iPhone13はほぼ最安値!価格/予約はこちら 

楽天モバイルのドコモ回線/au回線は遅い?速い格安SIMは?

 

楽天モバイル ロゴ

 

本記事では、楽天モバイルMVNO(ドコモ回線・au回線)の通信速度を実際に計測した結果をまとめています。

 

楽天モバイルはドコモ回線のほうが速いですが、他の格安SIMと比べると普通~やや遅いレベルです。

au回線はかなり遅いのでおすすめしません。

 

楽天アンリミットの開始に伴い、毎月の計測は終了しました
現在も速度は大きく変化していないようですが、参考程度にしてください

 

ワイモバイルもおすすめ
ワイモバイル タイムセール バナー

全国で快適に通信可能!
8月にデータ繰越も開始

◎:日本全国で電波が繋がる
◎:iPhoneも動作確認済み
◎:格安SIMで契約者数最多
◎:お昼も速度が遅くならない
◎:全国の店舗でサポート可

楽天モバイルMVNOの速度まとめ

 

楽天モバイル 速度 遅い

 

楽天モバイルのドコモ回線・au回線の速度は大まかに言うと以下の通りです。

 

  • au回線よりドコモ回線がマシ
  • ドコモ回線は普通~やや遅い
  • スーパーホーダイで常に低速にし、夕方だけ高速がおすすめ
  • au回線は他よりかなり遅い
    →最近やや回復傾向

 

ドコモ回線はやや遅い

 

楽天モバイルはドコモ回線とau回線が選べますが、ドコモ回線の方が速度が速いです。

(スーパーホーダイはドコモ回線しか選べません。)

 

ただし、他の格安SIMと比べるとやや遅く、速度だけみればそれほどおすすめできません。

スーパーホーダイの低速モードを活用するのであれば関係ないですが、組み合わせプランを契約する方や速度にこだわる方は少々辛いでしょう。

 

朝は比較的速い

 

ドコモ回線は朝方は比較的速いです。

 

最も回線が混雑する8:30は落ち込みますが、他の時間は10Mbps以上出ていることが多く、比較的快適です。

朝方だけ見れば、混雑時以外は他の格安SIMより速いかもしれません。

 

昼以降はずっと遅い

 

ただ、お昼12時~13時は通常時に比べて大きく落ち込みます

 

最も回線が混雑する12:30は1Mbpsを大きく下回ります。

1Mbpsを下回ると、動画視聴はもちろん、WEBサイトやSNSの画像表示も遅延します。

 

また、12:30はどの格安SIMキャリアでも落ち込むので大差はないのですが、楽天モバイルのドコモ回線は13時以降の回復が遅いのが特徴です。

13時でも1~2Mbps程度で、それ以降は深夜になるまで5Mbpsをなかなか超えません。

 

最も回線が空いていて速度が出るお昼でも数Mbpsしか出ないため、スマホをガンガン使う方は少々辛いかもしれません。

 

▼速度イメージ▼

通常時お昼朝夕の
混雑時
楽天
モバイル
(ドコモ)
1~5Mbps0.5Mbps1~2Mbps

 

ただし、au回線よりは速いです。

 

▼今なら3ヶ月料金無料▼

楽天モバイルUN-LIMIT 1GBまで0円 キャンペーン

 

 

au回線はかなり遅い

 

一方、楽天モバイルのau回線の通信速度は、ドコモ回線よりも遅いです。

それどころか、他の格安SIMの中でもかなり遅いほうです。

 

混雑時を除いた通常時でも1~3Mbps程度しか出ません。

 

お昼は0.5Mbpsを切りますし、夕方18時にも再び1Mbpsを割り込みます。

他の格安SIMでもお昼や朝夕の通勤時間帯は低下するのですが、ここまで落ち込むのはかなり少ないです。

 

au回線はおすすめできません。

今すぐ乗り換えるのがおすすめです。

 

▼速度イメージ▼

通常時お昼朝夕の
混雑時
楽天
モバイル
(au)
1~3Mbps0.5Mbps1~2Mbps

 

ドコモ回線はまだマシですが、楽天モバイルでau回線を契約している方は今すぐ乗り換えましょう。

同じau回線のUQモバイルは速度が非常に早いですし、同価格帯ならBIGLOBEモバイルやmineoのAプランの方が断然速度が速いです。

 

スーパーホーダイなら速度は関係ない?

 

楽天モバイルには「スーパーホーダイ」と「組み合わせプラン」という2つのプランがあります。

このうち、スーパーホーダイは低速モードに設定しても最大1Mbpsで通信できるのが大きなメリットです。(一部時間帯を除く)

 

多くの方が、最大1Mbpsで使い放題の低速モードにしたまま使用し、最大1Mbpsの対象時間外(12時~13時、18時~19時)のみ高速モードに戻す、という使い方をされています。

この使い方であれば最大1Mbpsしか出ませんので、あまり速度は関係ありません。

 

直近の速度を見てみると、お昼12~13時以外は常に1Mbpsをキープしています。

18時~19時も1Mbps以上出ていますので、「常に低速モードにし、18時~19時だけ高速に戻す」という使い方が最もおすすめです。

 

ただし、ワイモバイルやUQモバイルでも速度制限時に最大1Mbpsで通信できるサービスが開始しました。

どちらも10GB以上のプランのみが対象ですが、スーパーホーダイL・LLを契約している方は乗り換えが断然おすすめです。

 

通信制限時も最大1Mbps▼

 

▼UQも最大1Mbps使い放題

 

▼SIM契約でキャッシュバック▼

 

 

速度の計測結果【2020年】

 

楽天アンリミットの開始に伴い、毎月の計測は終了しました
現在も速度は大きく変化していないようですが、参考程度にしてください

 

本章では、楽天モバイルのドコモ回線・au回線の通信速度を以下の条件で計測した結果をまとめます。

 

  • 計測アプリ:ドコモスピードテスト
  • 端末:ZenFone Live L1
  • 計測場所:東京23区内の住宅地

※計測ができなかった場合や明らかに異常値と思われる場合には空欄にしています

 

ドコモ回線の速度

 

平日朝

 

ドコモ回線の朝の通勤時間帯の通信速度は以下の通りです。

 

<2020年3月>

07:0008:3010:00
3/9(月)22.452.5420.82
3/10(火)12.652.295.05
3/11(水)31.052.2520.46
3/12(木)28.382.615.16
平均23.632.4212.87

 

ドコモ回線の7:00はかなり速いです。

10時は少々バラツキがありますが、どんなに遅い日でも5Mbps以上出ていますので、この時間は問題ないでしょう。

 

一方、朝の通勤時間帯で速度が遅くなる8:30は平均2.42Mbpsです。

7:00・10:00に比べて激しく低下していますね。

 

他の格安SIMでもこの時間は遅くなりますが、楽天モバイルは普通かやや遅いレベルです。

 

ただし、どの日も安定して2Mbps以上出ていますので、Youtubeの高画質動画などを除けば普段使いには問題ないでしょう。

また、どの日も1Mbpsは割り込んでいないので、スーパーホーダイの低速モードで使っている方は問題ない速度です。

 

<2020年2月>

07:0008:3010:00
2/12(水)60.802.5820.63
2/13(木)47.771.2517.69
2/14(金)53.251.6121.50
2/17(月)71.732.5421.72
2/18(火)38.652.5921.15
平均54.442.1120.54

 

平日昼

 

通信回線が最も混雑する平日お昼の通信速度は以下の通りです。

 

<2020年3月>

11:3012:0012:3013:0013:30
3/9(月)5.072.570.450.912.18
3/10(火)5.472.510.440.752.01
3/11(水)3.995.070.981.142.41
3/12(木)5.022.780.591.091.20
平均4.893.230.620.971.95

 

通信速度が1日で最も混雑する12:30は平均0.62Mbpsです。

他の格安SIMでも1Mbpsを切りますが、格安SIMの中では普通レベルかやや速いレベルでしょうか。

 

13:30で2Mbps弱しか出ていないのは少し気になりますが、最低限のレベルはクリアしているかなという感想です。

 

また、13時になればスーパーホーダイの低速モードでも最大の速度が出ますので、スーパーホーダイで低速にしている方も13時以降は通常通りの使い方ができるでしょう。

 

<2020年2月>

11:3012:0012:3013:0013:30
2/12(水)20.825.030.691.032.52
2/13(木)21.075.050.461.025.10
2/14(金)4.983.240.621.082.61
2/17(月)20.415.150.661.072.51
2/18(火)5.203.810.711.152.52
平均14.504.460.631.073.05

 

平日夕方

 

日中では最も回線が空いている平日夕方の速度は以下の通りです。

 

<2020年3月>

15:0016:0017:00
3/9(月)2.502.571.63
3/10(火)2.231.971.55
3/11(水)2.912.522.53
3/12(木)2.512.572.33
平均2.542.412.01

 

この時間は安定しているものの、速度は速くありません。

15時は2~3Mbps・17時は2Mbps程度なので、最低限使えるレベルはクリアしているものの他の格安SIM比べると遅いです。

 

また、15時に2Mbps台に低下したあとは深夜0時まで速度が回復しません

夕方以降はずっと2Mbps台なので、最低限使えるレベルですが速度にこだわる方は少々苦しいでしょう。

インスタグラムなど、SNSの画像表示などは遅延が発生するかもしれません。

 

一方、スーパーホーダイの低速モード(最大1Mbps)にしている方はまったく問題ありません。

 

<2020年2月>

15:0016:0017:00
2/12(水)5.344.022.15
2/13(木)5.025.082.63
2/14(金)5.042.592.51
2/17(月)5.012.502.53
2/18(火)5.025.002.51
平均5.093.842.47

 

平日夜

 

通勤の帰宅ラッシュで比較的回線が混雑する平日夜の速度は以下の通りです。

 

<2020年3月>

18:0020:0022:0024:00
3/9(月)2.541.242.2721.79
3/10(火)1.202.472.485.01
3/11(水)2.282.582.525.01
3/12(木)2.501.472.5728.13
平均2.131.942.4614.99

 

18時~22時まで2Mbps台です。

他キャリアと比べると、18時はそこそこですが20時~22時は遅いですね。

 

スーパーホーダイの低速モードにしている方は18時~19時には最大300Kbpsに制限されますが、この時間は高速モードにすれば快適になります。

お昼は高速にしてもあまり効果はありませんが、夕方は効果ありです。

 

全体として、めちゃくちゃ遅いわけではないが速くはないです。

最低限の速度をギリギリキープしている、という感じですね。

 

ドコモ回線で最もおすすめなのは、「スーパーホーダイを契約して常に低速モードにし、18時~19時だけ高速にする」使い方です。

また、あまりスマホを使わない方でどうしても楽天のサービスを使いたい方もドコモ回線を選びましょう。

 

<2020年2月>

18:0020:0022:0024:00
2/12(水)1.582.512.515.05
2/13(木)1.212.431.3328.87
2/14(金)2.511.392.472.54
2/17(月)2.182.572.7428.86
2/18(火)2.512.582.485.24
平均2.002.302.3114.11

 

▼今なら3ヶ月料金無料▼

楽天モバイルUN-LIMIT 1GBまで0円 キャンペーン

 

 

au回線の速度

 

続いて、au回線の速度です。

 

平日朝

 

朝の通勤時間帯の通信速度は以下の通りです。

 

<2020年3月>

07:0008:3010:00
3/9(月)8.790.37
3/10(火)21.937.2917.02
3/11(水)5.775.502.36
3/12(木)21.580.513.21
平均14.523.427.53

 

7:00は少々ばらつきが大きいですが、どの日も5Mbps以上を上回っており快適です。

ですが、10:00は2~3Mbpsの日が多いです。

ギリギリの速度でしょう。

 

また、朝の時間で最も混雑する8:30はばらつきが大きいですが、1Mbpsを切る日も多いです。

バラツキが大きいのでなんとも言えませんが、8:30はかなり遅くなる可能性があるので注意が必要です。

 

<2020年2月>

07:0008:3010:00
2/12(水)29.980.435.41
2/13(木)4.631.972.45
2/14(金)12.711.655.06
2/17(月)4.212.063.74
2/18(火)4.642.513.30
平均11.231.723.99

 

平日昼

 

通信回線が最も混雑する平日お昼の通信速度は以下の通りです。

 

<2020年3月>

11:3012:0012:3013:0013:30
3/9(月)0.311.140.530.280.39
3/10(火)3.010.980.520.821.86
3/11(水)20.020.730.540.270.97
3/12(木)8.701.560.280.701.25
平均8.011.100.470.521.12

 

最も混雑する12:30の速度は0.47Mbpsです。

どの格安SIMもこの時間は1Mbpsを切るのですが、0.47Mbpsは普通レベルですね。

 

また、13:00でも0.5Mbps程度しか出ていません。

13:30も1Mbps以下の日が多いです。

 

au回線は12:00に低下したあと、13:30まではまともに使えないレベルで遅くなっています。

15時以降も遅いので、ここからは我慢が必要です。

 

<2020年2月>

11:3012:0012:3013:0013:30
2/12(水)16.930.350.550.500.68
2/13(木)5.291.840.490.382.94
2/14(金)4.091.400.540.520.35
2/17(月)6.925.960.700.3922.07
2/18(火)4.401.040.570.764.45
平均7.532.120.570.516.10

 

平日夕方

 

日中では最も回線が空いている平日夕方の速度は以下の通りです。

 

<2020年3月>

15:0016:0017:00
3/9(月)1.683.300.45
3/10(火)2.508.543.24
3/11(水)0.622.071.16
3/12(木)2.871.281.21
平均1.923.801.52

 

この時間帯は1日で最も速い速度が出ることが多いのですが、楽天モバイルのau回線はほぼ1~3Mbps前後です。

1Mbpsを割り込む日もちらほらあります。

 

この時間でずっと3Mbps以下なのはかなり遅いですね。

 

LINEのやりとりや画像の少ないWEBサイトを見る程度であれば問題ないかもしれませんが、YoutubeやInstagramの動画を見る方などは少々困る速度です。

TwitterやInstagramの画像表示も遅延するかもしれません。

 

この時間帯でこの速度しか出ていないのであれば、他の時間も絶望的です。

 

<2020年2月>

15:0016:0017:00
2/12(水)4.060.821.03
2/13(木)0.365.462.17
2/14(金)5.541.332.07
2/17(月)1.933.712.22
2/18(火)2.522.633.28
平均2.882.792.15

 

平日夜

 

通勤の帰宅ラッシュで比較的回線が混雑する平日夜の速度は以下の通りです。

 

<2020年3月>

18:0020:0022:0024:00
3/9(月)1.242.303.333.49
3/10(火)1.532.375.94
3/11(水)0.754.8910.953.06
3/12(木)0.311.9711.654.62
平均0.962.888.644.28

 

夕方から夜にかけても、au回線はかなり遅いですね。

 

特に18時はよくて1Mbps台、1Mbps以下の日も多いです。

お昼12:30に次いで遅いですね。

 

たしかにこの時間帯はどの格安SIMキャリアも速度が遅くなるのですが、ここまで遅くなるところは限られます。

22時になるとなんとか使えるレベルに回復します。

 

2019年11月までより少し回復傾向はあるものの、au回線は全くおすすめできません

楽天モバイルを契約するならドコモ回線を選びましょう。

 

どうしてもau回線を選びたい方は1日中速いUQモバイルか、お昼以外速いBIGLOBEモバイル(A)を選びましょう。

 

<2020年2月>

18:0020:0022:0024:00
2/12(水)1.661.472.11
2/13(木)0.870.330.273.36
2/14(金)0.491.024.423.77
2/17(月)0.731.360.561.56
2/18(火)1.250.773.293.20
平均1.000.992.132.97

 

▼今なら3ヶ月料金無料▼

楽天モバイルUN-LIMIT 1GBまで0円 キャンペーン

 

 

他社との速度比較とおすすめ

 

他社との速度比較

 

上記で解説したとおり、楽天モバイルの速度はあまり速くありません。

他社と比較すると、ドコモ回線はまぁまぁ普通の速度ですが、au回線はかなり遅いです。

 

  • ドコモ回線:遅い
  • au回線:かなり遅い

 

通信速度にこだわる方は、以下の3キャリアにしましょう。

 

  • ワイモバイル
  • UQモバイル
  • OCNモバイルONE

 

通信速度にこだわるならキャリアのサブブランドであるワイモバイル・UQモバイルがおすすめです。

この2社はお昼でも全く速度が遅くならず、1日中快適です。

さらに15GB以上のプランなら速度制限時も最大1Mbpsで使えます。

 

それ以外のキャリアで、ドコモ回線ならOCNモバイルONEがおすすめです。

新コースはお昼でも速度が快適で、主要なMVNOの中ではトップクラスに速いです。

 

 

ワイモバイル・UQモバイル

 

格安SIMのなかで、ワイモバイルとUQモバイルの通信速度は超快適です。

 

私も両方を契約していますが、最も通信が混雑する12:30も全く速度が落ちません。

ドコモ・au・ソフトバンクから乗り換える方でさえも違和感なく使えるでしょう。

 

ワイモバイル・UQモバイルの通信速度は現在も毎月計測していますので、必ずチェックしてください。

 

 

OCNモバイルONE

 

OCNモバイルONEと楽天モバイルの併用

 

現在、主要なMVNOで最も速度が速いのはOCNモバイルONEです。

2019年11月に開始した新コースは今でも非常に速く、お昼でも5~10Mbps出ています。

 

OCNモバイルONEはドコモ回線を使っているため、楽天モバイルのドコモ回線使っていた方はスマホがそのまま使えます

SIMロック解除も不要です。

 

料金も非常に安く、音声1GBは月770円、音声3GBは990円です。

ワイモバイル・UQモバイルは速度が速いぶん、3~15GBの間のプランがないので、月に使う容量が3~10GBの方はOCNモバイルONEがおすすめです。

 

▼ドコモ回線契約者におすすめ▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

楽天モバイルの速度の補足

 

どのプランも速度は同じ

 

よく「組み合わせプランとスーパーホーダイ、どっちが速度が速い?」と聞かれます。

しかし、どちらのプランも使用している回線は同じで、通常時の通信速度は同じです。

 

通常時の速度はドコモ回線かau回線かによって異なりますが、組み合わせプランとスーパーホーダイは同じ速度です。

 

通信制限時の最大速度

 

前章でプランによる速度は同じと説明しましたが、同じなのはあくまで通常時の速度です。

「速度制限がかかった場合」と「低速モードに切り替えた場合」は最大速度が異なります。

 

<速度制限時の速度比較>

スーパー
ホーダイ
組み合わせ
プラン
速度
制限時
最大1Mbps最大200Kbps

 

組み合わせプランでは、データ容量を使い切ると200Kbpsに制限されます。

200KbpsだとWEB閲覧や動画視聴は難しいですね。

 

しかし、スーパーホーダイではS/M/L/LLのどのプランでも通信制限後も最大1Mbpsで使い放題となっています。

最大1Mbpsなら普段使いには十分な速度です。

Youtubeなどの動画視聴も、画質を抑えれば問題ないでしょう。

 

スーパーホーダイの人気の理由はこの「速度制限後も1Mbps出る」というサービスにあります。

これまで月末の通信速度制限に苦しんでいた方は、スーパーホーダイへの乗り換えを強くおすすめします。

 

低速モード時の速度

 

前章と同様に、低速モードに設定した場合の速度も異なります。

 

<低速モードの速度比較>

スーパー
ホーダイ
組み合わせ
プラン
低速モード
設定時
最大1Mbps最大200Kbps

 

速度制限時と同様、組み合わせプランでは最大200Kbpsに制限されます。

一方、スーパーホーダイは低速モードに設定している間も最大1Mbpsで通信できます。

 

ずっと1Mbpsでも問題ない方は、常に低速モードに設定しておくことで容量が全く消費しなくなります。

 

最大1Mbpsが対象外の時間

 

スーパーホーダイは低速モードにしている間と、速度制限がかかっている間も最大1Mbpsで通信できます。

しかし、対象外の時間があります。

 

お昼12時~13時の1時間と、夕方18時~19時の1時間、合計2時間は最大300Kbpsに制限されます。

この時間は回線が非常に混雑するので仕方がないですね。

 

  • 12時~13時
  • 18時~19時

 

スーパーホーダイの方はこの時間だけ高速通信にし、あとの時間は低速モードで運用することでデータ容量を大きく削減できます。

 

3日間の速度制限は廃止

 

楽天モバイルでは以前、直近3日間のデータ使用量が規定値を超えると速度制限がかかる決まりがありました。

しかしこの制限は撤廃され、現在ではデータ容量を使い切る以外で速度制限がかかることはありません。

 

 

楽天モバイルMVNOから乗り換えはこちら

 

以上、楽天モバイルの通信速度の解説でした。

 

楽天モバイルはドコモ回線もau回線やや遅めです。

速度にこだわる方は楽天アンリミットやワイモバイル・UQモバイルへの乗り換えがおすすめです。

 

楽天モバイルMVNOから乗り換える手順やおすすめキャリアはこちらにまとめています。

 

 

 

楽天モバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました