初期費用無料&6000円分還元キャンペーン中 

ワイモバイルのタブレット全機種解説!おすすめ端末や中古の使い方、シェアプランの活用方法も

 

Lenovo TAB4_ワイモバイル

 

本記事では、ワイモバイルでタブレットを購入をお考えの方に、ワイモバイルのタブレット全機種を比較し解説します。

 

製品の特徴だけでなく、それぞれの価格やプラン料金やお得なキャンペーン情報も解説していますので、ぜひ参考にし、おすすめの1台を見つけてください!

 

▼タブレット一覧を見る▼

ワイモバイル公式サイト

 

タブレット全機種のレビュー

 

ワイモバイルで現在発売されているタブレット以下の4機種です。

 

  • Lenovo TAB4
  • MediaPad M3 Lite S
  • Media Pad T2 Pro
  • Lenovo TAB3

 

本記事では、この4機種を解説します。

 

Lenovo TAB4

 

 

まずはじめに紹介するのは2018年3月に発売の「Lenovo TAB4」です。

 

特徴はなんと言っても「フルセグ」搭載で、テレビが視聴できることです。

ワイモバイルのタブレットでフルセグ搭載機種の発売は初めてです。

 

フルセグですのでワンセグより高画質ですし、端末の画面自体も1,200 × 1,920ドットと美しいので、どこでもTVが閲覧できます。

10インチと大画面なのも嬉しいですね。

 

また、Lenovo TAB4はオーディオにも非常にこだわっています。

タブレットで臨場感あふれるサウンドが楽しめます。

 

しかも、防水に対応しているので、お風呂に持ち込んでTVや動画を楽しむことも可能です。

さらに指紋認証センサーを搭載しており、ロック解除もあっという間です。

 

10インチ画面ですので、家庭内でどこでもネットを閲覧したり、動画を見たり、お風呂で映画を見たりといった使い方が向いていると思います。

 

  • icon-circle-o 高画質フルセグでTV視聴可
  • icon-circle-o オーディオにもこだわり
  • icon-circle-o 防水・防塵対応
  • icon-circle-o 指紋認証センサー搭載
  • icon-circle-o 10インチ大画面
  • icon-circle-o 高性能CPUスナドラ625
  • icon-times 持ち運びには不適
  • icon-times 端末価格が少々高い

 

 

▼Lenovo TAB4を詳しくみる▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

MediaPad M3 Lite S

 

続いて紹介するのは「MediaPad M3 Lite S」です。

スマホで大人気のメーカー「HUAWEI」のタブレットです。

 

Lenovo TAB4は10インチでしたが、MediaPad M3 Lite Sは8インチですので、屋外に持ち運ぶのにも最適です。

 

MediaPad M3 Lite Sの最大の特徴はオーディオです。

タブレットでは動画を見る方が多いと思いますが、タブレットとは思えない臨場感のあるサウンドが楽しめます。

液晶も1,920 × 1,200ドットなので画面は非常に美しいです。

 

Lenovo TAB4はフルセグ・防水・防塵・指紋認証センサー搭載など「全部いり」の多機能タブレットでしたが、MediaPad M3 Lite Sには搭載していません。

また、CPUもSnapdragon435なので、Lenovo TAB4に比べればやや低いです。

 

ただし普段使いには十分な性能ですので、私のようにそれほどスペックにこだわらない方向けのエントリーモデルとして最適です。

 

  • icon-circle-o 持ち運びしやすい8インチ
  • icon-circle-o こだわりのオーディオ
  • icon-circle-o 多機種より価格が安い
  • icon-times 防水・防塵なし
  • icon-times CPUは平凡

 

 

▼MediaPad M3 Lite Sをみる▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

Media Pad T2 Pro

 

 

続いては、HUAWEIの「Media Pad T2 Pro」です。

 

MediaPad T2 Proは画面が10インチですので、動画を見るのに適していると思います。

また、フルHD仕様のため、とても画面が鮮やかで美しいのが特徴です。

タブレットで映画やスポーツを見たり、撮影した写真を閲覧する方にオススメです。

 

個人的に嬉しいのが、目に有害といわれるブルーライトをカットする機能が備わっている点です。

Media Pad T2 Proはブルーライトをカットしてくれるモードに切り替えることができるため、長時間読書する場合などには大変重宝します。

 

搭載しているCPUはSnapdragon615なので、なかなかの性能です。

また、バッテリーも6500mAhと大容量なのも嬉しいですね。

 

  • icon-circle-o 動画閲覧に最適な10inch画面
  • icon-circle-o フルHDの美しい画面
  • icon-circle-o ブルーライトカット
  • icon-circle-o 6500mAh大容量バッテリー
  • icon-times 防水・防塵なし
  • icon-times 10inchのLenovo TAB4発売
  • icon-times 終売が近い?

 

 

▼MediaPad T2 Proをみる▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

Lenovo TAB3

 

 

続いては、「Lenovo TAB3」です。

後継機Lenovo TAB4は10インチの大画面でしたが、こちらのLenovo TAB3は8.0インチの端末です。

 

8.0インチは持ち運びに最適なサイズで、かつ片手で持つことができる最大のサイズと言われています。

また、Lenovo TAB3には「MiraVision」という画像処理エンジンが搭載されており、物体が画面上で色鮮やかに映し出されます。

 

Lenovo TAB3の最大の特徴は、音質へのこだわりです。

本体の前面に2つのステレオスピーカーが搭載されており、音が立体的に聞こえる3Dサウンドを楽しむことができます。

動画閲覧にも最適ですね。

 

  • icon-circle-o 持ち運びに便利な8inch画面
  • icon-circle-o 画像処理エンジンで色鮮やか
  • icon-circle-o タブレットとは思えないサウンド
  • icon-times 防水・防塵なし
  • icon-times 8inch後継機が発売
  • icon-times 終売が近い?

 

 

▼Lenovo TAB3をみる▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

タブレットはどこで買える?

 

オンラインサイトで販売終了

 

本記事で解説したタブレットは、ワイモバイル公式サイトでの販売は終了しました。

 

現在オンラインサイトではタブレットは販売していません。

店舗に行って在庫を探すしかありません。

 

中古なら格安で買える

 

タブレットはワイモバイルでは販売終了ですが、中古スマホ店などではまだ購入できます。

 

とくにイオシスムスビーではワイモバイルのタブレットの未使用品・中古品が格安で購入できます。

ワイモバイル版のタブレットは、ワイモバイルはもちろん、SIMロック解除すればソフトバンク回線の格安SIMでも使えます

 

在庫は少なめなので、見つけたら即買いしましょう。

 

▼ワイモバ版タブレットを探す▼

 

 

ソフトバンク版も使える

 

ワイモバイルで販売されたタブレット4機種は、ソフトバンクでも発売されました。

 

イオシスなどではソフトバンク版の同機種も購入できますが、ソフトバンク版もSIMロック解除すればワイモバイルで使用可能です。

対応バンドなどのスペックは同じで、違いはSIMロックがかかっているのみです。

 

イオシスなどで買ったタブレットをワイモバイルで使う場合は、ワイモバイル版かSIMロック解除済のソフトバンク版を使いましょう。

SIMロック未解除のソフトバンク版しかない場合は、ソフトバンク店舗に持っていけば3,000円でSIMロック解除してくれます。

 

▼ワイモバ版タブレットを探す▼

 

 

タブレット本体のみ購入も

 

タブレットを探している方は、Amazonや家電量販店でも購入できます。

 

10インチタブレット

 

SIMカードを入れて通信できる10インチのLTEモデルだと、以下のモデルが人気です。

 

 

また、Wi-Fiモデルなら更に価格が安く選択肢も広がります。

 

 

8インチタブレット

 

 

8インチのLTEモデルでは以下のモデルが人気です。

 

 

Wi-Fiモデルなら更に価格が安く選択肢も広がります。

 

 

また、イオシスなどではドコモ・au・ソフトバンクで発売されたタブレットも中古で端末のみ購入できます。

私もドコモのd Tabを買って使っています。

 

▼格安のタブレット在庫を探す▼

 

 

スマホの容量をシェアして使う

 

タブレットを使用したい方は、ワイモバイルの「シェアプラン」を活用する方法もあります。

 

親回線でスマホプランまたはデータプランを契約している場合、SIMカードを追加し、親回線のSIMカードと追加したSIMカードで容量をシェアするという方法です。

 

親回線でスマホプランLを契約している場合、追加SIMカードはタダで使用できます。

ただし、親回線がスマホベーシックプランSやスマホプランSの場合は追加SIMには月額980円、親回線がスマホベーシックプランM・RやスマホプランMの場合は追加SIMには月額490円かかります。

 

<プラン別の料金>

親回線のプラン追加SIM
月額料金
枚数
スマホ
ベーシック
プラン
S¥980
最大
3枚
M・R¥490
スマホ
プラン
S¥980
M¥490
L¥0

 

この場合、ワイモバイルで購入したタブレットに追加したSIMカードを挿して使用することもできますし、他社で購入したタブレットを持ち込んで使用することもできます。

(ただし、持ち込みの場合は別途APN設定が必要)

 

私もSIMカードを1枚追加して使っています。

 

 

 

タブレットの機種変更の手順

 

機種変更は店舗のみ

 

現在使用しているタブレットを別の機種に変更する場合、オンラインストアでは手続きができません。

お手数ですが、店舗で手続きをしてください。

 

機種変更時の持ち物・準備物

 

店頭で機種変更をする場合、以下のものを持参してください。

 

  • 現在使用中のタブレット
  • 本人確認書類
  • 新しい機種の購入代金
  • 印鑑

 

契約解除料(違約金)は不要

 

現在ワイモバイルでタブレットを契約している方が機種変更する場合、契約解除料(違約金)はかかりません。

 

タブレットを分割払いにしている場合、残債(支払いが残っている端末代金)はそのまま毎月の支払いが継続します。

そのため、機種変更以降は以下の3種類の料金を支払うことになります。

 

  • 古い機種の端末代金の残債
  • 新しい機種の端末代金
  • データプランの基本使用量

 

ただし、古い機種の端末代金の残債については、タイミングにより割引が解除になりますので次章を必ずお読みください。

 

タブレットの故障・修理

 

ワイモバイルのタブレットが故障・破損して修理している場合は、ワイモバイル店舗で対応してくれます。

 

端末の購入から1年以内で、使用者の過失と認められない場合は無償で修理してくれる可能性が高いです。

一方、購入から1年以上が経過している場合や、明らかに落下や衝撃などにより故障下と思われる場合は有償修理になります。

 

修理対応は店舗のみ(オンラインでは不可)ですので、以下のものを持って店舗に向かいましょう。

その際、本人確認書類(免許証・パスポートなど)も携帯しましょう。

 

▼タブレット一覧を見る▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

タブレットの口コミ・評判

 

ここから、ワイモバイルのタブレットに関する口コミを紹介します。

 

動画をみたりゲームをされる方はタブレットも同時に契約すると便利です。

私もタブレットを使用していますが、家でのWEB閲覧や動画を観るのは常にタブレットです。

画面サイズが大きいので快適ですね。

 

タブレット届いていじいじしてたらこんな時間^_^;
8インチでも画面でかくて動画とかは見やすいね

 

タブレットにしかできないことってほとんどない。だけど、スマホじゃ見にくい資料の閲覧、動画、画像(けっしてやましいものだけに限らない)は見やすいし、パソコンよりも早く立ち上がるし、軽いから片手でも持ってられるし、簡単な画像編集やメールの編集が出来ちゃう。

また、ワイモバイルのスマホを契約している方は「シェアプラン」でSIMカードを追加し、スマホの容量を分け合うこともできます。

 

ワイモバ契約してるけど、店舗でSIMを追加した
タブレットに挿せば外でも使えるようになる~

ワイモバイルでタブレット契約するより、本体だけ買ってシェアSIM突っ込んだほうが安上がりかもしれん

シェアプランは私もおすすめです。

ワイモバイルのバンドに対応していれば、SIMフリーのタブレットを買って使うこともできます。

 

 

 

ワイモバイル料金の節約技

 

おうち割でさらに料金割引

 

 

ワイモバイルには、月々のスマホ料金をさらに安くする裏技があります。

それは、家のネットをソフトバンク光/ソフトバンクAirにすることです。

 

家のネットをソフトバンク光・Airにすると「おうち割」が適用され、月々のスマホ料金が最大1,000円割引になります。

 

<おうち割による割引額>

対象プラン月割引額
スマホベーシック
プラン
500円
スマホプラン
S500円
M700円
L1,000円

 

上図の割引は1人当たりの割引額です。

よって家族でワイモバイルユーザーが3人いれば最大3,000円/月の割引になります。

(スマホプランLの場合)

 

ワイモバイルユーザーなら、この「おうち割」はめちゃくちゃお得です。

ぜひソフトバンク光に申し込みましょう。

 

詳細ワイモバイルのおうち割を解説!

 

高額キャッシュバックも!

 

さらに、ソフトバンク光・Airには公式サイトや家電量販店で申込んではいけません。

正規代理店のWEBサイトから申し込めば申込特典として高額のキャッシュバックがもらえます。

 

正規代理店とは、ソフトバンクからネット回線の販売や申込の受付を正規に委託した代理店のこと。
正規代理店は顧客獲得競争をしているので、独自の特典を設けていることが多い。 

 

ソフトバンク光のキャッシュバック額は、新規申し込みか転用かで異なります。

 

<光のキャッシュバック額>

キャッシュバック
新規¥33,000
転用¥13,000

 

ソフトバンクエアーは誰でも28,000円、3日以内に手続きを完了すれば30,000円もらえます。

 

<エアーのキャッシュバック額>

キャッシュバック
全員28,000円
3日以内に
登録完了
30,000円
(+2,000円)

 

正規代理店から申し込むことで、余計なオプション加入が必要だったり、手間が増えたりと言ったことはありません。

ただただキャッシュバックがもらえるだけですので、必ずこちらから申し込みましょう。

 

正規代理店のメリット

  • 公式特典+独自特典の2重取り
  • キャッシュバック最大3.3万円
  • 余計なオプションなど一切なし
  • 手間が余計にかかることもなし
  • キャッシュバック貰い忘れなし

 

▼オプション不要でキャッシュバック▼

 

▼Airの申し込みはこちら▼


 

 

ワイモバイルのタブレットの購入はこちら!

 

以上、ワイモバイルのタブレット全機種紹介でした。

 

スマホだけでなく、タブレットがあれば更に便利です。

私もYmobileのスマホとタブレットを併用しています。

 

▼タブレット一覧を見る▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

ワイモバイル公式サイトでの上記4機種のタブレットの販売は終了しましたが、中古で買ったり使ったりできます。

購入はこちらからどうぞ!

 

▼ワイモバ版タブレットを探す

 

 

ワイモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました