OPPO Reno3 Aが税込8,640円~に大幅値下げ 

ワイモバイルでiPhone12・12miniが使えた!設定・機種変更手順も解説

 

ワイモバイル iPhone12 iPhone12 mini iPhone12 Pro Max

 

本記事では、ワイモバイルでiPhone12シリーズを使う手順や注意点を解説します。

ワイモバイルはiPhone12シリーズの全機種に対応しており動作確認もされましたが、一部注意点もあります。

 

▼SIM契約はこちら▼

 

ワイモバイルや格安SIMに興味がある方はぜひフォローしてください!
シムラボのTwitterをフォロー
本記事ではiPhone12とだけ記載した部分もありますが、他のiPhone12シリーズも同様です

 

ワイモバイルでiPhone12は使える?

 

ワイモバイルでiPhone12が使える

 

私もiPhone12にワイモバイルのSIMを入れて検証しましたが、通話・データ通信・SMSが使えました。

ただし、SIMを入れただけでは使えず、プロファイルのインストールが必要です。

 

ワイモバイルはiPhone12Pro・iPhone12Pro MaxやiPhone12miniにも対応しており、iPhone12と同様にプロファイルのインストールをすれば問題なく使えます。

 

公式サイトで動作確認済

 

ワイモバイル公式サイトでもiPhone12・iPhone12 Proの動作確認が完了しています。

また、11月13日にiPhone12 mini・iPhone12 Pro Maxも動作確認が完了しました。

 

SIMフリー版だけでなく、ドコモ・au・ソフトバンクの全キャリアの動作確認が完了済です。

 

iPhone12 ワイモバイル動作確認

 

音声通話・データ通信・SMS・テザリングともに問題なく動作します。

詳細動作確認端末一覧 | ワイモバイル

 

iPhone12を使う方法

 

ワイモバイルでiPhone12を使う手順は以下のとおりです。

 

  1. iPhone12本体を用意
  2. ワイモバイルのSIMを契約
  3. iPhone12にSIMを挿入
  4. APN設定
  5. データ移行

 

ワイモバイルではiPhone12の発売はないので、自身でApple StoreでSIMフリーのiPhone12を端末のみ購入し、ワイモバイルに持ち込みます。

そのうでワイモバイルのSIMを入れてAPN設定すれば使えます。

 

APN設定の手順

 

iPhone12にワイモバイルのSIMを挿しただけでは繋がりません。

3G表記のままです。

 

ワイモバイル iPhone12 APN設定前

 

接続のためには、Wi-Fiに接続してプロファイルのインストールが必要です。

 

<iPhone12のAPN設定手順>

  1. Wi-Fiに接続
  2. サファリでこちらのページにアクセス
  3. 「APN設定用の構成プロファイル」をタップ
  4. 「許可」をタップ
  5. ホーム画面に戻り「設定」から「プロファイルがダウンロード済み」をタップ

 

あとは画面の指示に従ってインストールすればOKです。

 

インストール終了後、しばらくすると画面右上の「3G」が「4G」に変わります。

変わらない場合は一度機内モードをON→OFFにすると良いでしょう。

 

APN設定のやり方はこちらに詳しく記載されています。

詳細iPhone12のAPN設定 | ワイモバイル

 

最後に、設定 → モバイル通信 →  通信のオプション →  音声通話とデータ を開き、「LTE」にチェックが入っていることを確認してください。

また、VoLTEもONにしてください。

 

楽天モバイル iPhone12

 

iPhone12用SIM契約はこちら

 

ワイモバイルにこれから契約される方は、お得に契約しましょう。

ワイモバイル公式オンラインサイトで契約すれば店舗より断然お得に契約できます。

 

特に、ワイモバイルのSIMは5のつく日・毎週日曜日にワイモバイルストア(Yahoo!)で契約するのが一番お得です。

SIM契約はオンラインが断然お得ですが、オンラインで契約する方も店舗で契約される方も、あらかじめどこでももらえる特典にエントリーしておけば3,000円分お得になります。

 

▼事前に必ずエントリー▼

どこでももらえる特典 

 

▼契約は日曜日/5のつく日に▼

 

 

他社からMNPで乗り換える方は、下記記事に手順を詳しく解説しています。

 

 

データのバックアップ/復元

 

以前の端末のデータをiPhone12に移行するためには、事前にバックアップが必要です。

元の端末がiPhoneの方はこちらを参考にバックアップしてください。

 

 

AndroidからiPhone12へのデータ移行はこちらを参考に詳しく記載されています。

詳細AndroidからiPhoneへのデータ移行 | Apple

 

iPhone12に機種変更する

 

機種変更手順

 

すでにワイモバイルを契約中で他の機種を使っている方もiPhone12に機種変更できます。

 

ただし、iPhone12はワイモバイルで発売されませんので、Apple Storeで端末のみを購入して機種変更する必要があります。

 

  1. iPhone12本体を用意
  2. 現在の端末からSIMを抜く
  3. iPhone12にSIMを挿す
  4. APN設定
  5. データ移行

 

機種変更時のデータ移行

 

以前の端末のデータをiPhone12に移行するためには、事前にバックアップが必要です。

元の端末がiPhoneの方はこちらを参考にバックアップしてください。

 

 

AndroidからiPhoneへのデータ移行はこちらを参考に詳しく記載されています。

詳細AndroidからiPhoneへのデータ移行 | Apple

 

機種変更時のAPN設定

 

iPhone12にワイモバイルのSIMを挿したあとには、Wi-Fiに接続してプロファイルのインストールが必要です。

 

<iPhone12のAPN設定手順>

  1. Wi-Fiに接続
  2. サファリでこちらのページにアクセス
  3. 「APN設定用の構成プロファイル」をタップ
  4. 「許可」をタップ
  5. ホーム画面に戻り「設定」から「プロファイルがダウンロード済み」をタップ

 

あとは画面の指示に従ってインストールすればOKです。

 

APN設定のやり方はこちらに詳しく記載されています。

詳細iPhone12のAPN設定 | ワイモバイル

 

SIMの種類に注意

 

ワイモバイルでiPhone SE(初代・第2世代)・iPhone6S・iPhone7から機種変更される方は、SIMカードの種類に注意が必要です。

 

ワイモバイルのSIMカード表面には3桁の番号が記載されています。

番号は「n101」「n111」「n141」の3種類です。

 

このうち、「n141」はワイモバイルで買ったiPhone専用のSIMです。

ワイモバイルでiPhone SE (初代)・iPhone6S・iPhone7・iPhone SE (第2世代)を買うと、このSIMが送られてきます。

 

この「n141」はワイモバイル以外で買ったiPhoneでは使えないことになっています。

実際に検証した方もいらっしゃいましたが、iPhone12では使えませんでした

 

ワイモバイルの店舗に行き、SIMカードをn101に変更してもらいましょう。

その際、手数料として3,000円がかかります。

 

iPhone12を使う上での注意点

 

3Gと表示される場合は?

 

ワイモバイルのSIMをiPhone12本体に入れただけでは4G・LTEでは接続できません。

画面右上に3Gと表示されます。

 

ワイモバイル iPhone12 APN設定前

 

4Gで接続するためには、プロファイルのインストールが必要です。

こちらをしっかりと読みながら設定をしてください。

詳細iPhone12の接続設定 | ワイモバイル

 

正しくプロファイルがインストールできれば、問題なく4G表記になるはずです。

もし3Gのままの場合は一度端末を再起動してください。

 

再起動してしばらく待ってみても3Gのままの場合は何かが間違っています。

再度こちらのページをしっかり読んで、誤りがないか確認してください。

 

iPhone12で5Gは使える?

 

iPhone12シリーズの機種でワイモバイルの5Gは使えません。

そもそも、ワイモバイルでは現時点で5Gサービスを開始していませんので、4Gしか使えません。

 

ドコモ・au・ソフトバンクと楽天モバイルでは5Gサービスを開始していますが、5Gエリアはかなり狭いので日常的に使うことはできません。

現時点では5Gを使うメリットはありませんのでしばらくは5Gについて考える必要はないでしょう。

 

iPhone12の価格と発売日

 

これまで解説した通り、iPhone12はワイモバイルで発売されません。

よって、ワイモバイルでiPhone12を使うためにはアップルストアで端末のみを購入し、ワイモバイルのSIMを挿してAPN設定する、という手順が必要です。

 

iPhone12本体はアップルストアで買いましょう。

私もアップルのオンラインストアで買いました。

 

<iPhone12価格>

容量税込価格
iPhone1264GB¥94,380
128GB¥99,880
256GB¥111,980
iPhone12
mini
64GB¥82,280
128GB¥87,790
256GB¥99,880
iPhone12
Pro
128GB¥117,480
256GB¥135,080
512GB¥159,280
iPhone12
Pro Max
128GB¥129,580
256GB¥141,680
512GB¥165,880

詳細iPhone12 | Apple

 

 

iPhone12で使えるキャンペーン

 

これからワイモバイルに新規契約・MNPで乗り換える方は、必ず下記を確認してから契約しましょう。

 

ワイモバイルにはいくつか申込方法がありますが、申込方法を間違うと最大2万円以上の損になります。

必ず下記で確認してください。

 

エントリーで3,000円分還元

 

Yahoo!モバイル どこでももらえる特典

 

ワイモバイルでは「どこでももらえる特典」キャンペーンを実施しています。

 

このキャンペーンは、こちらのページでエントリーした後にスマホベーシックプランに契約すると、3,000円分のPayPayボーナスライトが貰える仕組みです。

 

エントリー後はどこで契約しても構いません。

公式オンラインストアでもYahoo!ストアでも対象です。

ちなみに店舗で契約しても貰えます。(店舗は損ですが…)

 

iPhone用のSIMカードを契約する場合も、こちらのページからエントリーした上でオンラインで申し込みましょう。

必ず契約前にエントリーしておいてください。

 

▼エントリーはこちら▼

どこでももらえる特典 

 

 

SIM契約でPayPay還元

 

ワイモバイルでiPhone用のSIMを契約する場合は、必ずオンラインで契約しましょう。

どこでももらえる特典とあわせて最大14,000円分のPayPayが貰えます。

 

 

ただし、ワイモバイル公式ストアとYahoo!のワイモバイルストアでもらえるPayPayの額が異なります。

どちらがお得かは時期やキャンペーン内容によって異なりますので、必ず下記記事で確認してから契約しましょう。

 

 

 

ワイモバ学割

 

ワイモバ学割

 

ワイモバイルでは2021年5月31日までワイモバ学割を実施しています。

5~18歳以下とその家族は、1年間料金が割引されます。

 

  • プランS:月580円×12ヶ月割引
  • プランM/R:月1,000円×12ヶ月割引

 

契約翌月から半年間は新規割と同額の割引が増額されるので、プランSは半年間月1,280円割引、プランM/Rは月1,700円が割引されます。

 

ワイモバ学割は他のキャンペーンとも併用可能なので、どこでももらえる特典にエントリーした上で5のつく日・日曜日に契約しましょう。

 

ワイモバ学割の詳細はこちらにまとめています。

 

 

▼学割の適用条件・詳細▼

ワイモバ学割 2021 

 

 

大手キャリアと料金/価格を比較

 

iPhone12はドコモ・au・ソフトバンクでも購入できます。

ですが、ワイモバイルで使ったほうが圧倒的に安く使えます。

 

ソフトバンクと料金を比較

 

まず、ワイモバイルと同グループの大手キャリア、ソフトバンクと料金を比較します。

iPhone12(64GB)を2年使用した場合の総支払額(月額料金+端末代金)の比較は以下のとおりです。

 

<比較条件>

  • ソフトバンクは5分かけ放題付き
  • ソフトバンクのMNP時のWEB割含まず
  • ワイモバイルは端末はApple Storeで購入しスマホベーシックプランに契約の場合
  • 家族割・おうち割光セットは適用なし
  • 全て税込み

 

月1GB以下の場合

 

月1GB以下の場合、ソフトバンクはミニフィットプラン、ワイモバイルはスマホベーシックプランSで計算します。

ソフトバンクは5分かけ放題をつけた場合の料金です。(ワイモバイルは10分かけ放題込み)

 

<月1GB以下の場合>

ソフトバンクワイモバイル
月額料金
(2年総額)
¥119,592¥66,132
端末代
(64GB)
¥110,880¥94,380
2年
総支払額
¥230,472¥160,512

 

上記の通り、月1GB以下の場合は2年で7万円ほどワイモバイルが安くなります

 

ソフトバンク契約者が2年後にiPhone12を返却し機種変更することで端末代が半額になる「トクするサポート+」を使った場合、端末代金は半額になります。

さらに、MNP時は端末代金が21,600円割引になります。

それでもワイモバイルのほうが安いです。

 

ワイモバイルは10分かけ放題ですし、3GBまで使っても料金は変わりません。

 

月3GBの場合

 

月1GBを超えると、ソフトバンクはメリハリプランがお得になります。

ワイモバイルはスマホベーシックプランSでOKです。

 

ソフトバンクは5分かけ放題をつけた場合の料金です。(ワイモバイルは10分かけ放題込み)

 

<月1~3GBの場合>

ソフトバンクワイモバイル
月額料金
(2年総額)
¥225,192¥66,132
端末代
(64GB)
¥110,880¥94,380
2年
総支払額
¥336,072¥160,512

 

上記の通り、月1~3GB以下の場合は2年でなんと17万円もワイモバイルが安くなります

 

ソフトバンク契約者が2年後にiPhone12を返却し機種変更することで端末代が半額になる「トクするサポート+」を使った場合、端末代金は半額になります。

さらに、MNP時は端末代金が21,600円割引になります。

それでもワイモバイルのほうが10万円ほど安いです。

 

3GB以下の方は圧倒的にワイモバイルがお得ですね。

 

月3~10GBの場合

 

月3~10GBの場合、ソフトバンクはメリハリプラン、ワイモバイルはスマホベーシックプランMでの比較となります。

 

ソフトバンクは5分かけ放題をつけた場合の料金です。(ワイモバイルは10分かけ放題込み)

 

<月3~10GBの場合>

ソフトバンクワイモバイル
月額料金
(2年総額)
¥225,192¥92,532
端末代
(64GB)
¥110,880¥94,380
2年
総支払額
¥336,072¥186,912

 

上記の通り、月3~10GB以下の場合は2年でなんと15万円もワイモバイルが安くなります

 

ソフトバンク契約者が2年後にiPhone12を返却し機種変更することで端末代が半額になる「トクするサポート+」を使った場合、端末代金は半額になります。

さらに、MNP時は端末代金が21,600円割引になります。

それでもワイモバイルのほうが2年で8万円ほど安いです。

 

10GB以下の方も圧倒的にワイモバイルがお得ですね。

 

月10~14GBの場合

 

次に、月に10~14GB使う場合で比較します。

ソフトバンクはメリハリプラン、ワイモバイルはスマホベーシックプランRの比較です。

 

<10~14GBの場合>

ソフトバンクワイモバイル
月額料金
(2年総額)
¥225,192¥118,932
端末代
(64GB)
¥110,880¥94,380
2年
総支払額
¥336,072¥213,312

 

14GBの場合はやや差は縮まりましたが、それでも2年で12万円以上ワイモバイルが安いです。

 

ソフトバンク契約者が2年後にiPhone12を返却し機種変更することで端末代が半額になる「トクするサポート+」を使った場合、端末代金は半額になります。

さらに、MNP時は端末代金が21,600円割引になります。

それでもワイモバイルのほうが2年で4万円ほど安いです。

 

通信速度も体感は変わらないので、月に使用するデータ容量が14GB以下ならワイモバイルにしたほうが断然お得です。

 

なお、ソフトバンクは3GB以上ならメリハリプランがお得になり、50GBまで料金が変わりません。

一方、ワイモバイルは14GBのプランまでしかありませんので、14GB以上使う方はソフトバンクにせざるを得ません。

 

ドコモ・auとの料金比較

 

ドコモ・auのiPhone12(64GB)の価格は以下のとおりです。

 

  • ドコモ:101,376円
  • au:103,430円
  • ソフトバンク:110,880円

 

ここから、各種キャンペーンを適用すれば少し安くなります。

 

前章でソフトバンクとワイモバイルの料金を比較しましたが、ドコモ・auの料金もそれほど変わりません。

3キャリアはお互いに激しい競争をしているので、どこかだけが特別に安くなると言ったことは無いのです。

 

つまり、ドコモ・au・ソフトバンクよりもワイモバイルの方が安いです。

 

通信速度も変わらない

 

ドコモ・au・ソフトバンクとワイモバイルは通信速度もそれほど変わりません。

 

私も毎月ワイモバイルの速度を計測していますが、回線が最も混雑する12時~13時でも数十Mbpsの速度が出ています。

格安SIMはお昼に速度が遅くなりますが、ワイモバイルとUQモバイルは全く速度が遅くなりません。

 

 

iPhone12を使う場合、3キャリアよりワイモバイルで使ったほうが圧倒的におすすめです。

 

ワイモバイルのデメリット

 

ただし、唯一のデメリットはワイモバイルは最大14GBまでのプランしか無いことです。

 

14GB以上使う方は他の格安SIMにするか、3キャリアで契約しても良いかもしれません。。

iPhone12にはeSIMもあるので、1年間無料でデータ使い放題の楽天モバイルUN-LIMITを併用しても良いでしょう。

 

また、3キャリアは大容量プランを家族みんなで分け合うとお得になります。

 

一方、14GBで足りる方や一人で契約する方は断然ワイモバイルです。

さらに、キャンペーンを利用することで更に安くなります。

詳細ワイモバイルのキャンペーン一覧

 

▼iPhone12はYmobileがお得▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

iPhone12をワイモバイルで使おう

 

以上、ワイモバイルでiPhone12を使う手順・注意点の解説でした。

価格の高いiPhone12も、ワイモバイルならお得に使えます。

 

ワイモバイルにこれから契約される方は、5のつく日・毎週日曜日に契約するのがお得です。

事前に「どこでももらえる特典」にエントリーして契約すると更にお得になります。

 

店舗は損なので、必ずワイモバイル公式オンラインサイトまたはワイモバイルストア(Yahoo!)で契約しましょう!

 

▼契約前に必ずエントリー▼

どこでももらえる特典 

 

▼契約は日曜日/5のつく日に▼

 

ワイモバイルや格安SIMに興味がある方はぜひフォローしてください!
シムラボのTwitterをフォロー

 

ワイモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました