【~6/30】SIM契約時のauPay還元が増額中 

UQモバイルのデータ繰り越しを解説!最大繰越容量やプラン変更も

UQの基礎知識

 

UQモバイル データ繰越

 

本記事ではUQモバイルのデータ繰越のしくみと注意点を解説します。

 

UQモバイルは余ったデータの繰越が可能です。

ただし、くりこしプラン+5Gは繰り越しの上限やプラン変更時の繰り越しルールが変わったので注意してください。

 

▼SIM契約でauPay高額還元▼
(6月30日まで増額中)

 

繰り越し以外にもメリットあり!
UQモバイルのメリット/デメリット

 

UQは余ったデータを繰越できる

 

データ繰越とは?

 

UQモバイルにはデータ繰越のサービスがあります

そもそもデータ繰越とは、当月使いきれずに余ったデータ容量が消滅せず、翌月のデータ容量に加算される仕組みです。

 

例えば3GBプランを契約している方が4月に2GBしか使わずに、1GB余ったとします。

この場合、翌5月は基本容量である3GBに加え、4月から繰り越された1GBも加算され、合計4GB使えるのです。

 

繰り越し対象のプラン

 

余ったデータ容量が繰り越されるプランは以下の通りです。

 

  • くりこしプラン+5G
  • くりこしプラン(※)
  • スマホプラン(※)
  • データ高速プラン(※)
  • おしゃべり・ぴったりプラン(※)
  • データ高速+音声プラン(※)

※新規受付終了

 

データ無制限プランはそもそもデータ容量が使い放題のプランですので、余ったデータの繰越はありません。

 

  • データ無制限プラン(※)
  • データ無制限+音声プラン(※)

※新規受付終了

 

増量オプションⅡも繰り越し

 

UQモバイルには増量オプションⅡというオプションがあり、このオプションに加入するとデータ容量が以下のとおり増量されます。

 

S M L
基本
容量
3GB 15GB 25GB
オプション
加入時の容量
5GB
(+2GB)
20GB
(+5GB)
30GB
(+5GB)

 

また、くりこしプラン+5G契約から1年間は通常550円/月のオプション料金が無料です。

 

この増量オプションⅡで増量された容量も翌月に繰り越されます。

余ったデータは全て繰り越されますが、有効期限は翌月末までです。

翌々月に再繰越はされません。

 

繰り越しの上限はどこまで?

 

くりこしプラン+5G

 

UQモバイルでは現在くりこしプラン+5Gがメインプランです。

このくりこしプラン+5Gの基本容量は通常、S:3GB、M:15GB、L:25GBです。

 

当月付与されたデータ容量が余った場合、全量が翌月に繰り越されます。

基本容量だけでなく、増量オプションⅡで増量した容量も繰り越されます。

例えばプランM(15GB)+増量オプションⅡ(5GB)を契約中の方が、仮にデータを全く使わなかった場合、翌月は基本容量(15GB)+増量分(5GB)+繰り越し(20GB)の合計40GBが使えます。

 

また、プラン変更した場合も前後のプランに関係なく全量が繰り越されます。

先の例で、翌月にプランSに変更した場合も20GBが繰り越されるため、基本容量(3GB)+増量分(2GB)+繰り越し(20GB)の合計25GBが使えます。

 

ただし、繰り越しは1回のみです。

翌月に使い切れなかったとしても、翌々月に再繰り越しはされません。

 

くりこし
プラン+5G
くりこし
プラン
繰り越し
上限
余った容量
の全て
S:3GB
M:15GB
L:25GB
プラン
変更時の
上限
変更前後の
プランに関係なく
全量繰り越し
変更後の
基本容量
翌々月
への繰越
× ×

 

くりこしプラン

 

くりこしプランの繰り越しルールはくりこしプラン+5Gと異なります。

 

くりこしプランも当月余ったデータ容量は繰り越されますが、上限はプランS:最大3GB、プランM:最大15GB、プランL:最大25GBです。

繰り越されたデータが余っても翌々月には繰り越されません。

 

また、プラン変更時は翌月のプランの基本容量が上限になります。

よって、プランM(15GB)からプランS(3GB)に変更した場合、翌月には3GBしか繰り越されませんので注意してください。

この点でくりこしプラン+5Gより不利ですし料金は同じなので、くりこしプランを契約中の方は早めにくりこしプラン+5Gに変更したほうがよいですね。

 

UQモバイル データくりこし プラン変更 上限2

 

旧プランの繰り越し

 

旧プラン(くりこしプラン+5G・くりこしプラン以外)で翌月に繰り越されるデータ容量の上限は、翌月の基本データ容量と同額です。

よって、以下の容量が繰り越し上限です。

 

<繰越の上限>

繰越上限
スマホプラン S 3GB
R 10GB
データ高速 3GB
データ無制限

 

繰越データの有効期限

 

繰り越したデータの有効期限は、付与月の翌月末までです。

 

くりこしプラン+5Gでは基本容量も増量オプションⅡで増量された容量も余れば翌月に繰り越されますが、繰り越した容量を翌月に使い切れなくても、翌々月に再繰越はされません。

 

プラン変更時の繰り越し

 

データ繰り越しはプラン変更時にも適用されます。

ただし、プラン変更時に繰り越されるデータの上限はくりこしプラン+5Gとそれ以前のプランで異なります。

 

くりこしプラン+5G

 

くりこしプラン+5Gの場合、変更前後のプランに関わらず、翌月に全量が繰り越されます

 

例えばプランM(15GB)+増量オプションⅡ(5GB)を契約中の方が、4月にデータを全く使わなかったとします。

プラン変更しない場合、5月は基本容量(15GB)+増量分(5GB)+繰り越し(20GB)の合計40GBが使えます。

 

また、4月中にプラン変更申請して5月1日からプランSに変更した場合も同じく20GBが繰り越されるため、5月は基本容量(3GB)+増量分(2GB)+繰り越し(20GB)の合計25GBが使えます。

 

UQモバイル データくりこし プラン変更 上限2

 

旧プラン

 

くりこしプラン+5G以外のプランは、プラン変更すると繰り越されるデータ容量の上限は翌月の基本データ容量と同額です。

 

ポイントは「翌月(=プラン変更後)のデータ容量が上限」である点です。

 

5月1日にプランM(15GB)からプランS(3GB)に変更する場合、繰り越しの上限はプランSの基本容量の3GBです。

4月に10GB余っていても、変更後の基本容量である3GBしか繰り越されません。

 

繰越容量は家族で共有可能?

 

他社には、繰り越したデータを家族で共有する機能がありますが、UQモバイルにはありません。

 

例えばmineoには翌月に繰り越したデータを最大10回線で分け合うサービスがあります。

詳細パケットシェア | mineo

 

繰り越したデータの確認方法

 

アプリでの確認方法

 

UQモバイルのアプリなら、前月から繰り越されたデータ容量がいくら残っているかはわかります。

ただし、確認できるのは「前月から繰り越されたデータ容量がどれだけ残っているか」なので、データを消費するごとに数値が変わります。

 

先月から繰り越したデータ容量がいくらか、ひと目で確認する方法はありません。

 

UQモバイル 繰り越し 確認方法

 

上記の場合、前月からの繰り越し容量があと3.00GB残っているということですね。

もともと何GB繰り越されたかはわかりません。

 

データチャージサイトで確認

 

データ残量はWEBサイト「UQモバイル データチャージサイト」でも確認できます。

上記URLにアクセス後、IDとパスワードを入力してログインするとデータ残量が確認できます。

 

こちらも、あくまで分かるのは現時点での残りデータ容量のみです。

前月からいくら繰り越されたかはわかりません。

 

UQモバイル データ繰り越し確認 マイページ

 

▼繰越可能なUQに申し込む▼

UQモバイル公式ストア

 

▼SIM契約でauPay高額還元▼
(6月30日まで増額中)

 

 

チャージした容量の繰り越し

 

追加課金してチャージした容量の繰り越しは非常に複雑です。

追加チャージした容量は有効期限が90日ですが、チャージした容量が余っている時に後から追加チャージすれば、あとから追加チャージした分の有効期限に上書きされます。

 

チャージ容量も繰り越し

 

UQモバイルでデータ容量を使い切ってしまった場合、容量を追加購入(データチャージ)も可能です。

このチャージした容量も繰り越されます

 

厳密に言うと、チャージした容量は繰り越されるのでありません。

独自の有効期限が設定されており、有効期限内に自動的に消費される、というしくみです。

 

チャージデータの期限は90日

 

データチャージ(追加購入)した容量の有効期限は90日間です。

この90日間内に、のちほど説明するデータ消費の順番に則って自動的に消費されます。

 

有効期限は常に上書き

 

課金してチャージしたデータ容量と、追加チャージしたデータ容量はどちらも有効期限がチャージから90日間です。

 

しかし、チャージしたデータ容量が残っている状態でさらにデータ容量をチャージすれば、古い方のチャージデータの有効期限は新しい方と同じ期限に上書きされます。

 

特に、スマホプランは毎月増量分の追加チャージができますので、データ容量を使い切れない限り永遠に繰り越し(有効期限を延長)できます。

 

 

データ容量が消費される順番は?

 

データが消費される順番

 

UQモバイルではデータ繰越とデータチャージができます。

そのため、同月内に「基本容量」「前月から繰り越したデータ」「チャージしたデータ(追加購入分)」が混在する場合があります。

 

その場合のデータ消費の順番は以下の通りです。

 

  1. 前月から繰り越したデータ
  2. 基本容量(増量オプションⅡ分含む)
  3. 追加データ容量

 

まず、繰り越したデータから先に消費されます。

その後、当月の基本容量と増量オプションⅡで増量された容量が消費されますので、また翌月に繰越が発生しやすくなりますね。

 

追加チャージデータの繰り越し

 

追加購入してチャージしたデータが消費されるのは最後です。

有効期限が迫っていても、当月の基本データ容量を使い終わった後でないと消費されません。

 

ただし、前章で解説したとおり、チャージデータが残っている状態でデータを追加チャージすれば、有効期限は新しい方に上書きされます。

よって、チャージデータは使い切らない限り永遠に繰り越されます

 

実施中のお得なキャンペーン

 

UQモバイルでは年間を通してお得なキャンペーンを実施しています。

これからUQモバイルを契約する方は必ず下記を適用しましょう。

 

SIM契約でau Pay残高還元

 

UQモバイル SIMのみ キャンペーン キャッシュバック

 

UQモバイル公式ストアでは、SIM契約時にauPay残高還元キャンペーンを実施しています。

SIM単体で契約する場合は必ず公式サイトで契約しましょう。

さらに6月30日までは還元が増額中です。

 

還元額は新規契約かMNP乗り換えかで異なります。

 

<SIM契約時のau Pay進呈額>
6月30日まで増額中

契約 プラン 還元額
通常の
SIM
新規 S・M・L 3,000円
MNP S・M 10,000円
L 15,000円
eSIM 新規 S・M・L 6,000円分
MNP S・M 13,000円分
L 18,000円分

※MNPは増量オプションⅡ加入時
※MNPはau/povo1.0からの
乗り換えを除く
※詳細はこちら

 

上記のうち、のりかえ(MNP)は増量オプションⅡに加入した場合の還元額です。

増量オプションⅡは1年間無料なので、UQモバイルに契約時には必ず申し込みましょう。

 

さらにeSIMなら3,000円分増額中です。

UQモバイルのeSIMはやや扱いにくく一般の方にはおすすめできませんが、eSIMにチャレンジしたい方は今のうちに申し込みましょう。

 

このauPay残高還元キャンペーンはUQモバイル公式ストアのみで実施しています。

店舗では実施していませんので注意してください。

 

対象プランはくりこしプラン+5Gのみで、端末セット契約は対象外です。

 

▼SIM契約でauPay高額還元▼
(6月30日まで増額中)

 

 

端末が最大2万円割引

 

UQモバイルでは、UQモバイル公式ストアで対象機種を購入した場合に端末価格が最大2万円ほど割引になるキャンペーンを実施しています。

 

さらに、新規・MNPの方は増量オプションⅡに加入するとさらに割引が増額されます。

増量オプションⅡは1年間無料なので必ず加入しましょう。

 

対象端末と割引後の税込価格は以下のとおりです。

 

<iPhoneのオンライン価格>
(増量オプションⅡ加入時)

端末 新規 MNP 機種変更/
番号移行
iPhone SE
第3世代
64GB
¥54,335 ¥43,335 ¥65,335
iPhone SE
第3世代
128GB
¥64,190 ¥53,190 ¥75,190
iPhone SE
第3世代
256GB
¥82,720 ¥71,720 ¥93,720
iPhone12
64GB
¥77,985 ¥72,485 ¥88,985
iPhone12
128GB
¥83,515 ¥78,015 ¥94,515

 

<中古iPhoneのオンライン価格>
(増量オプションⅡ加入時)

端末 新規 MNP 機種変更/
番号移行
iPhone XR
64GB
¥16,500 ¥11,000 ¥27,500
iPhone XR
128GB
¥18,500 ¥13,000 ¥29,500
iPhone11
64GB
¥29,000 ¥18,000 ¥40,000
iPhone11
128GB
¥36,800 ¥25,800 ¥47,800
iPhone11
Pro 64GB
¥49,500 ¥38,500 ¥60,500
iPhone11
Pro 256GB
¥58,000 ¥47,000 ¥69,000

詳細iPhone(au Certified)| UQモバイル

 

<Androidのオンライン価格>
(増量オプションⅡ加入時)

端末 新規 MNP 機種変更
番号移行
Xperia
10 Ⅳ
¥58,985 ¥47,985 ¥69,985
OPPO
Reno7 A
¥32,720 ¥21,720 ¥43,720
Xperia
Ace III
¥22,415 ¥11,415 ¥33,415
Galaxy
A53 5G
¥48,835 ¥37,835 ¥59,835
AQUOS
sense6s
¥29,470 ¥18,470 ¥40,470
OPPO
A54 5G
¥5,500 ¥550 ¥22,000
BASIO
4
¥12,580 ¥12,580 ¥14,320
Redmi Note
10 JE
¥12,265 ¥6,765 ¥28,765
AQUOS
wish
¥15,180 ¥4,180 ¥26,180
arrows
We
¥15,180 ¥4,180 ¥26,180

詳細オンライン価格一覧 | UQモバイル

 

この割引はUQモバイル公式ストア購入した場合のみ適用されます。

店舗は対象外なので、必ずオンラインで契約してください。

 

▼割引額と端末価格を見る▼

UQモバイル公式ストア 

 

 

端末購入でau Pay残高還元

 

UQモバイル スマホ キャンペーン 11月

 

UQモバイルオンラインストアでは現在、SIMとセットで対象端末を購入すると最大5,000円分のau Pay残高がもらえるキャンペーンを実施しています。

対象は新規契約時のみで、MNPや番号移行(au/povoから乗り換え)は対象外です。

 

対象機種と還元額は以下のとおりです。

 

<対象機種と還元額>

auPay還元額
iPhone12 5,000円相当
iPhone11(中古)
iPhone11 Pro(中古)
iPhone XR(中古)
Redmi Note 10 JE
arrows We 3,000円相当
OPPO A54 5G

詳細au PAY 残高還元キャンペーン | UQmobile

 

2022年1月よりiPhone12も追加されました。

iPhone12はもともとの価格も値下げされたのでおすすめです。

詳細UQモバイルのiPhone12が値下げ

 

Androidもお得です。

特にOPPO A54 5Gは新規契約で実質2,500円で購入できます。

性能は普段使いには十分なので、とにかく安い機種がほしい方はOPPO A54 5Gを選びましょう。

詳細OPPO A54 5Gが実質500円で買える!

 

本キャンペーンの終了日は未定ですが、長くは続かないと思うので狙っている方は急ぎましょう。

 

▼本キャンペーンの詳細▼

UQモバイル公式サイト 

 

▼スマホ購入は今がお得▼

UQモバイル スマホ キャンペーン 11月

 

 

その他キャンペーンはこちらにまとめています。

 

 

 

データ繰越でデータ容量を節約しよう

 

以上、UQモバイルのデータ繰越の解説でした。

 

データ繰越を使えば毎月のデータ容量の変動を吸収でき、料金を節約できます。

本記事を読み、繰越をうまく活用してお得にUQモバイルを使ってください。

 

UQモバイルにこれから契約される方は、公式サイト限定の高額還元キャンペーンを利用しましょう!

詳細UQモバイルの最新キャンペーン情報

 

▼高額還元キャンペーン中▼

UQモバイル公式ストア

 

▼SIM契約でauPay高額還元▼
(6月30日まで増額中)

 

繰り越し以外にもメリットあり!
UQモバイルのメリット/デメリット

 

 

UQモバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました