iPhoneの機種変更が値下げ中【~1/30】詳細はこちら 

ワイモバイルの通話料はいくら?通話料金が高い/おかしい場合の確認方法も

基礎知識

 

ワイモバイル 通話料金 スマホ

 

本記事ではワイモバイルの通話料金を解説します。

ワイモバイルにはかけ放題も用意されていますが、いろいろ注意点があるのでぜひしっかりと読んでください。

 

▼SIM契約で高額ポイント還元▼

 

ワイモバイルの通話料はいくら?

 

1分あたりの通話料

 

ワイモバイルの国内通話の料金は30秒あたり22円(税込)です。

1分あたり税込44円ですね。

 

ワイモバイルには独自の通話アプリはありませんので、スマホに最初からインストールされている通話アプリで発信できます。

 

ただし、国際電話や0570(ナビダイヤル)・0180から始まる番号などは対象外です。

別途、各社が設定している料金がかかります。

 

シンプルS/M/Lの通話料

 

ワイモバイルの現在のメインプランはシンプルS/M/Lです。

このシンプルS/M/Lの通話料はすべて30秒あたり22円(税込)です。

 

S/M/Lによって料金が異なることはありません。

またかけ放題オプションの料金も同じです。

 

かけ放題オプション

 

前章のとおり、ワイモバイルの国内通話の料金は30秒あたり22円です。

通話が多い方は通話定額オプションも検討しましょう。

 

月額料金1回あたり
の時間
だれとでも
定額
¥77010分
スーパー
だれとでも
定額(S)
¥1,870無制限

 

だれとでも定額(10分かけ放題)

 

最も契約が多いのが10分かけ放題オプションの「だれとでも定額」です。

 

料金は税込月770円で、オプション加入者は1回10分以内の国内通話は無料になります。

通話が10分以上になった場合、超過分の通話に対して30秒あたり22円がかかります。

例えば12分通話した場合は、超過した2分の料金(22円×4)が88円かかる計算ですね。

 

”だれとでも”とあるとおり、ワイモバイルのスマホ・ケータイ契約者はもちろん、他社のスマホ・ケータイや固定電話にかけても無料です。

ただし、国際電話や留守番電話センターへの通話料、ナビダイヤルなどはかけ放題の対象外です。

 

10分以内の通話が多い方は、だれとでも定額に加入しておけば月770円以上かかりません。

少々面倒ですが、10分を超える場合も一度電話を切って再度かければ無料です。

詳細だれとでも定額 | ワイモバイル

 

スーパーだれとでも定額(S)

 

もう一つ、スーパーだれとでも定額(S)も用意されています。

「だれとでも定額」でかけ放題になるのは1回10分まででしたが、「スーパーだれとでも定額(S)」なら時間制限はありません。

何時間通話しても無料です。

 

オプション料金は月1,870円ですが、長電話が多い方はこちらのほうがお得です。

 

だれとでも定額と同じく、他社のスマホ・ケータイや固定電話でもかけ放題です。

ただし、国際電話や留守番電話センターへの通話料、ナビダイヤルなどはかけ放題の対象外です。

詳細スーパーだれとでも定額(S) | ワイモバイル

 

かけ放題対象外の番号

 

「だれとでも定額」「スーパーだれとでも定額(S)」にはかけ放題対象外になる電話番号があります。

 

  • 国際ローミング
  • 国際電話(海外への通話)
  • 留守番電話センターへの通話料(1416)
  • 着信転送サービスの通話料
  • ナビダイヤル(0570)
  • テレドーム(0180)
  • 番号案内(104)
  • その他公表する電話番号(PDF)

 

私の場合、特に企業への問い合わせなどでナビダイヤル(0570)にかける事が多く、通話料金がかかっています。

企業への問い合わせなどは固定電話だとフリーダイヤルが使える場合もあるので、固定電話をお持ちの方はそちらを利用しましょう。

 

▼SIM契約で高額ポイント還元▼

 

 

ワイモバイルの通話料の注意点

 

通話料金の確認方法

 

通話料の合計金額

 

日々の通話料金はマイワイモバイルで確認できます。

マイワイモバイル」にアクセスしてログイン後、最上段のタブを「料金案内」に切り替えます。

 

ワイモバイル 通話料 確認方法

 

通話料の下段にある「通話料の日別グラフ」をタップすると、日々の変動をグラフで確認できます。

ただし、マイワイモバイルで確認できるのは日々の通話料の合計のみです。

 

通話明細の確認方法

 

前章のとおり、マイワイモバイルで無料で確認できるのは日々の通話料の合計額のみです。

どの番号と何分通話したか、通話定額オプションの対象になったかどうかは、「利用明細サービス」に契約しないと確認できません。

 

利用明細サービスは月220円の有料オプションです。

オプションに加入しておけば、マイワイモバイルで通話明細が確認できます。

詳細利用明細サービス | ワイモバイル

 

また、さらに月220円の「請求書発行サービス」に契約しておけば、通話料明細も記載された利用料金請求内訳が郵送されてきます。

紙面で必要な場合はこちらも契約しましょう。

詳細請求書発行サービス | ワイモバイル

 

着信/かかってきた電話の料金

 

国内通話で、通話料がかかるのはこちらから発信した場合のみです。

相手から着信した場合・かかってきた電話をとって通話した場合は通話料金はかかりません。

 

10分かけ放題超過分の料金

 

10分かけ放題の「だれとでも定額」を契約中の方は、1回10分以内の国内通話は何度かけても無料です。

ただし、10分を超えると超過分の料金がかかります。

 

超過分の料金は通常と同じく30秒あたり22円です。

例えば12分通話した場合、超過した2分のみ料金がかかります。(22円×4で88円)

 

かけ放題対象外の電話番号

 

ワイモバイルには10分かけ放題・完全かけ放題(スーパー誰とでも定額S)がありますが、このかけ放題オプションには対象外の電話番号があります。

 

  • 国際ローミング
  • 国際電話(海外への通話)
  • 留守番電話センターへの通話料(再生)
  • ナビダイヤル(0570)
  • テレドーム(0180)
  • 番号案内(104) など

 

特にナビダイヤルにかける機会は多いので注意してください。

また、ワイモバイルが指定する特定の電話番号も対象外です。

詳細はこちらを確認してください。

詳細通話オプション | ワイモバイル

 

家族間の通話はいくら?

 

ワイモバイルには家族間の通話を割引するサービスはありません

家族割で料金は割引になりますが、通話無料・通話料割引にはなりません。

 

家族間の通話も30秒あたり22円かかります。

もちろん通話定額オプションの対象です。

 

ワイモバイル同士の通話料は?

 

ワイモバイル同士の通話料は通常と同じ30秒あたり22円です。

ワイモバイル同士だからといって無料になったり割引になることはありません

 

ワイモバイル同士の通話ももちろん通話定額オプションの対象なので、だれとでも定額契約者なら10分以内は無料、スーパーだれとでも定額(S)なら10分以上でもかけ放題です。

 

電話アプリはある?

 

ワイモバイルに独自の電話アプリはありません。

お使いのスマホに最初からインストールされている標準の電話アプリで発信してください。

 

だれとでも定額・スーパーだれとでも定額(S)を契約している方も、通常の通話アプリで発信してOKです。

自動で通話先・通話時間を判別して無料にしてくれます。

 

プレフィックス自動付与は?

 

ワイモバイルでは、プレフィックス自動付与により通話料金が半額になるサービスはありません。

 

最近、他のMVNOでは通話料金が半額の30秒あたり11円になるところが増えてきました。

これまでは各キャリア独自の通話アプリを使うことで半額になっていましたが、最近はプレフィックス番号を自動付与する機能により、通常の通話アプリでかけても自動で半額なるようになりました。

 

主要な格安SIMではOCNモバイルONEIIJmioがプレフィックス自動付与に対応しています。

残念ながらワイモバイルにこの機能はないので、他のMVNOに比べて標準の通話料は高いです。

 

LINEの通話は無料?

 

ワイモバイルユーザーもLINEでんわの通話は無料です。

家族間や友人同士の通話はできるだけLINEでんわを使うことで通話料を節約できます。

 

ただし、LINEでんわはデータ容量を消費します。

音声通話はほとんど気にする必要はありませんが、ビデオ通話はやや消費が大きいので注意が必要です。

 

<LINEでんわのデータ消費量目安>

音声通話ビデオ通話
1分0.3MB5.1MB
10分3MB51MB
30分9MB153MB
1時間18MB307MB

 

ビデオ通話の場合、約3時間で1GB消費します。

友人やカップルなどでLINE電話のビデオ通話をよく使う方は、LINEのデータ容量がカウントフリーになる「LINEMO(ラインモ)」がおすすめです。

店舗はありませんが、音声3GBプランで月990円と料金も安いです。

 

▼お得なキャンペーン実施中▼

LINEMO ミニプラン キャンペーン

 

 

ワイモバイルの通話料は高い?

 

ワイモバイルの国内通話料金は22円/30秒です。

これはドコモ・au・ソフトバンクなどと同じで、スマホの通話料金としては普通です。

 

ただし、他の格安SIMには半額になるサービスがあります。

特定の電話アプリを使ってかけることで国内通話が半額になるキャリアもありますし、最近では「オートプレフィックス付与」といってアプリを使わなくても自動で半額にしてくれるキャリアも増えてきました。

IIJmioやOCNモバイルONEなども自動で半額になります。

 

それに比べるとワイモバイルは少し高いかもしれません。

 

通話料の請求額が思ったより高い場合は次章を確認してください。

 

通話料がおかしい場合

 

通話料がおかしい場合、自身で通話履歴を確認してみましょう。

ワイモバイルで通話履歴を確認するには、月額220円の「利用明細サービス」という有料オプションへの加入が必要です。

利用明細サービスに加入している方はこちらを参考に履歴を確認してください。

詳細通話明細の確認方法 | ワイモバイル

 

利用明細サービスに加入していない方は、自身の端末の電話アプリから通話履歴を確認しましょう。

 

明細がおかしい場合、だいたい以下の3つです。

ワイモバイル側で請求がおかしいパターンはほとんどありません。

 

  • 気づいていないだけで思ったより長電話している
  • (10分かけ放題加入者)10分を超えて通話している
  • かけ放題対象外の番号にかけている

 

とくに、10分かけ放題やスーパー誰とでも定額(S)に加入していても対象外の番号が多いです。

こちらで対象外の電話番号を確認してください。

詳細通話オプション | ワイモバイル

 

ワイモバイルのキャンペーン情報

 

これからワイモバイルを契約する方は、必ずキャンペーン情報を確認しましょう。

SIMのみ契約する方も端末セットで契約する方も、通常よりかなりお得に契約できます。

 

新どこでももらえる特典

 

ワイモバイル どこでももらえる特典 キャンペーン

 

ワイモバイルでは新どこでももらえる特典というキャンペーンを実施しています。

 

このキャンペーンは事前にエントリーしたうえでワイモバイルに申し込み、申込月の4ヶ月後にPayPay支払いで買い物すると、最大20%相当のPayPayポイントが上乗せされて貰える仕組みです。

通常のPayPayポイント還元に加え、さらに最大20%相当のポイントが還元されます。

 

  1. こちらのページからエントリー
  2. ワイモバイルに申し込み
  3. 4ヶ月後にPayPay支払で買い物
  4. 最大3,000ポイント還元

 

貰えるPayPayポイントの上限額はプランによって異なります。

プランSの還元額は最大500円分、プランM・Lは最大3,000円分です。

ただしプランM/Lの場合は対象者限定で6,000円分に増額される場合もあります。

 

特典の上限額
プラン
S
500円分
プラン
M・L
3,000円分
※対象者限定で6,000円分

 

エントリーページはワイモバイル公式ストア(ヤフー店)にありますが、ヤフー店だけでなく公式オンラインストア・店舗や家電量販店で契約しても貰えます。

 

 

ワイモバイルの契約前には必ずエントリーしてください。

 

▼エントリーはこちら▼

新どこでももらえる特典 

 

▼契約前に必ずエントリー▼

 

ワイモバ親子割

 

ワイモバ親子割 2023年 ワイモバイル 学割

 

ワイモバイルでは学割キャンペーン「ワイモバ親子割」を実施中です。

昨年同様に今年も18歳以下とその家族が対象で、プランMが最安990円から使えるようになります。

 

ワイモバ親子割のみ適用の場合、基本料金が契約から1年間、毎月1,100円割引されます。

対象はプランM・LのみでプランSは対象外ですが、プランMを契約すればプランSと同額で1年間使えます。

 

  • 対象者:18歳以下とその家族
  • プラン:シンプルM/L(Sは対象外)
  • 割引:1,100円×1年間割引

 

家族割・おうち割も併用可能で、プランMは月990円から使えます。

 

<シンプルS/M/Lの親子割>
(家族割・おうち割適用時)

プラン
S
プラン
M
プラン
S
通常
料金
¥2,178¥3,278¥4,158
親子割の
割引額
--¥1,100-¥1,100
おうち割/
家族割の
割引額
-¥1,188-¥1,188-¥1,188
割引後料金
(1年間)
¥990¥990¥1,870

※税込

 

さらにSIMのみ・端末セット契約時のキャンペーンも併用可能です。

ワイモバ学割の詳細はこちらにまとめています。

詳細2022~2023年のワイモバ親子割を解説

 

▼ワイモバ親子割の詳細▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

5歳~18歳の限定キャンペーン

 

ワイモバイル 18歳キャンペーン

 

前章で解説したワイモバ親子割以外にも、5歳~18歳の方が新規契約した場合の特典が増額されるキャンペーンが実施中です。

 

5歳~18歳の方がSIMのみ・eSIMのみでプランM/Lに新規契約した場合、通常は6,000円分のPayPayポイント還元が10,000円分に増額されます。

また、プランM/Lに新規契約と同時にOPPO Reno7 A・Xperia Ace III・AQUOS wish2の3機種を購入すれば10,000円分のPayPayポイントが還元されます。

 

<5歳~18歳限定キャンペーン>

PayPayポイント還元対象
SIM
eSIM
通常6,000円分が
10,000円分に
新規契約で
プランM/L
OPPO Reno7 A
Xperia Ace III
AQUOS wish2
10,000円分

 

特にOPPO Reno7 A・Xperia Ace III・AQUOS wish2で10,000円分が還元されるのはお得です。

10,000円分のPayPayポイント還元を含めると、OPPO Reno7 Aは実質5,120円、Xperia Ace IIIは実質4,040円、AQUOS wish2は実質1,880円で購入できます。

性能面ではOPPO Reno7 Aが最も高いので、迷ったらOPPO Reno7 Aを買いましょう。

 

 

キャンペーンの詳細はこちらを確認してください。

詳細【5歳~18歳】PayPayポイントプレゼントキャンペーン

 

SIMのみ/eSIMのキャンペーン

 

ワイモバイルの契約は店舗よりオンラインが断然お得です。

ただし、オンラインストアも公式ストアとヤフーストアの2つの窓口があります。

 

SIMとeSIMは「新規/MNP」「プラン(S/M/L)」によってお得な申込み方法が異なります。

詳細はこちらの記事にまとめています。

詳細ワイモバイルのSIMのみキャンペーン

 

 

いずれの場合も必ず新どこでももらえる特典にエントリーしてから契約してください。

 

▼必ず事前にエントリー▼

新どこでももらえる特典 

 

 

オンライン限定スマホ割引

 

ワイモバイル アンドロイドスマホ 在庫一掃セール

 

ワイモバイルのスマホは必ずオンラインで契約しましょう。

ワイモバイル公式ストアで端末を購入すれば、最大36,000円の割引が自動で適用されます。

 

<iPhoneのオンライン価格>

機種契約形態プラン公式ヤフー店
iPhone
SE 3
64GB
新規S¥55,440¥55,440
M/L¥51,840¥51,840
MNPS¥55,440¥55,440
M/L¥51,840¥51,840
機種変更S/M/L¥62,640¥66,240
番号移行S/M/L¥73,440¥73,440
iPhone
SE 3
128GB
新規S¥63,360¥63,360
M/L¥59,760¥59,760
MNPS¥63,360¥63,360
M/L¥59,760¥59,760
機種変更S/M/L¥70,560¥74,160
番号移行S/M/L¥81,360¥81,360
iPhone
SE 3
256GB
新規S¥81,360¥81,360
M/L¥77,760¥77,760
MNPS¥81,360¥81,360
M/L¥77,760¥77,760
機種変更S/M/L¥88,560¥92,160
番号移行S/M/L¥99,360¥99,360
iPhone
12
64GB
新規S¥93,600¥93,600
M/L¥90,000¥90,000
MNPS¥93,600¥93,600
M/L¥90,000¥90,000
機種変更S/M/L¥100,800¥104,400
番号移行S/M/L¥111,600¥111,600
iPhone
12
128GB
新規S¥101,520¥101,520
M/L¥97,920¥97,920
MNPS¥101,520¥101,520
M/L¥97,920¥97,920
機種変更S/M/L¥108,720¥112,320
番号移行S/M/L¥119,520¥119,520
iPhone
12
256GB
新規S¥126,360¥122,760
M/L¥122,760¥119,160
MNPS¥120,960¥120,960
M/L¥117,360¥117,360
機種変更S/M/L¥124,560¥128,160
番号移行S/M/L¥135,360¥135,360

※最新の価格はこちら(公式ヤフー店

 

<Androidスマホの価格>

機種契約形態プラン公式ヤフー店
Android
One S10
新規S¥18,000¥18,000
M/L¥14,400¥14,400
MNPS¥18,000¥18,000
M/L¥14,400¥14,400
機種変更S/M/L¥28,800¥28,800
番号移行S/M/L¥36,000¥36,000
Libero
5G Ⅲ
新規S¥3,960¥3,960
M/L¥1¥1
MNPS¥3,960¥3,960
M/L¥360¥1
機種変更S/M/L¥14,760¥14,760
番号移行S/M/L¥21,960¥21,960
AQUOS
wish2
新規S¥15,480¥15,480
M/L¥11,880¥11,880
MNPS¥5,760¥5,760
M/L¥1,980¥1,980
機種変更S/M/L¥16,560¥16,560
番号移行S/M/L¥23,760¥23,760
OPPO
Reno7 A
新規S¥18,720¥18,720
M/L¥15,120¥14,800
MNPS¥8,640¥8,640
M/L¥5,040¥4,980
機種変更S/M/L¥22,320¥25,200
番号移行S/M/L¥26,640¥26,640
Xperia
Ace III
新規S¥17,640¥17,640
M/L¥14,040¥14,040
MNPS¥7,920¥7,920
M/L¥4,320¥3,980
機種変更S/M/L¥18,720¥18,720
番号移行S/M/L¥25,920¥25,920
Libero
5G II
新規S¥3,600¥3,600
M/L¥360¥1
MNPS¥3,600¥3,600
M/L¥1¥1
機種変更S/M/L¥11,160¥14,760
番号移行S/M/L¥21,960¥21,960
かんたん
スマホ2+
新規S¥9,800¥9,800
M/L¥9,800¥9,800
MNPS¥9,800¥9,800
M/L¥9,800¥9,800
機種変更S/M/L¥24,480¥24,480
番号移行S/M/L¥31,680¥31,680

※最新の価格はこちら(公式ヤフー店

 

新規・MNPなら端末セットで契約する場合も「新どこでももらえる特典」とも併用可能なので、こちらのページからエントリーした上でオンラインで申し込みましょう。

 

▼オンラインなら端末が1円から▼

 

機種変更もオンラインがお得

 

機種変更もワイモバイル公式オンラインストアがお得です。

 

店舗で機種変更すると、端末価格は定価のうえに機種変更手数料3,300円がかかります。

一方、公式オンラインストアなら端末価格は7,200円~最大21,600円割引されるうえに、事務手数料は無料です。

 

<機種変更時の支払額比較>

公式
オンライン
店舗
端末価格7,200円~
最大21,600円
割引
定価
機種変更
手数料
無料3,300円

 

公式ストアと公式ストア(ヤフー店)の価格比較は以下のとおりです。

 

<iPhoneの機種変更価格>

機種名容量公式ヤフー店
iPhone SE
第3世代
64GB¥62,640¥66,240
128GB¥70,560¥74,160
256GB¥88,560¥92,160
iPhone
12
64GB¥100,800¥104,400
128GB¥108,720¥112,320
256GB¥124,560¥128,160

※最新の価格はこちら(公式ヤフー店

 

iPhone12・iPhone SE 第3世代は1月30日(月)AM9:59までワイモバイル公式ストアで機種変更の割引が増額中です。

 

<Androidの機種変更価格>

機種名公式ヤフー店
Android
One S10
¥28,800¥28,800
Libero
5G Ⅲ
¥14,760¥14,760
AQUOS
wish2
¥16,560¥16,560
OPPO
Reno7 A
¥22,320¥25,200
Xperia
Ace III
¥18,720¥18,720
Libero
5G II
¥11,160¥14,760
かんたん
スマホ2+
¥24,480¥24,480

※最新の価格はこちら(公式ヤフー店

 

上表のとおり機種変更も公式ストアとYahoo店で価格が異なるので、必ず価格を比較してから機種変更しましょう。

 

▼WEBなら割引+手数料無料▼

 

その他にもお得なキャンペーンを実施中です。

現在実施中のキャンペーンはこちらにまとめています。

詳細Ymobileの最新キャンペーン一覧

 

 

ワイモバイルの契約はこちら

 

以上、ワイモバイルのシンプルS/M/Lの通話料金の解説でした。

 

ワイモバイルの通話料は30秒あたり22円ですが、通話が多い方は通話定額オプションも検討しましょう。

ワイモバイルの契約は店舗よりオンラインが断然お得です。

契約前には必ずオンライン限定のキャンペーン情報を確認してください。

 

 

▼契約前に必ずエントリー▼

 

▼オンラインなら端末が1円から▼

 

 

ワイモバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました