基礎知識

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える全手順【番号移行】MNP予約番号は不要

記事内に広告が含まれています

 

ソフトバンクからワイモバイル 乗り換え MNP

 

本記事では、ソフトバンクからワイモバイルに番号そのまま乗り換える(番号移行する)手順を詳しく解説します。

 

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは「番号移行」と呼ばれます。

MNP予約番号の事前発行が不要で、各種乗り換え手数料も無料なのがメリットです。

 

▼必ず事前にエントリー▼

新どこでももらえる特典 

 

  1. 一番お得な乗り換え方法
    1. 乗り換えはどこでできる?
    2. 乗り換えで使えるキャンペーン
    3. 乗り換えはどこがお得?
      1. SIMのみはどこでも可
      2. 端末セットもどこでも可
  2. ソフトバンクからワイモバイルにオンラインで乗り換える手順
    1. ワイモバイルへ乗り換え手続き
    2. 回線切り替え
    3. 端末にSIMカードを挿入
    4. APN設定
    5. データ移行
    6. PayPay/LYPプレミアム登録
  3. 店舗でソフトバンクからワイモバイルに乗り換え
    1. 店舗で番号移行時の持ち物
    2. 店舗でMNP予約番号は必要?
    3. 店舗なら即日乗り換え可
  4. ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えの注意点
    1. どこで乗り換えがお得?
    2. MNP予約番号は不要
    3. おうち割は申し込みが必要
    4. MNP転入の受付時間
    5. 店舗なら即日乗り換え可
    6. 電話でMNP乗り換えは不可
    7. 回線切り替えタイミング
    8. お得なMNP乗り換えタイミング
    9. MNP時の本人確認書類
  5. ソフトバンクのスマホは使える?
    1. 使える端末/使えない端末
    2. 番号移行時に自動でSIMロック解除
  6. ソフトバンクからの乗り換え費用
    1. MNP転出手数料は無料
    2. 契約解除料・違約金も無料
    3. 端末代金の残債
    4. 初期費用・契約事務手数料
  7. ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるメリット
    1. スマホ料金が安くなる
    2. スマホがそのまま使える
    3. iPhoneも買える/使える
    4. 通信速度も速い
    5. 店舗サポートも万全
    6. 乗り換え手数料・違約金なし
    7. 乗り換えるデメリットは?
      1. 大容量プランがない
      2. キャリアメール
  8. ソフトバンクからワイモバイルへのMNPはこちら

一番お得な乗り換え方法

 

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換え キャンペーン

 

乗り換えはどこでできる?

 

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えることを「番号移行」といいます。

ソフトバンクからワイモバイルへの番号移行は主に以下で行うことができます。

 

  • ワイモバイル店舗
  • 公式オンラインストア
  • Yahoo!のワイモバイルストア
  • 家電量販店
  • その他携帯ショップ

 

ただし、どこで乗り換え手続きをするかによって適用されるキャンペーンが異なるため、お得/損が分かれます。

 

乗り換えで使えるキャンペーン

 

ワイモバイルでは通常、新どこでももらえる特典やSIM契約時に高額のPayPay還元、端末の自動割引などを実施しています。

詳細実施中のキャンペーン | Ymobile

 

ただし、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える際は適用されないキャンペーンがほとんどです。

使えるキャンペーンは以下のとおりです。

 

<ソフトバンクからの乗り換えで
使えるキャンペーン>

実施中の
キャンペーン
実施場所 対象可否
新どこでも
もらえる特典
店舗
公式ストア
Yahoo!ストア
SIM契約で
PayPay還元
公式ストア
Yahoo!ストア
×
端末割引 公式ストア
Yahoo!ストア
×

 

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えでも使えるのは新どこでももらえる特典のみです。

なお、ソフトバンクからの番号移行手数料(MNP転出手数料)は2021年3月17日から無料になりました。

 

乗り換えはどこがお得?

 

SIMのみはどこでも可

 

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えでSIMのみ契約する場合、適用されるキャンペーンは「新どこでももらえる特典」のみです。

 

どこでももらえる特典とは、その名のとおりどこで契約してもPayPayポイントがもらえるキャンペーンなので、店舗でも公式ストアでもYahoo!ストアでも貰えます。

 

特典の上限額
プラン
S
500円分
プラン
M・L
6,000円分

詳細新どこでももらえる特典

 

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える際にSIMのみ契約する場合は、どこで乗り換えても同じです。

以前は事務手数料が無料の公式ストアで契約するのが最もお得でしたが、現在は店舗もYahoo!ストアも無料になったため、どこで契約しても同じです。

 

なお、どこでももらえる特典は事前にエントリーが必要です。

必ずエントリーした上で申し込みましょう。

 

▼必ず事前にエントリー▼

新どこでももらえる特典 

 

▼SIM契約は3/4までがお得▼
ワイモバイル SIM eSIM キャンペーンキャンペーン詳細はこちら 

 

端末セットもどこでも可

 

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える際にスマホも購入する場合、適用される特典は新どこでももらえる特典のみです。

店舗で契約してもオンラインストアで契約しても手数料は無料なので、まずはどこでももらえる特典にエントリーした上で申し込みましょう。

 

▼必ず事前にエントリー▼

新どこでももらえる特典 

 

▼スマホはオンラインがお得▼
セール会場はこちら

 

ソフトバンクからワイモバイルにオンラインで乗り換える手順

 

ソフトバンクからワイモバイル MNP転入 乗り換え

 

ソフトバンクからワイモバイルにオンラインで乗り換える(番号移行する)には、主に以下の手順が必要です。

 

  1. Ymobileで転入手続き
  2. 回線切り替え
  3. 本体にSIMを挿入
  4. APN設定
  5. データ移行

 

ワイモバイル公式ストアワイモバイル公式ストア(ヤフー店)で乗り換える場合、MNP予約番号の発行は不要です。

 

ワイモバイルへ乗り換え手続き

 

まず、ワイモバイルで乗り換え手続きをします。

オンラインストアで乗り換える場合、MNP予約番号の発行は不要です。

 

ここでは公式ストアでの乗り換え手順を解説していますが、Yahoo!のワイモバイルストアも同じです

 

ワイモバイル公式ストアワイモバイル公式ストア(ヤフー店)で手続きをする場合、最初の画面で出てくる契約方法の欄で「のりかえ」を選択します。

 

ソフトバンクからワイモバイル 乗り換え MNP オンライン

 

すると、My Softbankへのログイン画面が表示されます。

ボタンをタップすると自動ログインされますが、ログインできない場合は携帯電話番号かSoftBank IDとパスワードを入力してログインしてください。

 

ソフトバンクからの番号移行手順

 

その後は画面に従って手続きを進めていけばOKです。

 

回線切り替え

 

手続きが完了しワイモバイルのSIMカードが届いたら、回線切り替え手続きが必要です。

 

回線切り替えとは、ソフトバンクからワイモバイルに契約を切り替える作業です。

この作業を終えるとソフトバンクが解約され、ワイモバイルのSIMで通話やデータ通信ができるようになります。

 

同封されている用紙に記載されている電話番号に電話をかけ、音声案内の指示に従って回線切り替えを行ってください。

 

回線切り替えの電話の受付時間は午前10時~午後7時です。

回線切り替えの電話をするまではこれまで使っていたSIMが使え、回線切り替えするとワイモバイルのSIMが使えるようになります。

 

ただし、SIM到着から6日をすぎると強制的に回線切り替えされます。

 

端末にSIMカードを挿入

 

ワイモバイルからSIMカードが届いて回線切り替えが完了したら本体にSIMを挿入します。

 

SIMの挿入の仕方は各端末の取扱説明書をご確認ください。

 

APN設定

 

スマホとワイモバイルのSIMカードが準備を挿入したら、APN設定が必要です。

 

APN設定とは、他社で購入したスマホをワイモバイルの回線に接続するための設定です。

手順はiPhoneとAndroidで異なります。

 

iPhoneは以前はプロファイルのインストールが必要でしたが、現在はSIMカードを差すだけで接続設定が完了します。

事前にWi-Fiに接続しiOSを最新にアップデートしておいてください。

詳細:iPhoneのAPN設定

 

Androidスマホは、機種によってSIMを差しただけで接続設定が完了する機種もあれば、手動でAPN設定が必要な機種もあります。

SIMを差しただけで4G/5Gに繋がらない場合は、こちらを参考にAPN設定をしてください。

詳細AndroidのAPN設定

 

設定が完了すると、いよいよスマホがワイモバイルで使えるようになります。

 

データ移行

 

ソフトバンクで使っていたスマホをワイモバイルでそのまま使う場合は、SIMを入れ替えてAPN設定するだけでそのまま使えます。

 

乗り換えを機に新しいスマホを使う場合は、データ移行が必要です。

iPhoneの方はこちらの手順でバックアップとデータ移行を行ってください。

 

 

iPhoneからiPhoneの場合は、端末を横においておくだけでデータが移行されるクイックスタートが便利です。

詳細クイックスタート | Apple

 

AndroidからAndroid、iPhoneからAndroidへのデータ移行は機種によって手順が異なります。

「(機種名) データ移行 iPhoneから」などの検索ワードで調べてみるか、データ移行アプリを使うなどして移行してください。

 

PayPay/LYPプレミアム登録

 

ソフトバンクを契約中の人はほとんどがPayPayを使っていたと思います。

ワイモバイルもソフトバンクと同様にPayPayがお得です。

また、ワイモバイル契約者もLYPプレミアム会員費(旧:ヤフープレミアム会員費)が無料です。

 

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えた後には、電話番号とPayPay・ヤフープレミアムの紐付けが必要です。

この紐付けをしないと、ワイモバイルの契約者特典は反映されません。

手順はこちらに記載されています。

 

 

▼のりかえはこちら▼

ワイモバイル公式サイト 

 

▼SIM契約は3/4までがお得▼
ワイモバイル SIM eSIM キャンペーンキャンペーン詳細はこちら 

 

店舗でソフトバンクからワイモバイルに乗り換え

 

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは、ワイモバイルの店舗や家電量販店でも可能です。

冒頭で解説したとおりソフトバンクからワイモバイルへは店舗で乗り換えても損ではないので、よくわからないという人は店舗で手続きしましょう。

 

店舗で番号移行時の持ち物

 

店舗でソフトバンクからワイモバイルへの乗り換え手続きをする場合には、以下のものを持参してください。

 

  • 契約中のSoftBankのスマホ・SIM
  • 本人確認書類
  • キャッシュカードまたは通帳と印鑑(金融機関お届け印)
    または
    クレジットカード

 

口座振替で料金を支払う場合はキャッシュカードまたは通帳と金融機関お届け印、クレジット支払いの場合はクレジットカードを持参してください。

 

また、使用者が未成年の場合や代理人が手続きする場合は別途必要なものがあります。

詳細はこちらを確認してください。

詳細番号移行に必要なもの

 

店舗でMNP予約番号は必要?

 

店舗でソフトバンクからワイモバイルに番号移行する際、MNP予約番号は事前に発行していく必要はありません

 

公式サイトなどにはMNP予約番号も必要と記載があります。

ただし、事前に発行していかなくてもほとんどの場合で店員さんがその場で電話して発行をサポートしてくれます

私も自宅の近くの2つの店舗に確認してみましたが、どちらも店舗で発行するので不要とのことでした。

(もちろん事前に発行して来店すればスムーズです)

 

店員さんが短時間で発行してくれると思いますので、よくわからなければその場で発行しましょう。

 

店舗なら即日乗り換え可

 

店舗なら、ソフトバンクからワイモバイルに即日乗り換え可能です。

 

オンラインストアではSIMが届くまで少なくとも2~3日はかかりますが、店舗なら即日乗り換えらえます。

待ち時間や手続きの時間は長いものの、その日からワイモバイルのSIM・スマホが使えるようになるのはメリットです。

手数料無料で乗り換えられ、オンラインに比べて損もありません。

 

ただし、店舗で乗り換える際は必ず事前に来店予約をしましょう。

来店予約をせずに店舗に行くと待ち時間が非常に長くなる可能性が高いです。

詳細来店予約 | ワイモバイル

 

また、来店前には必ず新どこでももらえる特典にエントリーしてください。

 

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えの注意点

 

どこで乗り換えがお得?

 

冒頭にも記載しましたが、ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えはどこで契約しても同じです。

 

SIMのみの場合も端末セットの場合も、適用できるキャンペーンは新どこでももらえる特典のみです。

事前にエントリーしてから乗り換えれば、最大6,000円分のPayPayがもらえます。

 

この新どこでももらえる特典は店舗・公式オンラインストア・Yahoo!のワイモバイルストアのどこで乗り換えても貰えます。

また、どこで乗り換えても事務手数料は無料で、それ以外の特典・キャンペーンは貰えませんので、店舗でもオンラインでもお得度は変わりません

 

▼契約前に必ずクーポン獲得▼
新どこでももらえる特典お得なクーポンはこちら 

 

MNP予約番号は不要

 

ソフトバンクからワイモバイルに番号移行する際、MNP予約番号の事前発行は不要です。

 

オンラインサイトで手続きする際は、My SoftBankにログインすることで自動的に番号そのまま乗り換えできます。

店舗で乗り換える場合は本来はMNP予約番号の事前発行が必要です。

ただし、事前に発行していかなくてもほとんどの場合で店員さんがその場で電話して発行をサポートしてくれます

 

私もいくつかの店舗に電話して「店舗で乗り換えたいがMNP予約番号は事前発行が必要ですか?」と聞いてみたところ、全ての店舗で「店舗で発行するから不要」との返答がありました

 

予約番号はその場で取得できますので、必ずしも事前に準備しないと手続きしてくれないわけではありません。

ただし、事前に発行していったほうがスムーズではありますね。

 

よくわからなければ、店舗に電話して確認してみましょう。

 

おうち割は申し込みが必要

 

ソフトバンクを契約している際にソフトバンク光・ソフトバンクエアーとのおうち割を適用していた人は、ワイモバイルでも割引が適用できます。

ただし、ワイモバイルへの乗り換え後に再度おうち割の申し込みが必要です。

ワイモバイル契約後に自動でおうち割の移行はされません。

 

おうち割の申込みはマイページから申し込み可能です。

詳細おうち割 光セット(A)のお申し込み | My Ymobile

 

ただ、私の場合は何度やってもエラーになり、ネットで手続きできませんでした。

その場合は店舗でおうち割の再申込みを行ってください。

なお、店舗はいつ行っても混んでいるので、来店予約していくのがおすすめです。

詳細店舗検索 | ワイモバイル

 

 

MNP転入の受付時間

 

ソフトバンクからワイモバイルに公式オンラインサイトでMNP乗り換えをする場合、手続きは24時間受付可能です。

申し込み内容に不備があればすぐに連絡があり、修正をしたうえで端末やSIMの発送準備がスタートします。

 

ただし、夜間に申し込んだ場合は申し込み内容の確認は翌朝になります。

 

店舗なら即日乗り換え可

 

オンラインストアでMNP手続きは来店の必要がなく、待ち時間も無いのがメリットです。

しかし、商品の発送まで時間がかかるのがネックです。

 

もし、当日中にMNP手続きを終えたい場合は面倒ですが店舗にいきましょう

ただし、夕方以降の遅い時間に来店すると受付が終了し、手続きが結局翌日になることもあるので、待ち時間も考慮し、早めに来店するようにしましょう。

 

電話でMNP乗り換えは不可

 

オペレーターとの電話によるMNP乗り換え手続きはできません。

どうしても説明を聞きながら手続きしたい場合は、店舗に行きましょう。

 

▼のりかえはこちら▼

ワイモバイル公式サイト 

 

回線切り替えタイミング

 

ワイモバイルオンラインストアでMNP転入手続きをした場合、SIMカード到着後に回線切り替えが必要です。

回線切り替えをするまではソフトバンクのSIMが使え、回線切り替え後にワイモバイルのSIMが使えるようになります。

 

回線切り替えは、到着したSIMに同封の書面に従って電話をかけてください。

SIM到着後6日以内のAM10時~PM7時であれば、好きなタイミングで回線切り替えができます。

 

ただし、6日をすぎると強制的に回線が切り替えられます

 

お得なMNP乗り換えタイミング

 

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるのに最も好都合なタイミングは、月末です。

 

ワイモバイルは契約初月の基本料金は日割りで計算されますが、ソフトバンクは解約月も全額請求されるプランが多いです。

この場合、ソフトバンクをギリギリまで使い、ワイモバイルの契約初月の日数を減らしたほうがお得です。

 

ただし、ギリギリを狙いすぎて回線開通が翌月になるとソフトバンクの料金がもう1ヶ月分かかってしまうので、余裕を持って手続きしましょう。

 

MNP時の本人確認書類

 

ワイモバイル公式サイトで手続きをすると、本人確認書類を画像でアップロードするだけで本人確認が終了します。

非常に簡単です。

 

本人確認書類は以下のいずれかを準備しましょう。

 

  • 運転免許証
  • 健康保険証または住民基本台帳カード + 公共料金領収書・住民票のいずれか
  • 日本国パスポート
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード(旧外国人登録証) + 外国パスポート

詳細本人確認書類 | ワイモバイル

 

事前に写真を撮影しておき、手続き時にアップロードすれば完了です。

 

▼必ず事前にエントリー▼

新どこでももらえる特典 

 

ソフトバンクのスマホは使える?

 

使える端末/使えない端末

 

ソフトバンクで販売されたAndroid・iPhoneはワイモバイルのバンド・周波数に対応しています。

よって、SIMロック解除すればワイモバイルで使用できます。

 

ただし、使えるのはSIMロック解除ができる2015年5月以降に発売された端末です。

また、2018年5月以前に発売されたAndroidはテザリングができない可能性が高いです。

 

比較的新しい端末は間違いなくワイモバイルでも使えますが、念のため必ず動作確認端末一覧を確認してください。

詳細動作確認端末一覧 | ワイモバイル

 

番号移行時に自動でSIMロック解除

 

結論から言うとソフトバンクで購入したスマホ端末は、iPhoneもAndroidもワイモバイルで使えます。

本来、ソフトバンクの端末をワイモバイルで使うにはSIMロックの解除が必要ですが、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える際には自動でSIMロックを解除してもらえます。

 

ソフトバンクからワイモバイルおよびLINEMO(ラインモ)へのブランド間ののりかえの場合、のりかえ前にご利用いただいているソフトバンク製品のSIMロック解除手続きを同時に実施しますので、お客さまのお申し出によるSIMロック解除手続きは不要です。
詳細SIMロック解除 | SoftBank

 

また、ソフトバンクのスマホはソフトバンク契約中も乗り換え後もオンラインでSIMロック解除ができます。

万が一、乗り換え後にSIMロックが解除できていない場合もこちらから解除できるので安心です。

詳細SIMロック解除 | SoftBank

 

▼必ず事前にエントリー▼

新どこでももらえる特典 

 

ソフトバンクからの乗り換え費用

 

MNP転出手数料は無料

 

ソフトバンクからワイモバイルに番号移行する場合、番号移行手数料(MNP転出手数料)は無料です。

 

以前はMNP転出手数料3,300円がかかっていましたが、2021年3月17日から無料になりました。

店舗で手続きしてもオンラインで手続きしても無料です。

 

契約解除料・違約金も無料

 

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える場合、違約金も無料です。

2021年3月17日から無料になりました。

詳細各種手数料の無料化について | SoftBank

 

ソフトバンクに2019年9月以前に契約した方が契約更新月以外にMNP転出する場合、通常は契約解除料(違約金/解約金)がかかりますが、ワイモバイルに乗り換える場合はかかりません。

 

端末代金の残債

 

ソフトバンクでスマホ端末を分割で購入しており、代金の支払いが終わっていない場合、MNP転出のタイミングで端末代金の残り(残債)を一括返済する必要があります。

 

初期費用・契約事務手数料

 

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える際、ワイモバイルの契約事務手数料は無料です。

 

以前は公式ストアだけは無料で、店舗・Yahoo!のワイモバイルは3,850円の初期費用がかかっていましたが、2021年3月17日から無料になりました。

他社からの乗り換えの場合は店舗や家電量販店で乗り換えると3850円の初期費用がかかりますが、ソフトバンクから乗り換えの場合は店舗や家電量販店でも無料です。

 

▼Ymobileに乗り換える▼

ワイモバイル公式ストア 

 

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるメリット

 

現在ソフトバンクを契約している方は、ぜひワイモバイルへの乗り換えを検討しましょう。

特に月に使うデータ容量が30GB以下の方は、ワイモバイルに乗り換えないのは本当に損です。

 

スマホ料金が安くなる

 

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える最大のメリットは毎月のスマホ料金が大幅に安くなることです。

 

ワイモバイルの料金プランはソフトバンクより圧倒的に安いです。

 

<シンプル2の料金表>

プラン S M L
データ
容量
4GB 20GB 30GB
月額
料金
¥2,365 ¥4,015 ¥5,115
各種割引
適用後料金
¥1,078 ¥2,178 ¥3,278
通信量1GB
以下の割引
-¥1,100 -¥2,200
制限時の
最大速度
(※)
300kbps 1Mbps
通話料 22円/30秒
・10分かけ放題:880円
・時間無制限かけ放題:1,980円

※1:基本容量の半分を超えると最大128kbpsに制限

 

ワイモバイルは高い?安い」の記事で比較していますが、月に使う容量に関わらず常にワイモバイルが安いです。

 

  • 月1GB:約2.6万円安い
  • 月1~2GB:約5.2万円安い
  • 月2~3GB:約7.9万円安い
  • 月3GB~4GB:約9.2万円安い
  • 月4GB~20GB:約6.6万円安い
  • 月20GB~30GB:約3.9万円安い

※各種割引適用時

 

のちほど解説しますが、ワイモバイルに乗り換えても通信品質やサービスはほとんど変わりません。

ソフトバンクを契約し続けるのは非常にもったいないです。

詳細ワイモバイルとソフトバンクの比較

 

スマホがそのまま使える

 

ソフトバンクで買ったスマホは、かなり古い機種を除きほとんどがワイモバイルでも使えます

乗り換えに際し、わざわざスマホを買い換えなくても大丈夫です。

 

(少々複雑ですが)ソフトバンクとワイモバイルは同じ周波数の電波を使っているため、ソフトバンクのスマホは全てワイモバイルの周波数にも対応しています。

ドコモ回線やau回線の格安SIMでは使えない場合もありますが、ワイモバイルなら大丈夫です。

 

なお、ソフトバンクのスマホはソフトバンクでしか使えないように「SIMロック」という状態になっていますが、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える際に自動で解除してもらえるので安心です。

詳細SIMロック解除 | ソフトバンク

 

ただし、古い機種はワイモバイルでは使えない場合もあるので念のため必ず動作確認端末一覧ページを確認してください。

詳細動作確認端末一覧 | ワイモバイル

 

iPhoneも買える/使える

 

ワイモバイル iPhone

 

ソフトバンクと同様、ワイモバイルでもiPhoneが使えます。

 

まず、ワイモバイルではiPhone13とiPhone SE 第3世代を販売中です。

カメラの性能はiPhone13が高いですが、iPhone SE 第3世代は価格が安いのが魅力です。

 

 

また、Apple Storeやソフトバンクなどの他社で買った最新のiPhoneも使えます。

既にソフトバンクで買ったiPhoneを持っている人はワイモバイルでもそのまま使えます。

また、前章で解説したとおりApple Storeで端末を買ってワイモバイルで使う方が、ソフトバンクで買うより断然安いです。

 

使う手順も非常に簡単なので、iPhoneはぜひワイモバイルで使いましょう。

 

 

通信速度も速い

 

ワイモバイルは通信速度も非常に速く、ソフトバンクとほとんど変わりません

 

ほとんどの格安SIMはお昼や夕方のスマホ利用者が増える時間帯に速度が大きく低下します。

しかし、ワイモバイルは最も混雑するお昼12時~13時でも全く変わりません。

 

私もメインで使っていますが、ソフトバンクと差を感じることはありません。

速度について心配する必要は全くありません。

詳細Y!mobileの通信速度を毎月計測中

 

店舗サポートも万全

 

ワイモバイルは店舗サポートも万全です。

ワイモバイルは全国に店舗があり、契約や機種変更、その他の各種手続きができます。

 

さらに全国にあるソフトバンクショップのほとんどでワイモバイルの取り扱いも開始しました。

店舗の多さは格安SIMでは圧倒的No.1です。

 

もちろん、オンラインチャットや電話でのサポート体制も整っています。

 

乗り換え手数料・違約金なし

 

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える際、以前は各種手数料や違約金がかかるのがネックでしたが、2021年3月17日から以下の3つが無料になりました。

 

  • ソフトバンクのMNP転出手数料
  • ソフトバンクの違約金
  • ワイモバイルの契約事務手数料

詳細各種手数料の無料化について | SoftBank

 

現在ソフトバンクを契約中で最低利用期間が残っている場合も、ワイモバイルなら気にせずに乗り換えられます。

 

乗り換えるデメリットは?

 

一方、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるデメリットもあります。

特に大容量プランとキャリアメールには注意してください。

 

大容量プランがない

 

ワイモバイルの最大のデメリットは大容量プランがないことです。

 

最も容量が大きいのはプランLの30GB(増量オプション契約なら35GB)です。

以前よりは大容量になりましたが、無制限プランなどはありません。

詳細ワイモバイルの料金プランを解説

 

プランM・Lは容量を使い切っても最大1Mbpsの速度で使えますが、月30GB以上使う人はワイモバイルでは対応できません。

30GBで足りない人はソフトバンクのままか、月4,950円で100GBまで使えるahamoか、月3,278円で容量使い放題の楽天モバイルも検討しましょう。

 

キャリアメール

 

ソフトバンクでキャリアメールを使っていた人は注意が必要です。

 

ワイモバイルでもキャリアメールが使えますが、アドレス(ドメイン)が変わってしまいます。

そのため、キャリアメールでやり取りをしている方はアドレス変更と変更通知が必要です。

 

  • ソフトバンク:@softbank.ne.jp
  • ワイモバイル:@ymobile.ne.jp

 

また月330円払えばソフトバンク時代のメールアドレスをワイモバイルでも使えますが、月330円はもったいないのでLINEやGメールなどに移行するのがおすすめです。

詳細メールアドレス持ち運び | ソフトバンク

 

▼Ymobileに乗り換える▼

ワイモバイル公式ストア 

 

ソフトバンクからワイモバイルへのMNPはこちら

 

以上、ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換え(番号移行)手順の解説でした。

格安SIMではトップクラスの通信速度が出て、料金が大幅に安いワイモバイルは断然おすすめです。

 

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換え時はかならず新どこでももらえる特典にエントリーしてから乗り換えましょう。

 

▼必ず事前にエントリー▼

新どこでももらえる特典 

 

 

ワイモバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました