ソフトバンク AQUOS R 605SHのスペック解説!中古の買い方/使い方も

端末

 

ソフトバンクAQUOS R

 

本記事では、ソフトバンクから発売された「AQUOS R」の特徴やスペックを解説します。

 

すでにソフトバンク公式オンラインストアでの販売は終了になりましたが、今でも十分高性能な機種です。

中古端末を購入し格安SIMなどで使うのもおすすめです。

 

 

SoftBankの最新機種はこちら!
最新おすすめスマホランキング

 

AQUOS R 605SHの価格・料金

 

ソフトバンク AQUOS R 605SH

 

ソフトバンクでは販売終了

 

AQUOS Rはソフトバンクでは販売終了になりました。

現在販売中のスマホはこちらでご確認ください。

詳細ソフトバンクのおすすめ機種一覧

 

中古でも購入可能

 

前章の通り、AQUOS Rはソフトバンクオンラインショップでの販売は終了しました。

しかし、中古スマホを購入して使用も可能です。

 

イオシスやじゃんぱらなどの中古スマホ店では、AQUOS Rの未使用品や中古品が格安で購入できます。

 

ソフトバンク版のAQUOS RはSIMロック解除すればワイモバイルや、mineo・LINEモバイルのソフトバンク回線でも使えます。

是非中古端末の購入も検討しましょう。

 

 

SIMロック解除の手順

 

2021年5月11日までにソフトバンクで販売されたスマホは、ソフトバンク回線以外では使用できないようにSIMロックという状態になっています。

 

購入日SIMロック有無
2021年
5月11日まで
あり
2021年
5月12日以降
なし

 

このSIMロックはマイページまたは店舗で解除できます

 

マイページから手続きすれば無料ですが、店舗は3,300円の手数料がかかります。

必ずマイページから解除手続きしましょう。

詳細SIMロック解除のお手続き | ソフトバンク

 

なお、ソフトバンクすでに解約した方や中古のソフトバンク端末を買った方もSIMロック解除が可能です。

 

▼機種変更も手数料無料▼

 

AQUOS Rの対応バンド・周波数

 

対応周波数一覧

 

ソフトバンク版のAQUOS Rの対応バンドは以下の通りです。

  • 5G:非対応
  • 4G/LTE:1/3/8/11/28/42
  • 3G:1/8

 

ソフトバンク/ワイモバイル可

 

当然ですが、AQUOS Rはソフトバンク・ワイモバイル回線のLTEバンド1・3・8に対応しています。

また、3Gのバンド1・8にも対応です。

 

そのためソフトバンク回線を使った格安SIMに加え、SIMロック解除すればワイモバイルやLINEMOでも問題なく使えます

 

使用前には必ず各キャリアの動作確認端末一覧を確認してください

 

 

ドコモ回線で使える?

 

ドコモ回線が使う主要なバンドは、4G:B1/3/19です。

AQUOS Rは4GバンドのB1/3には対応していますが、プラチナバンド19には非対応です。

 

都心や街なかでは使えると思いますが、郊外や山間部に行くと繋がらなくなる可能性があります。

よくわからない方は使用はおすすめしません。

 

ドコモ回線やahamoで使いたい方はドコモ版のAQUOS R SH-03Jを使いましょう。

 

※SH-03Jで絞り込み

 

au回線・au VoLTEは?

 

AQUOS Rはau回線が使う4GバンドのB18/26に非対応です。

au VoLTEにも対応しているかわかりませんので、使わないほうが良いでしょう。

 

au回線・povo・UQモバイルで使いたい方はau版のAQUOS R SHV39を使いましょう。

 

※SHV39で絞り込み

 

楽天モバイルで使える?

 

ソフトバンクのAQUOS Rは楽天モバイルの「ご利用製品の対応状況確認」に記載されています。

ただし、使えるのは楽天回線エリア内でのSMSのみで、通話やデータ通信はできません。

使うのは諦めましょう。

 

ソフトバンク AQUOS R 605SH 楽天モバイル 使える

詳細ご利用製品の対応状況確認 | 楽天モバイル

 

AQUOS Rは楽天回線のB3には対応しているので、SIMロック解除してAPN設定すればもしかしたら使えるかもしれませんが、おすすめしません。

楽天モバイルのSIMを使いたい方は素直に楽天モバイルで端末を買ったほうが良いでしょう。

詳細楽天モバイルのおすすめ端末ランキング

 

楽天モバイルで購入がお得

楽天モバイル 端末キャンペーン

 

 

AQUOS R 605SHのスペック

 

スペック一覧表

 

スペック
サイズ(mm)H153× W74× D8.7
重さ約169g
画面サイズ5.3インチ
解像度2,560 x 1,440
(ワイドクアッドHD)
バッテリー容量3,160mAh
連続通話時間
(LTE)
約1,490分
連続待受時間
(LTE)
約505時間
OSAndroid 8.0
CPUSnapdragon835
(オクタコア)
2.2GHz+1.9GHz
メモリ(ROM)64GB
メモリ(RAM)4GB
対応外部メモリmicroSDXC
(最大256GB)
通信速度
(下り)
最大350Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
2,260万画素
有効画素数
(サブカメラ)
1,630万画素

詳細AQUOS R | SHARP

 

デザイン・カラー

 

ソフトバンクで販売されるAQUOS Rは、端末の色が6色から選べるのが特徴です。

 

  • オパールブルー
  • カッパーブラック
  • オーロラピンク
  • マーキュリーブラック
  • ジルコニアホワイト
  • ブレイズオレンジ

 

主な機能

 

AQUOS Rは便利機能が豊富です。

 

国内メーカーの「SHARP(シャープ)」が生産しており、おサイフケータイ、防水・防塵、ワンセグといった日本でおなじみの機能が搭載されています。

特に防水・防塵機能がついているのは大変安心です。

 

ただし、赤外線通信は搭載されていません。

 

機能
防水
防塵
ワンセグ
おサイフ
指紋認証
赤外線通信

 

AQUOS Rのベンチマーク

 

AQUOS RのベンチマークをGeekbenchで計測した結果は以下の通りです。(同型のドコモSH-03Jで計測)

 

  • シングル:1,809
  • マルチ:5,880

 

AQUOS Rの発売日

 

ソフトバンクのAQUOS Rの発売日は2017年7月7日です。

 

AQUOS Rの型番

 

ソフトバンクにおけるAQUOS Rの型番は605SHです。

 

同時期にドコモでAQUOS R SH-03J、auでAQUOS R SHV39も発売されました。

これらの機種は対応周波数が異なります。

 

 

 

AQUOS Rの特徴

 

AQUOS Rは、国内メーカー「SHARP」が発売したスマートフォンです。

SHARPのフラッグシップモデルとして最新の性能と便利な機能を搭載したハイスペックスマホです。

 

Snapdragon835搭載

 

AQUOS Rに搭載されているCPUはSnapdragon835です。

スマホに搭載されるCPUとしては、現段階で最高峰の性能を誇ります。

 

メモリー(RAM)も4GBと十分のため、処理速度は非常に快適です。

複数のアプリを立ち上げてガンガン操作する場合も、高負荷の3Dゲームをする場合もサクサク動きます。

 

2年間のOSアップデート保証

 

AQUOS RのOSは、発売当時最新のAndroid8.0(通称オレオ)が搭載しています。

 

さらに、発売から2年間はOSが常に最新化される「アップデート保証」の対象機種です。

セキュリティ面の脅威に対し、最新OSにアップデートされるのは安心ですね。

 

大画面で美しいディスプレイ

 

AQUOS Rの最大の特徴は、なんといっても美しいディスプレイです。

SHARPの技術を集結させた「IGZOパネル」を液晶に使用しているため、細かい色まで忠実に再現されています。

5.3インチ画面は2,560×1,440ドットのワイドクアッドHDという最高峰の美しさです。スマホの画面はフルHDでも非常に美しいのですが、その1.8倍もの画素数を誇ります。

 

さらにAQUOS Rの画面は省エネ性能が高いため、美しいディスプレイにも関わらず、電池の消耗を抑えた設計になっています。

 

高速スクロールでも画像が鮮明

 

AQUOS Rのディスプレイは従来よりも応答速度が速いのが特徴です。

そのため、高速でスクロールしても画面が鮮明に描画されます。

 

画面を動かしながら文字を読む場合も、非常に滑らかに表示されるため、読みやすいのが嬉しいですね。

 

広角・高画素の高性能カメラ

 

AQUOS Rはカメラも優秀です。

メインカメラは2,260万画素、自撮り用のインカメラは1,630万画素となっています。

どちらも広角レンズになっており、これまでより広い範囲を、より美しく撮影することができます。

 

また、AQUOS Rには高速でピントを合わせる「オートフォーカス機能」や、複数の被写体を判別して焦点を合わせる「マルチフォーカス機能」も搭載しています。

誰でも簡単に、プロのような写真を撮影できるのが特徴です。

 

4K動画も撮影可能

 

AQUOS Rでは4K動画を撮影することができます。スマホで4K動画が撮影できるのはすごいですね。

さらに電子式手振れ補正機能も搭載しており、誰でも簡単に動画を撮影することができます。

 

大容量バッテリー&省エネ

 

AQUOS Rはバッテリーの持ちも非常に優秀です。ただし、バッテリー容量は3,160mAhと、超ハイスペックというわけではありません。

しかし、すごいのは省エネ性能です。

 

前述したとおり、省エネ性能に優れたIGZO液晶を搭載しているほか、起動しているアプリやコンテンツに応じて自動的に電池の消費を抑える「液晶アイドリングストップ」という機能も搭載しています。

使用者が気にすることなく、自動で電池の消費を抑えてくれるので、バッテリーを気にすることなく操作することができます。

 

防水・防塵

 

AQUOS Rは防水・防塵機能に対応しています。

防水については、IPX8というレベルです。

これは「水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有する」というレベルです。誤ってお風呂やトイレにスマホを落としても安心ですね。

 

防塵についてもIP6Xというレベルです。

よほどのことが無い限り、チリやホコリにより故障することはありません。

防塵のありがたさを感じるときはあまり無いかもしれませんが、まさかのときに安心ですね。

 

濡れた手/手袋で画面操作可

 

AQUOS Rには、防水に加え便利な機能が付いています。

それは、濡れた手でも画面操作が可能なこと。

通常のスマホは、せっかく防水機能が付いていても濡れた手だと画面が操作を読み取らないことがありましたが、AQUOS Rは濡れた手で画面を触ってもしっかり反応してくれます。

 

そのため、お風呂に入りながらスマホを操作する際に非常に便利です。

また、手袋をしていても操作可能なのも嬉しいですね。

 

指紋認証で簡単ロック解除

 

AQUOS Rには指紋認証センサーが搭載しています。

これまでパスコードやパターンを入力して解除していたロックを、指紋認証により簡単に行うことができます。

 

しかも、そのスピードと認証性能が大変良いです。読み取りに時間がかかったり、読み取りエラーになったりすることが少ないのも特徴です。

また、画面下部にある指紋認証センサーはホームボタンとしても使えます。

 

持つと画面がONに

 

ちょっと地味ですが、個人的に大変便利だと思ったのがスマホを持つと自動的に画面がONになる機能です。

これまでは電源ボタンを押して画面を起動していましたが、スマホ本体を持つと自動で画面が明るくなります。

 

ハイレゾ対応

 

AQUOS Rはオーディオも優秀です。

CDの4倍の音質である「ハイレゾ」での再生に対応しています。スマホで音楽を聴く際に音質にこだわる方にもおすすめです。

 

おサイフケータイ搭載

 

AQUOS Rはおサイフケータイ搭載です。

最近ようやくおサイフケータイ搭載スマホが増えてきましたね。

おサイフケータイ搭載により、財布がなくてもスマホさえあれば電車に乗れますし、飛行機にも乗れますし、スタバでコーヒーも飲めますし、セブンイレブンでの買い物はnanacoで支払えますし、めちゃくちゃ便利です。

 

自動スクロール機能が便利

 

AQUOS R には、「スクロールオート機能」という便利な機能があります。

これは、例えばスマホでWEBやSNSを閲覧する際、都度指で操作するのではなく、自動でゆっくり画面をスクロールしてくれる機能です。

特にツイッターやFacebookなどのSNSを読む際に便利です。

 

画面はゆっくり動きますが、文字や画像は鮮明に表示されますので読みやすいです。

もちろん、じっくり読みたい場合は指でタップするとスクロールをストップすることができます。

慣れると非常に便利な機能なので、ぜひ皆さんも活用してください。

 

画面設定で覗き見防止

 

人前でスマホを操作するとき、画面を他人に見られたくないですよね。

私は覗き見防止用の画面フィルターを貼っていますが、画面が暗くなってしまうのがちょっと難点です。

 

しかし、AQUOS Rは画面設定で覗き見ブロックをすることができます。

画面を正面から見ると普通どおりの表示ですが、横からは画面が見えなくなります。

設定画面でON/OFFを簡単に切り替えられますので、必要なときだけ設定することができます。

フィルターを貼る必要がないのが嬉しいですね。

 

ブルーライトカットの設定可

 

AQUOS Rはブルーライトをカットする「リラックスビュー」という機能が搭載されています。

長時間スマホを操作する場合や、目が疲れているとき、就寝前などにリラックスビューに設定すると、目に優しい画質になり、睡眠への影響を抑えることができます。

フィルターなどを貼らずに画面上で設定できるのが大きなメリットです。

 

また、就寝時間が近づくと自動でリラックスビューに設定してくれる「リラックスオート」という機能もあります。

 

AQUOS Rの購入はこちら

 

以上、ソフトバンクの「AQUOS R」の紹介でした。

 

すでにソフトバンク公式オンラインストアでの販売は終了になりましたが、今でも十分高性能な機種です。

中古端末を購入し格安SIMなどで使うのもおすすめです。

購入はこちらからどうぞ!

 

 

▼AQUOS Rの格安中古を探す▼

スマホ通販のイオシス 

 

 

 

ソフトバンク トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました