Galaxy A7が実質2,000円から買える! 

楽天モバイルMNOでiPhone SE (第2世代)が使えた!設定手順まとめ

 

MVNO(ドコモ・au回線)で新型iPhone SEを使う手順はこちら!
楽天MVNOでiPhoneSEは使える?

 

iPhone SE(第2世代)

 

本記事では楽天モバイルのUN-LIMITでiPhone SE(第2世代)を使う方法を解説します。

 

私自身も発売日にiPhone SEを購入し、物理SIM・eSIMともに使えることを確認しました。

ただし、物理SIMを使う場合は2つの方法があるので注意してください。

 

▼先着300万回線は1年間無料▼

 

楽天モバイルでiPhoneSEは使える?

 

保証なしだが使えた

 

実際に私もiPhone SE (第2世代)を購入し、楽天モバイルのSIMを入れて設定しましたが、問題なく使えました。

データ通信はもちろん、通話やテザリング・SMS受信も可能でした。

 

▼左上にRakuten LTEの文字が▼

iPhone SE (第2世代)で楽天モバイルが使えた

 

ただし、いくつかの設定が必要です。

また、SMSについては注意点があるので最後までお読みください。

 

iPhone SEの動作確認状況

 

物理SIM

 

前章で解説した通り、楽天モバイルUN-LIMITでiPhone SE (第2世代)は使えます。

ただし、公式には動作保証されていません

 

そもそも、楽天モバイルのUN-LIMIT(物理SIM)は現時点でどのiPhoneも動作確認されていません。

詳細動作確認端末一覧 | 楽天モバイル

 

いろいろな方が試した結果、「iPhone6S・SE以降の機種なら非公式な方法で使える」ということがわかっています。

 

  • iPhone SE (第2世代)
  • iPhone11
  • iPhone11 Pro・Pro Max
  • iPhone XS・XS・Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone8・8 Plus
  • iPhone7・7 Plus
  • iPhone SE (第1世代)
  • iPhone6S・6S plus

 

上記はあくまで「実際は使えるようだ」というだけで、公式に使えると発表されたわけではありません。

iPhone SEも使えますが、動作保証はされていませんので、使う場合は自己責任でお願いします。

 

eSIM

 

iPhone SE (第2世代)には物理SIMスロットの他にeSIMも搭載しています。

eSIMとは、SIMカードを入れなくても通信ができる仕組みです。

 

楽天モバイルでは、現在以下のiPhoneがeSIMに対応していると発表されています。

 

  • iPhone11
  • iPhone11 Pro・Pro Max
  • iPhone XS・XS Max
  • iPhone XR

 

iPhone SEは現時点で記載されていませんが、eSIMも使えるとの報告が多数挙がっています。

私も検証しましたが、問題なく使えました。

 

ただし、上記は「使えているけど動作保証はしないよ」という位置づけですので、もしかしたら使えなくなる可能性もないわけではありません。

 

楽天モバイル eSIM対応iPhone

詳細eSIM対応製品 | 楽天モバイル

 

Rakuten Linkも配信開始

 

楽天モバイルアンリミットは、「Rakuten Link」というアプリを使うことで国内通話がかけ放題になります。

詳細楽天Linkでできること

 

当初、iOS用のRakuten Linkアプリは配信されていませんでしたが、2020年7月に配信が開始されました。

私も早速通話してみましたが、問題なく使えました。

 

Rakuten Link

Rakuten Link

無料

 

今後、発信する際には必ずRakuten Linkを使いましょう

通常の電話アプリからも発信できますが、20円/30秒の料金がかかりますので注意してください。

 

なお、iOS版のRakuten LinkはSMS認証なしで使えるので、パートナー回線の方も問題なく使えます。

 

楽天モバイルでの発売なし

 

前章までの通りiPhone SE(第2世代)は楽天モバイルで使えます。

ただし、楽天モバイルでのiPhone SE本体の発売はありませんでした。

 

Apple公式サイトによると、発売時点でスマホキャリアではドコモ・au・ソフトバンクでしか発売されないことが記載されています。

楽天モバイルでの発売は今後もないか、あったとしても当面先でしょう。

 

楽天モバイルのUN-LIMITでiPhone SEを使うためには、本体をApple Storeで買ってUN-LIMITのSIMを挿して使うという手順が必要です。

 

物理SIMを使う方法は2つ

 

冒頭でも解説したとおり、楽天モバイルの物理SIMをiPhone SE (第2世代)で使う方法は2種類あります。

 

手順難易度手順自社回線
エリアでの
SMS送受信
パートナー
エリアでの
SMS送受信
簡単APN設定
のみ
×
難しいPCで設定
が必要

 

まず、楽天モバイル自社回線エリアにお住まいの方は、手順①を選びましょう

簡単なAPN設定のみで使えるようになります。

 

自社回線エリア外の方は、少々複雑ですが手順②を選びましょう。

パートナー回線エリアでもSMSの送受信が可能になります。

SMSを使わないという方は、パートナーエリアにお住まいであっても手順①を選んでも構いません。

 

エリアについてはこちらで確認してください。

詳細通信エリア | 楽天モバイル

 

▼先着300万回線は1年間無料▼

 

 

UN-LIMITでiPhoneSEを使う手順①

 

まずは手順①を解説します。

この手順は簡単ですが、パートナーエリアではSMSの送受信ができません。

 

楽天モバイルの自社回線エリアにお住まいの方、もしくはパートナー回線エリアに住んでいるがSMSを使わない方はこちらの方法を選んでください。

 

  1. iPhone本体を準備
  2. 事前準備
  3. 楽天モバイルのSIMを購入
  4. 本体にSIMカードを挿入
  5. APN設定・テザリング設定
  6. Rakuten Linkのインストール

 

他社から楽天モバイルにMNPで乗り換える場合は、上記以外にMNP予約番号の発行や回線切り替えが必要です。

 

iPhone SE本体を準備

 

楽天モバイルではiPhone SEは発売していません。

iPhone SE本体は以下の方法で購入できます。

 

  1. アップルストアで購入
  2. ドコモ・au・Softbank版を流用
  3. 中古スマホ店で購入

 

UN-LIMITではSIMフリー・またはSIMロック解除済のiPhone SEしか使えません。

ドコモ・au・ソフトバンクで買ったiPhone SEはSIMロック解除が必要です。

 

 

これからiPhone SEを買う方は、Apple StoreでSIMフリー版が購入できます。

詳細iPhoneSE | Apple (日本)

 

64GB128GB256GB
iPhone SE
(第2世代)
¥44,800¥49,800¥60,800

※税抜

 

契約の事前準備

 

本体を準備できたら契約手続きに入ります。

ただし、公式サイトで手続きする前に以下の準備を行っておいてください。

 

  • 楽天IDの登録内容を確認
  • 本人確認書類の写真を撮影(表・裏)

 

楽天モバイル契約時には楽天市場のID・パスワードの入力が必要です。

楽天市場の登録情報(住所・氏名など)が契約内容に反映されますので、間違いや変更がないか事前に確認しておきましょう。

 

また、契約途中で本人確認書類のアップロードが必要です。

事前に書類の表・裏の写真をスマホのカメラで撮影しておきましょう。

アップできるファイルは5MB以下です。

詳細有効な本人確認書類

 

iPhoneSE用SIMを契約

 

iPhoneSE本体の準備ができたら、楽天モバイルのSIMカードを契約します。

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。

 

 

SIMカードは楽天モバイル公式サイトで購入できます。

以下、簡単に購入の流れを解説します。

 

1.楽天モバイル公式サイトにアクセス

2.画面上部の「お申込み」を選択

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

注意事項を確認し、チェックを入れて「お申し込み画面に進む」をタップ

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

楽天ID・パスワードを入力してログイン

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

プランは楽天アンリミットしかありません。

右下の「プランを選択する」をタップします。

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

次の画面で、必要に応じてオプションを選択してください。

無料オプションには最初からチェックが入っています。

 

次に本人確認書類をアップロードします。

 

ここで注意が必要です。

アップロード可能な画像ファイルは5MB以下のため、比較的高機能なスマホで写真を取ると5MBを超えてしまいます。

あらかじめ5MB以下のファイルを用意しておきましょう。

 

私は写真サイズが7MBあったためファイルがアップロードできずに、つまづきました。

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

次の画面で、MNPか新規契約かを選びます。

 

新規契約の場合は3つの電話番号から好きなものが選べます。

MNPの場合は「現在の番号を引き継ぐ(MNP)」を選択します。

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

MNPの場合は、次の画面でMNP予約番号や有効期限、電話番号を入力してください。

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

続いて、配送先情報を選択します。

基本的には楽天IDに登録されている自宅の住所が入力されます。

 

また、配送日・時間が選べます。

私は5月5日のお昼に手続きして、最短配送日は5月7日でした。

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

次の画面で申込内容が再度表示されます。

ここで内容を確認してください。

 

また、紹介特典を利用する方はここで入力します。

2,000円分のポイントが貰えますし、他のキャンペーンとも併用可能です。

詳細紹介キャンペーン | 楽天モバイル

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

最後に、支払い方法を選びます。

楽天カードをお持ちでない方は必ずこちらから発行しましょう。

 

楽天カードなら支払金額に応じて1%の楽天ポイントが貯まりますし、端末代金の分割手数料も無料です。

もちろん年会費などは無料です。

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

▼楽天カードは持っておこう▼

 

申込みが完了すると、登録されたメールアドレスに確認メールが送られます。

SIMは指定日に自宅に届きますが、それまでは「my 楽天モバイル」で状況を確認できます。

 

▼先着300万回線は1年間無料▼

 

 

iPhone SEにSIMを挿入

 

楽天モバイルのSIMカードとiPhone SE本体が手元に準備できたら、iPhone本体にSIMカードを挿入します。

 

本体右側面にあるSIMピンを穴に挿すとSIMスロットが開くので、SIMカードを入れて閉じます。

詳細iPhoneにSIMを差す – Apple

 

SIMを挿すとすぐ本体画面右上に「Rakuten」の文字が表示されますが、細かい設定が必要です。

 

APN設定・テザリング設定

 

SIMカードをiPhone SE本体に挿したあとは、APN設定(プロファイルインストール)とテザリングの設定を行います。

 

APN設定とは、楽天モバイルの回線を使ってiPhone SEでモバイルデータ通信を行うための設定です。

 

設定→モバイル通信→モバイルデータ通信ネットワークにアクセスし、モバイルデータ通信のAPN欄に「rakuten.jp」を入力してください。

他の欄は入力不要です。

 

楽天モバイルiPhoneAPN設定

 

また、その下に進むと「インターネット共有」という欄がありますので、そこに再び「rakuten.jp」を入力してください。

これでテザリングが可能になります。

 

楽天モバイルiPhoneテザリング設定

 

最後に、設定 → モバイル通信 →  通信のオプション →  音声通話とデータ を開き、「LTE, VoLTE オン」にチェックが入っていることを確認してください。

デフォルトではここが「LTE, VoLTE オフ」になっており、このままだと通話ができないようです。

 

 

Rakuten Linkのインストール

 

最後に、Rakuten Linkをインストールしましょう。

iOS版のRakuten Linkアプリも2020年7月に配信開始しました。

 

Rakuten Linkを使って電話をかければ、国内通話はかけ放題になります。

必ずインストールしましょう。

詳細楽天Linkでできること

 

Rakuten Link

Rakuten Link

無料

 

iOS版はSMS認証不要でインストールできます。

インストール後、通話ができるか確認してください。

 

Rakuten Linkのインストールまで終われば、いよいよ楽天モバイルでiPhoneが使用できるようになります。

 

ただし、この手順①の方法だとパートナーエリアではSMSの送受信ができません

SMSはあまり使う機会はないと思いますが、必要な方は自社回線エリアに行って送受信するか、次に解説する手順②で設定してください。

 

▼先着300万回線は1年間無料▼

 

 

UN-LIMITでiPhoneSEを使う手順②

 

続いて、手順②を解説します。

こちらのほうが手順は複雑ですが、パートナー回線エリアにお住まいの方でもSMSの送受信ができるようになります。

 

こちらの方法は以下の記事を参考にいたしました。

 

 

この方法もあくまで自己責任でお願いします。また、仕様変更などにより使えなくなる可能性があります

 

iPhoneを探すをOFFに

 

まず「iPhoneを探す」という機能をOFFにします。

Wi-Fiに接続した状態で、「設定」→ 「最上段の自分の登録名+Apple ID、iCloud…」→「探す」をタップし、「iPhoneを探す」をOFFにします。

 

iPhoneを探す

 

ネットワークに接続していないとOFFにできないようなので、私はWi-Fiに接続してOFFにしました。

 

楽天モバイルのSIMを入れる

 

続いて、楽天モバイルアンリミットのSIMをiPhone本体に入れてください。

 

これからSIMを契約される方は、楽天モバイル公式サイトから簡単に手続きできます。

 

iTunesで操作

 

ここから、PCのiTunesでいろいろと操作します。

私はWindows PCで操作しました。(Macでの操作はこちら

 

まず、iTunesをインストールします。

 

次に、コマンドプロンプトへの入力が必要です。

個人的に、ここが最難関でした。

 

まず、コマンドプロンプトを開きます。

左下のWindowsボタンを押した後に表示されるメニューの、Windowsシステムツール内にあります。

 

コマンドプロンプト 場所

 

ここに、以下のコード(?)をコピペし、ユーザー名の部分を編集します。

“C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Microsoft\WindowsApps\iTunes.exe” /setPrefInt carrier-testing 1

 

 

赤い四角の部分には、あなたのPCのユーザー名が最初から表示されています。

これに続けて上記のコードをコピペし、コピペした“C:\Users\ユーザ名\AppData\…の「ユーザー名」の部分を赤い部分に書いてある文字列に修正してください。

 

修正後、Enterキーを押すと、次の「C:\Users\ユーザ名>」が表示されたらOKです。

 

私はこの方法でできましたが、詳しいことは不明です…
できない場合はこちらも参考にしてください

 

iTunesにファイルを適用

 

つづいて、Makoto備忘録さんに記載のあるファイルをPCにダウンロードします。

オーストリアやノルウェーなど様々な国のファイルがありますが、私はトルコを選択しました。

 

 

iPhoneの機種によって分かれていますので、該当のファイルをPCにダウンロードしてください。

(Internet Explorerだとうまくいかないかも…)

 

ファイルは自己責任で使ってください

 

PCにダウンロードしたらiTunesを起動し、iPhoneとPCをUSBで接続します。

iTunesに表示されたスマホボタンをクリックします。

 

 

シフトボタンを押しながらを「iPhoneを復元…」クリックします。

 

楽天アンリミットiPhone設定

 

ここで、保存しておいたファイルを取り込みます。

その際、右下のファイル形式を変更しないと当該ファイルが表示されません。

 

※ファイル名は異なります

 

右下の拡張子を変更しないとファイルは表示されません

 

正しく取り込みできたらiPhoneとPCの接続を解除し、iPhoneを再起動しましょう。

 

APN設定

 

iPhoneを再起動したら、最後にAPN設定をします。

APN設定方法は、どの国のファイルを適用したかによって異なります。

Makoto備忘録」を読んで確認してください。

 

トルコの方は以下の手順で可能です。

 

設定→モバイル通信→モバイルデータ通信ネットワークをタップし、最上段のAPN欄に「rakuten.jp」と入力します。

 

また、MMSC・MMSプロキシに入力されている文字列を消し、半角スペースを入力しましょう。

半角スペースだけなので、見た目は空白と同じです。

 

 

また、その下に進むと「インターネット共有」という欄がありますので、そこに再び「rakuten.jp」を入力してください。

これでテザリングが可能になります。

 

 

これで画面左上に「Rakuten LTE」と表示され、データ通信ができるようになるはずです。

 

念のため、設定 → モバイル通信 →  通信のオプション →  音声通話とデータ を開き、「LTE, VoLTE オン」にチェックが入っていることを確認してください。

 

設定終了後「iPhoneを探す」はONにしても構いません

 

Rakuten Linkのインストール

 

最後に、Rakuten Linkをインストールしましょう。

iOS版のRakuten Linkアプリも2020年7月に配信開始しました。

詳細楽天Linkでできること

 

Rakuten Linkを使って電話をかければ、国内通話はかけ放題になります。

必ずインストールしましょう。

 

Rakuten Link

Rakuten Link

無料

 

iOS版はSMS認証不要でインストールできます。

インストール後、通話ができるか確認してください。

 

以上で設定はすべて完了です。

 

▼先着300万回線は1年間無料▼

 

 

iPhone SEでeSIMを使う手順

 

ここからは、eSIMを使うまでの申込手順を解説します。

申し込み自体は簡単ですが、eSIMではなく物理SIMを注文してしまわないように注意してください。

 

eSIMを申し込み

 

まず、楽天モバイル公式サイトでeSIMを申し込みます。

手続きは「楽天モバイル公式サイト」で進めます。

 

手順は基本的に画面の指示に沿って進めればOKです。

 

ただし、eSIMを申し込む場合はプラン選択後にSIM種別の変更が必要です。

SIMカードタイプの下の「変更する」をタップします。

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

次の画面でeSIMを選択してください。

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

次に本人確認書類をアップロードします。

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

次の画面で、MNPか新規契約かを選びます。

 

新規契約の方は、3つ表示された番号からお好きな電話番号を選んでください。

MNPの方は「現在の番号を引き継ぐ(MNP)」を選択します。

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

MNPの方は、次の画面で発行したMNP予約番号や有効期限、電話番号を入力してください。

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

続いて、配送先情報を選択します。

基本的には楽天IDに登録されている自宅の住所が入力されます。

 

また、配送日・時間が選べます。

私は5月5日のお昼に手続きして、最短配送日は5月7日でした。

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

次の画面で申込内容が再度表示されます。

ここで内容を確認してください。

 

また、紹介特典を利用する方はここで入力します。

2,000円分のポイントが貰えますし、他のキャンペーンとも併用可能です。

詳細紹介キャンペーン | 楽天モバイル

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

最後に、支払い方法を選びます。

楽天カードをお持ちでない方は必ずこちらから発行しましょう。

 

楽天カードなら支払金額に応じて1%の楽天ポイントが貯まりますし、端末代金の分割手数料も無料です。

もちろん年会費などは無料です。

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

▼楽天カードは持っておこう▼

 

申込みが完了すると、登録されたメールアドレスに確認メールが送られます。

 

また、eSIMはその場で使えるようになるのではなく、設定用のQRコードが書かれた用紙が自宅に届いてから設定が必要です。

 

eSIM用QRコードは指定日に自宅に届きますが、それまでは「my 楽天モバイル」で状況を確認できます。

 

▼実際に届いた冊子▼

楽天モバイル eSIM用QRコード

 

本人確認

 

冊子が届いたら、まずは本人確認が必要です。

届いた冊子の裏面のQRコードをスマホで読み取ります

 

iPhoneの場合、カメラアプリでQRコードをかざせば読み取りができ、上部にURLが表示されます。

それをタップすればMy 楽天モバイルへのログイン画面に遷移します。

 

▼iPhoneはカメラアプリで▼

楽天モバイルeSIM設定手順

 

これで本人確認が終了です。

 

回線の開通

 

本人確認に続いて回線の開通手続きを行います。

 

この作業は、eSIMを入れたいiPhone以外のPC・スマホ・タブレットで行いましょう

eSIMを入れたいiPhone本体ではQRコードを読み取れないため、私はPCで手続きしました。

 

my 楽天モバイルにアクセス、ログイン

申し込み番号をタップ

 

楽天モバイルeSIM設定手順

 

「楽天回線の開通手続きを行う」をタップ

 

楽天モバイルeSIM設定手順

 

すると、QRコードが表示されます

このQRコードを、eSIMを設定したいiPhoneで読み込んでください

 

eSIMを設定したい端末でこのQRコードを表示しても読み取れませんので、別端末で表示するか、スクショして別の端末に送って読み取ってください

 

楽天モバイルeSIM設定手順

 

APN設定

 

続いて、iPhoneでeSIMの取り込みとAPN設定をします。

 

my楽天モバイルで表示されたQRコードをカメラで読み取ると、下記のように表示されますので、「続ける」をタップします。

 

楽天モバイルeSIM設定手順

 

次に表示される「モバイル通信プランを追加」をタップします。

 

次に、設定 → モバイル通信をタップし、楽天モバイルの電話番号の方をタップします。

私の場合、名称は「副回線」でオフになっていました。

 

ここから色々設定していきます。

変更するのは赤線を引いた3箇所です。

 

楽天モバイルeSIM設定手順

 

まず、わかりにくいので副回線という名前を変更します。

私は「Rakuten eSIM」としました。

 

続いて、”音声通話とデータ”をタップし、「LTE, VoLTEオフ」から「LTE, VoLTEオン」に変更します。

 

楽天モバイルeSIM設定手順

 

続いて、「モバイルデータ通信ネットワーク」をタップします。

 

モバイルデータ通信のAPN欄に「rakuten.jp」を入力します。

 

楽天モバイルiPhoneAPN設定

 

また、その下の方のインターネット共有欄にも同じく「rakuten.jp」を入力します。

 

楽天モバイルiPhoneテザリング設定

 

設定はこの3つのみです。

それ以外は触らなくてOKです。

 

しばらくすると左上に「Rakuten」と表示され、データ通信ができるようになりました。

 

楽天モバイルeSIM設定手順

 

念のため、データ通信や通話ができるか確認してください。

 

Rakuten Linkのインストール

 

最後に、Rakuten Linkをインストールしましょう。

iOS版のRakuten Linkアプリも2020年7月に配信開始しました。

 

Rakuten Linkを使って電話をかければ、国内通話はかけ放題になります。

必ずインストールしましょう。

詳細楽天Linkでできること

 

Rakuten Link

Rakuten Link

無料

 

iOS版はSMS認証不要でインストールできます。

インストール後、通話ができるか確認してください。

 

以上で設定はすべて完了です。

 

▼先着300万回線は1年間無料▼

 

 

iPhone SE (第2世代)の入手方法

 

前述の通り、楽天モバイルでのiPhone SE (第2世代)の発売はありませんでした。

iPhone SEを使うには各自で端末を用意する必要があります。

 

iPhone SE本体の入手方法は主に以下の3通りです。

 

AppleでSIMフリー版を購入

 

1つ目は、アップルストアで購入する方法です。

 

アップルストアではiPhone SE(第2世代)のSIMフリー版が購入できます。

現在店舗は閉鎖中のため、通販で購入することになります。

 

詳細iPhone SEを購入 – Apple

 

▼iPhone SE 第2世代 価格表▼

64GB128GB256GB
iPhone SE
(第2世代)
¥44,800¥49,800¥60,800

※税抜

 

他社のiPhoneSEを持ち込み

 

2つ目は、ドコモ、au、ソフトバンクで購入したiPhone SE(第2世代)を持ち込んで流用する方法です。

ただし、この場合はSIMロック解除が必要です。

 

SIMロック解除とは、ドコモ・au・ソフトバンクなどの携帯会社で使用していた端末を、別の携帯会社でも使用できるようにすることです。

 

端末購入元SIMロック解除
SIMフリー不要
ドコモ
au
ソフトバンク

 

ドコモ・au・ソフトバンクのマイページからSIMロック解除を申請しましょう。

 

 

オンラインで手続きすると3分程度で解除が完了します。

店舗で手続きすると有料(3,000円程度)になりますので注意してください。

 

スマホ店で中古/新品を購入

 

iPhone SE(第2世代)本体は、しばらくするとスマホ通販サイトや街なかの中古スマホ店でも購入できるようにます。

 

特にスマホ通販大手のイオシスではiPhoneの中古/未使用品の在庫が豊富です。

また、価格が安いのも特徴なので、ぜひ探してみてください。

 

▼中古/未使用のiPhoneが格安▼

 

 

楽天モバイルのキャンペーン

 

楽天モバイルでは現在以下のキャンペーンを実施しています。

iPhone SE用にSIM・eSIMを契約される方は、必ず下記キャンペーンを適用しましょう。

 

現在、以下のキャンペーンを全て適用するのが一番お得です。

 

  • 先着300万名1年間無料
  • 紹介キャンペーン

詳細キャンペーン・特典一覧

 

先着300万名1年間無料

 

楽天モバイル UN-LIMIT 1年間無料

 

楽天モバイルUN-LIMITは、先着300万名限定で月額料金が1年間無料になります。

もともと月額2,980円と安い楽天モバイルの料金ですが、さらに1年間無料は非常にお得です。

ぜひお早めに契約しましょう。

 

▼先着300万回線は1年間無料▼

 

 

紹介キャンペーン

 

楽天モバイル紹介キャンペーン

 

楽天モバイルUN-LIMITは紹介キャンペーンを実施しています。

 

新規契約時に、既に契約している方の楽天ID(13桁)を入力すれば、紹介した方に3,000円分、紹介された方に2,000円分のポイントが還元されます。

(紹介する方は最大5名まで)

 

この紹介キャンペーンは他のキャンペーンと併用できます。

周囲に契約者がいる場合は必ず紹介者IDを聞いて適用しましょう。

詳細楽天モバイル紹介キャンペーン

 

ただし紹介者がすでに5人以上紹介している場合、紹介された方もポイントは付与されません

 

楽天モバイルUN-LIMIT紹介キャンペーン

詳細楽天モバイルご紹介特典 | 楽天モバイル

 

 

iPhone SE用SIM購入はこちら

 

以上、楽天モバイルのUN-LIMIT × iPhone SEの最新情報でした。

 

動作保証こそされていませんが、iPhone SE (第2世代)でも問題なく楽天モバイルUN-LIMITの物理SIM・eSIMが使えました。

 

なお、楽天モバイルでは現在先着300万名限定で月額料金1年間無料キャンペーンを実施中です。

契約はこちらからどうぞ!

 

▼先着300万回線は1年間無料▼

 

 

楽天UN-LIMITの記事一覧

 

タイトルとURLをコピーしました