人気4機種が2.6万円割引セール中!詳細はこちら 
iPhone端末

【画像解説】楽天モバイルのeSIMを機種変更してみた!iPhone/Androidの設定も 

記事内に広告が含まれています

 

楽天モバイル eSIM 機種変更 iPhone Android

 

本記事では、楽天モバイルでeSIMを機種変更する(他機種に移す)手順を解説します。

 

iPhone・AndroidスマホやRakuten Mini/Hand/Hand 5GなどではeSIMが使えます。

楽天モバイルのeSIMはWEB上で簡単に他端末に機種変更できます。

 

 

iPhoneのeSIM機種変更

 

すでにeSIMを入れた他機種から、iPhoneにeSIMを移す手順は以下のとおりです。

 

  1. マイページでSIM再発行手続き
  2. iPhoneでQRコード読み取り
  3. Rakuten Linkのインストール

 

簡単に言うと、マイページでeSIMの再発行手続きをして、新たに表示されたQRコードをiPhoneで読み取ると移行手続きは完了します。

 

マイページでeSIMを再発行

 

まず、楽天モバイルのマイページまたはアプリの「my楽天モバイル」でeSIMの再発行手続きをします。

ここからはWEBページの手順を記載しますが、アプリでもほとんど同じ手順で再発行できます。

 

WEBページのmy楽天モバイルを開いてログインし、「契約プラン・オプション設定」をタップ

 

楽天モバイル eSIM 機種変更 my楽天モバイル

 

「SIM再発行を申請する」を選択

楽天モバイル eSIM 機種変更 my楽天モバイル3

 

SIM再発行の理由は「その他」を選択し、SIMタイプは「eSIM」を選択

 

楽天モバイル eSIM 機種変更 my楽天モバイル

 

下部の「再発行を申請する」をタップします。

楽天モバイル eSIM 機種変更 my楽天モバイル

 

次の画面で、SIMのタイプがeSIMになっていることを必ず確認してください。

誤って通常のSIMにすると、SIMカードが送られてくるまで使えなくなります。

 

楽天モバイル eSIM 機種変更 my楽天モバイル

 

次へ進むをタップすると申し込みが完了します。

3分ほど待つと、登録アドレスに「受付完了のお知らせ」と「eSIMプロファイルダウンロードのお願い」という2通のメールが来ます。

 

楽天モバイル eSIM 機種変更 my楽天モバイル8

 

この時点で、元に入れていた機種は圏外になりました。

 

 

iPhoneにeSIMを再設定

 

「eSIMプロファイルダウンロードのお願い」のメールが届いたら、eSIMを入れたいiPhoneとは別の機種で「お申し込み履歴を見る」をタップします。

 

楽天モバイル eSIM 機種変更 my楽天モバイル

 

画面中段の「eSIM開通用のQRコードを表示する」をタップします

 

楽天モバイル eSIM 機種変更 my楽天モバイル

 

すると、QRコードが表示されます。

このQRコードをeSIMを入れたいiPhoneで読み取ります。

 

読み取り時はWi-Fiに接続(または物理SIMでのデータ通信ができる状態に)してください

 

まず、設定 → モバイル通信 から、「モバイル通信プランを追加」をタップします。

 

 

カメラが起動しますので、my楽天モバイルに表示されているQRコードを読み取ってください。

 

この作業中はiPhoneがWi-Fi、もしくは物理SIMのデータ通信に接続している必要があります

 

 

QRコードを読み込んだ後、「モバイル通信プランを追加」をタップ

 

 

すると、副回線の部分が「アクティベート中…」と表示され、しばらくすると「オン」になります。

 

 

この時点で楽天モバイルが繋がるようになるはずです。

しばらくすると左上に「Rakuten 4G」(または5G)と表示され、データ通信ができるようになりました。

 

 

念のため、Wi-FiをOFFにしてデータ通信や通話ができるか確認してください。

 

もし繋がらない場合は、「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」からiOSを最新にアップデートしてください。

また、古いプロファイルが残っていると接続できないので、「設定」→「一般」→「VPNとデバイス管理」から構成プロファイルが残っていないか確認してください。

 

Rakuten Linkインストール

 

Rakuten Link

 

最後に、Rakuten Linkをインストールしましょう。

Rakuten Linkを使って電話をかければ、国内通話は無料でかけ放題です。

詳細Rakuten Linkでできること

 

Rakuten Link

Rakuten Link

無料

 

iOS版はSMS認証不要でインストールできます。

以上で設定はすべて完了です。

 

 

AndroidのeSIMの機種変更

 

Google Pixel 7 楽天モバイル

 

すでにeSIMを入れた他機種から、AndroidスマホにeSIMを移す手順は以下のとおりです。

 

  1. マイページでSIM再発行手続き
  2. スマホでQRコード読み取り
  3. Rakuten Linkのインストール

 

簡単に言うと、マイページでeSIMの再発行手続きをして、新たに表示されたQRコードをAndroidスマホで読み取ると移行手続きは完了します。

 

マイページでeSIMを再発行

 

まず、楽天モバイルのマイページまたはアプリの「my楽天モバイル」でeSIMの再発行手続きをします。

ここからはWEBページの手順を記載しますが、アプリでもほとんど同じ手順で再発行できます。

 

WEBページのmy楽天モバイルを開いてログインし、「契約プラン・オプション設定」をタップ

 

楽天モバイル eSIM 機種変更 my楽天モバイル

 

「SIM再発行を申請する」を選択

楽天モバイル eSIM 機種変更 my楽天モバイル3

 

SIM再発行の理由は「その他」を選択し、SIMタイプは「eSIM」を選択

 

楽天モバイル eSIM 機種変更 my楽天モバイル

 

下部の「再発行を申請する」をタップします。

楽天モバイル eSIM 機種変更 my楽天モバイル

 

次の画面で、SIMのタイプがeSIMになっていることを必ず確認してください。

誤って通常のSIMにすると、SIMカードが送られてくるまで使えなくなります。

 

楽天モバイル eSIM 機種変更 my楽天モバイル

 

次へ進むをタップすると申し込みが完了します。

3分ほど待つと、登録アドレスに「受付完了のお知らせ」と「eSIMプロファイルダウンロードのお願い」という2通のメールが来ます。

 

楽天モバイル eSIM 機種変更 my楽天モバイル8

 

この時点で、元に入れていた機種は圏外になりました。

 

スマホでeSIMを読み取る

 

eSIMを再発行しましたでの、続いて新しいAndroidスマホで読み取る手順です。

 

「eSIMプロファイルダウンロードのお願い」のメールが届いたら、eSIMを入れたいAndroidスマホとは別の機種で「お申し込み履歴を見る」をタップします。

 

楽天モバイル eSIM 機種変更 my楽天モバイル

 

画面中段の「eSIM開通用のQRコードを表示する」をタップします

 

楽天モバイル eSIM 機種変更 my楽天モバイル

 

すると、QRコードが表示されます。

これを新しくeSIMを入れたいAndroidスマホで読み取ります。

Androidスマホは事前にWi-Fiに接続しておいてください。

 

ここではGoogle Pixel 6で操作していますが、表示は端末によって異なります

 

Androidスマホの「設定」→「ネットワークとインターネット」→「モバイルネットワーク」をタップします。

SIMの横にある「+」ボタンをタップします。

 

楽天モバイル eSIM 機種変更 my楽天モバイル Android1

 

下段の「eSIMをダウンロードして番号を追加」をタップ

 

楽天モバイル eSIM 機種変更 my楽天モバイル Android2

 

カメラが起動するので、マイページに表示されたQRコードを読み取ります。

この時、端末が必ずWi-Fiに接続していることを確認してください。

 

読み取ると「Rakutenを利用しますか?」と表示されます。

「ダウンロード」をタップしてください。

楽天モバイル eSIM 機種変更 my楽天モバイル Android3

 

しばらくするとダウンロードが完了し、楽天モバイルのeSIMが使えるようになります。

必要に応じて設定画面から通話・データ通信・SMSをどのSIMで行うか設定してください。

 

楽天モバイル eSIM 機種変更 my楽天モバイル Android4

 

なお、楽天モバイルで購入したスマホや一部の対応端末以外はAPN設定が必要です。

 

APN設定

 

楽天モバイルで購入した端末や、楽天モバイルの対応端末はeSIMをダウンロードすると自動でAPNが設定され、すぐに通話やデータ通信が可能になります。

しかし、それ以外の端末は手動でAPN設定が必要です。

 

「設定」→「ネットワークとインターネット」→「SIM」をタップして楽天モバイルのeSIMを選択し、、「アクセスポイント名」の欄に以下を入力してください。

 

<AndroidのAPN>

項目 入力内容
APN名 (任意)
APN rakuten.jp
MCC 440
MNC 11
APN
タイプ
default,supl,dun
APN
プロトコル
IPv4/IPv6
APNローミング
プロトコル
IPv4/IPv6
PDPタイプ IPv4/IPv6

※APNタイプでdunが入力不可の場合、「default,supl」または「default,supl,tether」と入力
※PDPタイプは入力箇所なし

 

入力後に保存したら、念のためWi-FiをOFFにしてネットに繋がるか確認してください。

 

Rakuten Linkインストール

 

Rakuten Link

 

最後に、Rakuten Linkをインストールします。

 

Androidスマホにはもとから電話アプリが入っていますが、この楽天Linkから発信すると国内通話がほぼ無料です。

必ずこちらから発信しましょう。

詳細Rakuten Linkでできること

 

Rakuten Link

Rakuten Link

無料

 

Rakuten Linkで電話の発信・着信・通話とSMSの送受信ができるか確認してください。

問題なくできれば、設定は完了です。

 

