iPhone

ワイモバイルでiPhone15は使える?発売は?機種変更の手順も解説

記事内に広告が含まれています

 

 

本記事ではAppleで9月22日に発売されたiPhone15がワイモバイルで使えるか解説します。

 

ワイモバイルではiPhone15は間違いなく遅れて発売されますが、他で端末のみを購入すればワイモバイルでも使えます。

iPhone15を最もお得に購入する方法も解説します。

 

▼SIM契約特典が3/31まで増額中▼

キャンペーン詳細はこちら 

 

ワイモバイルでiPhone15は使える?

 

ワイモバイル iPhone15 機種変更

 

公式サイトで動作確認済み

 

iPhone15シリーズはワイモバイルでも問題なく使えます。

すでにワイモバイル公式サイトの動作確認端末一覧ページで動作確認されており、Y!mobileのSIMを入れても使えることが確認されています。

詳細動作確認端末一覧 | ワイモバイル

 

iPhone15はワイモバイルのSIMを入れれば自動でAPN設定がされ、すぐに音声通話やデータ通信ができるようになります。

面倒なプロファイルインストールは不要です。

 

Y!mobileでiPhone15は買える?

 

Apple Storeや大手キャリアでは2023年9月22日にiPhone15シリーズが発売されましたが、ワイモバイルでは同じタイミングでは発売されませんでした。

これまでもiPhoneはiPhone SEを除くとAppleや大手キャリアより遅れて発売されてきました。

 

<ワイモバイルのiPhone発売日>

Apple ワイモバイル
iPhone
6s
2015年
9月25日
2017年
10月6日
iPhone
SE
2016年
3月31日
2017年
3月25日
iPhone
7
2016年
9月16日
2018年
12月20日
iPhone
11
2019年
9月20日
2021年
7月9日
iPhone SE
第2世代
2020年
4月24日
2020年
8月27日
iPhone
12/12mini
2020年
10月23日
2021年
2月26日
iPhone
13/13mini
2021年
9月24日
2023年
11月15日
iPhone SE
第3世代
2022年
3月18日
2022年
3月18日
iPhone
14
2022年
9月16日
iPhone
15
2023年
9月22日

 

唯一iPhone SE 第3世代はAppleと同じタイミングで発売されましたが、それ以外の機種は全て遅れて発売されています。

 

ワイモバイルではiPhone14シリーズもまだ発売されていません。

まずはiPhone14が発売されてから、1年後にiPhone15が発売されるでしょう。

発売はおそらく2025年頃になると予想します。

詳細Y!mobileでiPhone14発売はいつ?

 

iPhone15はどこで買うのがお得?

 

前章のとおり、ワイモバイルでiPhone15は遅れて発売されるため、いち早くiPhone15を使うには他で端末のみを購入し、ワイモバイルのSIMを差し替えて使う必要があります。

 

iPhone15は以下の方法で端末のみを購入できます。

特にApple Storeや楽天モバイル 楽天市場店で買うのがお得でおすすめです。

なお、ソフトバンクで買うのはおすすめしません。

 

Apple Store

 

iPhone本体はApple Storeで買う人が多いです。

アップルの店舗でも買えますが、送料等は無料なのでオンラインショップで買うのがおすすめです。

 

<iPhone15の本体価格>

容量 税込価格
iPhone
15
128GB ¥124,800
256GB ¥139,800
512GB ¥169,800
iPhone
15 Plus
128GB ¥139,800
256GB ¥154,800
512GB ¥184,800
iPhone
15 Pro
128GB ¥159,800
256GB ¥174,800
512GB ¥204,800
1TB ¥234,800
iPhone 15
Pro Max
256GB ¥189,800
512GB ¥219,800
1TB ¥249,800

詳細iPhone | Apple(日本)

 

楽天モバイル楽天市場店

 

iPhone本体はApple Storeで買う人が多いですが、実は楽天モバイル 楽天市場店もおすすめです。

楽天モバイル楽天市場店ではApple Storeで販売するものと同じSIMフリー版のiPhoneが端末のみで購入できます。

”楽天モバイル”とありますが、販売するiPhoneはApple Storeと全く同じ仕様で、もちろんワイモバイルでも他社でも使えます。

 

楽天モバイル楽天市場店は購入金額に応じて楽天ポイントが還元されるため、ポイント還元を含めればApple Storeよりお得に購入できる場合もあります。

 

ただし、現時点でiPhone15シリーズはやや価格差があり、ポイント還元率がかなり高くない限りアップルストアの方がお得です。

自身の還元率に応じて、どちらがお得か確認してから買いましょう。

詳細楽天モバイル 楽天市場店

 

ソフトバンク

 

iPhone15本体はソフトバンクでも購入できます。

ソフトバンクの店舗やオンラインショップでも買えますし、端末のみでの購入も可能です。

ソフトバンクで買ったiPhoneもApple StoreのSIMフリー版と同じで、もちろんワイモバイルや他社でも使えます。

 

ただし、ソフトバンクにおけるiPhoneの価格はApple Storeより高いので、端末のみ買う場合はソフトバンクで買うのは損です。

iPhone15(128GB)の場合、アップルストアより2万円以上高いです。

詳細ソフトバンクのiPhone15価格

 

なぜか毎年ソフトバンクで買う人が続出するのですが、ドコモ・au・ソフトバンクのショップで買うのは大損なので絶対にやめておきましょう。

Apple Storeか楽天モバイル 楽天市場店で買ってください。

 

唯一、「新トクするサポート」を利用して買うのならまだ理解できます。

新トクするサポートとは、端末を48回払いで購入し、購入から2年後に端末をソフトバンクに返却すれば半額近い価格で購入できる仕組みです。

例えばiPhone15(128GB)の場合、通常価格は145,440円ですが、新トクするサポートを利用すれば実質74,640円で購入できます。

詳細ソフトバンクでiPhone15をお得に買う方法

 

ただし、新トクするサポートを利用すると2年後には端末の返却が必要なので、素直にApple Storeや楽天モバイル楽天市場店で買う方が個人的にはおすすめです。

詳細新トクするサポート | ソフトバンク

 

ワイモバイルのiPhone15発売はいつ?

 

Apple Storeや大手キャリアでは9月22日にiPhone15シリーズが発売されましたが、ワイモバイルでは同じタイミングでは発売されませんでした。

これまでもiPhoneはAppleや大手キャリアより遅れて発売されてきました。

唯一iPhone SE 第3世代はAppleと同じタイミングで発売されましたが、それ以外の機種は全て遅れて発売されています。

 

ワイモバイルではiPhone13シリーズやiPhone14シリーズもまだ発売されていません。

まずはiPhone13/14が発売されてから、1年後にiPhone15が発売されるでしょう。

発売はおそらく2025年頃になると予想します。

 

ワイモバイルでiPhone15を使う手順

 

ワイモバイルではiPhone15はかなり遅れて発売されるでしょう。

そのため、ワイモバイルでiPhone15を使う場合は自分で端末のみを購入し、ワイモバイルのSIMを差し替えて使う必要があります。

 

  1. Apple Store等で端末を購入
  2. 端末にSIMを挿入
  3. セットアップ/データ移行

 

iPhone15を端末のみ購入

 

iPhone15はワイモバイルでしばらく発売されません。

 

ワイモバイルでiPhone15が使いたい人は、Apple Storeや楽天モバイル 楽天市場店でSIMフリー版の本体のみを買い、ワイモバイルのSIMを挿して使いましょう。

端末のみをお得に購入する方法はすでに解説しています。

 

SIM差し替え

 

他で購入したiPhone15本体が届いたら、現在の端末からSIMカードを差し替えます。

SIMピンを使ってSIMスロットを開き、iPhone15に差し替えてください。

 

SIMの差し替え

 

iPhone15のSIMサイズはnanoなので、(あまりいないと思いますが)microSIM・標準SIMを使っている方はSIMの交換が必要です。

また、ワイモバイルのSIMカードには「n101」「n111」「n141」「n161」の番号のいずれかが書かれています。

n101・n111・n161の方はそのまま使えますが、n141の場合は注意が必要です。(のちほど解説)

 

データ移行・初期設定

 

端末にSIMを差し替えて電源をONにすると、iPhone15の初期セットアップとデータ移行が開始します。

 

現在の端末からのデータ移行も簡単です。

元の端末がiPhoneなら、iPhone15を初期セットアップする際に元のiPhoneを隣においておくだけでデータ移行できます。

これをクイックスタートといいます。

元のiPhoneを横においてからiPhone15の電源をONにして初期設定を進めましょう。

詳細クイックスタート | Apple (日本) 

 

Androidスマホでクイックスタートはできませんので、他の手段が必要です。

一番おすすめなのは「iOSに移行」というAppleの純正アプリを使って移行する手順です。

データ移行手順はこちらに詳しく記載されています。

詳細AndroidからiPhoneへのデータ移行 | Apple

 

初期設定・データ移行が完了した時点でワイモバイルの4G・5G通信が使えます。

 

PayPay・メール設定

 

iPhone15の初期設定・データ移行が完了したら、PayPayやメールの設定を行います。

 

詳しい手順は、こちらに記載されています。

手順はかんたんなので、心配する必要はありません。

詳細iPhoneの初期設定 | ワイモバイル

 

初期設定・データ移行が完了すると、すぐにワイモバイルの通話・データ通信が可能になります。

プロファイルインストール・APN設定は不要です。

詳細iPhoneの設定 | ワイモバイル

 

Wi-FiをOFFにしたうえで通話やデータ通信ができることを確認したら設定は完了です。

 

▼SIM契約特典が3/31まで増額中▼

キャンペーン詳細はこちら 

 

ワイモバイルでiPhone15に機種変更

 

すでにワイモバイルを契約中の人も、SIMフリー版のiPhone15を買ってSIMを差し替えることで機種変更が可能です。

手順は以下の通りです。

 

  1. Apple Store等で端末を購入
  2. 端末にSIMを差し替え
  3. セットアップ/データ移行
  4. PayPay・メール等設定

 

自分で持ち込み機種に機種変更しても手数料はかかりませんし、現在の契約プランにも影響はありません。

違約金もかかりません。

 

ただし、次章で解説するようにSIMカードの種類には注意が必要です。

 

iPhone15に機種変更する手順

 

iPhone15を端末のみ購入

 

まずはiPhone15の端末本体を用意しましょう。

 

iPhone15はワイモバイルではかなり遅れて発売すると予想されます。

iPhone15を使うにはApple Storeや楽天モバイル 楽天市場店でSIMフリー版の本体のみを買い、ワイモバイルのSIMを挿して使いましょう。

端末のみをお得に購入する方法は冒頭で解説しています。

 

SIMカードを差し替え

 

端末が用意できたら、元の端末からワイモバイルのSIMを抜いてiPhone15に差し替えます。

SIMピンを使ってSIMスロットを開き、iPhone15に差し替えてください。

 

SIMの差し替え

 

SIMの差し替え方法はアップルの公式サイトに詳細が記載されています。

詳細iPhoneにSIMを差す – Apple

 

なお、iPhone15で使えるSIMカードのサイズはnanoのみです。

 

データ移行・初期設定

 

SIM差し替え後に電源をONにすると、初期セットアップとデータ移行が開始します。

 

現在の端末からのデータ移行も簡単です。

元の端末がiPhoneの方は、iPhone15を初期セットアップする際に元のiPhoneを隣においておくだけでデータ移行できます。

これをクイックスタートといいます。

元のiPhoneを横においてからiPhone15の電源をONにして初期設定を進めましょう。

詳細クイックスタート | Apple (日本) 

 

Androidを使っている方はクイックスタートはできませんので、他の手段が必要です。

一番おすすめなのは「iOSに移行」というAppleの純正アプリを使って移行する手順です。

データ移行手順はこちらに詳しく記載されています。

詳細AndroidからiPhoneへのデータ移行 | Apple

 

初期設定・データ移行が完了した時点で、すでにワイモバイルの4G・5G通信が使えます。

 

PayPay・メール設定

 

iPhone15の初期設定・データ移行が完了したら、PayPayやメールの設定を行います。

 

詳しい手順は、こちらに記載されています。

手順はかんたんなので、心配する必要はありません。

詳細iPhoneの初期設定 | ワイモバイル

 

以上で機種変更は完了です。

 

iPhone15でn141は使える?

 

本当は非対応だが

 

Apple StoreでSIMフリー版を買ってワイモバイルで使う場合、SIMの番号を事前に確認してください。

ワイモバイルのSIMカードには「n101」「n111」「n141」「n161」の4種類があります。

 

▼SIMに番号が記載▼

ワイモバイル SIM n101 n111 n141

 

このうち、「n141」はSIMフリー版のiPhoneでは使えないことになっています。

n141はワイモバイルで販売されたiPhone専用のSIMで、ワイモバイルでiPhoneを購入した人はn141のSIMが届いています。

 

ワイモバイルの公式見解としてn141は他で購入したiPhoneでは使えないことになっているので、店舗でn101やn161に交換して貰う必要があります。

 

  • n101/n111/n161
    →そのままiPhone15で使用可
  • n141:Y!mobileのiPhone専用
    →他で買ったiPhoneで使用不可
    →店舗でn101に交換が必要

 

店舗で交換をお願いすると、n101・n111かn161のSIMが渡されます。

これらのSIMは動作確認されている端末ならどの端末も使えますので、iPhone15入手前までに交換してもらっておくのがおすすめです。

ただし、手数料がかかります。

詳細USIMカードの交換 | ワイモバイル

 

実際はiPhone15で使えるかも

 

前章のとおり、n141のSIMはワイモバイル版iPhoneの専用SIMです。

公式見解としてn141は他で購入したiPhoneでは使えない事になっています。

 

しかし、実際にはiPhone15でもn141が使えるでしょう。

自身では未検証ですが、TwitterなどをみるとiPhone13以降の機種はn101・n111などと同じようにSIMを挿しただけで接続できるようです。

おそらくiPhone15でもn141が使えるでしょう。

 

n141で使っても端末が壊れるといったことはないと思いますが、公式には使えないことになっているので使用は自己責任で行ってください。

不安な方は、素直にn101/n111/n161などに交換してもらうのがおすすめです。

詳細USIMカードの交換 | ワイモバイル

 

iPhone15でeSIMクイック転送

 

ワイモバイルでもeSIMクイック転送が使えるようになりました。

iOS17以降にアップデートしたiPhoneにはeSIMクイック転送という機能があります。

これは、他機種に入れたSIM/eSIMをiPhone上の手続きのみで他のiPhoneに移し替える機能です。

元のSIMが通常のnanoSIMでもeSIMに転送できるのがメリットです。

eSIMを転送する場合は、事前に転送元/転送先の端末を必ず最新のiOSにアップデートしてから行ってください。

 

手数料も無料なので、eSIMの移し替えには必ずeSIMクイック転送を使いましょう。

店舗でも移し替えができますが、その場合は手数料がかかります。

詳細eSIMクイック転送 | Y!mobile

 

ワイモバイルでiPhone15を使おう

 

以上、ワイモバイルでiPhone15を使う手順の解説でした。

iPhone15はワイモバイルでは遅れて発売されますので、自分で端末のみを別で買ってSIMを差し替えて使いましょう。

端末購入はApple Storeや楽天モバイル 楽天市場店でどちらがお得か確認してから買いましょう。

 

▼SIM契約特典が3/31まで増額中▼

キャンペーン詳細はこちら 

 

ワイモバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました