【11/29~】iPhone14と14 Plusが値下げ!詳細はこちら 

楽天モバイルでiPhone11が使える!設定・機種変更・eSIMも解説

iPhone

 

iPhone11

 

本記事では、楽天モバイルでiPhone11・iPhone11 Pro・iPhone11 Pro Maxを使う手順を解説します。

 

iPhone11シリーズでも楽天モバイルの物理SIM・eSIMが使え、機種変更も可能です。

ただし回線の自動切り替えや5Gには非対応なので、個人的には楽天モバイルでiPhone12・iPhone SE 第3世代以降の機種を買って使うのがおすすめです。

 

本記事ではiPhone11とだけ記載していますが、iPhone11 Pro・11 Pro Maxも同じです

 

▼SIMのみで8000P還元中▼

 

楽天モバイルでiPhone11は使える?

 

楽天モバイル アンリミット iPhone11

 

iPhone11には正式に対応

 

楽天モバイルアンリミットではiPhone11は動作確認済みです。

2021年4月に動作保証され、使える機能も増えました。

詳細楽天回線で使えるiPhone | 楽天モバイル

 

ただし、のちほど解説するとおり一部の機能には非対応です。

 

iPhone11で使えるSIM

 

nanoSIMが使える

 

iPhone11のSIMサイズはnanoです。

楽天モバイルのSIMは自分でSIMサイズを変更できるマルチSIMで、nanoは最も小さいサイズなので今使っている楽天モバイルのSIMはそのままiPhone11で使えます。

iPhone11 ProもiPhone11 Pro Maxもnanoです。

 

また、iPhone11シリーズはeSIMにも対応しているので、楽天モバイルではeSIMを選択するのもおすすめです。

 

eSIM対応のデュアルSIM

 

iPhone11シリーズでは楽天モバイルのeSIMも使えます

nanoSIMと同様に通話・データ通信やSMSも可能です。

 

楽天モバイルのeSIMはネット上で気軽に発行・機種変更(他端末への移し替え)や通常SIMとのSIMタイプの変更が可能で、国内のスマホキャリアでは最もおすすめです。

 

また、iPhone11シリーズは全て通常SIMとnanoSIMを併用できるデュアルSIM対応端末です。

楽天モバイルでeSIMを選べば他社のnanoSIMと併用でき、1台のスマホで仕事用とプライベート用のSIMを分けることもできます。

 

eSIMクイック転送にも対応

 

iOS16以降にアップデートしたiPhoneにはeSIMクイック転送という機能があります。

これは、他機種に入れたSIM/eSIMをiPhone上の手続きのみで他のiPhoneのeSIMに移し替える機能です。

元のSIMが通常のnanoSIMでもeSIMに転送できるのがメリットです。

 

楽天モバイルはこのeSIMクイック転送に対応しています。

eSIM→eSIMはもちろん、現在nanoSIMを使っている方もnanoSIM→eSIMへの変更が可能です。

手数料もかかりませんので、こちらを参考に移行をしましょう。

詳細eSIMクイック転送を使う | 楽天モバイル

 

なお、楽天モバイルのeSIMクイック転送は移行元・移行先の両方のiPhoneがiPhone11以降(iPhone SE 第2世代を除く)で、iOS16以上であることが条件です。

 

  • 対象機種:iPhone11以降(iPhone SE 第2世代を除く)
  • iOS:iOS16以降

 

移行前に必ず移行元・移行先の両方のiPhoneのiOSを最新にアップデートしましょう。

 

ただし、楽天モバイルでeSIMクイック転送ができるのはiPhone11以降の機種のみなので注意してください。

iPhone8以降の機種ならiOS16にアップデートできますが、楽天モバイルのeSIMクイック転送は対象外です。

詳細eSIMクイック転送の対象機種と事前準備 | 楽天モバイル

 

SMS・テザリングも可能

 

iPhone11に楽天モバイルのSIM・eSIMを入れると、SMSもテザリングも可能です。

 