 

楽天モバイルのeSIM機種変更の注意点

 

eSIM機種変更時の電話番号

 

楽天モバイルのeSIMを他機種に移した場合も電話番号はそのままです。

新しい機種でもこれまで通りの電話番号で使えます。

 

自身の電話番号はマイページに表示されています。

 

楽天モバイル eSIM 機種変更 電話番号

 

eSIMの機種変更ができる時間

 

楽天モバイルのeSIMの機種変更は24時間いつでも可能です。

アプリやマイページは基本的にいつでも使えるので、QRコードもすぐ表示されます。

深夜に手続してもすぐ表示されるので、翌朝まで待つ必要はありません。

 

ただし、ごくまれにアプリやマイページがメンテナンスで使えない場合もあります。

 

iPhoneはeSIMクイック転送に対応

 

iOS16以降にアップデートしたiPhoneにはeSIMクイック転送という機能があります。

これは、他機種に入れたSIM/eSIMをiPhone上の手続きのみで他のiPhoneのeSIMに移し替える機能です。

元のSIMが通常のnanoSIMでもeSIMに転送できるのがメリットです。

 

楽天モバイルはこのeSIMクイック転送に対応しています。

eSIM→eSIMはもちろん、現在nanoSIMを使っている方もnanoSIM→eSIMへの変更が可能です。

手数料もかかりませんので、こちらを参考に移行をしましょう。

詳細eSIMクイック転送を使う | Apple

 

なお、eSIMクイック転送は移行元・移行先の両方のiPhoneがiOS16以上であることが条件です。

移行前に必ず両方のiPhoneのiOSを最新にアップデートしましょう。

iOS16にアップデートできるのはiPhone8以降の機種で、iPhone7までの機種はiOS16にアップデートできないので使えません。

 

eSIM再発行手数料は無料

 

eSIMを再発行して別の機種に移す場合、手数料は無料です。

以前は3,300円の手数料がかかりましたが、現在は機種変更・再発行しても手数料はかかりませんので安心してください。

 

切り替え時も不通期間なし

 

楽天モバイルのeSIMの再発行・再設定はすぐに完了します。

my楽天モバイルでeSIMの再設定を申し込むと、すぐに画面上でQRコードが表示されて新しい機種で読み取りが可能です。

 

eSIMを新規で申し込む場合のように、用紙が届くのを待つ必要はありませんので安心です。

 

eSIMの機種変更ができない場合

 

私は何度も楽天モバイルのeSIMの機種変更を行っていますが、過去に一度だけ機種変更できない/開通できないことがありました。

マイページで再発行手続きをしていると「お手続きに失敗しました」と表示され、QRコードが表示されませんでした。

 

楽天モバイル eSIM 機種変更 できない

 

この場合、しばらく待つと解決するようです。

私も20分ほど待つと問題なくプロファイルが発行され、QRコードが表示されて開通できるようになりました。

同じような表示になった場合は少し待ってみましょう。

 

QRコードが読み取れない場合

 

楽天モバイルのeSIM設定時にQRコードが読み取れない場合があります。

原因はおおむね以下の2つです。

 

  • Wi-Fiに接続していない
  • 読み取り方法が誤っている

 

Wi-Fi接続が必要

 

eSIM設定時にQRコードを読み取る際にはWi-Fiへの接続が必要です。

スマホをWi-Fiに接続した上でQRコードを読み取りましょう。

 

機種変更時はカメラで読み取りNG

 

また、eSIMを機種変更する際にはmy楽天モバイルのQRコードを読み込みます。

この場合はカメラでQRコードを読み込んでも接続できません。

 

iPhoneの場合は、「設定」→「モバイル通信」→「モバイル通信プランを追加」をタップするとカメラが起動するので、そこでQRコードを読み込んでください。

 

 

Google Pixelなどのアンドロイド端末の場合、「設定」→「ネットワークとインターネット」から、「SIM」の横にある「+」マークをタップします。

「SIMのダウンロード」というページが表示されたら「次へ」とタップするとQRコード読み取り用のカメラが起動します。

楽天モバイル eSIM 機種変更 my楽天モバイル Android1

 

機種変更時もWi-Fiに接続した上で読み取ってください。

 

楽天モバイルのeSIM契約はこちら

 

以上、楽天モバイルでeSIMを使う手順の解説でした。

 

楽天モバイルはエリアや使える端末に制限があるものの、3GB+通話し放題で月1,078円、データ使い放題でも月額3,278円の料金は大きな魅力でおすすめです。

 

これから楽天モバイルに契約される方は、必ずキャンペーン情報を確認してください。

SIMのみ契約でも高額のポイントが還元されます。

詳細楽天モバイルのキャンペーン情報

 

▼使い放題・かけ放題で3,278円▼
(3GB+かけ放題は1,078円)


楽天モバイルの特徴はこちら 

 

 

 

楽天モバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました