iPhone12/12miniが2/26発売!価格は? 

ワイモバイルで持ち込み機種に自分で機種変更するやり方【iPhoneも】

 

ワイモバイル 機種変更 持ち込み 自分で

 

本記事では、ワイモバイルで持ち込み機種に自分で機種変更する手順を解説します。

 

ワイモバイルは店舗やオンラインストアで機種変更できますが、自分で用意したiPhoneやAndroidにも機種変更できます。

 

ワイモバイルの取り扱い端末に機種変更する手順はこちら!
ワイモバイルで機種変更する手順
機種変更のおすすめスマホ一覧

 

自分で持ち込み機種に機種変更する

 

ワイモバイルを既に契約している方は、持ち込み端末に自分で機種変更できます。

自分で機種変更する手順は以下の通りです。

 

  1. 新しい機種を用意
  2. SIMカードを差し替え
  3. APN設定
  4. データ移行

 

SIMフリー/持ち込み端末を用意

 

まずは使いたいスマホを自分で用意します。

 

端末がワイモバイルで使えるかは、動作確認端末一覧を確認してください。

ここに記載されている機種のみが、ワイモバイルで問題なく動作することを保証されています。

 

ただし、動作確認端末一覧に記載のない端末でも使える場合があります。

例外はありますが、使える端末を大まかに示した一覧表は以下のとおりです。

 

<ワイモバイルで使える端末>

端末購入元iPhoneAndroid
SIMフリー
(5S以降)
ドコモ
(6S/SE以降)
au
(6S/SE以降)
ソフトバンク
(6S/SE以降)
ワイモバイル
(6S/SE以降)

◎:SIMロック解除不要で使える
○:SIMロック解除後に使える
△:SIMロック解除しても使えない場合あり

 

動作確認端末一覧に記載のないスマホを使う場合は自己責任で使ってください

 

使えるiPhone

 

iPhoneは、iPhone6S・初代SE以降の機種であればどこで購入したものでも使えます

ただし、端末購入元によってはSIMロック解除が必要です。

 

Apple Storeで購入したiPhoneはSIMフリーなので、SIMロック解除不要で使えます。

 

ドコモ・au・ソフトバンクや他社で購入したスマホは、SIMロック解除すればワイモバイルで使えます。

ソフトバンク版のiPhoneもSIMロック解除が必要なので注意してください。

 

ワイモバイルで買ったiPhoneはSIMロックされていますが、そのまま使えます。

 

iPhoneについてはのちほど詳しく解説します

 

使えるAndroid

 

Androidは、必ず動作確認端末一覧を確認してください。

 

家電量販店などで買えるSIMフリーのAndroidはほとんどがワイモバイルで使えます。

 

一方、ドコモ・auのAndroid端末は、ワイモバイルのバンドに対応していない機種が多いです。

 

こちらを確認し、ワイモバイルのバンド(LTE:1・3・8、3G:1・8)に対応していれば、SIMロック解除後に使えます。

PixelシリーズやHUAWEI端末の一部はワイモバイルでも使えそうですね。

 

 

ソフトバンクのAndroidはワイモバイルのバンドに対応していますので、SIMロック解除すれば使えます。

 

ただし、ソフトバンクのAndroid端末は2018年5月以降に発売された機種でないとテザリングできません。

 

その他にも一部例外があるので、必ず事前に動作確認端末一覧を確認してください。

 

SIMカードの差し替え

 

スマホが用意できたら、今使っているスマホからSIMカードを抜き、新しい端末に差し替えます

 

SIMスロットの穴にSIMピンを挿すと、SIMカードが取り出せます。

 

SIMの差し替え

 

なお、SIMカードを別の機種に差し替えても、月額料金が変わったり違約金がかかったりすることはありません。

これまでと同じ料金プランで使えます。

 

APN設定

 

スマホ本体にSIMを挿したら、APN設定(プロファイルのインストール)が必要です。

ほとんどの機種は、APN設定をしないとSIMを挿しても通話やデータ通信ができません。

 

APN設定の手順はこちらに解説があります。

 

 

ただし、iPhoneは機種によって端末のソフトウェアを最新にアップデートすればSIMを挿しただけで使えるようになります。

(のちほど解説)

 

データ移行

 

最後に、元の端末から新しい端末へデータを移行してください。

データの移行手順は機種によって異なりますので、「(機種名) データ移行」などで検索してみてください。

 

なお、iPhoneからiPhoneに機種変更する場合は、クイックスタートを利用しましょう。

新しいiPhoneをセットアップする際に、元のiPhoneを隣に置くだけでデータ移行が完了します。

 

AndroidからiPhoneへのデータ移行はこちらに詳しく記載されています。

詳細AndroidからiPhoneへのデータ移行 | Apple

 

また、LINEのトーク履歴の移行はこちらのページをご確認ください。

 

 

持ち込みのiPhoneに機種変更する

 

ワイモバイル iPhone

 

既にワイモバイルに契約してスマホを使っている方が、他で購入した持ち込みのiPhoneに機種変更する手順は以下の通りです。

 

  1. iPhone本体を準備
  2. 初期設定・データ移行
  3. iOSアップデート(iPhone12以外)
  4. SIMカードの差し替え
  5. APN設定(iPhone12のみ)

 

iPhone12とそれ以外の機種で手順が異なります。

iPhone12はAPN設定(プロファイルのインストール)が必要ですが、それ以外の機種はiOSを最新にアップデートをしておけばSIMの差し替えだけで繋がります。

 

iPhone本体を自分で用意

 

まずは、機種変更したいiPhoneを自分で用意しましょう。

 

Apple Storeで販売中のiPhone12シリーズ、iPhone11、iPhone XR・iPhone SE 第2世代はSIMフリーなので、そのままワイモバイルで使えます。

詳細iPhone | Apple(日本)

 

また、iPhone6S・初代SE以降ならドコモ・au・ソフトバンクで買ったiPhoneも使えます

ただしSIMロック解除が必要です。

 

 

初期設定・データ移行

 

続いて、データを移行します。

新しいiPhoneの電源を初めてONにすると、初期設定が開始します。

 

機種変更前の端末がiPhoneの方は、この初期設定をする際に元のiPhoneを隣に置いておくだけでデータが移行されます。

これはクイックスタートというiPhoneの機能ですが、便利なのでぜひ利用しましょう。

 

AndroidからiPhoneへのデータ移行はこちらに詳しく記載されています。

詳細AndroidからiPhoneへのデータ移行 | Apple

 

また、LINEのトーク履歴の移行はこちらのページをご確認ください。

 

システムアップデート

 

この作業はiPhone12以外の機種のみ必要です
iPhone12シリーズの方は次章にジャンプしてください。

 

初期設定が終われば、システムを最新にアップデートしましょう。

最新にアップデートすれば、iPhone12以外の機種はAPN設定不要でワイモバイルのSIMが使えるようになります。

 

Wi-Fiに接続した上で、設定 → 一般 → ソフトウェア・アップデートをタップします。

 

iPhone ソフトウェアアップデート

 

最新のソフトウェアがあれば「ダウンロードしてインストール」をタップしてインストールしてください。

 

アプリを一時的に削除してもよいかを確認するメッセージが表示された場合は、「続ける」をタップしてください。アプリは後で再インストールされます。

 

SIMの差し替え

 

続いて、現在のスマホから新しいiPhoneにSIMを差し替えます。

 

SIMカードを入れるSIMスロットの穴にSIMピンを挿すと、SIMカードが取り出せます。

 

SIMの差し替え

 

iPhone12シリーズ以外の機種は、ソフトウェアを最新版にアップデートしておけば、SIMを挿すと自動で通話やデータ通信ができるようになります。

通話・データ通信が問題なくできれば、機種変更は完了です。

 

もし繋がらない場合は一度端末を再起動するか、再度こちらを読んで手順を確認してください。

 

プロファイルインストール

 

iPhone12・iPhone12 mini・iPhone12 Pro/Pro Maxは、SIMを差し替えただけでは通話・データ通信ができません。

プロファイルのインストールが必要です。

 

<iPhone12のAPN設定手順>

  1. Wi-Fiに接続
  2. サファリでこちらにアクセス
  3. 「APN設定用の構成プロファイル」をタップ
  4. 「許可」をタップ
  5. ホーム画面に戻り、「設定」から「プロファイルがダウンロード済み」をタップ

 

あとは画面の指示に従ってインストールすればOKです。

 

APN設定のやり方はこちらに詳しく記載されています。

詳細iPhone12のAPN設定 | ワイモバイル

 

繋がらない場合は一度端末を再起動するか、再度こちらを読んで手順を確認してください。

 

 

自分で機種変更する際の注意点

 

n141のSIMに注意!

 

自分で機種変更する際は、事前にSIMカードの種類(番号)を確認しましょう

ワイモバイルには「n101」「n111」「n141」という3種類のSIMカードがあります。

 

▼SIMに番号が記載▼

ワイモバイル SIM n101 n111 n141

 

このうち、「n141」はワイモバイル版iPhone専用のSIMカードです。

ワイモバイルでiPhone6S・iPhone7・iPhone SE(初代・第2世代)を買うと、このSIMが送られてきます。

 

このn141は他で購入したAndroid・iPhone端末に挿しても使えません

使えるのはワイモバイルのiPhoneのみです。

 

現在のSIMカードがn141の方は、ワイモバイルの店舗で「n101」に交換してもらってください。

その際、手数料として3,300円がかかります。

 

用意した機種がワイモバイル版のiPhoneならn141のまま使えます。

 

SIMカードのサイズにも注意

 

また、SIMカードのサイズにも注意が必要です。

使うスマホによって、対応するSIMカードのサイズが異なります。

 

現在販売している端末はほとんどがnanoサイズですが、一部の古い機種はmicroの場合があります。

その場合、SIMカードサイズを変更してください。

 

SIMカードサイズの変更はワイモバイルショップのみの受付で、手数料が3,300円かかります。

 

あまりないと思いますがnano⇒microへのサイズ変更の場合はSIMカードのサイズを変えるケースを買えば、手続きなしで使えます。(私も使っています)

 

 

動作確認端末一覧を確認

 

ここまで、ワイモバイルで使える機種を解説しましたが、本記事だけでなく必ず動作確認端末一覧を確認してください。

動作確認端末一覧の記載が常に”正”です。

 

動作確認端末一覧に記載のない機種でも使える場合がありますが、その場合は自己責任で使ってください。

不安であれば、動作確認端末一覧に記載のある機種を準備するか、ワイモバイルの取り扱い端末に機種変更しましょう。

 

 

使えないサービスがある

 

持ち込みの機種を使う場合、使えないサービスがあります。

 

  • 故障安心パックプラス
  • ソフトバンクWi-Fiスポット

 

まず、スマホの保証サービスなどがセットになった「故障安心パックプラス」には加入できません。

 

また、公式サイト上ではソフトバンクWi-Fiスポットも使えないことになっています。

実際には使えるのですが、急に使えなくなったりする可能性もありますので注意してください。

詳細SIM単体契約で利用できるサービス

 

私はPixel3にワイモバイルのSIMを挿して使っているのですが、ソフトバンクWi-Fiスポットは問題なく使えています

 

機種変更後も料金は変わらない

 

自分で持ち込み機種に機種変更した場合も、機種変更前と機種変更後で料金は変わりません。

機種変更したからといって別料金が取られたり、プランが変わったりしませんので安心してください。

 

例えば私はワイモバイルでXperia 10 IIを使っていましたが、自分でPixel3に機種変更しました。

しかし、料金は契約時のままです。

 

ちなみに、自分で機種変更したことはワイモバイル側には通知されませんので、マイページ上ではXperia 10 IIを使っていることになっています。

 

 

手数料も不要

 

自分で持ち込み機種に機種変更する場合、手数料はかかりません

端末を自分で用意してSIMを差し替えれば無料で機種変更できます。

 

ただし、SIMのサイズや種類(n141)を交換する場合は交換手数料3,300円がかかります。

 

 

自分で機種変更する方法まとめ

 

以上、ワイモバイルで持ち込み機種に自分で機種変更する手順の解説でした。

 

自分で機種を用意すれば、ワイモバイル取り扱い端末以外の機種にも機種変更できます。

もちろんiPhone12含めたiPhoneにも機種変更可能です。

 

ただし、必ず動作確認端末一覧を確認することと、n141のSIMには注意してくださいね。

 

iPhoneに機種変更する方は、こちらで機種別にさらに詳しく解説しています。

 

<端末別の詳細手順はこちら>

 

 

ワイモバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました