2023年の学割「ワイモバ親子割」開始!詳細はこちら 

【SIMのみ】楽天モバイルからワイモバイルへのMNP乗り換え手順とキャンペーン

キャンペーン

 

楽天モバイルからワイモバイル 乗り換え MNP SIMのみ

 

本記事ではSIMのみで楽天モバイルからワイモバイルに乗り換える手順一番お得なキャンペーンを解説します。

 

楽天モバイルで2022年7月開始の新プランは1GB以下でも月1,078円かかるようになりました。

電波もまだまだ不安定なので、全国どこでも使えてサポートも万全のワイモバイルに乗り換えましょう。

 

ワイモバイルは店舗・家電量販店ではなく、WEB限定キャンペーンを実施中の公式オンラインストアで乗り換えるのがおすすめです。

 

▼契約前に必ずエントリー▼

 

▼SIM契約で高額ポイント還元▼

 

実施中の乗り換えキャンペーン

 

ヤフーモバイル キャンペーン PayPayポイント

 

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換える際には、必ず実施中のキャンペーンを確認しましょう。

特にSIMのみ契約時のキャッシュバックはワイモバイル公式オンラインストア限定です。

 

<SIMのみ契約時のキャンペーン>

キャンペーン特典実施場所
どこでももらえる
特典
最大3,000円分店舗/WEB
SIM契約時の
キャッシュバック
最大12,000円WEB限定
家族割月1,188円割引
(2回線目から)
店舗/WEB
おうち割月1,188円割引
(全回線)
店舗/WEB

詳細キャンペーン一覧 | ワイモバイル

 

新どこでももらえる特典

 

ワイモバイル 新どこでももらえる特典 イメージ

 

ワイモバイルでは新どこでももらえる特典というキャンペーンを実施しています。

 

このキャンペーンは、こちらのページからエントリーした後にワイモバイルに乗り換えると最大3,000円分のPayPayポイントが貰える仕組みです。

貰えるPayPayポイントの額はプランによって異なります。

 

特典
プラン
S
通常:500円分
早トク:1,000円分
プラン
M・L
3,000円分

 

プランSの場合、通常は500円分ですが、エントリー翌日23:59までにワイモバイルに申し込めば早トクが適用されて1,000円分がもらえます。

よって、プランSへのエントリーは申込直前(楽天モバイルでMNP予約番号を発行してから)がお得です。

 

エントリーページはワイモバイル公式ストア(ヤフー店)にありますが、ヤフー店だけでなく、公式オンラインストア・店舗や家電量販店で契約しても貰えます。

 

 

新どこでももらえる特典はSIMのみでも端末セットでも対象ですし、次章以降で解説する他のキャンペーンとも併用できます。(一部対象外あり)

 

特典を受けるには、事前にYahoo! JAPAN IDでログインした後にこちらのページでエントリーが必要です。

必ず契約前にエントリーしておいてくださいね。

 

なお、Yahoo JAPAN IDは前月までに作成しておかなければなりません。

当月に作成したIDではエントリーできませんので注意してください。

 

▼エントリーはこちら▼

新どこでももらえる特典 

 

 

SIMのみ契約でキャッシュバック

 

楽天モバイルからMNPで乗り換える場合、公式オンラインストアで契約すれば最大12,000円のキャッシュバックがもらえます。

ただし、ワイモバイル公式ストアワイモバイル公式ストア(ヤフー店)でもらえる特典の額が異なります。

 

<SIMのみ・MNPの比較>

プラン公式
(キャッシュバック)
ヤフー店
(PayPayポイント)
S2,000円3,000円分
M10,000円5,000円分
L12,000円
(タイムセール)
7,000円分

 

上表のとおり、楽天モバイルからのMNP乗り換えでワイモバイルに契約する際、プランSはヤフー店で契約しましょう。

3,000円分のPayPayポイントが貰えます。

詳細ワイモバイル公式ストア(ヤフー店)

 

プランMは10,000円分のキャッシュバックがもらえる公式ストアがお得です。

詳細ワイモバイル公式ストア

 

プランLは公式ストアで毎日21時から翌朝9時まで実施しているタイムセールで契約しましょう。

プランLのみ、タイムセールなら12,000円のキャッシュバックがもらえます。

 

キャッシュバックがもらえる前にS/Mにプラン変更すると12,000円は貰えないので注意してください

 

いずれの場合も新どこでももらえる特典にエントリーした上で契約しましょう。

 

▼どちらも事前エントリー▼

新どこでももらえる特典 

 

▼SIM契約で高額ポイント還元▼

 

eSIMの乗り換えキャンペーン

 

eSIMも公式オンラインストアか公式オンラインストア(ヤフー店)で契約するとキャッシュバックかPayPayポイントが貰えます。

特典の比較は以下のとおりです。

 

<eSIMのみ・MNPの比較>

プラン公式ヤフー店
S¥2,0003,000円分
M¥10,0005,000円分
L¥10,0007,000円分

 

楽天モバイルからの乗り換えでプランSに契約する方はワイモバイル公式ストア(ヤフー店)で申し込みましょう。

3,000円分のPayPayポイントが貰えます。

 

一方、プランM・プランLに契約する場合はワイモバイル公式ストアの方がお得です。

10,000円のキャッシュバックがもらえます。

 

いずれの場合も新どこでももらえる特典にエントリーした上で契約してくださいね。

 

▼契約前に必ずエントリー▼

 

▼eSIM契約で高額還元中▼

 

家族割で3GBが月990円

 

ワイモバイル 家族割

 

2回線目が毎月割引

 

ワイモバイルでは、家族で複数回線のスマホを契約した場合、2台目以降の基本料金が毎月1,188円割引になります。

楽天モバイルに家族割はありませんでしたが、ワイモバイルならお得です。

 

ただし、割引が適用されるのは2回線目からなので注意してください。

オンラインストアで契約したあと、マイページか店舗で家族割の申し込みが必要です。

詳細家族割引サービス | ワイモバイル

 

家族割の条件

 

家族割を適用させるための条件は以下のどちらかです。

  • 家族である
  • 同一住所を証明する資料を提出する

 

つまり、同じ住所でなくても戸籍上家族であれば割引が受けられます。

また、戸籍上家族でなくても、同居していれば割引が受けられます。

 

ワイモバイルはもともと料金が安いので、家族がいる方はぜひワイモバイルで揃えたほうがお得ですね。

 

 

▼お得な家族割に申し込む▼

家族割引 | Ymobile

 

 

おうち割で毎月1,188円割引

 

ワイモバイル おうち割

 

ワイモバイルには「おうち割」と呼ばれる固定回線とのセット割があります。

自宅にネットを契約している方は、必ずソフトバンク光・ソフトバンクエアーを選びましょう。

おうち割が適用されれば料金が毎月1,188円割引されます。

 

<おうち割光セットの割引額>

プラン割引額
シンプル
S・M・L
¥1,188

 

ソフトバンク光・エアーを契約しているだけで料金がずっと割引になります。

割引は1回線毎なので、例えば家族で3回線契約している方は1,188円×3回線分割引になります。

家族割は2回線目からの適用でしたが、おうち割は全回線の料金が毎月1,188円割引されます。

 

これからソフトバンク光・Airに契約する方は、オプションなど条件不要で高額キャッシュバックがもらえる方法もあります。

詳細はこちらにまとめています。

 

 

▼オプション不要で高額還元▼

 

 

SIMのみで乗り換える手順

 

楽天モバイルからワイモバイルにMNPで転入するには、主に以下の手順が必要です。

 

  1. 楽天モバイルでMNP予約番号発行
  2. ワイモバイルに転入手続き
  3. 回線切り替え
  4. 本体にSIMを挿入
  5. APN設定
  6. データ移行・初期設定

 

MNP予約番号を発行

 

まずは楽天モバイルで「MNP予約番号」を発行します。

 

MNP予約番号とは、他社に乗り換えても同じ電話番号を使うための引き継ぎ番号のようなものです。

乗り換え元キャリア(=楽天モバイル)でMNP予約番号を発行し、ワイモバイルで契約時にその番号を入力することで電話番号そのままで乗り換えられます。

 

楽天モバイルUN-LIMITのMNP予約番号は、マイページ「my楽天モバイル」からのみ発行可能です。

店舗や電話では発行できません。

 

マイページにログインしたあと、右上の三本線をタップします。

複数のSIMを契約中の方は、乗り換えたい電話番号になっているかを必ず事前に確認してください。

 

楽天モバイルからワイモバイル MNP予約番号発行1

 

次に「契約プラン」をタップします。

楽天モバイルからワイモバイル MNP予約番号発行2

 

続いて「各種手続きはこちら」をタップします。

 

楽天モバイルからワイモバイル MNP予約番号発行3

 

次の画面で「他社へのお乗り換え(MNP)」を選択します。

「解約」ではないので注意してください。

 

楽天モバイルからワイモバイル MNP予約番号発行4

 

次にアンケート画面が出てきます。

すべてのアンケートに回答しないとMNP予約番号が発行されませんので、解約理由や乗り換え先などを記入しましょう。

 

記入後、「MNP予約番号を発行する」ボタンをタップするとすぐにMNP予約番号が表示されます。

このMNP予約番号は必ずスクリーンショットやメモで保存しておきましょう。

発行後にメールなどは送られません。

 

楽天モバイルからワイモバイル MNP予約番号発行5

 

メモし忘れた場合、再度マイページからMNP予約番号発行手続きをすると、発行したMNP予約番号が再表示されます

 

MNP予約番号の発行手順はこちらにも詳しく記載されています。

詳細MNP予約番号の発行 | 楽天モバイル

 

発行したMNP予約番号の有効期限は15日間です。

また、期限まで10日以上残っていないとワイモバイル公式オンラインサイトでは手続きできません。

発行から5日を過ぎると再発行が必要になるので、予約番号を発行した後はすぐにワイモバイルへの転入手続きをしましょう。

 

店舗で手続きする場合は期限内なら手続き可能ですが、キャンペーンはオンラインがお得です

 

ワイモバイルでMNP転入手続き

 

楽天モバイルのマイページでMNP予約番号を発行してもらったら、すぐにワイモバイルにMNP転入手続きをしましょう。

 

手続きはワイモバイルの店舗や家電量販店でも可能ですがワイモバイル公式ストアが断然お得です。

契約事務手数料は無料で、SIM契約なら高額のキャッシュバックが受けられます。

 

 

ワイモバイル公式ストアで手続きをする場合、まずはSIMのみを選択します。

選べるSIMサイズはnanoだけなので、モバイルルーターなどでmicroSIMを使いたい方はSIMサイズ変換アダプタを使いましょう。

 

楽天モバイルからワイモバイル ワイモバイルオンラインストアの手続き1

 

次の画面で出てくる契約方法の欄で「今の電話番号をそのまま使用する」を、その下で「他社携帯電話会社」を選択します。

 

楽天モバイルからワイモバイル ワイモバイルオンラインストアの手続き2

 

続いてプランを選びます。

 

楽天モバイルからワイモバイル ワイモバイルオンラインストアの手続き3

 

シンプルS/M/Lのプラン詳細はこちら

 

<シンプルS/M/Lの料金表>

プランSML
データ
容量
3GB
1年間:5GB
15GB
1年間:20GB
25GB
1年間:30GB
月額
料金
¥2,178¥3,278¥4,158
家族割・
おうち割
適用後料金
¥990¥2,090¥2,970
制限時の
最大速度
最大
300kbps
最大
1Mbps
通話料22円/30秒
10分かけ放題:+770円
かけ放題:+1,870円

※税込
※データ容量は1年間無料で増量

 

データ増量オプションは1年間は無料で使えるので、チェックが入っていることを確認してください。

(不要な方は1年後に解約するのを忘れずに)

 

楽天モバイルからワイモバイル ワイモバイルオンラインストアの手続き4

 

その後、画面の指示に従ってオプションを選択したり電話番号を入力したりメールアドレスを認証すると、下記画面が表示されます。

そこで、楽天モバイルで発行してもらったMNP予約番号と有効期限を入力してください。

 

楽天モバイルからワイモバイル ワイモバイルオンラインストアの手続き6

 

ここまでくればあとは大丈夫です。

本人認証などの手続きをすべて終えると、審査を経て問題なければSIMカードが送られてきます。

SIMが届くまでは楽天モバイルのSIMがこれまで通り使えるので心配不要です。

 

▼今すぐMNPで乗り換える▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

回線切り替え

 

ワイモバイルからSIMカードが届いたら回線切り替え手続きが必要です。

 

回線切り替えとは楽天モバイルからワイモバイルに回線を切り替える作業です。

この作業を終えると楽天モバイルのSIMが解約されて使えなくなり、かわりにワイモバイルのSIMで通話やデータ通信ができるようになります。

 

同封されている用紙に記載されている電話番号に電話をかけ、音声案内の指示に従って回線切り替えを行ってください。

 

回線切り替えの電話の受付時間はAM10時~PM7時です。

回線切り替えの電話をするまではこれまで使っていた楽天モバイルのSIMが使え、回線切り替えするとワイモバイルのSIMが使えるようになります。

 

ただし、SIM到着から6日をすぎると強制的に回線切り替えされます。

 

端末にSIMカードを挿入

 

ワイモバイルからSIMカードが届いて回線切り替えが完了したら本体にSIMを挿入します。

SIMの挿入の仕方は各端末の取扱説明書をご確認ください。

 

SIMの差し替え

 

APN設定

 

スマホにワイモバイルのSIMカードを挿入したら、APN設定(プロファイルインストール)が必要です。

 

APN設定とは、他社で購入したスマホをワイモバイルの回線に接続するための設定です。

作業は非常に簡単です。

 

iPhoneの設定

 

iPhoneの場合、以前はプロファイルのインストールが必要でしたが、現在はすべての機種がプロファイルインストール不要です。

iOSを最新にアップデートすれば、設定不要で通話・データ通信ができるようになります

 

Wi-Fiに接続した上で、「設定」→「 一般」→「ソフトウェアアップデート」をタップし最新にアップデートしてください。

アップデート後にSIMを入れると、自動でワイモバイルのAPNが設定されます。

詳細iPhoneのAPN設定 | Ymobile

 

ただし、iPhone本体に他社の他社のプロファイルがインストールされていると接続できませんので、事前に削除しておいてください。

詳細プロファイルの削除方法 | 楽天モバイル

 

AndroidのAPN設定

 

Androidの場合、端末にSIMカードを入れて「設定」⇒「モバイルネットワーク」⇒「アクセスポイント名」をタップすると、下記のように自動でキャリアの候補が表示されます。

その中からワイモバイルを選択すればOKです。

 

ワイモバイル AndroidのAPN設定

 

ただし、一部の機種はワイモバイルの選択肢が出てこない場合があります。

また、選択肢にあってもMMSCやMMSプロキシなどが設定されない場合があります。

 

その場合はワイモバイル公式サイトの「AndroidのAPN設定方法」を参考に手動で設定を行ってください。

入力項目は以下のとおりです。

 

<AndroidのAPN設定>

項目設定内容
名前(任意)
APNplus.acs.jp.v6
ユーザー名ym
パスワードym
MCC440
MNC20
認証タイプCHAP
MMSChttp://mms-s
MMSプロキシandmms.plusacs.ne.jp
MMSポート8080
APNタイプdefault,mms,supl,hipri

詳細AndroidのAPN設定 | ワイモバイル

 

データ通信ができない場合

 

APN設定が完了すると、いよいよスマホがワイモバイルで使えるようになります。

 

4G/5Gにならない・3Gのままの場合は機内モードON→OFFや端末を再起動してください。

それでもつながらない場合は以下の可能性が高いので再度確認してください。

 

 

データ移行

 

楽天モバイルで使っていた端末をそのまま使う場合はデータ移行は不要です。

乗り換えタイミングで新しい端末を使う場合は、古い端末からデータを移行しましょう。

 

iPhoneのデータ移行

 

iPhoneからiPhoneにデータ移行する場合、新しいiPhoneを初期セットアップする際に元のiPhoneを隣においておくだけでデータ移行できます。

これをクイックスタートといいます。

元のiPhoneを横においてから新しいiPhoneの電源をONにして初期設定を進めましょう。

詳細クイックスタート | Apple (日本) 

 

AndroidからiPhoneへのデータ移行時は他の手段が必要です。

一番おすすめなのは「iOSに移行」というAppleの純正アプリを使って移行する手順です。

データ移行手順はこちらに詳しく記載されています。

詳細AndroidからiPhoneへのデータ移行 | Apple

 

Androidのデータ移行

 

Androidスマホへのデータ移行は機種によって異なります。

最近はクイックスイッチアダプターが同封されており、そのアダプターで端末間をケーブルで接続することで移行できる機種もあります。

 

ワイモバイル Libero 5G II クイックスイッチアダプター データ移行

 

ただし、手順は機種によって異なりますのでGoogleで「(機種名) データ移行」などのワードで手順を調べましょう。

 

ワイモバイルの初期設定

 

最後にワイモバイルの各種設定を完了させましょう。

PayPayのインストール・登録やメールの設定等ははじめに完了させましょう。

 

やるべきことと手順はこちらのページにまとまっています。

必ず最初のうちに実施しておいてください。

詳細iPhoneの初期設定 | ワイモバイル公式サイト

詳細Androidの初期設定 | ワイモバイル公式サイト

 

乗り換えは以上で完了です。

 

解約後に楽天モバイルのSIMカードは返却する事になっていますが、返却しなくても問題ありません

 

▼今すぐMNPで乗り換える▼

ワイモバイル公式サイト 

 

▼SIM契約で高額ポイント還元▼

 

 

最もお得な乗り換えタイミング

 

この章では、楽天モバイルからワイモバイルに乗り換える際のお得な乗り換えタイミングを解説します。

 

10月末までは1GB以下無料

 

まず、これまでデータ使用量を1GB以下に抑えて無料で使っていた方は2022年10月中に乗り換えるのがおすすめです。

楽天モバイルは7月から新プランに移行し1GB以下でも1,078円かかるようになりますが、10月末まではポイント還元等により1GB以下は引き続き実質無料で使えます。

 

1GB以下の場合、7月・8月分は引き続き無料ですし、9月・10月分はポイント還元で実質無料になります。

新規で契約した人も以前から楽天モバイルに契約していた方も、1GB以下で1,078円かかるのは2022年11月からです。

 

ワイモバイルはどんなに安くても月990円はかかるので、現在の楽天モバイルに不満がない場合は2022年10月中に乗り換えるのがおすすめです。

 

新プラン開始後も10月末までは実質無料
→10月中に乗り換えるのがお得

 

お得な乗り換えタイミングは?

 

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換える際のお得な乗り換えタイミングは月末です。

 

まず、楽天モバイルはデータ使用量で料金が決まるので、いつ乗り換えてもお得度は変わりません。

 

一方、ワイモバイルの契約初月の料金は日割り計算です。

データ容量はいつ契約しても基本容量が全量付与されます。(データ増量は翌月から)

詳細ワイモバイルの初月料金とデータ容量

 

よって、月末にワイモバイルの課金開始日(=回線切り替えを行った日)をむかえるように申し込むのが最もお得です。

ワイモバイルの料金は最小に抑えられますし、初月に使いきれずに残ったデータ容量は翌月に繰り越されます。

 

ただし、あまりに月末ギリギリを狙って翌月にずれ込んでしまうと損です。

SIM到着・SIM受け取りや回線切り替えには時間を要するので、余裕を持って手続きしましょう。

自分なら22~23日頃にワイモバイルで乗り換え手続きをし、26~27日頃に回線切り替えが完了するタイミングを狙うと思います。

 

キャンペーンを確認

 

乗り換えの際はキャンペーンも確認しましょう。

 

ワイモバイルのSIM契約時のキャッシュバック額は月途中でも変動することがあります。

変動する際は事前にワイモバイル公式ストアワイモバイル公式ストア(ヤフー店)のトップページの最上部にお知らせが出ますので、そのお知らせが無いか確認してください。

 

例えば2022年5月末にはタイムセールのページにSIM契約時のキャッシュバックが6月9日から増額されることが告知されていました。

逆に減額が告知されることもあります。

 

ワイモバイル キャンペーン 変更

 

キャンペーンの変動により、ワイモバイル公式ストアワイモバイル公式ストア(ヤフー店)でどちらがお得かが変わる場合もあります。

両方を確認し、お得な申込み方法を判断してください。

 

 

▼SIM契約で高額ポイント還元▼

 

 

楽天モバイルから乗り換える際の注意点

 

MNP乗り換えにかかる手数料

 

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換える際、オンラインで手続きすれば手数料は一切かかりません。

 

そもそも、楽天モバイル側では解約手数料や違約金はありませんので完全に無料です。

ワイモバイルの契約事務手数料は、店舗なら税込3,300円かかりますがオンラインストアで手続きすれば無料です。

 

  • 店舗/家電量販店:3,300円
  • オンラインストア:無料

 

本記事に記載のとおりに手順を踏めば誰でも簡単に乗り換えられるので、必ずワイモバイル公式ストアまたはワイモバイル公式ストア(ヤフー店)で手続きしましょう。

店舗で手続きすると手数料3,300円がかかる上にSIM契約時のキャッシュバックももらえません。

 

SIMカードの返却は必要?

 

楽天モバイル公式サイトによると、他社に乗り換えた後にはSIMカードの返却が必要と記載されています。

送料元払いで送付してください。

詳細解約時のSIMカードの返却先はどこですか | 楽天モバイル

 

<返送先住所>

143-0006
東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F
楽天モバイル RSIM回収係

 

ただし、実際には返却しなくても問題ありません。

面倒であればハサミを入れて処分しましょう。

 

MNP予約番号は即日発行

 

楽天モバイルのMNP予約番号は、マイページで手続きするとすぐに発行されます。

 

他社では翌日~3日後にメールで送られてくる場合もありますが、楽天モバイルはすぐに表示されるのでワイモバイルへの乗り換え手続きをするタイミングで発行すればOKです。

 

MNP予約番号はメールなどでは送られてきませんので、番号が表示されたらメモやスクリーンショットで保存しておきましょう。

もし保存し忘れても再度発行手続きをすれば再表示されます。

 

楽天モバイルからワイモバイル MNP予約番号発行5

 

MNP予約番号の有効期限

 

楽天モバイルで発行されたMNP予約番号の有効期限は発行日当日を含む15日間です。

この15日の間にワイモバイルへのMNP乗り換え手続きを全て終える必要があります。

 

そのため、ワイモバイルオンラインストアで契約手続きする場合はMNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があります。

残り10日を過ぎてしまうとオンラインでは手続き不可になるので、店舗で手続きするか、有効期限が切れて再発行が可能になるまで待つことになります。

 

  • MNP予約番号の有効期限:15日間
    →オンラインで乗り換える場合は残り10日以上が必要

 

そうならないように、MNP予約番号はワイモバイルへの乗り換え手続きをする直前に発行しましょう。

楽天モバイルのMNP予約番号は手続きすればすぐに発行されるので、事前に発行しておく必要はありません。

 

MNP予約番号の再発行

 

前章のとおり、楽天モバイルで発行されたMNP予約番号には15日間の有効期限があります。

この有効期限内は別のMNP予約番号を発行することはできません。

発行手続きをしても以前に発行したMNP予約番号が再表示されるだけです。

 

別の番号の再発行は15日間の有効期限が切れたあとにしかできないので、一度発行したらすぐに手続きをして再発行が必要ないようにしましょう。

 

SIMロック解除は必要?

 

楽天モバイルで使っていた端末をワイモバイルのSIMでも引き続き使う方も多いと思います。

楽天モバイルで使っていたスマホをワイモバイルで使う場合、SIMロック解除は不要です。

 

そもそも、楽天モバイルで販売されたスマホは全てSIMフリーです。

また、他社端末を楽天モバイルで使うには事前にSIMロック解除が必要です。

SIMロックがかかったまま楽天モバイルで使うことはできませんので、楽天モバイルで使えていたスマホは全てSIMフリーまたはSIMロック解除済みということになります。

そのため、ワイモバイルで使う際にもSIMロック解除は不要です。

 

ただし、SIMフリー/SIMロック解除済みだからといってワイモバイルですべて使えるわけではありません

ワイモバイルの周波数(バンド)に対応していないとSIMフリーでも使えないので、必ず動作確認端末一覧ページを確認してください。

詳細動作確認端末一覧 | ワイモバイル

 

楽天モバイルのiPhoneは使える?

 

iPhone13

 

楽天モバイルで買ったiPhoneや楽天モバイルで使っていたiPhoneはワイモバイルでも使えます。

 

ワイモバイルで使えるのは基本的にSIMフリーまたはSIMロック解除済みのiPhone6S・初代SE以降です。

楽天モバイルはSIMフリーまたはSIMロック解除済みのiPhone6S・初代SE以降のiPhoneしか使えないので、楽天モバイルで使えていたiPhoneは全てワイモバイルでも使えます。

楽天モバイルで買ったiPhoneも全てSIMフリーです。

 

iOSを最新にアップデートしておけば、iPhone本体にワイモバイルのSIMを差し替えただけでワイモバイルの通信設定が完了します。

APN設定・プロファイルのインストールは不要です。

 

ただし、他社のプロファイルがインストールされていると使えないことがあります。

こちらのページを参考にプロファイルを削除してください。

詳細iPhoneのプロファイルの削除方法

 

楽天モバイルからワイモバイルへのMNP乗り換えはこちら

 

以上、楽天モバイルからワイモバイルにMNPで乗り換える手順・注意点とキャンペーンの解説でした。

 

ワイモバイルは全国どこでも安定して使え、店舗によるサポート体制も万全です。

メインで使うにはおすすめのキャリアなのでぜひ乗り換えましょう。

 

契約時は必ずワイモバイルのキャンペーン情報を確認してくださいね。

詳細ワイモバイルの最新キャンペーン情報まとめ

 

▼SIM契約で高額ポイント還元▼

 

▼eSIM契約で高額還元中▼

 

 

ワイモバイル 記事一覧へ

タイトルとURLをコピーしました