OPPO Reno3 Aが税込8,640円~に大幅値下げ 

ワイモバイルで事務手数料が無料になる/無料にならない場合は?

 

ワイモバイル 事務手数料 無料にならない

 

ワイモバイルでは現在、事務手数料無料キャンペーンを実施しています。

ただしワイモバイルには複数の申し込み窓口があり、事務手数料が無料にならない場合もあります。

 

また、事務手数料が無料だからといって一番お得とは限りません。

本記事をよく読んでお得にワイモバイルに契約しましょう。

 

▼手数料無料キャンペーン中▼

 

オンラインなら事務手数料無料

 

無料は公式オンラインのみ

 

ワイモバイルでは現在、事務手数料無料キャンペーンを実施しています。

ただし、無料になるのはワイモバイル公式オンラインサイトで手続きした場合のみです。

 

店舗や家電量販店、Yahoo!にあるワイモバイルストアで手続きした場合は手数料がかかります。

 

無料となる事務手数料

 

ワイモバイル公式オンラインサイトで無料になる事務手数料・無料にならない事務手数料は以下のとおりです。

 

<無料になる/ならない手数料>

手数料料金
契約事務手数料無料
機種変更手数料無料
MNP転出手数料3,000円
電話番号変更手数料3,000円
USIMカード再発行手数料3,000円
SIMロック解除手数料3,000円

※税抜

 

ワイモバイルに新規で契約する際の契約事務手数料だけでなく、機種変更手数料も公式オンラインなら無料です。

店舗などでは3,000円の手数料が取られます。

 

ただし、MNP転出手数料やSIMロック解除手数料はオンラインで手続きしてもかかります。

電話番号変更やUSIMカード再発行は店舗でしかできず、こちらも3,000円の手数料がかかります。

詳細事務手数料一覧 | Ymobile

 

ソフトバンクから乗り換え時は?

 

ソフトバンク ロゴ

 

ソフトバンクからワイモバイルに番号そのままで乗り換えることを番号移行といいます。

ソフトバンクから番号移行した際も、公式オンラインサイトなら事務手数料は無料です。

 

ただし、ソフトバンク回線を使ったMVNOから乗り換えはオンラインではできません。

店舗のみでの手続きとなり、事務手数料は無料にならないので注意してください。

 

▼手数料無料は公式サイトだけ▼

 

 

事務手数料が無料にならない場合

 

ただし、以下の場合は事務手数料が無料になりません。

 

店舗で契約/機種変更する場合

 

まず、ワイモバイルの店舗で契約・機種変更した場合は手数料3,000円+税がかかります

家電量販店も同様に事務手数料は無料になりません。

 

ワイモバイルは全国に店舗があり、店舗で契約・機種変更される方が多いですが、かなり損です。

事務手数料がかかる以外にも、SIM契約時のPayPayボーナス(最大6,000円分)がもらえません。

 

▼オンラインならPayPay還元▼

 

また、スマホの本体価格がWEBより最大18,000円も高いため、端末セット契約時も機種変更時も損です。

ワイモバイルの契約や機種変更は必ずオンラインで行いましょう。

 

端末は最大1.8万円WEBが安い

 

ただし、SIMの再発行・交換やシェアプランの契約など、店舗でしかできない手続きもあります。

詳細店舗サービス一覧 | Ymobile

 

Yahoo!ストアで契約する場合

 

ワイモバイルにはオンラインの窓口が2つあります。

一つはワイモバイル公式オンラインサイトですが、もう一つはYahoo!にあるワイモバイルストアです。

 

Yahoo!のワイモバイルストアもオンラインで契約・機種変更できますが、こちらは事務手数料が無料になりません。

 

  • 公式サイト:事務手数料は無料
  • Yahoo!ストア:事務手数料がかかる

 

同じオンラインでも無料にならない場合があるので注意してください。

 

ただし、事務手数料がかかってもYahoo!のオンラインストアで契約する方がお得な場合もあります。

(後ほど詳しく解説します)

 

ソフトバンク回線のMVNOから乗り換えた場合

 

ワイモバイル公式オンラインサイト、およびYahoo!ストアではソフトバンク回線のMVNOからの乗り換えはできません。

そのため、店舗で手続きすることになり、事務手数料が発生します。

 

オンラインでは手続き不可

 

特にmineoやLINEモバイルのソフトバンク回線から乗り換える際は少し損になります。

 

▼手数料無料は公式サイトだけ▼

 

 

手数料無料の公式サイトが一番お得?

 

前章までの通り、事務手数料が無料になるのは公式オンラインサイトのみです。

ただし、手数料が無料だからといって公式オンラインサイトが一番お得とは限りません

 

どこでももらえる特典は必須

 

Yahoo!モバイル どこでももらえる特典

 

まず、ワイモバイルに新規・MNPで乗り換える場合には必ずどこでももらえる特典にエントリーしましょう。

エントリーした上でワイモバイルに契約すれば、3,000円分のPayPayボーナスが貰えます。

 

「どこでももらえる」とある通り、店舗・家電量販店・公式オンライン・Yahoo!ストアのどこで契約してもPayPayがもらえます。

必ず事前にエントリーしましょう。

 

ただし、機種変更は対象外です。

 

▼必ず事前エントリー▼

どこでももらえる特典 

 

 

Yahoo!がお得な場合も

 

 

契約時・機種変更時の事務手数料が無料になるのはワイモバイル公式オンラインサイトのみですが、Yahoo!のワイモバイルストアの方がお得な場合が多いです。

 

Yahoo!のワイモバイルストアでは、5のつく日と毎週日曜日にお得なキャンペーンを実施しています。

SIMのみ契約なら最大11,000円分、端末セットなら最大5,555円分のPayPayボーナスライトがもらえます。

これが適用されれば、事務手数料無料の公式サイトよりお得です。

 

一番お得な申込方法は?

 

ただし、プランや契約内容によって公式サイトがお得な場合、Yahoo!がお得な場合に分かれます。

2020年9月時点では以下の通りです。

 

<お得な契約方法>

契約
内容
契約プラン公式
ストア
Yahoo!
5のつく日
毎週日曜日
SIMのみ新規S
M・R
MNPS
M・R
端末
セット
新規・
MNP
S
M・R
機種
変更
S
M・R

 

ただし、どちらがお得かはキャンペーン内容や端末によって変動します。

最新のお得な契約方法はこちらの記事にまとめていますので、契約前に必ずチェックしてください。

 

 

▼契約は日曜日/5のつく日に▼

 

店舗は絶対に損

 

ワイモバイルの契約や機種変更は、今でも店舗で手続きされる方が多いです。

しかし、これはかなり損です。

 

繰り返しになりますが、ワイモバイルの店舗は事務手数料が無料にならないのに加え、店舗では適用されないキャンペーンが多いです。

 

<店舗とオンラインの比較>

店舗オンライン
事務手数料有料
(3,000円)
無料(※)
端末価格定価最大18,000円
自動割引
PayPay
還元
なしあり
タイム
セール
なしあり(※)

※公式オンラインのみ

 

特に端末価格は公式・Yahoo!に比べ店舗の方が最大18,000円高いです。

同じ契約内容・同じ端末なのに、店舗で契約しただけで2万円以上損になる可能性があります。

 

機種変更の場合でも店舗の端末価格は高いので、店舗では絶対に契約・機種変更してはいけません。

 

ワイモバイルのお得な契約はこちら!

 

以上、ワイモバイルの事務手数料が無料になる/ならない場合の解説でした。

 

ワイモバイル公式オンラインサイトなら契約時・機種変更時の事務手数料が無料です。

また、Yahoo!のワイモバイルストアは事務手数料は無料になりませんが、キャンペーンにより高額のPayPay還元がもらえてお得です。

 

契約は必ずオンラインで行いましょう!

 

▼まずは必ずエントリー▼

どこでももらえる特典 

 

▼契約は日曜日/5のつく日に▼

 

▼手数料無料は公式サイトだけ▼

 

 

ワイモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました