ワイモバイルでiPhone14は使える?詳細はこちら 

ワイモバイルでiPhone14は使える?設定・機種変更は?

iPhone

 

 

本記事ではワイモバイルでiPhone14シリーズを使う手順・機種変更のやり方も解説します。

 

2022年9月16日にiPhone14シリーズが発売されましたが、おそらくワイモバイルでiPhone14の発売はだいぶ先になるでしょう。

ワイモバイルでiPhone14を使うには他で端末のみを購入し、ワイモバイルのSIMを差し替えて使ってください。

 

  • ワイモバイルで使える?
    →SIMを差すだけでOK
  • ワイモバイルでの発売はなし
  • 端末のみ買う方法は主に2つ
    楽天モバイル 楽天市場店がお得かも

 

▼SIM契約時の還元が増額中▼

 

ワイモバイルでiPhone14は使える?

 

公式サイトで動作確認済み

 

iPhone14シリーズはすべてワイモバイルで動作確認されています。

詳細動作確認端末一覧 | ワイモバイル

 

iPhone14・iPhone14 Plus・iPhone14 Pro・iPhone14 Pro Maxも使えますし、通常SIMに加えてeSIMも使えます。

これまでのiPhoneと同様、プロファイルのインストール・APN設定は不要です。

 

iPhone14のeSIMも使える

 

ワイモバイル公式サイトではiPhone14シリーズの機種でワイモバイルのeSIMも使えることが確認されています。

詳細動作確認端末一覧 | ワイモバイル

 

これからワイモバイルのeSIMを契約する方は、こちらの記事を参考に手続きしてください。

詳細ワイモバイルでeSIMを設定する手順

 

すでにeSIMを他機種で使っている方が、iPhone14にeSIMを移すには店舗で手続きが必要です。

オンラインでは手続きできませんし、eSIMのクイック転送にも対応していません。

他端末からeSIMをiPhone14に移す場合は3,300円の手数料がかかります。

詳細eSIMを他のスマートフォンで利用する | Ymobile

 

APN設定/プロファイルは不要

 

iPhone14シリーズにワイモバイルのSIM・eSIMを入れたあと、APN設定やプロファイルインストールは不要です。

基本的にはSIMを入れるとすぐに4G/5Gの表記になり、通話やデータ通信ができるようになります。

 

もしiPhone14を他社のSIMで使っていた場合、他社のプロファイルが残っていると使えません。

「設定」→「一般」→「プロファイルとデバイス管理」をタップし、インストールされたプロファイルを削除してください。

削除手順はこちらのページを参考にしてください

詳細プロファイルの削除

 

iPhone14のお得な購入方法

 

ワイモバイルではしばらくiPhone14は発売されません。

そのため、ワイモバイルで使う場合は他でiPhone14の端末のみを購入する必要があります。

 

ほとんどの方はApple Storeで購入すると思いますが、実は楽天モバイル 楽天市場店の方がお得な場合もあります。

 

Apple Storeで購入

 

iPhone14を端末のみ購入する場合、ほとんどの方がApple Storeで購入すると思います。

 

Apple StoreではiPhone14シリーズのSIMフリー版が端末のみで購入できます。

アップルの店舗でも買えますが、オンラインでも送料無料なのでオンラインストアで買うのが便利です。

 

<iPhone14の価格>

容量税込価格
iPhone
14
128GB¥119,800
256GB¥134,800
512GB¥164,800
iPhone
14 Plus
128GB¥134,800
256GB¥149,800
512GB¥179,800
iPhone
14 Pro
128GB¥149,800
256GB¥164,800
512GB¥194,800
1TB¥224,800
iPhone14
Pro Max
128GB¥164,800
256GB¥179,800
512GB¥209,800
1TB¥239,800

詳細iPhone | Apple(日本)

 

ただし、次章で解説する楽天モバイル楽天市場店のほうがお得な場合もあるので、どちらも確認しましょう。

 

楽天モバイル楽天市場店で購入

 

今回のiPhone14シリーズは楽天モバイル 楽天市場店で買うのもお得です。

 

楽天モバイル楽天市場店では、Apple Storeと同じSIMフリー版が端末のみで購入できます。

送られてくる商品はApple Storeと全く同じものです。

 

楽天モバイル楽天市場店は楽天市場内のショップなので、購入金額に応じて楽天ポイントが還元されます。

通常価格(定価)はApple Storeより少し高いですが、還元されるポイントを含めると楽天モバイル楽天市場店の方が安くなる場合もあります。

また、定期的に割引クーポンを配布していますので逃さないようにしましょう。

 

端末をお得に買いたい方は楽天モバイル 楽天市場店も確認してください。

 

  • 買える端末はApple Storeと同じ
  • Apple Storeより少し高い
    →ポイント還元分でお得な場合も

 

▼ポイント分だけお得かも▼

楽天モバイル楽天市場店 

 

 

ワイモバイルでiPhone14を使う設定

 

ワイモバイル iPhone14 使える 機種変更

 

のちほど解説しますが、ワイモバイルでのiPhone14の発売はだいぶ先になるでしょう。

そのため、iPhone14シリーズをワイモバイルで使うには以下の手順が必要です。

 

  1. Apple Store等で端末を購入
  2. 端末にSIMを挿入
  3. セットアップ/データ移行

 

iPhone14を端末のみ購入

 

iPhone14はワイモバイルでしばらく発売されないでしょう。

 

ワイモバイルでiPhone14が使いたい方は、Apple Storeや楽天モバイル 楽天市場店でSIMフリー版の本体のみを買い、ワイモバイルのSIMを挿して使いましょう。

端末のみをお得に購入する方法は冒頭で解説しています。

 

SIM差し替え

 

他で購入したiPhone14本体が届いたら、現在の端末からSIMカードを差し替えます。

iPhone14のSIMサイズはnanoなので、(あまりいないと思いますが)microSIM・標準SIMを使っている方はSIMの交換が必要です。

 

また、ワイモバイルのSIMカードには「n101」「n111」「n141」の番号のいずれかが書かれています。

n101とn111の方はそのまま使えますが、n141の方は注意が必要です。(のちほど解説)

 

データ移行・初期設定

 

端末にSIMを差し替えて電源をONにすると、iPhone14の初期セットアップとデータ移行が開始します。

 

現在の端末からのデータ移行も簡単です。

元の端末がiPhoneの方は、iPhone14を初期セットアップする際に元のiPhoneを隣においておくだけでデータ移行できます。

これをクイックスタートといいます。

元のiPhoneを横においてからiPhone14の電源をONにして初期設定を進めましょう。

詳細クイックスタート | Apple (日本) 

 

Androidを使っている方はクイックスタートはできませんので、他の手段が必要です。

一番おすすめなのは「iOSに移行」というAppleの純正アプリを使って移行する手順です。

データ移行手順はこちらに詳しく記載されています。

詳細AndroidからiPhoneへのデータ移行 | Apple

 

初期設定・データ移行が完了した時点でワイモバイルの4G・5G通信が使えます。

 

PayPay・メール設定

 

iPhone14の初期設定・データ移行が完了したら、PayPayやメールの設定を行います。

 

詳しい手順は、こちらに記載されています。

手順はかんたんなので、心配する必要はありません。

詳細iPhoneの初期設定 | ワイモバイル

 

初期設定・データ移行が完了すると、すぐにワイモバイルの通話・データ通信が可能になります。

iPhone14シリーズはプロファイルインストール・APN設定が不要です。

詳細iPhoneの設定 | ワイモバイル

 

Wi-FiをOFFにしたうえで通話やデータ通信ができることを確認したら設定は完了です。

 

▼SIM契約時の還元が増額中▼

 

 

iPhone14で使えるキャンペーン

 

ワイモバイルでは年間を通してお得なキャンペーンを実施しています。

iPhone14用にSIM・eSIMを契約する方も、必ずキャンペーン情報を確認してください。

契約方法によって2万円以上損することもあります。

 

新どこでももらえる特典

 

ワイモバイル 新どこでももらえる特典 増額 キャンペーン

 

ワイモバイルでは新どこでももらえる特典というキャンペーンを実施しています。

 

このキャンペーンは、申込月の4ヶ月後にPayPay支払いで買い物すると、最大20%相当のPayPayポイントが上乗せされて貰える仕組みです。

通常のPayPayポイント還元に加え、さらに最大20%相当のポイントが還元されます。

 

  1. こちらのページからエントリー
  2. ワイモバイルに申し込み
  3. 4ヶ月後にPayPay支払で買い物
  4. 最大3,000ポイント還元

 

貰えるPayPayポイントの上限額はプランによって異なります。

プランSの還元額は最大500円分、プランM・Lは最大3,000円分です。

 

ただし、プランM/Lは人により最大6,000円分に増額されます

 

特典の上限額
プラン
S
500円分
プラン
M・L
3,000円分
(人により6,000円分)

 

エントリーページはワイモバイル公式ストア(ヤフー店)にありますが、ヤフー店だけでなく公式オンラインストア・店舗や家電量販店で契約しても貰えます。

 

 

ワイモバイルの契約前には必ずエントリーしてください。

 

▼エントリーはこちら▼

どこでももらえる特典 

 

▼契約前に必ずエントリー▼

 

 

オンラインストア創業祭

 

ワイモバイル キャンペーン オンラインストア創業祭

 

ワイモバイル公式オンラインストアでは現在創業祭を実施しています。

実施期間は11月1日までと長いですが、キャンペーン内容は随時変更されるのでこまめに確認しましょう。

 

創業祭ではSIMのみ契約時のPayPayポイント還元が増額されています。

対象は他社から乗り換えでプランLを契約した場合で、通常は10,000円分の還元が11,000円に増額されます。

 

ただし、プランS/Mや新規契約は通常通りです。

また、プランMの場合は場合によってはワイモバイル公式ストア(ヤフー店)で契約した方がお得な場合もあります。

詳細は「ワイモバイルのお得な申し込み方法」を確認してください。

 

▼SIMのみ契約が今ならお得▼

 

 

SIMのみ/eSIMのキャンペーン

 

ワイモバイルの契約は店舗よりオンラインが断然お得です。

ただし、オンラインストアも公式ストアとヤフーストアの2つの窓口があります。

 

SIMとeSIMは「新規/MNP」「プラン(S/M/L)」によってお得な申込み方法が異なります。

詳細はこちらの記事にまとめています。

詳細ワイモバイルのSIMのみキャンペーン

 

 

いずれの場合も必ず新どこでももらえる特典にエントリーしてから契約してください。

 

▼必ず事前にエントリー▼

どこでももらえる特典 

 

その他キャンペーンはこちらにまとめています。

詳細Ymobileの最新キャンペーン一覧

 

 

ワイモバイルでiPhone14に機種変更

 

すでにワイモバイルを契約中の方も、SIMフリー版のiPhone14を買ってSIMを差し替えることで機種変更が可能です。

 

  1. Apple Store等で端末を購入
  2. 端末にSIMを差し替え
  3. セットアップ/データ移行
  4. PayPay・メール等設定

 

自分で持ち込み機種に機種変更しても手数料はかかりませんし、現在の契約プランにも影響はありません。

違約金もかかりません。

 

ただし、次章で解説するようにSIMカードの種類には注意が必要です。

 

機種変更する手順

 

iPhone14を端末のみ購入

 

まずはiPhone14の端末本体を用意しましょう。

 

iPhone14はワイモバイルではかなり遅れて発売すると予想されます。

iPhone14が使いたい方は、Apple Storeや楽天モバイル 楽天市場店でSIMフリー版の本体のみを買い、ワイモバイルのSIMを挿して使いましょう。

端末のみをお得に購入する方法は冒頭で解説しています。

 

SIMの差し替え

 

端末が用意できたら、元の端末からワイモバイルのSIMを抜いてiPhone14に差し替えます。

SIMピンを使ってSIMスロットを開き、iPhone14に差し替えてください。

 

SIMの差し替え

 

SIMの差し替え方法はアップルの公式サイトに詳細が記載されています。

詳細iPhoneにSIMを差す – Apple

 

なお、iPhone14で使えるSIMカードのサイズはnanoのみです。

 

データ移行・初期設定

 

SIM差し替え後に電源をONにすると、初期セットアップとデータ移行が開始します。

 

現在の端末からのデータ移行も簡単です。

元の端末がiPhoneの方は、iPhone14を初期セットアップする際に元のiPhoneを隣においておくだけでデータ移行できます。

これをクイックスタートといいます。

元のiPhoneを横においてからiPhone14の電源をONにして初期設定を進めましょう。

詳細クイックスタート | Apple (日本) 

 

Androidを使っている方はクイックスタートはできませんので、他の手段が必要です。

一番おすすめなのは「iOSに移行」というAppleの純正アプリを使って移行する手順です。

データ移行手順はこちらに詳しく記載されています。

詳細AndroidからiPhoneへのデータ移行 | Apple

 

初期設定・データ移行が完了した時点で、すでにワイモバイルの4G・5G通信が使えます。

 

PayPay・メール設定

 

iPhone14の初期設定・データ移行が完了したら、PayPayやメールの設定を行います。

 

詳しい手順は、こちらに記載されています。

手順はかんたんなので、心配する必要はありません。

詳細iPhoneの初期設定 | ワイモバイル

 

以上で機種変更は完了です。

 

iPhone14でn141は使える?

 

本当は非対応だが

 

Apple StoreでSIMフリー版を買ってワイモバイルで使う場合、SIMの番号を事前に確認してください。

ワイモバイルのSIMカードには「n101」「n111」「n141」の3種類があります。

 

▼SIMに番号が記載▼

ワイモバイル SIM n101 n111 n141

 

このうち、今使っているSIMが「n141」の方はSIMフリー版のiPhoneでは使えないことになっています。

n141はワイモバイルで販売されたiPhone専用のSIMで、ワイモバイルでiPhoneを購入した方はn141のSIMが届いています。

 

ワイモバイルの公式見解としてn141は他で購入したiPhoneでは使えないことになっているので、店舗でn101に交換して貰う必要があります。

 

  • n101/n111:全端末で使える
    →そのままiPhone14で使用可
  • n141:ワイモバイルのiPhone専用
    →他で買ったiPhoneで使用不可
    →店舗でn101に交換が必要

 

店舗で交換をお願いすると、n101のSIMが渡されます。

n101のSIMは動作確認されている端末ならどの端末も使えますので、iPhone14入手前までに交換してもらっておくのがおすすめです。

ただし、手数料3,300円がかかります。

詳細USIMカードの交換 | ワイモバイル

 

実際はiPhone14で使えるかも

 

前章のとおり、n141のSIMはワイモバイル版iPhoneの専用SIMです。

公式見解としてn141は他で購入したiPhoneでは使えない事になっています。

 

しかし、実際にはiPhone14でもn141が使えるでしょう。

自身では未検証ですが、TwitterなどをみるとiPhone13でもn101・n111と同じようにSIMを挿しただけで接続できるようです。

おそらくiPhone14でもn141が使えるでしょう、

n141で使っても端末が壊れるといったことはないと思いますが、公式には使えないことになっているので使用は自己責任で行ってください。

不安な方は、素直にn101に交換してもらうのがおすすめです。

詳細USIMカードの交換 | ワイモバイル

 

eSIMクイック転送は使える?

 

iOS16以降にアップデートしたiPhoneにはeSIMクイック転送という機能があります。

これは、他機種に入れたSIM/eSIMをiPhone上の手続きのみで他のiPhoneに移し替える機能です。

元のSIMが通常のnanoSIMでもeSIMに転送できるのがメリットです。

 

ただし、記事執筆時点でワイモバイルはこのeSIMクイック転送に対応していません。

現在nanoSIMを契約中の方はSIMを差し替えるだけで機種変更できますが、eSIMを契約中の方は店舗で移し替えてもらう必要があります。

オンラインではできず、店舗で移し替えてもらう際には手数料3,300円がかかります。

 

▼SIM契約時の還元が増額中▼

 

 

iPhone14の発売はいつ?

 

続いては、ワイモバイルでiPhone14の発売はあるか?を予想します。

 

発売日は2023年夏頃?

 

ワイモバイルでもiPhone14は発売されるでしょう。

ただ、Apple Storeや4キャリアと同じタイミングでの発売はありませんでした。

 

ワイモバイルではまだiPhone13も発売されていないので、iPhone13発売から1年経過後に発売される可能性が高いです。

シムラボでは、早ければ2023年秋頃にも発売されると予想しています。

 

発売まではApple Storeなどで端末のみを買い、ワイモバイルのSIMを差し替えて使う必要があります。

 

ソフトバンクへの乗り換えは損

 

ワイモバイルと同グループのソフトバンクでは、Appleと同日にiPhone14が発売されました。

ワイモバイル契約者の中には、いち早く新型iPhoneを使いたいからといってソフトバンクに乗り換えてiPhone14を買う方がいます。

しかし、これはかなり損です。

 

iPhone14の通常価格はソフトバンクよりApple Storeの方がかなり安いです。

ソフトバンクでも新トクするサポートを適用すれば安く買えますが、端末はいずれ返却が必要です。

 

月額料金はもちろんソフトバンクよりワイモバイルのほうが安いので、ソフトバンクに乗り換えてiPhone14を買うより、Apple Storeで端末のみを買ってワイモバイルで使う方が断然お得です。

 

前章で解説しましたが、Apple Storeで買った端末をワイモバイルで使う手順は非常に簡単です。

手数料もかかりませんので、ワイモバイルのまま使うのがおすすめです。

 

ワイモバイルでiPhone14を使おう

 

以上、ワイモバイルにおけるiPhone14の使用手順を解説しました。

 

ワイモバイルでもiPhone14シリーズが問題なく使えます。

ソフトバンクなどで買って運用するより圧倒的に安いので、ぜひお得にiPhone14を使ってください。

 

これからワイモバイルのSIMを契約される方は必ずワイモバイル公式ストアで契約しましょう。

オンラインストア限定で高額のPayPayが還元されますし、事務手数料も無料です。

 

契約前には必ずキャンペーン情報を確認してくださいね。

詳細ワイモバイルの最新キャンペーン

 

▼SIM契約時の還元が増額中▼

 

▼eSIMも最大1万円還元中▼

 

 

ワイモバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました