ソフトバンクのタブレット MediaPad M3 Lite S1のスペック解説【701HW】

 

ソフトバンク MediaPad M3 Lite S

 

本記事ではソフトバンクから発売されたタブレット「HUAWEI MediaPad M3 Lite S」のスペックを解説します。

 

コンパクトな8インチ画面で、美しい画質とこだわりのオーディオが魅力です。

ソフトバンクでの販売は終了しましたが、中古でも格安で購入できます。

 

最新タブレットLenovo TAB5が発売中
Lenovo TAB5のスペック・価格

 

MediaPad M3 Lite Sの価格/在庫

 

ソフトバンク MediaPad M3 Lite S 701HW タブレット

 

MediaPad M3 Lite Sは販売終了

 

MediaPad M3 Lite Sはソフトバンクでの販売が終了しました。

現在販売中のタブレット端末はこちらをご確認ください。

詳細ソフトバンクの販売端末一覧

 

中古も格安で購入可

 

MediaPad M3 Lite Sは中古で端末のみを購入できます。

などの大手スマホ店では、中古や未使用品が格安で購入できます。

 

端末のみを購入すればSIMを挿入しなくてもWi-Fi環境で使えます。

また、ソフトバンクのSIMはもちろん、格安SIMを入れての使用も可能です。

 

格安SIMは、SIMロック解除した上でワイモバイルかLINEモバイル・mineoなどのソフトバンク回線で使いましょう。

ドコモ・au回線では使えません。

 

▼タブレットの格安中古を探す▼

スマホ通販のイオシス 

 

 

MediaPad M3 Lite Sのスペック

 

スペック一覧表

 

スペック
サイズ(mm)W124× H214× D7.7
重さ約325g
画面サイズ8.0インチ
解像度1,920 x 1,200
バッテリー容量4,650mAh
連続通話時間(LTE)
連続待受時間(LTE)計測中
OSAndroid 7.0
CPUSnapdragon435
(オクタコア)
1.4GHz+1.1GHz
メモリ(ROM)16GB
メモリ(RAM)2GB
対応外部メモリmicroSDXC
(最大256GB)
通信速度(下り)最大112.5Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
800万画素
有効画素数
(サブカメラ)
800万画素

 

ソフトバンク版の型番

 

ソフトバンクにおけるMediaPad M3 Lite Sの型番は701HWです。

 

発売日

 

ソフトバンクにおけるMediaPad M3 Lite Sの発売日は2018年2月23日です。

続いてワイモバイルでも2018年3月8日に発売になりました。

 

搭載された便利機能

 

MediaPad M3 Lite Sに搭載されている便利機能は以下の通りです。

ご覧の通り、MediaPad M3 Lite Sには防水・防塵・ワンセグなどの便利機能は搭載していません。

 

機能
防水
防塵
ワンセグ
おサイフケータイ
指紋認証
赤外線通信

 

最近はタブレットをお風呂に持ち込んで使用する方もいらっしゃいますが、MediaPad M3 Lite Sには防水機能が無いのは少し残念ですね。

最近では100円均一などで便利なタブレット用の防水カバーが販売していますので、それらで対応しましょう。

 

本体カラー

 

MediaPad M3 Lite Sの端末の色はホワイトのみです。

 

付属品・同梱品

 

MediaPad M3 Lite Sの付属品は取扱説明書とSIMピンのみです。

充電器(ACアダプタ・USBケーブル)やケース・フィルムなどは同梱されていません。

 

USB端子はmicro USB

 

MediaPad M3 Lite SのUSB端子はマイクロUSB(micro USB)です。

上下どちらも挿せるUSB Type-Cではありませんので注意してください。

 

充電器付属なし

 

MediaPad M3 Lite Sには充電器(ACアダプタ・USBケーブル)は付属していません。

micro USBの充電器をお持ちでない方は各自購入が必要です。

 

わたしがおすすめの充電器はこちらです。

 

 

microSDカード対応

 

MediaPad M3 Lite Sのストレージ容量は16GBです。

少々不安ですね。

ただし、マイクロSDカードを装着することで、最大256GBストレージ容量を増強できます。

 

 

おすすめケース

 

タブレットはケースに入れて使用するのがおすすめです。

私も専用ケースに入れて使っています。

 

MediaPad M3 Lite Sのケースのおすすめはこちらです。

 

 

おすすめフィルム

 

私はタブレットの専用ケースだけでなく、画面に貼るフィルムも使用しています。

MediaPad M3 Lite Sのおすすめフィルムはこちらです。

 

 

▼中古タブレットを探す▼

スマホ通販のイオシス 

 

 

MediaPad M3 Lite Sの対応バンド

 

対応周波数一覧

 

MediaPad M3 Lite Sの対応バンド・周波数は以下の通りです。

  • WCDMA:1/8
  • LTE:1/3/8

詳細対応バンド一覧 | Softbank

 

ソフトバンク/ワイモバイル可

 

MediaPad M3 Lite Sはソフトバンク・ワイモバイル回線のLTEバンド1・3・8に対応しています。

また、WCDMAのバンド1・8にも対応です。

 

そのため、SIMロック解除すればソフトバンク以外にもワイモバイルやソフトバンク回線を使った格安SIMでも問題なく使えます

 

ドコモ/au回線で使用不可

 

対応バンドをみると、MediaPad M3 Lite Sはソフトバンク・ワイモバイルの回線にしか対応していません。

 

SIMロック解除すればドコモ・au回線のSIMを挿しても使えないことはないですが、一部の電波に対応していないため、電波が弱くなる可能性もあります。

ドコモ回線・au回線では使わないようにしましょう。

 

▼中古タブレットを探す▼

スマホ通販のイオシス 

 

 

MediaPad M3 Lite Sのレビュー

 

MediaPad M3 Lite Sは、HUAWEIがソフトバンクから発売したタブレットです。

2018年2月にソフトバンクから発売された後に、ワイモバイルからも発売になりました。

 

画面サイズは8インチ

 

MediaPad M3 Lite Sは8インチ画面のタブレットです。

8インチは、片手で持てる最大のサイズと言われています。

 

私も片手で持って操作したかったので、8インチタブレットを選びました。

軽くてコンパクトのため、家の中で操作する場合はもちろん、屋外に持ち出す場合にも便利です。

 

高画質が美しい画面

 

MediaPad M3 Lite Sの解像度はワイドUXGA(1920×1200ドット)です。前作同様、高精彩で色鮮やかな画面が特徴です。

動画やスポーツを見るのにも最適ですね。

 

自動で画面の明るさを調整

 

MediaPad M3 Lite Sには、自動で画面の明るさを最適化する機能が搭載しています。

暗い中で見る場合は画面が暗くなり、逆に晴天の屋外など明るい場所では画面の明度をあげて見やすくしてくれます。

 

ブルーライトカット機能搭載

 

画面の明るさを調整する機能に加え、個人的に嬉しいのが、目に有害といわれるブルーライトをカットする機能が備わっている点です。

 

MediaPad M3 Lite Sはブルーライトをカットしてくれるモードに切り替えることができるため、長時間読書する場合などには大変重宝します。

ブルーライトカットモードに切り替えると若干黄色がかったような色合いになりますが、正直全く気になりません。

 

クリアな音質へのこだわり

 

MediaPad M3 Lite Sの特徴はなんといってもオーディオへのこだわりです。

独自サラウンドシステム「SWS3.0」を搭載し、さらに本体には2つのスピーカーがあるので、タブレットとは思えない迫力のあるサウンドを楽しめます。

音量を最大限に上げても音割れすることが無いので、映画などを複数人で視聴する場合にも最適です。

 

美しく持ちやすい本体デザイン

 

MediaPad M3 Lite Sは、本体のデザインも非常に美しいです。

メタル素材で加工された本体は外観が美しく、高級感が漂います。

 

また、角がラウンドになっているため、手で持ちやすいのも特徴です。

8インチだと片手で持つことが多いですが、非常に持ちやすい設計となっています。

 

800万画素インカメラ

 

MediaPad M3 Lite Sのカメラは、アウトカメラ(画面裏側のカメラ)もインカメラ(画面側の自撮り用カメラ)も800万画素です。

タブレットはカメラが高性能なものが少ないのですが、MediaPad M3 Lite Sは特にインカメラが800万画素となかなかの性能です。

 

4,800mAh大容量バッテリー

 

タブレットを選ぶ際に重要な視点のひとつが、電池が長持ちするかどうかです。

MediaPad M3 Lite Sには4,800mAhのバッテリーを搭載しています。

 

また単にバッテリー容量が多いだけでなく、HUAWEI独自の技術により、操作による電池の消耗を抑える省エネ設計になっています。

MediaPad M3 Lite Sは8インチのタブレットのため屋外に持ち出すことも多いですが、これだけのバッテリーがあれば電池切れの心配が無く安心です。

 

スクリーンショットの撮り方

 

MediaPad M3 Lite Sでは2つの方法でスクリーンショットを撮る事ができます。

一つ目は、音量ボタン(小)と電源ボタンを同時押しする方法です。

この方法はアンドロイドのスマホ・タブレットで共通のやり方です。

 

もうひとつは、画面上部からスワイプしたときに降りてくるメニューからスクリーンショットを選ぶ方法です。

しかし、個人的には1つ目の方法が簡単でおすすめです。

 

MediaPad M3 Lite S購入はこちら!

 

以上、ソフトバンクのタブレット「MediaPad M3 Lite S」の紹介でした。

 

コンパクトな8インチ画面で、美しい画質とこだわりのオーディオが魅力です。

タブレット購入を検討中の方、ぜひ参考にしてください!

 

MediaPad M3 Lite Sは販売が終了になりましたが、イオシスなどで端末のみの購入も可能です。

ぜひご利用ください!

 

▼中古タブレットを探す▼

スマホ通販のイオシス 

 

最新タブレットLenovo TAB5が発売中
Lenovo TAB5のスペック・価格

 

 

 

ソフトバンク トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました