞ!

 

 

 

ワイモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました