iPhone14をお得に買う方法は?詳細はこちら 

ドコモ Galaxy A22 5G SC-56Bのレビュー!中古の使い方も

ドコモ

 

ドコモ Galaxy A22 5G

 

本記事ではドコモのGalaxy A22 5G SC-56Bのスペックや中古の使い方を解説します。

 

シムラボでも実際に購入してレビューしましたが、エントリーモデルながらカメラ性能はなかなか高かったです。

ドコモでの販売は終了しましたが、中古でも使えます。

 

 

後継機Galaxy A23 5Gはこちら
ドコモでGalaxy A23 5Gが発売
本記事はドコモさんから端末をお借りして作成しています

 

Galaxy A22 5G SC-56Bの価格・料金

 

ドコモ Galaxy A22 5G SC-56B レビュー

 

Galaxy A22 5Gは販売終了

 

Galaxy A22 5G SC-56Bはドコモでの販売が終了になりました。

現在販売中のスマホはこちらを確認してください。

 

 

後継機Galaxy A23 5Gはこちら
ドコモでGalaxy A23 5Gが発売

 

中古で格安で買える

 

ドコモでは販売終了になりましたが、Galaxy A22 5G SC-56Bは中古でも購入できます。

楽天市場やイオシス・じゃんぱらなどでは、Galaxy A22 5G SC-56Bの未使用品や中古が格安で販売されています。

 

Galaxy A22 5G SC-56Bはドコモはもちろん、ahamoやドコモ回線を使った格安SIMでも使えます

今でも十分な性能ですので、ぜひ利用してください。

 

 

SIMフリー?SIMロック?

 

Galaxy A22 5G SC-56BはSIMロックのかかっていないSIMフリー端末です。

 

ドコモで2021年8月27日以降に発売されたスマホはiPhoneもAndroidもSIMロックはかかっていません。

Galaxy A22 5G SC-56Bの発売日は2021年12月2日なので、SIMフリーです。

 

SIMロックがかかっていないため、Galaxy A22 5G SC-56Bは他社SIMでも使えます。

ただしドコモ回線の周波数にしか対応していないため、ドコモ以外ではahamoかドコモ回線を使った格安SIMで使いましょう。(詳細は次章で解説)

 

▼大特価セール実施中▼

 

 

Galaxy A22 5Gの対応バンド

 

対応周波数一覧

 

Galaxy A22 5G SC-56Bの対応バンドは以下の通りです。

  • 5G:n78/79
  • 4G LTE:B1/3/19/21/42
  • 3G:B1

詳細対応バンド一覧 | docomo(PDF)

 

ahamo・ドコモ回線で使える

 

Galaxy A22 5G SC-56Bはもちろんドコモ回線の主要バンドに対応しています。

4Gはもちろん、5Gのn78/n79にも対応していますので、ドコモはもちろん、ahamoやドコモ回線を使った格安SIMでも4G/5Gが使えます。

 

他社で使用時は公式サイトの動作確認端末を確認してください

 

au・au VoLTEに対応?

 

Galaxy A22 5G SC-56Bはau回線が使う主要な4G LTE:B1/18/26のうち、B18・26に非対応です。

B1だけだとかなり弱いので、使うのはやめておきましょう

auが使う5Gのn77にも対応していません。

 

ソフトバンク回線で使える?

 

Galaxy A22 5G SC-56Bはソフトバンク回線が使う4G LTEの主要バンド:B1/3/8のうち、B8に対応です。

 

B1/3に対応しているので使えないわけではないですが、地域によっては電波が弱くなる可能性があります。

使うのはおすすめしません。

 

また、ソフトバンクが使う5Gのn77にも非対応です。

 

楽天モバイルで使える?

 

Galaxy A22 5G SC-56Bは楽天モバイル公式サイトの「ご利用製品の対応状況確認」に記載があります。

ただし、対応しているのは楽天回線エリア内でのSMSだけで、5G/4G通信や音声通話はできません。

 

ドコモ Galaxy A22 5G SC-56B 楽天モバイル 使える

詳細ご利用製品の対応状況確認 | 楽天モバイル

 

なお、Galaxy A22 5G SC-56Bは楽天回線が使う4Gのバンド3には対応しているので、SIMロック解除してAPN設定すればデータ通信はできるかもしれません。

シムラボでも独自に検証したところ、標準アプリでの通話・4Gのデータ通信・SMS・Rakuten Linkによる通話とSMSが可能でした。

SIMを入れると自動でAPN設定され、すぐにデータ通信ができるようになりました。

 

Galaxy A22 5G SC-56B 楽天モバイル

 

ただし、Galaxy A22 5G SC-56Bはパートナー回線の4Gバンド18・26には対応していませんので、楽天エリア内でしか使えません

私が検証したのも自社エリア内で、パートナー回線エリアでは未検証です。

またGalaxy A22 5G SC-56Bは楽天モバイルの5Gバンドn77には非対応のため、5G通信はできません。

 

他社のSIMと併用できればよいのですが、Galaxy A22 5G SC-56BはシングルSIMなので楽天のSIMを入れると他社SIMを使えません。

サブ端末として割り切って使う分には良いですが、楽天モバイルをメインで使うのはおすすめしません。

 

 

Galaxy A22 5Gのレビュー

 

Galaxy A22 5Gの発売日・型番

 

ドコモにおけるGalaxy A22 5Gの発売日は2021年12月2日です。

型番はSC-56Bです。

 

Galaxy A22 5Gが発売されたのは現時点でドコモのみです。

au・ソフトバンクなど他社では発売されていません。

 

Galaxy A22 5Gの本体カラー・色

 

ドコモにおけるGalaxy A22 5G SC-56Bの本体カラーは「レッド」「ホワイト」「ブラック」の3色です。

 

Galaxy A22 5G SC-56B 色 カラー

 

私がお借りしたのはブラックでした。

色は真っ黒で、光沢のある表面です。

 

ドコモ Galaxy A22 5G SC-56B デザイン

 

本体はかなり指紋が目立ちます。

しかも、一度ついてしまうと拭いてもなかなか取れませんでした。

基本的にはスマホカバーをつけて使うのがおすすめです。

 

▼指紋が汚い…▼

ドコモ Galaxy A22 5G SC-56B 素材

 

 

Galaxy A22 5G SC-56Bの外観

 

Galaxy A22 5G SC-56Bの外観はこんな感じです。

 

画面サイズは5.8インチ、幅は71mmです。

最近は6.5インチクラスの大画面スマホが多くなってきましたがGalaxy A22 5G SC-56Bは持ちやすいです。

 

ドコモ Galaxy A22 5G SC-56B サイズ

 

本体の底面はUSB端子とスピーカーです。

USB端子はType-Cです。

 

ドコモ Galaxy A22 5G SC-56B USB端子 USB Type-C

 

本体上部には3.5mmイヤホンジャックがあります。

(借り物のため、シールを貼ったままになっています)

 

ドコモ Galaxy A22 5G SC-56B イヤホンジャック

 

本体の左側面はSIMスロットです。

ちなみにSIMスロットを開閉しても強制的に再起動しませんでした。

 

ドコモ Galaxy A22 5G SC-56B SIMスロット

 

本体右側面には電源ボタンと音量ボタンがあります。

Googleアシスタントボタンはありません。

 

ドコモ Galaxy A22 5G SC-56B 電源ボタン 音量ボタン

 

カメラのでっぱりは少ないです。

ケースを付けずにそのまま平面においてもほとんどグラグラしませんでした。

 

ドコモ Galaxy A22 5G SC-56B カメラ 突起

 

ただ、繰り返しになりますがかなり指紋が付きやすいです。

表面がベタベタで汚くなるので、スマホケースをつけて使うのがおすすめです。

 

スペック一覧表

 

Galaxy A22 5G SC-56Bのスペック詳細は以下のとおりです。

 

スペック
サイズ
(mm)
高さ150mm
幅71mm
厚さ8.9mm
重さ約168g
画面サイズ約5.8インチ
解像度1,560×720
HD+
バッテリー
容量
4,000mAh
搭載OSAndroid 11
CPUMediaTek MT6833V
2.2+2.0GHz
メモリー
(ROM)
64GB
メモリー
(RAM)
4GB
対応外部メモリmicroSDXC
(最大1TB)
有効画素数
(メインカメラ)
1,300万(広角)
有効画素数
(サブカメラ)
500万
USB端子USB Type-C

詳細Galaxy A22 5G | スペック | ドコモ

 

イヤホンジャック搭載

 

Galaxy A22 5G SC-56Bには本体上部に3.5mmイヤホンジャックが搭載されています。

有線でイヤホン・ヘッドフォンを接続できるのはメリットです。

 

ドコモ Galaxy A22 5G SC-56B イヤホンジャック

 

USB端子はUSB Type-C

 

Galaxy A22 5G SC-56BのUSB端子はUSB Type-Cです。

 

ドコモ Galaxy A22 5G SC-56B USB端子 USB Type-C

 

ただしACアダプタ・USBケーブルは付属されていませんので、USB Type-Cのケーブルをお持ちでない方は購入が必要です。

 

 

CPUはMT6833V

 

Galaxy A22 5G SC-56Bに搭載されているチップセットはMediaTekのMT6833Vです。

 

私の端末ではantutuのベンチマークスコアが測定できなかったのですが、ネットで調べると総合スコアが25万程度のようです。

arrows We F-51Bが搭載しているSnapdragon480が約28万なので、それよりも低いですね。

 

私が数日間操作する中ではそれほど動作が遅いとは感じませんでした。

とはいえCPU性能は最低限なので、そこそこスマホを使う方は別の機種にしましょう。

ミドルスペック機種ではXperia 10 III SO-52BAQUOS sense6などがおすすめです。

 

RAMは4GB/ストレージ64GB

 

Galaxy A22 5G SC-56Bのメモリー(RAM)は4GB、ストレージは64GBです。

CPU性能は最低限ですが、RAMが4GBなのは安心ですね。

 

ただしストレージは最低限の64GBです。

セットアップ完了時の実際の空き容量は47GBほどでした。

 

ドコモ Galaxy A22 5G SC-56B ストレージ容量

 

ストレージ容量が足りない方はSDカードで増設可能です。

 

microSDカード挿入可

 

Galaxy A22 5G SC-56Bは最大1TBのマイクロSDカードでストレージ容量を増やせます

ストレージ容量は64GBしかないので、足りない方はマイクロSDカードを使用しましょう。

 

ドコモ Galaxy A22 5G SC-56B SIMスロット SDカード

 

 

 

シングルSIM・DSDS非対応

 

Galaxy A22 5G SC-56BはシングルSIMです。

DSDS・DSDVには対応していません。

また、eSIMにも非対応です。

 

ドコモ Galaxy A22 5G SC-56B SIMスロット SDカード

 

アウトカメラは1眼

 

Galaxy A22 5G SC-56Bのアウトカメラは1,300万画素の広角レンズのみです。

最近発売されたスマホは多くが2つ以上のレンズを搭載していますが、1眼なのは珍しいですね。

 

ただ、次章で解説するとおり写真は思ったよりもきれいでした。

 

ドコモ Galaxy A22 5G SC-56B カメラ おサイフケータイ

 

カメラレビュー/撮影した写真

 

この章では、Galaxy A22 5G SC-56Bで私が実際に撮影した写真を記載します。

 

ただしアップロード時に画質が劣化していますので、シムラボのTwitterにアップした写真も参考にしてください

 

まずは風景写真です。

Galaxy A22 5G SC-56B カメラレビュー 風景

 

逆光下での撮影でしたが、比較的きれいに撮れています。

最近のスマホのカメラはエントリーモデルでも性能が向上しているため、普通の写真ではそれほど差がつきません。

他機種で撮影した写真より空が青くなっているので、AIが自動調整したのでしょう。

 

Galaxy A22 5G SC-56Bは最大10倍までズームできます。

2倍ズームは十分きれいです。

Galaxy A22 5G SC-56B カメラレビュー 望遠2倍

 

ただ、それ以上になるとかなり不鮮明になっていきます。

5倍の写真はこちら↓ですが、文字が潰れています。

2~3倍までが限界でしょう。

Galaxy A22 5G SC-56B カメラレビュー 望遠5倍

 

続いてはカメラ性能差が出やすい夜景の写真です。

Galaxy A22 5G SC-56B カメラレビュー 夜景

 

個人的には思ったよりもきれいだなと思いました。

全体的にぼやけている感じはありますが、ホーム上の明るい部分は鮮明ですし、暗い部分も判別可能なレベルには明るくなっています。

 

なお、同価格帯のarrows We F-51Bはこんな感じなので、Galaxy A22 5Gの方が断然きれいです。

arrows We F-51B 夜景 カメラレビュー

 

個人的に夜景の写真を撮る機会はほとんどないのであまり重要視していませんが、Galaxy A22 5Gならそこそこきれいに撮影できます。

 

最後は食事の写真です。

まずは普通に撮った写真です。

Galaxy A22 5G SC-56B カメラ 写真 食べ物 通常モード

 

他機種ではAIによる加工が激しくて肉眼と全然違う写真になる場合もあるのですが、Galaxy A22 5G SC-56Bは比較的肉眼に近いです。

 

Galaxy A22 5G SC-56Bには食事モードが搭載されています。

食事モードに切り替えると、食べ物のまわりをぼかす加工になるようです。

個人的にはあまり使わないかなと思います。

Galaxy A22 5G SC-56B カメラ 写真 食べ物 食事モード

 

撮影した写真はシムラボのTwitterにも載せています。

同時期に発売されたarrows We F-51Bの写真も載せていますので、迷っている方は参考にしてください。

ちなみに、カメラはGalaxy A22 5Gの方が全体的にきれいでした。

 

▼Galaxy A22 5Gの詳細▼

ドコモ公式オンライン 

 

 

Galaxy A22 5Gのベンチマーク

 

antutu

 

ドコモ版のGalaxy A22 5G SC-56Bはなぜか何度測定してもGPUスコアがゼロで、結局測定できませんでした。

このパターンになる機種は結構多いのですが、スペックが足りないのでしょうか?

 

Galaxy A22 5G SC-56B ドコモ antutu ベンチマーク

 

ちなみにGalaxy A22のantutuスコアをネットで調べると、総合スコアが249,720との記述や、258,744との記述もありました。

この情報が正しいなら、だいたい25万程度と考えて良いでしょう。

 

ちなみにarrows WeもGPUが0で測定不能でしたが、arrows Weと同じSnapdragon480と4GBのメモリー(RAM)を搭載したOPPO A54 5Gのantutu総合スコアは28.5万程度でした。

よって、arrows Weの方がやや高性能なようです。

 

Geekbench

 

ドコモ版のGalaxy A22 5G SC-56Bで測定したGeekbench 5.4.3のベンチマークスコアはシングル:546、マルチ:1714でした。

 

Galaxy A22 5G SC-56B ドコモ Geekbench ベンチマーク

 

全体的に決して高いスコアではありませんが、実際に操作してみると操作性や処理速度は全く問題ありません。

私は普段はPixel5を使っているのですが、日常的な操作なら快適性に違いは感じませんでした。

 

ゲームをする方は違いを感じるかもしれませんが、ゲームをしない方はほとんど問題ないように思います。

ゲームをする方はGalaxy S21Galaxy A52などの他機種がおすすめですが、antutuも25万程度あるようなので重いゲームでなければGalaxy A22でもそこそこ動作するでしょう。

 

▼Galaxy A22 5Gの詳細▼

ドコモ公式オンライン 

 

 

Galaxy A22 5Gの付属品・同梱品

 

SC-56Bの付属品一覧

 

Galaxy A22 5G SC-56Bには付属品がありません。

同梱されているのは本体・SIMピンと取扱説明書のみです。

 

  • SIMピン
  • クイックスタートガイド

 

私がお借りしたのは本体のみでしたが、確認したところ付属品はSIMピンとクイックスタートガイドのみとのことでした。

また、購入時には別途「かんたんガイドブック」がもらえます。

 

充電器・ケーブルなし

 

Galaxy A22 5G SC-56BのUSB端子はUSB Type-Cですが、充電器・ケーブルが付属していません。

お持ちでない方は自身で購入が必要です。

 

 

スマホケースもなし

 

Galaxy A22 5G SC-56Bにはスマホケースもありません。

最近は簡易のクリアケースが付属する場合も多いですが、Galaxy A22 5Gにはないので自身で購入が必要です。

 

繰り返しになりますが、Galaxy A22 5Gはかなり指紋が付きます。

拭いてもなかなか取れないので、個人的にはスマホケースをつけて使うことをおすすめします。

 

 

フィルムはなし

 

最近、機種によっては最初から画面保護フィルムが貼付されている機種も増えてきましたが、Galaxy A22 5G SC-56Bには貼付されていません。

自身で購入が必要です。

 

 

▼Galaxy A22 5Gの詳細▼

ドコモ公式オンライン 

 

 

Galaxy A22 5Gの搭載便利機能

 

搭載便利機能一覧

 

Galaxy A22 5G SC-56Bに搭載されている便利機能は以下のとおりです。

 

機能有無
おサイフケータイ
防水
防塵
ワンセグ×
ワイヤレス充電×
指紋認証×
顔認証

 

顔認証対応、指紋認証なし

 

Galaxy A22 5G SC-56Bが対応しているのは顔認証のみです。

指紋認証センサーはありません。

マスクをしている時間が長い現在では特に指紋でロック解除ができないのはやや残念ですね。

 

指紋認証が必要な方は同時期に発売されたエントリーモデルのarrows Weも検討しましょう。

私はいつも指紋認証でロックを解除しているので、どちらか選べと言われたらarrows Weを選ぶと思います。

 

防水・防塵対応

 

Galaxy A22 5G SC-56Bは防水・防塵に対応しています。

特に防水はIPX5/IPX8というレベルですので、雨天時の屋外や水回りでの操作も問題ないでしょう。

 

かんたんモードに切り替え可

 

Galaxy A22 5G SC-56Bには「かんたんモード」という機能が搭載されています。

高齢者の方やスマホデビューの方でもすぐに使えるように、ボタンが大きく・操作がわかりやすい画面表示に変更する機能です。

 

ただし基本的には文字やボタン(アプリアイコン)は大きくなり、ホーム画面によく電話する連絡先のショートカットができるくらいで、他社の同様の機能(かんたんホームなど)のように操作性が大きく変わるわけではなさそうです。

 

▼通常モード▼

ドコモ Galaxy A22 5G SC-56B かんたんモード

 

▼かんたんモード▼

ドコモ Galaxy A22 5G SC-56B かんたんモード

 

かんたんモードへは「設定」→「ディスプレイ」→「かんたんモード」で切り替えられます。

 

Galaxy使い方相談

 

Galaxy A22 5Gを使っている方は、スマホの使い方を無料で相談できる「Galaxy使い方相談」が利用できます。

前章で解説したかんたんモードに設定するとホーム画面の一番左に連絡先のショートカットができますが、そこに発信ボタンが出現します。

(かんたんモードにしないとボタンはでてきません)

 

ドコモ Galaxy A22 5G SC-56B Galaxy使い方相談

 

ボタンを押すとフリーダイヤルの電話番号が表示されて電話がかけられるようになっています。

通話料も利用料も無料なので、操作につまづいたらぜひ利用してください。

受付時間は記事執筆時点で9:00~20:00(年中無休)でした。

 

おサイフケータイ対応

 

Galaxy A22 5G SC-56Bはおサイフケータイに対応しています。

最近はキャッシュレスが推進され、スマホもおサイフケータイ対応機種が再び増加してきました。

 

おサイフケータイのセンサーは本体背面の上部にあります。

 

ドコモ Galaxy A22 5G SC-56B カメラ おサイフケータイ

 

ワンセグ・フルセグ非対応

 

Galaxy A22 5G SC-56Bはワンセグ・フルセグには対応していません。

 

ワイヤレス充電非対応

 

Galaxy A22 5G SC-56Bはワイヤレス充電には対応していません。

 

▼Galaxy A22 5Gの詳細▼

ドコモ公式オンライン 

 

 

Galaxy A22 5Gとarrows Weの違い

 

比較表

 

ドコモではGalaxy A22 5Gと同時期に同じエントリーモデルのarrows We F-51Bも発売されました。

詳細arrows We F-51Bの実機レビュー

 

両端末の比較表は以下のとおりです。

 

<arrows Weとの主な違い>

arrows WeGalaxy A22
サイズ高さ:147mm
幅:71mm
厚さ:9.4mm
高さ:150mm
幅:71mm
厚さ:8.9mm
重さ172g168g
画面サイズ5.7インチ5.8インチ
CPUSnapdragon
480
MediaTek
MT6833V
antutuスコア28.5万約25万
連続通話時間1560分1720分
連続待受時間600時間491時間
アウトカメラ1,310万
+190万
1,300万
インカメラ500万500万
生体認証指紋
おサイフケータイ
価格21,450円22,000円

 

ベンチマークスコアは参考です。

また、連続待受時間・通話時間は使い方によって変わります。

 

おすすめはどっち?

 

上記のとおり一長一短ですが、画面サイズはGalaxy A22 5Gの方が大きいのに重さは軽いです。

連続通話時間もGalaxy A22 5Gの方が長いですね。

 

Galaxy A22 5Gのカメラはレンズが一つですが、arrows Weは2つのレンズを搭載しています。

ただし、2つ目のレンズはマクロカメラです。

無いよりあったほうが良いですが日常的にはそれほど使わないと思うので、それほど気にする必要はありません。

 

私はGalaxy A22 5G SC-56Bとarrows We F-51Bの写真を撮り比べましたが、写真は全体的にGalaxy A22 5Gの方がきれいでした。

どちらも高い性能ではないですが、少しでもカメラがきれいな方が良いという方はGalaxy A22 5Gを選びましょう。

 

ただし、CPU性能はarrows We F-51Bの方が高いですし、端末価格もわずかながらarrows Weの方が安いです。

 

また、Galaxy A22 5Gは顔認証ですが、arrows Weは指紋認証です。

マスクをしている時間が長い現在では指紋認証のほうが便利ですね。

 

あとは大体同じで、価格もほとんど同じです。

自分ならCPU性能が高くて指紋認証ができるarrows We F-51Bを選ぶと思います。

 

ただしこのレベルではあまり差は感じにくいと思うので、Galaxy A20・A21を使っていた方や、なんとなくarrowsが嫌な方はGalaxy A22 5Gにしましょう。

特にカメラを重要視する方はGalaxy A22 5Gの方がおすすめです。

また、これは私だけかもしれませんが、なんとなくarrowsよりGalaxyの方がおしゃれなイメージがあります。

詳細arrows We F-51Bのレビュー

 

Galaxy A22 5G購入はこちら

 

以上、ドコモで発売されたGalaxy A22 5G SC-56Bのレビューでした。

 

性能は最低限ですが、防水・おサイフケータイにも対応しており、電話・LINE・メールが中心なら十分な性能なので、とにかく安く買いたいという方におすすめですね。

カメラもなかなかの性能でした。

 

Galaxy A22 5G SC-56Bはドコモでの販売が終了しましたが、中古でも購入できます。

購入はこちらからどうぞ!

 

 

現在販売中のおすすめスマホはこちらにまとめています。

 

 

 

ドコモ トップへ戻る

 

タイトルとURLをコピーしました