楽天モバイルはテザリングが無料でできますし、データ使い放題でも3,278円と安いので、モバイルルーター代わりにテザリングするのもおすすめです。

 

iPhone11で使える機能

 

iPhone11に楽天モバイルのSIMを挿すと、以下の機能が使えます。

 

  • 4Gデータ通信
  • 通話
  • SMS
  • APN自動設定
  • 緊急地震速報・津波警報などの受信
  • 110/119などでの高精度な位置測位

 

通話・データ通信・SMSはもちろん、2021年4月27日以降にAPNの自動設定やETWS(緊急地震速報・津波警報などの受信)などにも対応しました。

 

これまではSIM挿入後にAPN設定が必要でしたが、現在はSIMを入れてキャリア設定アップデートをすると自動で接続設定が完了します。

 

iPhone11で使えない機能

 

5Gには非対応

 

iPhone11シリーズは5Gに対応していません。

5Gに対応しているのはiPhone12・iPhone SE 第3世代以降の機種です。

 

現時点では楽天モバイルの5Gエリアは狭く、5Gでしか楽しめないコンテンツもないので気にする必要はありません。

しかし、1~2年もするとエリアも広がり5G通信が主流になります。

これから端末を買う方で長く使う方は5G対応のiPhoneを買うのがおすすめです。

詳細楽天モバイルで販売中のiPhone一覧

 

回線自動切り替え非対応

 

パートナー回線しか掴まない?

 

また、iPhone11シリーズは回線の自動切り替えに対応していません。

詳細回線切り替えへの対応 | 楽天モバイル公式サイト

 

一度パートナー回線(au回線)の電波を掴むと、自社回線エリアに入っても楽天回線に切り替わらず、パートナー回線エリアの容量を消費し続ける場合があります。

 

現在自社回線/パートナー回線のどちらに接続しているかは、アプリ「my 楽天モバイル」で確認できます。

 

楽天モバイル 自社回線 パートナー回線 知る方法

 

楽天回線に切り替える方法

 

パートナー回線を掴んでいる場合、自社エリア内に戻ったら一度機内モードをON→OFFにし、自社回線を掴み直す作業が必要です。

これはiPhone SE 第2世代以前のiPhoneはすべて同じで、面倒ですが仕方がありません。

(エリアや電波状況によって、実際には自動で切り替えられることもあります)

 

なお、iPhone12シリーズ以降はiOS14.4以降でキャリア設定アップデートをすると回線の自動切り替えにも対応します。

 

iPhone使うならおすすめは?

 

これから楽天モバイルでiPhoneを使いたい方は、iPhone12以降かiPhone SE 第3世代以降のiPhoneがおすすめです。

iPhone12以降やiPhone SE 第3世代以降の機種であれば、自社回線とパートナー回線が混在するエリアでは自社回線を優先的に接続してくれますし、回線の自動切り替えにも対応しています。

 

また、5Gにも対応しています。

楽天モバイルの5Gエリアはまだまだ狭いですが、1~2年後にはかなり使えるようになります。

iPhoneを長く使う方は今から5G対応のiPhoneを買っておいたが方が良いでしょう。

詳細楽天モバイルで販売中のiPhone一覧

 

<iPhoneの対応状況>

6S・SE
~X
XS・XR
11・SE2
12以降
SE3以降
楽天モバイル
正式対応
自社回線に
優先接続
×
回線の自動
切り替え
××
5G対応××

詳細回線切り替えへの対応 | 楽天モバイル公式サイト

 

これからiPhoneを買う方は楽天モバイル公式サイトで購入できます。

端末のみ買う方は楽天モバイル公式サイトより、購入金額に応じて楽天ポイントが還元される楽天モバイル 楽天市場店の方がお得です。

 

また、できるだけ安く買いたい方は楽天市場や中古スマホ店(イオシス・じゃんぱらなど)も検討しましょう。

中古はもちろん、未使用品も安い価格で購入できます。

 

 

▼SIMのみで8000P還元中▼

 

iPhone11/11Proは買える?価格は?

 

iPhone11/11Proの販売はなし

 

楽天モバイルでは現在、iPhone11/11Pro/11 Pro Maxの販売はありません。

楽天モバイル公式サイトはもちろん、楽天モバイル楽天市場店でも販売していません。

現在買えるiPhoneはこちらを確認してください。

 

 

iPhone11/11 Proを買う方法

 

iPhone11シリーズはApple Storeでの販売も終了しました。

これからiPhone11・iPhone11 Proを購入したい方は中古スマホ店で購入できます。

 

楽天市場や中古スマホ店(イオシス・じゃんぱらなど)ならiPhone11・iPhone11 Pro・Pro Max安く買えますし、まだ未使用品も販売しています。

フリマアプリなどと違って保証もあるので、安く買いたい方は楽天市場や中古スマホ店を探してみましょう。

 

 

購入時は必ずSIMフリー版またはSIMロック解除済みの端末を買いましょう。

SIMロックがかかっていると楽天モバイルでは使えません。

 

iPhone11の下取り

 

楽天モバイルではiPhone/Androidの下取りを実施しています。

これから楽天モバイルで端末を買う方で、手元に使わない端末がある方は下取りを利用しましょう。

 

例えばSIMフリー版のiPhone11をお持ちの場合、記事執筆時点では以下の価格で下取ってもらえます。

 

<iPhone11の下取り価格例>

64GB128GB256GB
良品¥17,380¥19,310¥21,800
画面損傷¥5,210¥5,790¥6,560
外装損傷¥1,740¥1,930¥2,190

※他機種や最新の下取り価格はこちら

 

下取りは新しい端末を購入し、データ移行などを終えてから申込可能です。

下取りの詳細や手順はコチラのページを確認してください。

詳細スマホ下取りサービス | 楽天モバイル

 

楽天モバイルでiPhone11を使う手順

 

iPhone11で楽天モバイルのnanoSIMを使うには以下の手順が必要です。

 

  1. iPhone11本体を準備
  2. 楽天モバイルのSIMを挿入
  3. 端末初期設定・データ移行
  4. iOSのアップデート
  5. キャリア設定アップデート
  6. Rakuten Linkインストール

 

他社から楽天モバイルにMNPで乗り換える場合は、上記以外にMNP予約番号の発行や回線切り替えが必要です。

詳細楽天モバイルにMNPで乗り換える手順

 

iPhone11本体を準備

 

楽天モバイルではiPhone11は発売していませんが、持ち込みのiPhone11も使えます。

これから買う方は楽天市場などで端末のみを購入できますし、中古スマホ店(イオシスなど)でも購入可能です。

 

 

楽天モバイルではSIMフリー・またはSIMロック解除済のiPhone11しか使えません。

ドコモ・au・ソフトバンクで買ったiPhoneはSIMロック解除が必要です。

 

 

また、iPhone本体に他社のプロファイルが残っていると、設定をしても接続できません。

他のキャリアのSIMを挿してiPhoneを使っていた方は、「設定」→「一般」→「プロファイルとデバイス管理」をタップし、プロファイルがインストールされている場合には削除してください。

詳細プロファイルの削除手順 | 楽天モバイル

 

iPhone 11用のSIMを契約

 

iPhone11本体の準備ができたら、楽天モバイルのSIMカードを契約します。

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。

 

SIM

 

SIMカードは楽天モバイル公式サイトで購入できます。

基本的には画面の指示に従って進めていけばOKです。

 

MNP乗り換えの方の手順はこちらにまとめています。

詳細楽天モバイルにMNPで乗り換える手順

 

楽天モバイル MNP転入 MNP乗り換え

 

契約前には必ずキャンペーン情報を確認しましょう。

詳細楽天モバイルの最新キャンペーン

 

申込みが完了すると、登録されたメールアドレスに確認メールが送られます。

SIMは指定日に自宅に届きますが、それまでは「my 楽天モバイル」で状況を確認できます。

 

▼使い放題・かけ放題で3,278円▼
(3GB+かけ放題は1,078円)

 

楽天モバイルのSIMカードとiPhone11本体が手元に準備できたら、iPhone本体にSIMカードを挿入します。

本体右側面にあるSIMピンを穴に挿すとSIMスロットが開くので、SIMカードを入れて閉じます。

詳細iPhoneにSIMを差す – Apple

 

端末初期設定・データ移行

 

SIMを差した後にiPhone11の電源をONにすると、端末の初期設定が開始します。

この作業の中でデータ移行も可能です。

 

元の端末がiPhoneの方は、新しいiPhone11をセットアップする際に元のiPhoneを隣においておくだけでデータ移行が完了するクイックスタートが便利です。

事前に乗り換え元のiPhoneのiOSを最新にアップデートしたうえで、横に置いておきましょう。

 

AndroidからiPhoneへのデータ移行は「iOSに移行」というApple純正アプリを使うのがおすすめです。

こちらに詳しく記載されています。

詳細AndroidからiPhoneへのデータ移行 | Apple

 

iOSをアップデート

 

端末の初期設定が完了したらiOSを最新にアップデートしましょう。

アップデートは「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」からできます。

 

楽天モバイル iPhone iOS アップデート

 

アップデートはデータ消費量が大きいので、Wi-Fiに接続した状態で行いましょう。

アップデートは一度で終わらない場合もあります。

 

キャリア設定アップデート

 

最後に、「キャリア設定アップデート」を行います。

iOS14.4以降の方は楽天モバイルのSIMカードを入れてWi-Fiに接続した状態だと、以下のようなポップアップが画面に突然表示されます。

 

楽天モバイル キャリア設定アップデート iPhone

※画像はiPhone7だが他も同じ

 

この表示が出たら「アップデート」を押してください。

すぐにポップアップが消え、設定が変更されます。

 

もし表示を消してしまった場合も、しばらくすると再表示されます。

誤って「今はしない」をタップしてしまった場合も、「設定」→「一般」→「情報」に進むと再度ポップアップが表示されます。

 

なお、アップデートが完了していると「アップデート」は表示されません。

表示されなくても4Gデータ通信ができれば設定は完了しています。

 

Rakuten Linkのインストール

 

最後に、Rakuten Linkをインストールします。

 

Rakuten Linkを使って電話をかければ、国内通話は無料でかけ放題です。

必ずインストールしましょう。

詳細楽天Linkでできること

 

Rakuten Link

Rakuten Link

無料

 

iOS版はSMS認証不要でインストールできます。

また、認証を終えればパートナー回線エリアでもSMSの送受信が可能になります。

 

Rakuten Linkのインストールまで終われば、いよいよ楽天モバイルでiPhone11が使用できるようになります。

 

▼使い放題・かけ放題で3,278円▼
(3GB+かけ放題は1,078円)

 

 

iPhone 11でeSIMを使う手順

 

ここからは、eSIMを使うまでの申込手順を解説します。

 

  1. iPhone11本体を準備
  2. 端末の初期設定・データ移行
  3. iOSをアップデート
  4. eSIMを申し込み
  5. 回線の開通
  6. Rakuten Linkのインストール

 

iPhone 11本体を準備

 

まずはiPhone 11本体を用意しましょう。

楽天モバイルではiPhone11を販売していませんが、他で購入した持ち込みのiPhone11も使えます。

楽天市場では端末のみを購入できますし、中古スマホ店(イオシスなど)でも購入可能です。

 

 

ただし、楽天モバイルではSIMフリー・またはSIMロック解除済のiPhone11しか使えません。

ドコモ・au・ソフトバンク等で買ったiPhone11は事前にSIMロック解除が必要です。

 

 

また、iPhone本体に他社のプロファイルが残っていると、設定をしても接続できません。

「設定」→「一般」→「プロファイルとデバイス管理」をタップし、プロファイルがインストールされている場合には削除してください。

詳細プロファイルの削除手順 | 楽天モバイル

 

端末初期設定・データ移行

 

入手したiPhone11の電源をONにすると、端末の初期設定が開始します。

この作業の中でデータ移行も可能です。

 

元の端末がiPhoneの方は、新しいiPhone11をセットアップする際に元のiPhoneを隣においておくだけでデータ移行が完了するクイックスタートが便利です。

事前に乗り換え元のiPhoneのiOSを最新にアップデートしたうえで、横に置いておきましょう。

 

AndroidからiPhoneへのデータ移行は「iOSに移行」というApple純正アプリを使うのがおすすめです。

こちらに詳しく記載されています。

詳細AndroidからiPhoneへのデータ移行 | Apple

 

iOSをアップデート

 

端末の初期設定が完了したらiOSを最新にアップデートしましょう。

アップデートは「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」からできます。

 

楽天モバイル iPhone iOS アップデート

 

アップデートはデータ消費量が大きいので、Wi-Fiに接続した状態で行いましょう。

アップデートは一度で終わらない場合もあります。

 

eSIMを申し込み

 

他機種から変更する方はこちらをお読みください。
詳細楽天モバイルのeSIMを他機種に移す手順

 

続いて、楽天モバイル公式サイトでeSIMを申し込みます。

手続きは「楽天モバイル公式サイト」で進めます。

 

手順は基本的に画面の指示に沿って進めればOKです。

SIMタイプでは「eSIM」を選択するのを忘れないようにしてください。

 

楽天モバイル eSIM 申し込み

 

次に本人確認をします。

eSIMを契約する場合は必ず「AIかんたん本人確認(eKYC)」を選びましょう。

 

楽天モバイル MNP転入 MNP乗り換え

 

次の画面で、MNPか新規契約かを選びます。

 

楽天モバイル eSIM 申し込み2

 

MNPの方は、次の画面で発行したMNP予約番号・有効期限や電話番号を入力してください。

MNP乗り換えの方の手順はこちらにまとめています。

詳細楽天モバイルにMNPで乗り換える手順

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

最後に、支払い方法を選びます。

楽天カードをお持ちでない方は必ずこちらから発行しましょう。

 

楽天カードなら支払金額に応じて1%の楽天ポイントが貯まりますし、端末代金の分割手数料も無料です。

もちろん年会費などは無料です。

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

▼楽天カードは持っておこう▼

 

あとは画面の指示に従って手続きを進めていけばOKです。

申込みが完了すると、登録されたメールアドレスに確認メールが送られます。

 

回線の開通

 

eSIMは申し込み後すぐに回線の開通手続きができます。

この作業は、eSIMを入れたいスマホをWi-Fiに接続したうえで行いましょう

 

Wi-Fiに接続し、my 楽天モバイルにアクセス、ログイン

申し込み番号をタップ

 

楽天モバイルeSIM設定手順

 

「楽天回線の開通手続きを行う」をタップ

 

楽天モバイルeSIM設定手順

 

「続ける」をタップ

 

楽天モバイル eSIM iPhone XS

「モバイル通信プランを追加」をタップ

 

楽天モバイル eSIM iPhone XS

 

次の画面で、複数のSIMを入れている方はここでSIMごとの名前を変更できます。

私は「楽天eSIM」としました。

 

楽天モバイル eSIM iPhone XS

 

その後、複数のSIMを入れている場合はデフォルトの回線やiMessage・Facetimeを使う回線を選択します。

それが終わり「開通手続きが完了しました」と表示されれば設定は完了です。

 

楽天モバイル eSIM iPhone XS

 

Wi-FiをOFFにし、4Gデータ通信ができるか確認してください。

 

Rakuten Linkのインストール

 

最後に、Wi-Fiに接続したうえでRakuten Linkをインストールします。

 

Rakuten Linkを使って電話をかければ、国内通話はかけ放題になります。

必ずインストールしましょう。

詳細楽天Linkでできること

 

Rakuten Link

Rakuten Link

無料

 

iOS版はSMS認証不要でインストールできます。

また、認証を終えればパートナー回線エリアでもSMSの送受信が可能になります。

 

以上で設定はすべて完了です。

 

▼使い放題・かけ放題で3,278円▼
(3GB+かけ放題は1,078円)

 

 

iPhone11に機種変更する

 

すでに楽天モバイルのSIMを契約している方も、他で購入したiPhone11に機種変更できます。

手順は以下のとおりです。

 

  1. iPhone11本体を準備
  2. SIMを差し替え
  3. 端末初期設定・データ移行
  4. iOSのアップデート
  5. キャリア設定アップデート
  6. Rakuten Linkインストール

 

機種変更の手順を簡単に言うと、iPhone11本体にSIMを差し替えたあとにキャリア設定アップデートをすれば完了です。

設定完了後にRakuten Linkをインストールしてください。

 

iPhone 11本体を準備

 

まずはiPhone11本体を用意しましょう。

楽天モバイルではiPhone11を販売していませんが、他で購入した持ち込みのiPhone11も使えます。

楽天市場では端末のみを購入できますし、中古スマホ店(イオシスなど)でも購入可能です。

 

 

ただし、楽天モバイルではSIMフリー・またはSIMロック解除済のiPhone11しか使えません。

ドコモ・au・ソフトバンク等で買ったiPhone11は事前にSIMロック解除が必要です。

 

 

また、iPhone本体に他社のプロファイルが残っていると、設定をしても接続できません。

「設定」→「一般」→「プロファイルとデバイス管理」をタップし、プロファイルがインストールされている場合には削除してください。

詳細プロファイルの削除手順 | 楽天モバイル

 

SIMの差し替え

 

既に楽天モバイルのSIMを契約している方は、現在の端末からSIMを抜き、iPhone11に差し替えてください。

 

eSIMの方は次章で解説する初期設定が完了した後にWEBから再設定が必要です。

手順はこちらをお読みください。

詳細楽天モバイルのeSIMを機種変更する

 

端末初期設定・データ移行

 

SIMを差し替えた後にiPhone11の電源をONにすると、端末の初期設定が開始します。

この中でデータ移行も可能です。

 

元の端末がiPhoneの方は、新しいiPhone11をセットアップする際に元のiPhoneを隣においておくだけでデータ移行が完了するクイックスタートが便利です。

事前に乗り換え元のiPhoneのiOSを最新にアップデートしたうえで、横に置いておきましょう。

 

AndroidからiPhoneへのデータ移行は「iOSに移行」というApple純正アプリを使うのがおすすめです。

こちらに詳しく記載されています。

詳細AndroidからiPhoneへのデータ移行 | Apple

 

iOSをアップデート

 

初期設定完了後に、Wi-Fiに接続したうえで端末のiOSを最新にアップデートしましょう。

アップデートは「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」からできます。

 

楽天モバイル iPhone iOS アップデート

 

アップデートはデータ消費量が大きいので、Wi-Fiに接続した状態で行いましょう。

アップデートは一度では終わらない場合もあります。

 

キャリア設定アップデート

 

iPhoneにSIM・eSIMを差し替えたあとには、キャリア設定アップデートが必要な場合があります。

 

iOS14.4以降になっていれば、Wi-Fiに接続して楽天モバイルのSIMカードを入れると以下のようなポップアップが画面に突然表示されます。

 

楽天モバイル キャリア設定アップデート iPhone

※画像はiPhone7

 

この表示が出たら「アップデート」を押してください。

すぐにポップアップが消え、設定が変更されます。

 

もし表示されない場合も、しばらくすると再表示されます。

誤って「今はしない」をタップしてしまった場合も、「設定」→「一般」→「情報」に進むと再度ポップアップが表示されます。

 

なお、このアップデート画面は表示されない場合もありますが、4Gデータ通信ができれば問題ありません。

 

Rakuten Linkのインストール

 

最後に、Rakuten Linkをインストールします。

詳細楽天Linkでできること

 

Rakuten Linkを使って電話をかければ、国内通話は無料でかけ放題です。

必ずインストールしましょう。

 

Rakuten Link

Rakuten Link

無料

 

iOS版はSMS認証不要でインストールできます。

また、認証を終えればパートナー回線エリアでもSMSの送受信が可能になります。

 

以上で機種変更は完了です。

 

 

iPhone11が圏外/繋がらない場合

 

本記事の手順を踏んでも圏外のままの場合、原因は主に以下です。

 

  • 回線が未開通(MNPの方)
  • iPhoneがSIMロック未解除
  • 別のプロファイル残っている

 

回線が開通していない

 

MNPで他社から番号そのままで乗り換えた場合や、楽天モバイルMVNOのドコモ・au回線から楽天UN-LIMITに乗り換えた方は、SIMが届いたあとに回線の切り替え手続きが必要です。

この手続きをしないと、そもそも楽天モバイルのSIMが繋がりません。

 

my楽天モバイルにアクセスし、「お申し込み履歴」から回線切り替えを行ってから、本記事の手順を踏んでください。

詳細回線切替の手順 | 楽天モバイル

 

SIMロックされている

 

楽天モバイルで使えるiPhoneはSIMフリーまたはSIMロック解除済みの端末のみです。

ドコモ・au・ソフトバンクやワイモバイル・UQモバイルで買ったiPhoneは事前にSIMロック解除してください。

 

 

プロファイルが残っている

 

他のキャリア(格安SIMや楽天モバイルのドコモ・au回線)から機種変更される方は、元のキャリアのプロファイルが残っている場合があります。

 

「設定」→「一般」→「プロファイルとデバイス管理」をタップし、プロファイルがあれば削除してください。

詳細プロファイルの削除手順 | 楽天モバイル

 

楽天モバイル×iPhone11の口コミ

 

この章では、SNSなどからiPhone11で楽天モバイルを使っている方の口コミを集めました。

ほとんどが「料金が安くなった」「(端末関係なく)楽天モバイルが繋がりにくい」といった口コミがほとんどですが、その中から気になる口コミをピックアップします。

 

デュアルSIM/eSIMの口コミ

 

iPhone 11 ProがDSDS対応してたので楽天モバイルのeSIM契約してみた。早く準備できないかなー
引用Twitter

iPhone11で uqがメインで楽天モバイルをeシムで入れてるから二つの番号が携帯に入ってる感じ
uqそろそろ解約しようとは思ってる
5分話し放題あるとラインない所へかけるときありがたいよね
引用Twitter

 

iPhone11シリーズは通常のSIM(nanoSIM)とeSIMが使えるデュアルSIM対応端末です。

そのため、楽天モバイルのSIMと他社のSIMを併用できます。

 

仕事用とプライベート用でスマホを2台持ちしていた方は、iPhone11なら1台で済みます。

もちろん通話用とデータ通信用でSIMを分けて料金を抑えたり、通信障害用にサブ回線を入れておくこともできます。

 

特に楽天モバイルのeSIMは非常に使いやすいので、2枚のSIMを入れる場合は楽天モバイルをeSIMにするのがおすすめです。

詳細楽天モバイルのSIMを他社と併用する方法

 

回線自動切り替えの口コミ

 

iPhone11は自動切り替え非対応

 

楽天モバイルが常にパートナー回線になっていておかしいなぁと思ったらiphone11だと戻す時は機内モードを使ってリセットしないと行けないのか、めんどくせー。
引用Twitter

 

iPhone11シリーズは回線の自動切り替えに対応していません。

そのため、パートナー回線に接続中に楽天回線エリアに入っても自動で楽天回線に切り替えてくれないため、パートナー回線の容量(最大5GB)を消費し続けてしまいます。

 

楽天モバイルアプリで楽天回線/パートナー回線のどちらに接続中か表示されていますので、パートナー回線の場合は機内モードON→OFFをして自社回線に切り替えてみましょう。

 

楽天モバイル 自社回線 パートナー回線 知る方法

 

実際には自動で切り替わることも

 

iPhone 11 Pro Maxなのに自動的にパートナーエリアと楽天エリア切り替わっている
引用Twitter

 

ただし、実際には自動で切り替わる場合もあります。

私も同じく回線の自動切り替えに対応していないiPhone SE 第2世代を使っていましたが、自動で切り替わっていました。

また、都内などではパートナー回線エリアがなくなったため、そもそもこの問題は起きにくくなっています。

 

ただし、全国的にはまだまだパートナー回線エリアはあります。

気になる方は回線の自動切り替えに対応しているiPhone12以降またはiPhone SE 第3世代以降の機種を買いましょう。

楽天モバイルでも最新のiPhoneを販売していますし、SIM契約とセットで購入すればキャンペーンでかなりお得に購入できます。

 

 

また、すでに楽天モバイルを契約している方は他で端末のみを購入して持ち込みも可能です。

Apple Storeで買っても良いですし、安く買いたい方は楽天市場や中古スマホ店(イオシスなど)で中古や未使用品を探してみてください。

 

 

楽天モバイルのキャンペーン

 

楽天モバイルでは現在以下のキャンペーンを実施しています。

iPhone11用にSIM・eSIMを契約される方は、必ず下記キャンペーンを適用しましょう。

 

現在、以下のキャンペーンを適用するのが一番お得です。

 

  1. エントリーで楽天ポイント進呈
  2. SIM契約で8,000P進呈

詳細キャンペーン・特典一覧

 

エントリーでポイント還元

 

楽天モバイル契約時には、必ず事前に以下に全てエントリーしましょう。

楽天会員だけでなく、楽天カード保有者・楽天証券口座保有者は事前にエントリーしてからWEBで申し込むことで楽天ポイントがさらに増額されます。

 

また、楽天市場や楽天サービスで使えるクーポンがもらえるキャンペーンもあります。

 

 

併用不可のキャンペーンもありますが、とりあえず全てにエントリーしてから楽天モバイルに申し込みましょう。

特に年会費・入会金無料の楽天カードをお持ちでない方は必ずカードを申し込みましょう。

同時に申し込めば最大10,000Pが追加で還元されます。

 

▼楽天カードは必携▼

詳細楽天カード×楽天モバイル申し込みキャンペーン

 

上記の中には店舗で申し込むと対象外のものがあるので、楽天モバイルは楽天モバイル公式サイトで申し込むのがおすすめです。

 

SIM契約で8000P還元

 

楽天モバイルにSIMのみで初めて契約すると、だれでも楽天ポイントが8,000P還元されます。

新規・MNPはもちろん、楽天モバイルのドコモ・au回線からの乗り換えも対象です。

 

SIMが届いたら、すぐにRakuten Linkで10秒以上通話しましょう。

申し込み翌月までに10秒以上の通話がないとポイントは還元されません。

詳細SIM契約で3,000P還元キャンペーン | 楽天モバイル

 

▼SIMのみで8000P還元中▼

 

その他キャンペーン一覧はこちらにまとめています。

 

 

 

iPhone11用SIM購入は楽天モバイル公式サイトで

 

以上、楽天モバイルでiPhone11を使用する手順でした。

 

楽天モバイルでもiPhone11が使えます。

eSIMも使えますし、設定も簡単です。

 

これから楽天モバイルに契約される方は、必ずキャンペーン情報を確認してください。

SIMのみでも高額なポイントが還元されます。

詳細楽天モバイルのキャンペーン情報

 

▼iPhone11用SIMを購入▼

楽天モバイル公式サイト 

 

▼使い放題・かけ放題で3,278円▼
(3GB+かけ放題は1,078円)

 

 

 

楽天モバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました