人気2機種のサマーセール実施中(~8/31) 

ワイモバイルの速度は遅い?速度を毎月計測中【2020年8月】

 

ワイモバイル ロゴ

 

本記事では、ワイモバイルの通信速度を毎月計測した結果を記載します。

 

格安SIMは通信速度が遅いと不安の方も多いですが、ワイモバイルはドコモやau・ソフトバンク並の速い速度が出ています。

また、2020年7月からプランM・Rは容量を使い切っても最大1Mbpsで通信できます。

 

▼8/31までセール実施中▼

 

ワイモバイルの速度評価

 

速度は大手キャリア並に速い

 

実際にワイモバイルの直近3ヶ月の計測結果をみると、どの時間帯も30~50Mbps程度出ています

スマホの通信速度は5MbpsあればYoutubeの高画質動画も問題なく視聴できますので、30Mbpsでも十分すぎる速さです。

 

もちろん速度は地域や環境によって異なりますが、ワイモバイルの速度は安心の速さです。

UQモバイルと並んで、格安SIMのなかではトップクラスの速さです。

 

お昼も速度が落ちない安定度

 

他の格安SIMではお昼12時~13時に速度が急激に落ちます。

会社勤務の方が昼休みに入り、一気に回線が混雑するからです。

そのため、ほとんどの格安SIMはこの時間帯の速度が1Mbpsを切ります。

 

しかし、ワイモバイルは12:30も全く速度が落ちていません。

今月はやや速度が落ちていますが、これまではずっと30Mbps~50Mbps程度の速度が出ていました。

他の時間帯と全く変動がありません。

 

私自身もワイモバイルをメインで使っていますが、お昼の時間帯に速度が遅いと思ったことは今まで一度もありません。

ワイモバイルはお昼も含めて安心の速度です。

 

M/Rは容量超過後も1Mbps

 

2020年7月より、ワイモバイルのスマホプランM・Rはデータ容量を使い切っても最大1Mbpsで通信できるようになりました。

 

最大1MbpsならSNSやWEBサイトの閲覧はもちろん、Youtubeの視聴も480pなら可能です。

最大1Mbpsで使い放題になりますので、かなり活用の幅が広がりました。

 

ただしプランSの超過後の速度はこれまで通り最大128Kbpsのままです。

 

直近3ヶ月の通信速度計測結果

 

本章では直近3ヶ月の平日の通信速度を計測した結果を記載しています。

 

  • 計測アプリ:ドコモスピードテスト
  • 端末:ZenFone Live L1
  • 計測場所:東京23区内の住宅地

※計測ができなかった場合や明らかに異常値と思われる場合には空欄にしています

 

スマホの通信速度は計測した地域・場所・測定機器・時間帯によって変動しますので、あくまで目安として捉えてください。
6月・7月と8月以降は計測場所が異なります

 

平日朝の速度

 

まずは直近3ヶ月の平日の朝方の速度です。

 

<2020年8月>

07:0008:3010:00
8/3(月)47.8947.6454.89
8/4(火)42.2638.9944.20
8/5(水)50.0243.4445.04
平均46.7243.3648.04

 

ワイモバイルはどの時間帯も平均40Mbps以上出ていますね。

 

他の格安SIMでは通勤ラッシュと重なる8:30に速度が大きく落ちる場合がありますが、ワイモバイルはほとんど変化していません。

 

スマホの速度は5MbpsもあればYoutubeの高画質動画も問題なく視聴できますが、ワイモバイルの速度は圧倒的ですね。

どの曜日・時間でも安定しているのがワイモバイルの特徴です。

 

過去の計測結果

 

<2020年7月>

07:0008:3010:00
7/6(月)60.8745.6147.85
7/7(火)56.2449.1936.35
7/8(水)61.1327.0160.99
平均59.4140.6048.40

 

<2020年6月>

07:0008:3010:00
6/1(月)46.7660.5356.67
6/2(火)54.4843.1251.66
6/3(水)73.2265.2252.84
6/4(木)75.9355.2968.13
平均62.6056.0457.33

 

平日昼の速度

 

最も回線が混雑する平日のお昼の時間帯の計測結果は以下の通りです。

 

<2020年8月>

11:3012:0012:3013:0013:30
8/3(月)60.0555.1232.5442.0056.32
8/4(火)40.3839.7915.8435.8423.18
8/5(水)40.4953.4621.1944.2839.57
平均46.9749.4623.1940.7139.69

 

他の格安SIMは12:30はほぼ全て1Mbpsを割り込みます。(UQモバイルなど一部を除く)

ですがワイモバイルはどの時間帯も速度は快適ですね。

 

最も通信が混雑する12:30は速度がやや落ち込んでいますが、それでも20Mbps近く出ています

5Mbpsもあれば何でもできるので、十分すぎる速度です。

 

ワイモバイルは私もメインで使用していますが、お昼に遅いと思ったことは一度もありません。

お昼にこれだけの速度が出ているのはワイモバイルかUQモバイルのみです。

 

過去の計測結果

 

<2020年7月>

11:3012:0012:3013:0013:30
7/6(月)49.3142.3636.4752.7753.30
7/7(火)47.3441.7850.5640.9654.85
7/8(水)50.4058.4561.4548.6442.99
平均49.0247.5349.4947.4650.38

 

<2020年6月>

11:3012:0012:3013:0013:30
6/1(月)48.3357.7449.4841.8953.44
6/2(火)54.9160.1536.4752.1752.48
6/3(水)47.8150.4448.1466.1267.27
6/4(木)51.5147.4349.0139.6556.45
平均50.6453.9445.7849.9657.41

 

平日夕方の速度

 

続いては平日のお昼すぎから夕方の速度です。

 

<2020年8月>

15:0016:0017:00
8/3(月)55.6221.5961.77
8/4(火)42.1152.7237.03
8/5(水)52.0132.9245.28
平均49.9135.7448.03

 

ワイモバイルはこの時間でも30Mbps以上をキープしています。

この時間帯は日中では最も安定する時間帯ですので問題はないでしょう。

 

お昼12:30でも高速なので、この時間はもちろん盤石の速度です。

 

過去の計測結果

 

<2020年7月>

15:0016:0017:00
7/6(月)47.1250.1749.63
7/7(火)49.2851.6559.17
7/8(水)54.8648.4654.90
平均50.4250.0954.57

 

<2020年6月>

15:0016:0017:00
6/1(月)58.5253.0656.94
6/2(火)39.0554.74
6/3(水)56.0347.8755.48
6/4(木)52.8553.2864.80
平均55.8048.3257.99

※空欄は計測ミス

 

平日夜の速度

 

最後は平日の夜です。

 

<2020年8月>

18:0020:0022:0024:00
8/3(月)62.1546.0722.4459.67
8/4(火)52.8146.8248.6746.71
8/5(水)47.9925.7532.2041.88
平均54.3239.5534.4449.42

 

この時間帯も安定した速度をキープしています。

最も混雑するのは18時ですが、50Mbps以上出ています。

 

ワイモバイルはお昼でも速度が落ちないので、夜も当然速いですよね。

ワイモバイルはどの時間帯でもどの曜日でも盤石の速度です。

 

過去の計測結果

 

<2020年7月>

18:0020:0022:0024:00
7/6(月)38.9434.2551.3331.54
7/7(火)37.6642.0247.0056.81
7/8(水)40.8726.0441.4444.25
平均39.1634.1046.5944.20

 

<2020年6月>

18:0020:0022:0024:00
6/1(月)57.0748.1747.3247.89
6/2(火)37.4754.6867.2637.58
6/3(水)58.6712.8249.2247.96
6/4(木)48.3039.0350.6748.30
平均50.3838.6853.6245.43

 

▼速いYmobileに申し込む▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

他の格安SIMとの速度比較

 

他の格安SIMより断然速い

 

ワイモバイルの通信速度は、(あくまで地域や時間帯によってですが)ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリア並に速いです。

そして、他の格安スマホキャリア(MVNO)よりも断然速いことが多いですね。

 

私も計測していますが、他の格安SIMは通常5~10Mbps、お昼は0.5~0.8Mbpsといったところです。

ワイモバイルは12:30でも30~50Mbps出ています。

格安SIMの中では圧倒的な速度ですね。

 

UQモバイルも同等に速い

 

ただし、auのサブブランドであるUQモバイルの速度も快適です。

同条件で計測したUQモバイルのお昼の速度は、以下の通りです。

 

<2020年8月>

11:3012:0012:3013:0013:30
8/3(月)53.9944.4316.7637.8146.66
8/4(火)46.0832.7917.3334.3131.73
8/5(水)34.7942.6349.8448.4852.56
平均44.9539.9527.9840.2043.65

 

ワイモバイルと同様、UQモバイルも十分すぎる速度が出ています。

この速度が出ていれば全く問題ありません。

 

また、どの時間帯も非常に安定しているのが特徴です。

 

 

通信速度を気にされる方は、ワイモバイルまたはUQモバイルがおすすめです。

両キャリアの比較は下記記事で詳しく解説しています。

 

 

▼UQも速度が速い▼

UQモバイル公式サイト

 

▼SIM契約でキャッシュバック▼

 

 

ワイモバイルは速度切り替え不可

 

速度に関して、ひとつワイモバイルのデメリット・弱点があります。

それは、通信速度の切り替え機能がないということです。

 

他の格安SIMキャリアには、通信速度を高速⇔低速に切り替えられるサービスがあります。

低速通信に切り替えると、速度は制限されるかわりにデータ容量は消費されない、という仕組みです。

 

しかし、ワイモバイルにはデータ通信速度の切り替え機能はありません。

個人的にはあまり使用しないのですが、低速でもLINEの送受信や音楽ストリーミングには十分なため、データ容量を節約できるのがメリットです。

 

このデータ通信速度の切り替え機能が必要な方は「UQモバイル」がおすすめです。

 

 

 

ワイモバイルの速度制限/通信制限

 

データ容量超過で速度制限

 

ワイモバイルでは、以下の2つの場合において通信速度が制限されます。

 

  1. 契約したデータ量を超過した場合
  2. 直近3日間の通信量が規定を超えた場合
    (Pocket WiFiプラン・データプランのみ)

 

1はわかりやすいですね。

例えばスマホプランS(3GB)を契約している方は、1ヵ月の間に3GB以上使用してしまうと、通信制限がかかります。

ほとんどはこのパターンです。

 

速度制限時でも最大1Mbps

 

ワイモバイルで、データを使いきった場合などに通信制限がかかった際、速度はプランによって異なります。

 

  • プランS:最大128Kbps
  • プランM・R:最大1Mbps

 

プランM・Rは2020年7月から、容量を使い切っても最大1Mbpsで通信できるようになりました。

 

最大1Mbpsだと、SNSやWEB閲覧など大抵のことは問題なくできます。

Youtubeも480pなら問題なく視聴できます。

720pだとちょっと危ういですが、場合によっては快適なようです。

 

一方、プランSは容量を使い切ると最大128kbpsに制限されます。

128kbpsがどういう速度かというと、個人の感想ですが以下の通りです。

 

  • LINE:文字なら問題なし
  • 音楽ストリーミング:問題なし
  • メール送受信:文字なら問題なし
  • Twitter:文字なら問題なし、画像・動画は遅い
  • Instagram:画像表示が遅い
  • WEBサイト閲覧:かなり遅い
  • Youtube:ほぼ難しい

 

SNSにおける画像・動画の表示や、WEBサイトの閲覧はかなり厳しくなります

Youtubeはほとんどあきらめざるを得ない状況です。

 

できれば速度制限がかからないよう、うまくやりくりしたいですね。

 

ポケットWi-Fi・データプランは3日間使用量による制限も

 

また、ポケットWi-Fiのプランやタブレット用のデータプランの場合は、3日間の使用量による制限がかかる場合もあります。

 

スマホプラン・スマホベーシックプランには、3日間の使用量により速度制限がかかることはありません。

 

通信制限/速度制限を解除する方法

 

ワイモバイルは以下の3つの方法で、比較的簡単に通信制限(速度制限)を解除することができます。

 

マイワイモバイルから解除

 

通信制限がかかった場合、マイワイモバイルにアクセスし「通常速度に戻す申込」から手続きできます。

 

 

 

制限の通知メールから手続き

 

データを使い切って速度制限がかかると、ワイモバイルから通知のメールが来ます。

そこにマイワイモバイルへのアクセスURLが記載されていますので、そこをタップすると通信制限の解除ページへつながります。

 

自動応答の電話で速度解除

 

ワイモバイルの速度制限は電話でも解除することができます。

 

下記の電話番号にかけ、自動応答サービスにしたがって操作すれば通信制限を解除することができます。

 

  • ワイモバイルのスマホ・携帯から:116
  • 上記以外から:0120-921-156

 

24時間手続き可能で、通話料金も無料です。

 

速度制限解除にかかる料金

 

スマホ・タブレットの場合、通信制限を解除する際には500MB/500円で容量をチャージする必要があります。

 

ワイモバイルの速度の評判/口コミ

 

ここからは、ワイモバイルを実際に使用している方の、速度に関する評判・口コミを紹介します。

 

速度が速いという口コミ

 

まず多いのは通信速度が速いという口コミです。

やはり格安SIMでは圧倒的な速度が出るだけあって、好意的な意見がほとんどです。

 

東京行く前に激遅OCNモバイルONEから圧倒的に速いワイモバイルに変われたのでよかった

 

通信速度で格安スマホ会社を選ぶと、UQモバイルとワイモバイルがやはり強い。
ドコモ系MVNOの場合、安定して速いところがそんなにない。

 

他の格安SIMが遅くなるお昼や、朝夕の通勤時間帯でも速いのが特徴です。

 

ワイモバイル、現在の通勤ラッシュ時(18:01)でも下り速度62Mbps。速い。

 

ワイモバイル、音声通話1回10分まで無料(定額対象)だし、お昼も速度落ちないし、フツウに便利。

 

ソフトバンクと比べても速度の遜色がないという意見もありました。

 

速度制限の評判・口コミ

 

SNSをみていると、やはり月末には速度制限にかかっている方が多いですね。

 

ワイモバイルから通信速度制限をプレゼントされたようです。

 

昨日から私のワイモバイルは速度制限に入りました。
月初にテザリングをつかってたら1日のうちに3GBを消費してしまったせいです

 

ワイモバイルは通信制限になると、速度が最大128Kbpsに制限されます。

こうなると通常のデータ通信を用いた作業は難しくなります。

 

ワイモバイルの速度制限容赦ない。
ニュースもツイッターも画像が全く見れない。
インスタのモザイク写真で月末まで飢えをしのぐしかない。

 

通信制限で全くスマホが使えないという意見と、意外と快適という意見が半数ずつくらいに分かれていました。

 

ワイモバイルいま速度制限来てるのに意外にサクサク

使い放題やん

 

通信制限、かかってる。
でもリプ読んで返すくらいなら十分な速度出るな、Y!mobileは。

 

UQとの比較の口コミ

 

速度制限にかかった際はワイモバイルよりもUQモバイルの方が快適です。

 

ワイモバイルは通信制限後は最大128Kbpsですが、UQモバイルは最大300Kbpsで通信できます。

どちらも遅いことに変わりはないのですが、300Kbpsだとまだなんとかなるレベルです。

 

UQモバイルからワイモバイルに乗り換えたけど、速度制限がひどい
UQと違って実用に耐えない

 

ワイモバは制限かかったら終わり。
一方のUQモバイルは速度制限されても300kbps出るし、バースト転送あるから、少し我慢すれば低速も使える。

 

バースト転送とは、低速通信時もデータ読み込みの初速だけ高速で通信するしくみです。

このバースト転送により、体感速度が速くなります。

 

▼制限時も最大300Kbps▼

UQモバイル公式サイト

 

▼SIM契約でキャッシュバック▼

 

ただし、UQモバイルにもワイモバイルに劣る点・デメリットがあります。

詳細は下記記事を参考にしてください。

 

 

 

お得なキャンペーン情報

 

ワイモバイルでは常時お得なキャンペーンを実施しています。

契約時は必ずキャンペーンを適用させましょう。

 

サマーセール

 

ワイモバイルサマーセール

 

ワイモバイル公式サイトでは8月31日までサマーセールを実施中です。

iPhone7(32GB・128GB)とXperia 10 IIが特価で購入できます。

 

<対象機種と価格>

通常価格割引後の
価格
割引額
Xperia
10 II
¥54,000¥36,000¥18,000
iPhone7
(32GB)
¥39,600¥21,600¥18,000
iPhone7
(128GB)
¥50,400¥32,400¥18,000

※税込

 

今回のセール価格で買えるのは、「新規・他社からの乗り換えでスマホベーシックプランM/Rに契約した場合」です。

機種変更とソフトバンクからの乗り換え、スマホベーシックプランSは対象外です。

 

また、事務手数料も無料ですし、次章で解説するどこでももらえる特典も適用できます。

 

 

▼今すぐサマーセール会場へ▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

エントリーで3,000円分還元

 

Yahoo!モバイル どこでももらえる特典

 

Yahoo!上にあるワイモバイルストアでは、「どこでももらえる特典」を実施しています。

 

このキャンペーンは、こちらのページでエントリーした後、公式サイトや店舗でスマホベーシックプランに契約すると、3,000円分のPayPayボーナスライトが貰える仕組みです。

オンラインだけでなく、店舗で契約しても貰えるのが特徴です。

 

SIMのみ契約の場合も端末セット購入の場合も、こちらのページから「どこでももらえる特典」にエントリーした上で公式サイトから申し込むのが現在一番お得です。

 

特典を受けるには、事前にYahoo! JAPAN IDでログインした後、こちらのページでエントリーが必要です。

必ず契約前にエントリーしておいてください。

 

▼エントリーはこちら▼

どこでももらえる特典 

 

 

契約事務手数料が無料

 

 

ワイモバイル公式サイトでは、契約事務手数料無料キャンペーンを実施中です。

 

通常、ワイモバイルに新規契約・MNP転入・機種変更する際には税抜3,000円の事務手数料がかかりますが、オンラインストアでの契約のみ無料です。

店舗で手続きすると手数料3,000円がかかりますので、必ずオンラインストアで契約しましょう。

 

  • 店舗:事務手数料3,000円
  • WEB:事務手数料無料

 

「どこでももらえる特典」とも併用可能なので、こちらのページからエントリーした上で公式サイトで申し込みましょう。

 

▼契約はオンラインがお得▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

端末はオンラインが安い

 

セールを実施していない、もしくはセール対象外の機種でも、スマホを安く購入する方法があります。

ワイモバイル公式サイトで端末を購入すれば、最大15,840円の割引が適用されます。

 

  • 新規・MNP:最大15,840円割引
  • 機種変更:最大7,200円割引

 

ワイモバイルオンラインストア端末割引

 

この割引が適用されるのはオンラインサイトのみです。

店舗では割引が適用されませんので注意してください。

 

端末セットの場合も「どこでももらえる特典」とも併用可能なので、こちらのページからエントリーした上で公式サイトで申し込みましょう。

 

▼手数料無料+端末割引が適用▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

その他お得なキャンペーン

 

上記以外にも、ワイモバイルではお得なキャンペーンを実施しています。

月額500円割引になる家族割や、タイムセールおうち割光セットも実施中です。

 

現在実施中の最新キャンペーンは下記記事にまとめています。

契約前に必ずチェックしてください。

 

 

 

速度が速いワイモバイルへの申し込みはこちら!

 

以上、ワイモバイルのデータ通信速度の解説でした。

 

本文中で解説したとおり、ワイモバイルの通信速度は他の格安SIMキャリアに比べて圧倒的に速いことが多いです。

私も都内で使用していますが、混雑するお昼も含めて全く不満がありません。

 

ワイモバイルの申込みは来店不要で24時間受付可能・手続きかんたんの「ワイモバイルストア(Yahoo!)」が便利です。

ぜひご利用ください!

 

▼速いYmobileに申し込む▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

ワイモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました