【11/29~】iPhone14と14 Plusが値下げ!詳細はこちら 

楽天モバイルでアップルストアのiPhoneを使う手順!機種変更/eSIMも

iPhone

 

 

本記事では、アップルストアで買ったiPhoneを楽天モバイルUN-LIMITで使う手順を解説します。

 

楽天モバイルではiPhone14シリーズiPhone13シリーズiPhone12iPhone SE 第3世代を発売中ですが、アップルストアで買ったiPhoneも楽天モバイルで使えます。

ただし、使えない機種もありますし、使える機種でも一部非対応の機能もあるので注意してください。

 

▼SIMのみで8000P還元中▼

 

 

使えるアップルストアのiPhone

 

楽天モバイル アップルストア iPhone 設定 機種変更

 

楽天モバイルで使えるiPhone

 

アップルストアで販売中・販売されたiPhoneのうち、以下のiPhoneは楽天モバイルで動作確認されています。

 

  • iPhone14シリーズ
  • iPhone SE 第3世代
  • iPhone13シリーズ
  • iPhone12シリーズ
  • iPhone11シリーズ
  • iPhone SE 第2世代
  • iPhone XS・XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone8・8 Plus
  • iPhone7・7 Plus
  • iPhone6S・6S Plus
  • iPhone SE 第一世代

 

これらのiPhoneは楽天モバイルで使えることが確認されています。

 

以前はiPhone XS・XR以降の機種のみ動作確認されていたのですが、2021年4月27日からiPhone6S・初代SE以降の機種も使えるようになりました

これからiPhoneを買う方は必ず上記のiPhoneにしましょう。

 

eSIMにも対応

 

前章で解説したiPhoneのうち、eSIMに対応したiPhoneでは楽天モバイルのeSIMも使えます

 

iPhone XS/XR以降のiPhoneには物理SIMに加え、eSIMも搭載されています。

eSIMも、通常のnanoSIMと同様に使えます。

 

本記事で解説している手順はnanoSIMのみです。

eSIMを契約してiPhoneを使う方はこちらの個別記事をお読みください。

 

 

すでにeSIMを契約中の方が新しいiPhoneにeSIMを移す手順はこちらにまとめています。

詳細iPhoneで楽天モバイルのeSIMを機種変更する手順

 

eSIMクイック転送も使える

 

iOS16以降にアップデートしたiPhoneにはeSIMクイック転送という機能があります。

これは、他機種に入れたSIM/eSIMをiPhone上の手続きのみで他のiPhoneのeSIMに移し替える機能です。

元のSIMが通常のnanoSIMでもeSIMに転送できるのがメリットです。

 

楽天モバイルはこのeSIMクイック転送に対応しています。

eSIM→eSIMはもちろん、現在nanoSIMを使っている方もnanoSIM→eSIMへの変更が可能です。

手数料もかかりませんので、こちらを参考に移行をしましょう。

詳細eSIMクイック転送を使う | 楽天モバイル

 

なお、楽天モバイルのeSIMクイック転送は移行元・移行先の両方のiPhoneがiPhone11以降(iPhone SE 第2世代を除く)で、iOS16以上であることが条件です。

 

  • 対象機種:iPhone11以降(iPhone SE 第2世代を除く)
  • iOS:iOS16以降

 

移行前に必ず移行元・移行先の両方のiPhoneのiOSを最新にアップデートしましょう。

 

ただし、楽天モバイルでeSIMクイック転送ができるのはiPhone11以降の機種のみなので注意してください。

iPhone8以降の機種ならiOS16にアップデートできますが、楽天モバイルのeSIMクイック転送は対象外です。

詳細eSIMクイック転送の対象機種と事前準備 | 楽天モバイル

 

iPhoneで使える機能

 

動作確認されているiPhoneでは、以下の機能が使えます。

 

  • 5Gデータ通信
    (iPhone12シリーズ以降)
  • 4Gデータ通信
  • 通話
  • SMS
  • APN自動設定
  • 緊急地震速報・津波警報などの受信
  • 110/119などでの高精度な位置測位

 

通話・データ通信・SMSはもちろん、2021年4月27日以降にAPNの自動設定やETWS(緊急地震速報・津波警報などの受信)などにも対応しました。

 

これまではSIM挿入後にAPN設定が必要でしたが、現在はSIMを入れてキャリア設定アップデートをすると自動で接続設定が完了します。

 

また、iPhone12シリーズ以降は回線の自動切り替えにも対応しています。

 

iPhoneで使えない機能

 

パートナー回線しか掴まない?

 

一方、iPhone11シリーズまでの機種は回線の自動切り替えに対応していません。

 

一度パートナー回線(au回線)の電波を掴むと、自社回線エリアに入っても楽天回線に切り替わらず、パートナー回線エリアの容量を消費し続ける場合があります。

 

現在自社回線/パートナー回線のどちらに接続しているかは、アプリ「my 楽天モバイル」で確認できます。

 

楽天モバイル 自社回線 パートナー回線 知る方法

 

iPhone12以降・iPhone SE 第3世代以降の機種は回線の自動切換えに対応しているので問題ありません

 

自社回線に切り替える方法

 

パートナー回線を掴んでいる場合、自社エリア内に戻ったら一度機内モードをON→OFFにし、自社回線を掴み直す作業が必要です。

これはiPhone SE 第2世代以前のiPhoneはすべて同じで、面倒ですが仕方がありません。

 

エリアや電波状況によって、実際には自動で切り替えられることもあります

 

なお、iPhone12シリーズ以降はiOS14.4以降でキャリア設定アップデートをすると回線の自動切り替えにも対応します。

 

使えないiPhone

 

楽天モバイルで使えるのはiPhone6S・6S PlusとiPhone SE 第一世代以降の機種です。

iPhone6やiPhone5Sシリーズは使えません

 

iPhone6S・初代SEより古い機種はiOSのアップデートも終わっていますので、諦めて新しい機種を買うのがおすすめです。

 

また、iPhone6S・SE以降の機種はSIMフリー/SIMロック解除済みの端末のみ使えます。

 

さらにお得に購入する方法

 

iPhoneはアップルストアで端末のみが買えますが、楽天モバイル 楽天市場店の方がお得な場合もあります。

 

楽天モバイル楽天市場店でもiPhone14・iPhone13・iPhone12・iPhone SE 第3世代が端末のみ買えます。

アップルストアで販売している端末と全く同じで、SIMロックもかかっていません。

 

iPhone13・iPhone12・iPhone SE 第3世代はApple Storeと同じ価格なので、ポイント還元の分だけ楽天モバイル 楽天市場店の方がお得です。

iPhone14シリーズの価格はApple Storeより高いですが、ポイント還元を含めれば楽天モバイル楽天市場店のほうがお得な場合もあります。

 

送られてくる端末はアップルストアと同じものなので、これから買う方はApple Storeと楽天モバイル 楽天市場店を比較して購入しましょう。

 

 

▼端末のみならこちら▼

楽天モバイル楽天市場店 

 

 

アップルストアのiPhoneを使う手順

 

アップルストアで買ったiPhoneを楽天モバイルUN-LIMITのnanoSIMで使うには以下の手順が必要です。

 

  1. iPhone本体を準備
  2. 楽天モバイルのSIMを挿入
  3. 初期設定・データ移行
  4. キャリア設定アップデート
  5. Rakuten Linkインストール

 

他社から楽天モバイルにMNPで乗り換える場合は、上記以外にMNP予約番号の発行や回線切り替えが必要です。

詳細はこちらにまとめています。

詳細楽天モバイルにMNPで乗り換える手順

 

アップルストアでiPhoneを購入

 

まずはiPhone本体を購入しましょう。

アップルストアではSIMフリーのiPhoneが本体のみ購入できます。

 

<iPhoneの税込価格>

容量税込価格
iPhone
14
128GB¥119,800
256GB¥134,800
512GB¥164,800
iPhone
14 Plus
128GB¥134,800
256GB¥149,800
512GB¥179,800
iPhone
14 Pro
128GB¥149,800
256GB¥164,800
512GB¥194,800
1TB¥224,800
iPhone14
Pro Max
128GB¥164,800
256GB¥179,800
512GB¥209,800
1TB¥239,800
容量税込価格
iPhone
13
128GB¥107,800
256GB¥122,800
512GB¥152,800
iPhone
13 mini
128GB¥92,800
256GB¥107,800
512GB¥137,800
容量税込価格
iPhone1264GB¥92,800
128GB¥99,800
256GB¥114,800
容量楽天モバイル
iPhone SE
第3世代
64GB¥62,800
128GB¥69,800
256GB¥84,800

詳細iPhone | Apple (日本)

 

楽天モバイル 楽天市場店で買えばポイントが還元されるのでアップルストアよりお得な場合もあります

 

また、iPhone本体に他社のプロファイルが残っていると、設定をしても接続できません。

他のキャリアのSIMを挿してiPhoneを使っていた方は、「設定」→「一般」→「VPNとデバイス管理」をタップし、プロファイルがインストールされている場合には削除してください。

詳細プロファイルの削除手順 | 楽天モバイル

 

iPhone プロファイル 削除

 

iPhone用SIMを契約

 

iPhone本体の準備ができたら、楽天モバイルのSIMカードを契約します。

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。

 

SIM

 

SIMカードは楽天モバイル公式サイトで購入できます。

契約手続き自体は画面の指示に従うだけなので簡単ですが、契約前には必ずキャンペーン情報を確認しましょう。

詳細楽天モバイルのキャンペーン情報

 

SIMが届いたら本体にSIMカードを挿入してください。

 

▼SIMのみで8000P還元中▼

 

データ移行・初期設定

 

端末が用意できたら、楽天モバイルのSIMを差して電源をONにします。

すると初期セットアップとデータ移行が開始します。

 

現在の端末からのデータ移行も簡単です。

元の端末がiPhoneの方は、新しいiPhoneを初期セットアップする際に元のiPhoneを隣においておくだけでデータ移行できます。

これをクイックスタートといいます。

 

元のiPhoneを横においてからiPhoneの電源をONにして初期設定を進めましょう。

古いiPhoneから移行する場合は、事前にiOSを最新にアップデートしていきましょう。

詳細クイックスタート | Apple (日本) 

 

Androidを使っている方はクイックスタートはできませんので、他の手段が必要です。

一番おすすめなのは「iOSに移行」というAppleの純正アプリを使って移行する手順です。

データ移行手順はこちらに詳しく記載されています。

詳細AndroidからiPhoneへのデータ移行 | Apple

 

iOSをアップデート

 

初期設定を終えたら、iOSを最新にアップデートしましょう。

 

iPhoneX・8までのiPhoneはiOS14.4以降でないと使えません。

また、iPhone XS・XR以降の方もiOS14.4以降なら対応する機能が増えますので、必ずアップデートしてください。

 

アップデートは「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」からできます。

 

楽天モバイル iPhone iOS アップデート

 

アップデートはデータ消費量が大きいので、Wi-Fiに接続した状態で行いましょう。

 

キャリア設定アップデート

 

最後に、「キャリア設定アップデート」を行います。

iOS14.4以降の方は楽天モバイルのSIMカードを入れてWi-Fiに接続した状態で、「設定」→「一般」→「情報」をタップしてください。

すると、以下のようなポップアップが表示される場合があります。

 

楽天モバイル キャリア設定アップデート iPhone

※画像はiPhone7

 

この表示が出たら「アップデート」を押してください。

すぐにポップアップが消え、設定が変更されます。

 

誤って「今はしない」をタップしてしまった場合も、「設定」→「一般」→「情報」に進むと再度ポップアップが表示されます。

 

「設定」→「一般」→「情報」をタップしても「アップデート」が表示されなければ、アップデートは完了しています

 

Rakuten Linkのインストール

 

最後に、Rakuten Linkをインストールします。

 

Rakuten Linkを使って電話をかければ、国内通話は無料でかけ放題です。

必ずインストールしましょう。

詳細楽天Linkでできること

 

Rakuten Link

Rakuten Link

無料

 

Rakuten Linkのインストールまで終われば、いよいよ楽天モバイルでiPhoneが使用できるようになります。

 

▼SIMのみで8000P還元中▼

 

 

アップルストアのiPhoneに機種変更

 

すでに楽天モバイルのSIMを契約している方も、アップルストアでiPhoneを買えば機種変更できます。

手順は以下のとおりです。

 

  1. AppleでiPhone本体を購入
  2. SIMを差し替え
  3. 初期設定・データ移行
  4. iOSのアップデート
  5. キャリア設定アップデート
  6. Rakuten Linkインストール

 

機種変更の手順を簡単に言うと、Appleで買ったiPhone本体にSIMを差し替え、データ移行とキャリア設定アップデートをすれば完了です。

設定完了後にRakuten Linkをインストールしてください。

 

Rakuten Link

Rakuten Link

無料

 

 

アップルストアでiPhoneを購入

 

まずは機種変更したいiPhoneを購入しましょう。

アップルストアではSIMフリーのiPhoneが本体のみ購入できます。

 

<iPhoneの税込価格>

容量税込価格
iPhone
14
128GB¥119,800
256GB¥134,800
512GB¥164,800
iPhone
14 Plus
128GB¥134,800
256GB¥149,800
512GB¥179,800
iPhone
14 Pro
128GB¥149,800
256GB¥164,800
512GB¥194,800
1TB¥224,800
iPhone14
Pro Max
128GB¥164,800
256GB¥179,800
512GB¥209,800
1TB¥239,800
容量税込価格
iPhone
13
128GB¥107,800
256GB¥122,800
512GB¥152,800
iPhone
13 mini
128GB¥92,800
256GB¥107,800
512GB¥137,800
容量税込価格
iPhone1264GB¥92,800
128GB¥99,800
256GB¥114,800
容量楽天モバイル
iPhone SE
第3世代
64GB¥62,800
128GB¥69,800
256GB¥84,800

詳細iPhone | Apple (日本)

 

楽天モバイル 楽天市場店で買えばポイントが還元されるのでアップルストアよりお得な場合もあります

 

また、iPhone本体に他社のプロファイルが残っていると、設定をしても接続できません。

他のキャリアのSIMを挿してiPhoneを使っていた方は、「設定」→「一般」→「VPNとデバイス管理」をタップし、プロファイルがインストールされている場合には削除してください。

詳細プロファイルの削除手順 | 楽天モバイル

 

iPhone プロファイル 削除

 

SIMの差し替え

 

既に楽天モバイルのSIMを契約している方は、現在の端末からSIMを抜き、アップルストアで買ったiPhoneに差し替えればOKです。

 

SIM 差し替え

 

eSIMの方は、移行元がiPhone11以降のiPhoneであればeSIMクイック転送が使えます。

手順はこちらを確認してください。

詳細eSIMクイック転送を使う | 楽天モバイル

 

eSIMクイック転送が使えない場合はWEBから移行しましょう。

手順はこちらをお読みください。

詳細楽天モバイルのeSIMを機種変更する

 

データ移行・初期設定

 

SIMを差し替えたらiPhoneの電源をONにします。

すると初期セットアップとデータ移行が開始します。

 

現在の端末からのデータ移行も簡単です。

元の端末がiPhoneの方は、iPhoneを初期セットアップする際に元のiPhoneを隣においておくだけでデータ移行できます。

これをクイックスタートといいます。

元のiPhoneを横においてからiPhoneの電源をONにして初期設定を進めましょう。

詳細クイックスタート | Apple (日本) 

 

Androidを使っている方はクイックスタートはできませんので、他の手段が必要です。

一番おすすめなのは「iOSに移行」というAppleの純正アプリを使って移行する手順です。

データ移行手順はこちらに詳しく記載されています。

詳細AndroidからiPhoneへのデータ移行 | Apple

 

iOSをアップデート

 

端末セットアップとデータ移行が完了したら、すぐに端末のiOSを最新にアップデートしましょう。

 

iPhoneX・8までのiPhoneはiOS14.4以降でないと使えません。

また、iPhone XS・XR以降の方もiOS14.4以降なら対応する機能が増えますので、必ずアップデートしてください。

 

アップデートはWi-Fiに接続した上で「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」からできます。

 

楽天モバイル iPhone iOS アップデート

 

アップデートはデータ消費量が大きいので、Wi-Fiに接続した状態で行いましょう。

 

キャリア設定アップデート

 

iPhoneにSIM・eSIMを差し替えたあとには、キャリア設定アップデートが必要です。

 

iOS14.4以降の方は、Wi-Fiに接続して楽天モバイルのSIMカードを入れたあとに「設定」→「一般」→「情報」に進むと、以下のようなポップアップが表示されます。

 

楽天モバイル キャリア設定アップデート iPhone

※画像はiPhone7

 

この表示が出たら「アップデート」を押してください。

すぐにポップアップが消え、設定が変更されます。

 

誤って「今はしない」をタップしてしまった場合も、「設定」→「一般」→「情報」に進むと再度ポップアップが表示されます。

 

「設定」→「一般」→「情報」をタップしても「アップデート」が表示されない場合はアップデートが完了しています

 

Rakuten Linkのインストール

 

最後に、Rakuten Linkをインストールします。

詳細楽天Linkでできること

 

Rakuten Linkを使って電話をかければ、国内通話は無料でかけ放題です。

必ずインストールしましょう。

 

Rakuten Link

Rakuten Link

無料

 

以上で機種変更は完了です。

 

楽天モバイルのキャンペーン

 

楽天モバイルでは現在以下のキャンペーンを実施しています。

iPhone用にSIM・eSIMを契約される方は、必ず下記キャンペーンを適用しましょう。

 

現在、以下のキャンペーンを適用するのが一番お得です。

 

  1. エントリーで楽天ポイント進呈
  2. SIM契約で8,000P進呈

詳細キャンペーン・特典一覧

 

エントリーでポイント還元

 

楽天モバイル契約時には、必ず事前に以下に全てエントリーしましょう。

楽天会員だけでなく、楽天カード保有者・楽天証券口座保有者は事前にエントリーしてからWEBで申し込むことで楽天ポイントがさらに増額されます。

 

また、楽天市場や楽天サービスで使えるクーポンがもらえるキャンペーンもあります。

 

 

併用不可のキャンペーンもありますが、とりあえず全てにエントリーしてから楽天モバイルに申し込みましょう。

特に年会費・入会金無料の楽天カードをお持ちでない方は必ずカードを申し込みましょう。

同時に申し込めば最大10,000Pが追加で還元されます。

 

▼楽天カードは必携▼

詳細楽天カード×楽天モバイル申し込みキャンペーン

 

上記の中には店舗で申し込むと対象外のものがあるので、楽天モバイルは楽天モバイル公式サイトで申し込むのがおすすめです。

 

SIM契約で8000P還元

 

楽天モバイルにSIMのみで初めて契約すると、だれでも楽天ポイントが8,000P還元されます。

新規・MNPはもちろん、楽天モバイルのドコモ・au回線からの乗り換えも対象です。

 

SIMが届いたら、すぐにRakuten Linkで10秒以上通話しましょう。

申し込み翌月までに10秒以上の通話がないとポイントは還元されません。

詳細SIM契約で3,000P還元キャンペーン | 楽天モバイル

 

▼SIMのみで8000P還元中▼

 

その他キャンペーン一覧はこちらにまとめています。

 

 

 

iPhone用SIM契約は楽天モバイル公式サイトで

 

以上、アップルストアで買ったiPhoneを楽天モバイルで使う手順の解説でした。

 

アップルストアで買ったiPhoneも楽天モバイルで使えますが、一部非対応の機能があるので注意してください。

 

これから楽天モバイルに契約される方は、必ずキャンペーン情報を確認してください。

SIMのみ契約でも楽天ポイントの高額還元が得られます。

 

現在実施中のキャンペーンはこちらで確認してください。

詳細楽天モバイルのキャンペーン情報

 

▼iPhone用SIMを購入▼

楽天モバイル公式サイト 

 

▼SIMのみで8000P還元中▼

 

 

楽天モバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました