【最新】2019-2020年のUQ学割が実施中   

UQモバイルはデータ繰越できる!繰り越し上限や期限、確認方法を解説

 

本記事ではUQモバイルのデータ繰越のしくみと注意点を解説します。

 

UQモバイルは余ったデータの繰越が可能です。

ただしいくつか注意点もありますので、本記事を読み、繰越をうまく活用してお得にUQモバイルを使ってください。

 

▼繰越可能なUQに申し込む▼

UQモバイル公式サイト

 

▼SIM契約でキャッシュバック中▼

 

UQは余ったデータを繰越できる

 

データ繰越とは?

 

UQモバイルにはデータ繰越のサービスがあります

 

そもそもデータ繰越とは、当月使いきれずに余ったデータ容量が消滅せず、翌月のデータ容量に加算される仕組みです。

 

 

例えば3GBプランを契約している方が4月に2GBしか使わずに、1GB余ったとします。

この場合、翌5月は基本容量である3GBに加え、4月から繰り越された1GBも加算され、合計4GB使えるのです。

 

繰り越し対象のプラン

 

余ったデータ容量が繰り越されるプランは以下の通りです。

 

  • スマホプラン
  • データ高速プラン
  • おしゃべり・ぴったりプラン(※)
  • データ高速+音声プラン(※)

※2019年9月末で新規受付終了

 

逆に、データ無制限プランはそもそもデータ容量が使い放題のプランですので、余ったデータの繰越はありません。

 

  • データ無制限プラン
  • データ無制限+音声プラン(※)

※2019年9月末で新規受付終了

 

データ繰越の上限

 

翌月に繰り越されるデータ容量の上限は、翌月の基本データ容量と同額です。

よって、以下の容量が繰越上限になります。

 

  • スマホプラン S:3GB
  •   〃    M:9GB
  •   〃    L:14GB
  • データ高速:3GB

 

旧プランの繰り越しは?

 

旧プラン「おしゃべり・ぴったりプラン」「データ高速+音声プラン」でもデータ繰り越しが可能です。

繰り越しの上限は以下のとおりです。

 

  • おしゃべり・ぴったり S:2GB
  •      〃     M:6GB
  •      〃     L:14GB
  • データ高速+音声:3GB

 

少々ややこしいのですが、UQモバイルのおしゃべりプラン・ぴったりプランの基本容量はS:2GB、M:6GB、L:14GBです。

ですが、増量無料キャンペーンが実施中のため、実際はS:3GB、M:9GB、L:21GBまで使えます。

 

プラン基本容量増量後の
容量
おしゃべり
・ぴったり
S2GB3GB
M6GB9GB
L14GB21GB
データ高速
(+音声含む)
3GB

 

繰越の上限はあくまで各プランの基本容量までなので、S:2GB、M:6GB、L:14GBが上限となります。

 

おしゃべり・ぴったりプランとデータ高速+音声プランは2019年9月末で新規受付を終了しました

 

繰越データの有効期限

 

繰り越したデータの有効期限は翌月末までです。

 

3GBプランを契約している方が3月に1GBに使い切れずに2GB余った場合、2GBが4月に繰り越されます。

この4月に繰り越された2GBの有効期限は4月末です。

 

繰り越したデータ容量を翌月に使い切れなくても、翌々月に再繰越はされません。

 

繰り越したデータの確認方法

 

繰り越したデータ容量がいくらか、ひと目で確認する方法はありません。

しかし、今月使えるデータ容量がいくら残っているかは、WEBサイト「UQモバイルデータチャージサイト」とUQモバイルアプリから確認できます。

 

アプリでの確認方法

 

アプリで確認する場合、「UQモバイルポータルアプリ」を起動し、一番下の段で「データ通信」を選ぶとデータ残量が表示されます。

 

 

私はデータ高速プランを契約中なので、上記の場合だと前月からの繰り越し容量があと0.94GB残っているということですね。

 

データチャージサイトでの確認方法

 

データ残量はWEBサイト「UQモバイル データチャージサイト」でも確認できます。

 

上記URLにアクセス後、IDとパスワードを入力してログインするとデータ残量が確認できます。

 

 

プラン変更時も繰越可能

 

データ繰越はプラン変更時にも適用されます。

プラン変更しても、繰り越されるデータ容量は翌月の基本データ容量と同額です。

 

ポイントは「翌月(=プラン変更後)のデータ容量が上限」である点です。

 

3月にプランMからプランSに変更する場合、繰り越しの上限はプランSの基本容量の2GBです。

2月に2GB以上余っていても、変更後の基本容量である2GBしか繰り越されません。

 

データ無制限へ変更時は繰越なし

 

スマホプラン・データ高速プランからデータ無制限プランにプラン変更する場合、データ容量は繰り越されません

余ったデータは消滅してしまいますので、できる限り使い切ってしまいましょう。

 

▼繰越可能なUQに申し込む▼

UQモバイル公式サイト

 

▼SIM契約でキャッシュバック中▼

 

 

チャージ容量・増量分の繰り越し

 

追加課金してチャージした容量や、増量分の容量の繰り越しは非常に複雑です。

有効期限が90日で、チャージした容量が余っている時に後から追加チャージすれば、あとから追加チャージした分の有効期限に上書きされます。

 

チャージ容量も繰り越し

 

UQモバイルでデータ容量を使い切ってしまった場合、容量を追加購入(データチャージ)も可能です。

このチャージした容量も繰り越されます

 

厳密に言うと、チャージした容量は繰り越されるのでありません。

独自の有効期限が設定されており、有効期限内に自動的に消費される、というしくみです。

 

チャージデータの期限は90日

 

データチャージ(追加購入)した容量の有効期限は90日間です。

この90日間内に、のちほど説明するデータ消費の順番に則って自動的に消費されます。

 

増量データも有効期限90日

 

スマホプランでは2年間(1年間)データ増量無料キャンペーンを実施しています。

追加購入してチャージしたデータ容量と同様、増量分のデータ容量も有効期限は90日間です。

 

有効期限は常に上書き

 

課金してチャージしたデータ容量と、追加チャージしたデータ容量はどちらも有効期限がチャージから90日間です。

 

しかし、チャージしたデータ容量が残っている状態でさらにデータ容量をチャージすれば、古い方のチャージデータの有効期限は新しい方と同じ期限に上書きされます。

 

特に、スマホプランは毎月増量分の追加チャージができますので、データ容量を使い切れない限り永遠に繰り越し(有効期限を延長)できます。

 

データ容量が消費される順番は?

 

データが消費される順番

 

UQモバイルではデータ繰越とデータチャージができます。

そのため、同月内に「基本容量」「前月から繰り越したデータ」「チャージしたデータ(追加購入分/増量オプション分)」が混在する場合があります。

 

その場合のデータ消費の順番は以下の通りです。

 

  1. 前月から繰り越したデータ
  2. 基本容量
  3. 追加データ容量
    (追加購入分/増量オプション分)

 

まず、繰り越したデータから先に消費されます。

その後、当月の基本容量が消費されますので、また翌月に繰越が発生しやすくなりますね。

 

追加チャージデータの繰り越し

 

追加購入してチャージしたデータや増量オプションでチャージしたデータが消費されるのは最後です。

有効期限が迫っていても、当月の基本データ容量を使い終わった後でないと消費されません。

 

ただし、前章で解説したとおり、チャージデータが残っている状態でデータを追加チャージすれば、有効期限は新しい方に上書きされます。

よって、チャージデータは使い切らない限り永遠に繰り越されます

 

繰越以外のデータ容量の節約方法

 

UQモバイルにはデータ繰越以外にもデータ容量を節約する方法があります。

 

無料WiFiスポットを活用

 

 

UQモバイルを契約している方は、無料でWiFiスポットが使えます。

「ギガぞう」といいます。

 

契約者は3ヶ月間無料で使え、無料期間終了後にもプラン変更すれば無料のWiFiスポットが使えます。

UQモバイルのWiFiスポット(Wi2)はカフェやファミレス、駅など多くの場所で使えますので、活用すればデータ容量を大きく節約できます。

 

 

節約モードでデータ消費なし

 

 

UQモバイルには「節約モード」という機能があります。

 

通常は高速で通信ができる「高速モード」に設定されています。

しかし、アプリやマイページで節約モードに切り替えるとデータは低速に制限されますがデータ容量を消費しません

 

低速といっても最大300Kbpsです。(おしゃべり・ぴったりプランの場合)

WEB閲覧や動画視聴は難しいですが、LINEやメールのやり取り、音楽ストリーミング・ラジオ視聴などは快適です。

 

節約モードにしている限りデータ容量を消費せずに使い放題になるので、音楽ストリーミングサービスを流しっぱなしにしている方などにおすすめです。

 

 

実施中のお得なキャンペーン

 

SIM契約でキャッシュバック

 

UQモバイル公式サイトでは、限定キャッシュバックキャンペーンを実施中です。

 

新規で音声SIMのみを契約した場合は3,000円乗り換えでSIMのみ契約の場合は6,000円のキャッシュバックがもらえます。

 

<音声SIM契約時のキャッシュバック>

契約方法キャッシュバック
新規契約¥3,000
MNP乗り換え¥6,000

 

このキャッシュバックはUQモバイル公式サイト限定です。

店舗では実施していません。

 

有料オプションなどの条件もありませんので、必ず下記リンクから申し込みましょう

 

▼SIM契約でキャッシュバック中▼

 

 

端末が最大18,000円割引

 

UQモバイルでは、UQモバイル公式サイトで対象機種を購入した場合に端末価格が最大18,000円(税込19,800円)割引になるキャンペーンを実施しています。

対象端末と割引額は以下のとおりです。

 

<対象機種と割引額>

端末
割引額
新規・MNP機種変更
iPhone7
(32GB/128GB)
¥18,000
¥10,800
iPhone6S
(32GB/128GB)
Xperia8
AQUOS sense2
おてがるスマホ01
DIGNO A
Galaxy A20
¥10,800
¥10,800
AQUOS sense3
OPPO A5 2020
nova lite 3
Galaxy A30
¥7,200
¥7,200

※割引額は税抜

 

人気のiPhone7や2019年冬発売のXperia8は、新規契約・MNPの場合に18,000円(税込19,800円)割引されます。

AQUOS sense3OPPO A5 2020nova lite 3は機種変更でも10,800円(税込11,800円)が割引されます。

 

この割引はUQモバイル公式サイト購入した場合のみ適用されます。

 

▼割引対象機種購入はこちら▼

UQモバイル公式サイト

 

 

UQ学割

 

UQモバイルでは毎年恒例の学割キャンペーンを開催中です。

 

2020年のUQ学割は学生とその家族が対象です。

プランによって、最大1,000円×6ヶ月割引が適用されます。

 

<UQ学割の特典一覧>

学生学生の家族
対象
プラン
スマホプラン
S・M・L
スマホプラン
M・L
割引額S:500円
M・L:1,000円
1,000円
適用期間S/M:13ヶ月
L:6ヶ月
M:13ヶ月
L:6ヶ月

 

2019年~2020年のUQ学割の実施期間は2019年11月15日~2020年5月31日です。

UQ学割の詳細や適用条件、必要書類等は以下のページに詳しくまとめています。

 

 

▼UQ学割の詳細を公式で見る▼

UQモバイル公式サイト

 

 

UQ家族割で月500円割引

 

 

UQ家族割は、家族でUQモバイルに申し込むと、2回線目以降の月額料金が1台あたり500円割引になるキャンペーンです。

最大9回線まで割引になり、割引は契約している限りずっと続きます。

 

詳細は下記記事を御覧ください。

 

 

▼家族割でさらに500円引き▼

UQモバイル公式サイト

 

 

その他実施中のキャンペーン

 

また、UQモバイル公式サイトでは他にもお得なキャンペーンを実施しています。

現在実施中のキャンペーンは下記記事に詳しくまとめています。

 

契約前に必ず確認してください。

 

 

データ繰越でギガ容量を節約しよう

 

以上、UQモバイルのデータ繰越の解説でした。

 

データ繰越を使えば毎月のデータ容量の変動を吸収でき、ギガや料金を節約できます。

本記事を読み、繰越をうまく活用してお得にUQモバイルを使ってください。

 

UQモバイルにこれから契約される方は、公式サイト限定キャッシュバックキャンペーンを利用しましょう!

 

▼高額現金還元キャンペーン中▼

UQモバイル公式サイト

 

▼SIM契約でキャッシュバック中▼

 

 

UQモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました