【11/29~】iPhone14と14 Plusが値下げ!詳細はこちら 

楽天モバイルで機種変更する手順!自分で持ち込み機種に機種変更するやり方も

端末

 

▼iPhone14も最大24,000P還元▼

楽天モバイル iPhone14 予約

iPhone14予約ページはこちら 

 

本記事では、楽天モバイルUN-LIMITを契約中の方が機種変更する手順を解説します。

 

楽天モバイルでは端末のみ購入可能で、いつでも機種変更可能です。

また、iPhoneなどの持ち込み機種にも自分で機種変更できます。

 

 

iPhone14の価格・キャンペーンや発売日・予約開始日はこちら!
iPhone14の予約開始日とキャンペーン

 

▼端末のみも購入可能▼

楽天モバイル公式サイト 

 

楽天モバイルで機種変更する手順

 

楽天モバイル 機種変更

 

まずは楽天モバイルで販売中の端末を買って機種変更する方法を解説します。

楽天モバイルでは端末のみを購入できます。

 

端末のみを購入する方法はいくつかありますが、ここではmy楽天モバイルから手続きする方法を解説します。

下記記事を参考に、事前に使いたい端末を選んでおきましょう。

 

 

マイページで端末のみ購入

 

まず「my 楽天モバイル」にアクセスし、ログインする

右上のメニューボタンをタップ

 

楽天モバイル機種変更

 

申し込みを開き、「製品」をタップ

 

楽天モバイル機種変更

 

機種変更したい端末を選択し、「製品を選ぶ」をタップ

おすすめ機種は下記記事を参考にしてください。

詳細楽天モバイルのおすすめ機種

 

楽天モバイル機種変更

 

続いて、支払回数を選択します。

一括払い・24回分割払い・48回分割払いが選べますが、48回は楽天カードで支払う場合のみ可能です。

 

楽天モバイル機種変更

 

続いて、アクセサリーや保証オプションを選択します。

 

その際、「スマホ交換保証プラス」というオプションには最初からチェックが入っています

不要な方は必ず外してください。

 

楽天モバイル機種変更

 

続いて、配送先と配送日時を選択します。

配送先は楽天IDに登録されている住所が表示されます。

 

私は5月5日の夕方18時頃に手続きしましたが、翌々日の5月7日に指定が可能でした。

 

楽天モバイル機種変更

 

次に、申込内容の確認をします。

ここでも、不要なオプションなどにチェックが入っていないか確認してください。

また、SIMとのセット契約になっていないか必ず確認しましょう。

 

楽天モバイル機種変更

 

最後に、支払い方法を選択します。

 

楽天モバイル機種変更

 

以上で端末の購入は終了です。

 

繰り返しになりますが、端末のみ購入できているか(SIMとのセット契約になっていないか)必ず確認しましょう。
端末のみの購入は「楽天モバイル 楽天市場店」でも購入できます。

 

SIMを入れ替え

 

端末が届いたら、現在のスマホからSIMカードを抜き、新しいスマホにSIMを差し替えてください。

 

楽天モバイルで購入した端末はAPN設定不要で、SIMを挿せばすぐに通話・データ通信が可能です。

 

機種変更時のデータ移行

 

機種変更時のデータ移行も自分で作業が必要です。

 

データ移行は機種によって手順が異なります。

「(機種名) データ移行」などのワードでネット検索してみてください。

 

機種変更のキャンペーンは?

 

楽天モバイルはMVNO時代は機種変更キャンペーンを実施していましたが、現在はほとんど実施していません。

公式サイトで機種変更キャンペーンを待つより、楽天市場のキャンペーンを利用しましょう。

 

楽天モバイル 楽天市場店では、楽天モバイル公式サイトと同じ端末が端末のみ購入できます。

価格は公式サイトと同じですが、購入金額に応じて楽天ポイントが還元されるのでこちらのほうがお得です。

また、お買い物マラソンや0のつく日・5のつく日などの特典も利用できます。

 

▼端末のみ購入がお得▼

楽天モバイル楽天市場店 

 

 

持ち込み機種に自分で機種変更する

 

続いて、楽天モバイル以外で購入したスマホに機種変更する手順を解説します。

 

動作確認端末一覧を確認

 

楽天モバイルは使える端末が限られます。

自身で機種変更する場合には必ず「動作確認端末一覧」および「ご利用製品の対応状況確認」を確認しましょう。

 

動作確認端末一覧に記載のスマホは楽天モバイルで動作が保証されているので問題ありません。

ただし、同じ機種でもドコモ・au・ソフトバンクで発売された機種は対象外の場合があるので注意してください。

 

例えばXperia Aceは動作確認されていますが、使えるのは楽天モバイルで発売されたXperia Aceのみです。

ドコモで発売されたXperia Ace SO-02Lは使えません。

 

楽天モバイルで使えるiPhone

 

使えるiPhoneの条件は以下のとおりです。

 

  • SIMフリー or SIMロック解除済み
  • iPhone6S・初代SE以降の機種

 

以前はiPhone XS・XR以降の機種しか使えませんでしたが、2021年4月にiPhone6S・初代iPhone SE以降の機種は使えるようになりました。

ドコモ・au・ソフトバンクやワイモバイル・UQモバイルなどで買ったiPhoneも、SIMロック解除すれば楽天モバイルで使えます。

 

iPhoneを使う手順はこちらを確認してください。

 

 

なお、iPhone X以前の機種は楽天回線エリア内にいてもパートナー回線を掴みやすいです。

できればiPhone XS・XR以降の機種を選びましょう。

 

自分でiPhoneに機種変更する手順

 

他で購入した持ち込みのiPhoneに自分で機種変更する手順は以下のとおりです。

 

  1. iPhone本体を準備
  2. 端末にSIMを挿入
  3. セットアップ/データ移行
  4. iPhoneをアップデート

 

1~4の順番は前後する場合がありますが、必ずiPhoneのシステムアップデートを忘れないようにしてください。

 

iPhone本体を用意

 

まずはiPhone本体を用意しましょう。

ドコモ・au・ソフトバンクやワイモバイル・UQモバイルで購入したiPhoneはSIMロック解除が必要です。

 

 

これからiPhoneの端末のみを購入する方法は主に以下の3つです。

 

  • Apple Storeで購入
  • 楽天モバイル楽天市場店で購入
  • 通販サイト/中古スマホ店で購入

 

現在Apple StoreではiPhone13シリーズ・12/12mini・11・iPhone SE 第2世代を販売中です。

詳細iPhone | Apple(日本)

 

おすすめは楽天モバイル 楽天市場店です。

端末価格はApple Storeと同じで、楽天モバイル楽天市場店なら購入金額に応じて楽天ポイントが還元されます。

販売されているiPhoneはApple Storeも楽天モバイル楽天市場店も同じものなので、お得に買いたい方は楽天モバイル 楽天市場店で買いましょう。

 

▼高額ポイント還元でお得▼

楽天モバイル楽天市場店 

 

また、楽天市場スマホ通販のイオシス・じゃんぱらなどで新品・中古のiPhoneをかうのもおすすめです。

 

セットアップ/データ移行

 

端末を用意できたら、元の端末からSIMカードを抜き、iPhone本体にSIMを差し替えて電源をONにします。

すると初期設定とデータ移行が開始します。

 

データ移行も簡単です。

元の端末がiPhoneの方は、iPhoneを初期セットアップする際に元のiPhoneを隣においておくだけでデータ移行できます。

これをクイックスタートといいます。

詳細クイックスタート | Apple (日本) 

 

Androidを使っている方はクイックスタートはできませんので、他の手段が必要です。

おすすめは「iOSに移行」というAppleの純正アプリを使う方法です。

データ移行手順はこちらに詳しく記載されています。

詳細AndroidからiPhoneへのデータ移行 | Apple

 

システムアップデート

 

新しいiPhoneにSIMを差し替えたら、iPhoneを最新にアップデートしましょう。

アップデートは「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」からできます。

 

アップデートは大量のデータ容量を消費するので、必ずWi-Fiに接続してアップデートしてください。

 

アップデートすると、楽天モバイルで通話・データ通信などが自動設定され、すぐに使えるようになります。

 

APN設定は不要

 

楽天モバイルでiPhoneを使う場合、APN設定・プロファイルインストールは不要です。

システムアップデートで最新にしておけば、SIMを挿すと自動で接続設定され、通話・データ通信が可能になります。

 

なお、他社のSIMを入れて使っていたiPhoneを楽天モバイルで使う場合、前のプロファイルが残っている場合があります。

この古いプロファイルは事前に削除しないと楽天モバイルに接続できません。

 

「設定」→「一般」→「VPNとデバイス管理」をタップし、古いプロファイルがあれば削除してください。

 

詳しい手順は、こちらのページを確認してください。

詳細iPhoneの接続設定 | 楽天モバイル

 

▼端末のみならここがお得▼

楽天モバイル楽天市場店 

 

 

楽天モバイル使えるAndroid

 

必ず動作確認端末を確認

 

Androidを使う場合は楽天モバイルの取り扱い端末を買うか、「動作確認端末一覧」・「ご利用製品の対応状況確認」に記載のあるスマホを使いましょう。

記載のないスマホでも使える場合がありますが、設定は難しいのでおすすめしません。

 

また、古い機種は楽天回線エリア内でもパートナー回線を優先して接続する仕様になっています。

残念ながらどの機種が対象化はわかりません。

気になる方は動作確認されている機種を選びましょう。

 

自分でAndroidに機種変更する手順

 

自分で持ち込みのAndroidに機種変更する手順は以下のとおりです。

 

  1. 使いたい端末を用意
  2. SIMを差し替え
  3. APN設定
  4. Rakuten Linkインストール
  5. データ移行

 

端末本体を用意

 

まずは使いたいスマホ本体を用意しましょう。

Androidは使えない機種が多いので、必ず「動作確認端末一覧」と「ご利用製品の対応状況確認」を確認して使えるか確認しましょう。

少なくとも4Gデータ通信・通話・SMS(楽天回線/パートナー回線)に対応していないと使うのは難しいです。

 

これから端末を買う方も、必ず「動作確認端末一覧」に記載のある端末か、「ご利用製品の対応状況確認」で使えると記載のある端末を買いましょう。

 

一番おすすめなのは楽天モバイル 楽天市場店で買うことです。

楽天モバイルで動作確認されたスマホが端末のみで購入できます。

価格は楽天モバイル公式サイトと同じですが、購入金額に応じて楽天ポイントが還元される分こちらのほうがお得です。

 

▼端末のみならここがお得▼

楽天モバイル楽天市場店 

 

SIMを差し替え

 

端末を用意できたら、現在の端末からSIMを抜き、新しい端末に差し替えましょう。

 

SIM 差し替え

 

APN設定

 

SIMを差し替えたらAPN設定が必要です。

楽天モバイルで使えることになっているAndroidスマホは、

 

端末により異なりますが、例えばXperiaの場合は設定(歯車マーク) → ネットワークとインターネット → モバイルネットワーク → 最下段の詳細設定 → アクセスポイント名 をタップします。

 

右上のメニューをタップし、新しいAPNをタップします。

 

楽天モバイル Android 機種変更 APN設定

 

その後、以下の内容を入力します。

誤入力に注意してください。

 

<AndroidのAPN>

項目入力内容
APN名(任意)
APNrakuten.jp
MCC440
MNC11
APN
タイプ
default,supl,dun
APN
プロトコル
IPv4/IPv6
APNローミング
プロトコル
IPv4/IPv6
PDPタイプIPv4/IPv6

※APNタイプでdunが入力不可の場合、「default,supl」または「default,supl,tether」と入力
※PDPタイプは入力箇所なし

 

入力後に保存し、前の画面で入力したAPNを選択すればOKです。

一度機内モードをON→OFFにすると、楽天モバイルに接続されるはずです。

それでも繋がらない場合は「しばらく待つ」「端末を再起動する」「APNの入力ミスをチェックする」を試してみてください。

 

Rakuten Linkの設定

 

最後に、通話アプリ「Rakuten Link」の設定をします。

楽天モバイルではこのRakuten Linkを使って通話をすると、国内通話は無料でかけ放題です。

詳細楽天Linkでできること

 

また、各種ポイント還元キャンペーンは、申込だけでなく楽天Linkのアクティベートが条件となっています。

必ず認証まで終えておきましょう。

 

Rakuten Link

Rakuten Link

Rakuten,Inc.無料

 

SMSの認証をすれば楽天Linkの設定は完了です。

 

▼使い放題・かけ放題で3,278円▼
(3GB+かけ放題は1,078円)

 

データ移行

 

最後に前の機種からデータを移行しましょう。

データ移行の手順は機種によって異なるので、「(機種名) データ移行」などのワードでGoogle検索してみてください。

 

eSIMを機種変更する

 

既にeSIMを登録した端末から別のeSIM端末に機種変更もできます。

eSIM対応のiPhoneからiPhoneにも機種変更できます。

 

2020年にeSIMの再発行手数料が無料になったため、機種変更が簡単になりました。

 

私もiPhoneとPixelでeSIMの機種変更をし、こちらで手順を解説しています。

 

 

機種変更時のデータ移行

 

機種変更時のデータ移行も自分で作業が必要です。

 

iPhoneからiPhoneへの機種変更の場合は、新しい機種をセットアップする際に古い機種を隣においておくだけで移行できる「クイックスタート」が便利です。

詳細クイックスタート | Apple

 

AndroidからiPhoneへのデータ移行はこちらに詳しく記載されています。

詳細AndroidからiPhoneへのデータ移行 | Apple

 

iPhone/AndroidからAndroidへのデータ移行は機種によって手順が異なります。

「(機種名) データ移行」などのワードでネット検索してみてください。

 

 

お得にスマホのみを購入する方法

 

機種変更はSIMフリーのみ

 

繰り返しになりますが、楽天モバイルで使えるスマホはSIMフリー端末のみです。

ドコモ・au・ソフトバンクやワイモバイル・UQモバイルなどで買ったiPhoneはiPhone6S・初代SE以降なら使えますし、一部のAndroidも使えますが、SIMロック解除が必要です。

 

また、使えない機種も多いので必ず「動作確認端末一覧」と「ご利用製品の対応状況確認」を確認してください。

 

楽天市場で端末のみ購入

 

楽天モバイル公式サイトでは端末のみを購入できますが、楽天モバイル 楽天市場店でも端末のみが購入可能です。

 

楽天市場での買い物なので楽天ポイントを貯めたり使ったりできますし、楽天市場のセールやポイントアップも利用可能です。

 

楽天モバイル公式サイトと価格は同じですが、楽天ポイントが還元される分だけこちらがお得です。

 

▼端末のみ購入可能▼

楽天モバイル楽天市場店 

 

 

楽天カードは分割手数料無料

 

楽天モバイル公式サイトで端末を購入する場合、楽天カードでの支払いがおすすめです。

 

楽天カードで端末代金を支払えば分割時の手数料が無料です。

また、楽天カード支払い時のみ48回分割払いが選べます

 

楽天カードなら端末代金はもちろん、月額料金の支払い時にも1%の楽天ポイントが還元されます。

もしお持ちでない方は必ず発行しましょう。

もちろん年会費や入会金は無料です。

 

▼楽天カード払いがおすすめ▼

 

 

中古スマホも使える

 

取り扱い機種以外のiPhone・Androidを使いたい場合は、中古スマホを買って使うのもおすすめです。

欲しい端末が安値で販売されていないか、大手スマホ通販サイトのイオシスなども確認してみましょう。

 

中古や未使用品のiPhone・Androidが定価よりも格安で買える可能性があります。

私もよくイオシスでスマホを購入しています。

 

▼中古の格安在庫を探す▼

 

自分で機種変更時の注意点

 

必ず使えるか確認を

 

楽天モバイルで自分で機種変更する際、最も重要なことは楽天モバイルで使えるかどうか確認することです。

必ず動作確認端末一覧ご利用製品の対応状況確認のページで自身が使いたい端末が使えるか確認してください。

 

iPhoneはiPhone6S・初代iPhone SE以降の機種なら使えます。

ただし、iPhoneXまでの機種はパートナー回線の電波をつかみやすいなどのデメリットもあるので、iPhone XR・iPhone XS以降の機種がおすすめです。

 

Androidは使えない機種も多いです。

家電量販店や格安SIMキャリアで発売されたSIMフリー(公開市場版)のAndroidは使える機種が多いです。

また、au版のAndroidも主要機能は使えることが多いですが、ドコモ・ソフトバンクで発売された機種はほとんど使えません。

使用前には必ず動作確認端末一覧ご利用製品の対応状況確認のページを確認してください。

 

使えるのはSIMフリー端末

 

楽天モバイルで使えるのはSIMフリー端末のみです。

ドコモ・au・ソフトバンクやワイモバイル・UQモバイルで2021年9月末までに販売された機種にはSIMロックがかかっている場合がありますが、SIMロックがかかったままでは楽天モバイルでは使えません。

事前にSIMロック解除してから楽天モバイルのSIMを入れ替えましょう。

 

なお、SIMフリー/SIMロック解除済みだからといって楽天モバイルで使えるわけではありません。

特にドコモ・ソフトバンクなどで発売されたAndroidはほとんど使えませんので、必ず動作確認端末一覧ご利用製品の対応状況確認のページを確認してください。

 

作業はSIM入れ替えだけ?

 

自分で機種変更する際、SIMを入れ替える以外にも作業が発生します。

まず、事前に必ず動作確認端末一覧ご利用製品の対応状況確認のページを確認しましょう。

 

楽天モバイルで使えることを確認したら、SIMを入れ替えてください。

楽天モバイルのSIMは1種類なので、iPhoneもAndroidも同じSIMが使えます。

 

SIMを入れ替えた後はデータ移行が必要です。

iPhoneからiPhoneへの機種変更はクイックスタートを利用しましょう。

詳細クイックスタート | Apple (日本) 

 

AndroidからiPhone、iPhoneからAndroidへの機種変更は機種によってやり方が異なります。

基本的には初めて電源をONにした際にデータコピーの画面が出てくるのでそれに従ってデータ移行すればOKですが、専用のアプリを使った方が便利な場合もあります。

詳しくはGoogleなどで「(機種名) データ移行」などのワードで検索してみてください。

 

最後に、APN設定が必要な場合があります。(次章で解説)

 

APN設定が必要な機種も

 

機種変更の際、Androidの多くの機種はSIMを入れ替えただけではデータ通信ができません。

APN設定が必要です。

 

iPhoneはシステムアップデート・キャリア設定アップデートをすると自動で接続できます。

 

Androidの場合、こちらのページを参考にAPN情報を手動で入力してください。

ただし、機種によってはSIMを入れ替えただけで自動でAPN設定されたり、下記のように選択するだけの機種もあります。

 

Galaxy A20 APN自動設定

 

iPhoneはほとんどの場合で自動で接続設定が完了します。

データ通信ができない場合は、システムアップデートとキャリア設定アップデートを行いましょう。

 

Wi-Fiに接続したうえで、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」を選択してアップデートしてください。

アップデートすると、楽天モバイルで通話・データ通信などが自動設定され、すぐに使えるようになります。

 

なお、他社のSIMを入れて使っていたiPhoneを楽天モバイルで使う場合、前のプロファイルが残っている場合があります。

この古いプロファイルは事前に削除しないと楽天モバイルに接続できません。

「設定」→「一般」→「VPNとデバイス管理」をタップし、古いプロファイルがあれば削除してください。

 

楽天モバイルの機種変更まとめ

 

以上、楽天モバイルで機種変更する手順と注意点の解説でした。

 

楽天モバイルでは公式サイトから端末のみを購入できます。

APN設定も不要なのでぜひ利用してください。

 

また、iPhoneやAndroidなどの持ち込み機種に自分で機種変更も可能です。

ただし必ず「動作確認端末一覧」と「ご利用製品の対応状況確認」を確認してくださいね。

 

▼端末のみ購入可能▼

楽天モバイル楽天市場店 

 

最大19,000円分還元中

 

最新のおすすめ機種はこちら!
楽天モバイルのおすすめ機種

 

 

楽天モバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました