端末

UQモバイル版Xiaomi 13Tの実機レビュー!機種変更セール中

・記事内に広告が含まれています。
・本ページの情報は2024/04/02時点のものです。最新情報は公式サイトをご確認ください。

 

UQモバイル Xiaomi 13T

 

本記事ではUQモバイルで発売されたXiaomi 13Tの実機レビューと価格・スペックを解説します。

 

Dimensity 8200-Ultraを搭載したミドルハイの機種で、バランスの良いオススメ機種です。

おサイフケータイや指紋認証・顔認証にも対応しています。

2024年2月に値下げされたうえ、UQモバイルのオンラインショップなら最大22,000円割引されてお得に購入できます。

 

▼Xiaomi 13Tの詳細▼

UQモバイル公式ショップ 

 

販売中のスマホ一覧はこちら
UQのおすすめ機種ランキング

 

UQモバイル版Xiaomi 13Tの価格

 

UQモバイル Xiaomi 13T XIG04 レビュー

 

UQ版Xiaomi 13Tの値段

 

UQモバイルにおけるXiaomi 13Tの価格は65,000円です。

発売時は74,800円でしたが、2024年2月に値下げされました。

店舗、家電量販店で買う場合は基本的にこの価格です。

 

ただし、UQモバイル公式オンラインショップならさらに自動で割引が適用されます。

割引はオンラインショップ限定なので、UQモバイルの端末を店舗や家電量販店で買うのは非常に損です。

 

UQオンラインショップの価格

 

UQモバイル スマホ iPhone 割引キャンペーン

 

UQモバイル公式オンラインショップでXiaomi 13Tを購入/機種変更すると、Web限定キャンペーンにより自動で割引が適用されます。

さらに、新規/MNPの人は増量オプションⅡに加入するとさらに割引が増額されます。

増量オプションⅡは最大7か月間無料なので必ず加入しましょう。

 

UQモバイルオンラインショップにおけるXiaomi 13Tの価格は以下の通りです。

 

<Xiaomi 13TのWeb価格>
(定価:65,000円)

プラン 増量
加入
新規 MNP 機種変更
番号移行
ミニミニ ¥59,500 ¥48,500 ¥65,000
トクトク
コミコミ
あり ¥54,000 ¥43,000 ¥65,000
なし ¥59,500 ¥48,500 ¥65,000

 

上表のとおり、新規契約でトクトクプラン/コミコミプランに契約すれば最大11,000円割引の54,000円、MNPなら最大22,000円の割引が適用されて一括43,000円で購入できます。

性能の割にこの価格はお得なので、ミドル~ミドルハイスペックのAndroidスマホを探している人はXiaomi 13Tがおすすめです。

 

なお、この割引が適用されるのはUQモバイル公式オンラインショップのみです。

 

機種変更セール実施中

 

UQモバイル 機種変更キャンペーン 機種変更セール

 

UQモバイルではXiaomi 13Tの機種変更セールを実施しています。

オンラインストアで機種変更と同時に対象の料金プラン、対象の故障紛失サポートに加入(加入中)で、端末価格が3,850円割引されます。

 

<割引の条件>

  • オンラインショップで機種変更
  • トクトク/コミコミプランに契約、または契約中
  • 「故障紛失サポート」に加入、または加入中
  • 直近の機種を2カ月以上使用

 

料金プランがトクトクプラン、コミコミプランに限られる(ミニミニプランは対象外)うえ、月額726円の有料オプションへの加入が必要なので条件は厳しいですが、条件に合致する人はお得に機種変更できます。

詳細スペシャルセール | UQモバイル

 

お得に機種変更する方法

 

UQモバイルをすでに契約中の人もXiaomi 13Tに機種変更できます。

ただし、機種変更の場合はオンラインショップで買っても割引対象外なので、オンラインも価格は定価です。(スペシャルセール対象なら割引あり)

 

Xiaomi 13Tを少しでも安く買いたい人は、スマホ通販サイトのイオシスや楽天市場で安い端末を探すのもよいかもしれません。

 

 

なお、Xiaomi 13TはUQモバイル以外にauでも発売されましたが、仕様は同じです。

どちらを買ってもSIMロックはかかっていないSIMフリー端末なので、端末のみ購入する際はどれを選んでも構いません。

 

自分で機種変更する手順はこちらにまとめています。

詳細UQモバイルで自分で持ち込み端末に機種変更する手順

 

端末のみ購入する/中古を購入

 

Xiaomi 13Tはさらに安く端末のみが購入できる場合もあります。

UQモバイル店舗やUQモバイルオンラインショップでも端末のみで購入できますが、楽天市場、Amazonや中古スマホ店(イオシスなど)で購入するのがおすすめです。

 

 

なお、Xiaomi 13TはUQモバイル以外にauでも発売されましたが、仕様は同じです。

どちらを買ってもSIMロックはかかっていないSIMフリー端末なので、端末のみ購入する際はどれを選んでも構いません。

 

▼Xiaomi 13Tの詳細▼

UQモバイル公式ショップ 

 

UQ版Xiaomi 13Tのレビュー

 

Xiaomi 13Tのスペック一覧

 

UQモバイル版のXiaomi 13Tのスペック詳細は以下のとおりです。

 

スペック
サイズ
(mm)
幅76mm
高さ162mm
厚さ8.7mm
重さ 約197g
画面サイズ 約6.7インチ
解像度 2,712×1,220
(1.5K)
SIM nanoSIM
eSIM
バッテリー
容量
5,000mAh
連続通話
時間
約2,320分
連続待受
時間
約350時間
搭載OS Android 13
CPU MediaTek Dimensity
8200-Ultra
3.1GHz×1 +
3.0GHz×3 +
2.0GHz×4
メモリー
(ROM)
256GB
メモリー
(RAM)
8GB
対応外部メモリ
有効画素数
(メインカメラ)
5,000万(標準/広角)
1,200万(超広角)
5,000万(望遠)
有効画素数
(サブカメラ)
2000万画素
USB端子 USB Type-C

詳細Xiaomi 13T | UQ公式サイト

 

UQ版Xiaomi 13Tの発売日

 

UQモバイルにおけるXiaomi 13Tの発売日は2023年12月8日(金)です。

同日にauでも発売されました。

 

UQmobile版Xiaomi 13Tの型番

 

UQモバイルで発売のXiaomi 13Tの型番はXIG04です。

au版も同じXIG04で、仕様も同じです。

 

本体カラー・色

 

UQモバイルにおけるXiaomi 13Tの本体カラーは「ブラック」「メドウグリーン」「アルパインブルー」の3色です。

 

UQモバイル Xiaomi 13T 色 カラー

 

シムラボで購入したのはアルパインブルーです。

薄めの水色で、背面の表面はマットなレザー素材(ヴィーガンレザーというそうです)で非常に触り心地がよく、指紋も目立ちません。

この素材でIPX8の防水にも対応しています。

 

UQモバイル Xiaomi 13T アルパインブルー 背面

 

背面のシールにはIMEIが記載されており、きれいにはがせます。

 

ただしカメラ部分はかなりでっぱっており、平面に置いてもカメラ部分が浮き上がって斜めになってしまいます。

そのまま使うとカメラ部分に傷が集中してしまうので、スマホケースを使うのがおすすめです。

 

 

本体外観の写真

 

この章ではUQモバイルのXiaomi 13Tの本体外観の写真を載せていきます。

まずは画面側です。

画面サイズは6.7インチと大きめでで画面占有率は高く、画面上下のフチもほとんどありません。

 

UQモバイル Xiaomi 13T 画面サイズ ディスプレイ インチ

 

本体背面には左下に「Xiaomi」のロゴがあります。

先ほど解説した通り、背面は革のような素材(オーガニックシリコン、ポリウレタンレザーや再生PETなどを使用したヴィーガンレザー)で、非常に手触りがよいです。

この素材を採用しているのはアルパインブルーのみで、ブラックとグリーンは光沢のある素材です。

 

UQモバイル Xiaomi 13T アルパインブルー 背面

 

本体上面にはステレオスピーカーがあります。(スピーカーは底面にもあり)

 

UQモバイル Xiaomi 13T デザイン 外観

 

本体底面にはSIMスロット、スピーカーとUSB端子(USB Type-C)があります。

USB端子はUSB Type-Cです。

 

UQモバイル Xiaomi 13T USB Type-C SIMスロット

 

SIMスロットを開けるにはSIMピンが必要です。

なお、Xiaomi 13TはSDカードは使えません。

 

UQモバイル Xiaomi 13T nanoSIM SDカード

 

本体の右側面には上から音量ボタンと電源ボタンがあります。

ちなみに指紋認証は画面内指紋認証です。

 

UQモバイル Xiaomi 13T 電源ボタン 音量ボタン

 

本体左側面には何もありません。

なお、カメラ部分が本体からかなり出っ張っているため、平面に置いても下の画像のように斜めになります。

 

UQモバイル Xiaomi 13T 外観 側面

 

このようにカメラは本体からかなり出っ張っています。

 

UQモバイル Xiaomi 13T カメラ でっぱり

 

平面に置くと斜めになってガタガタしますし、カメラの突起部分に傷が集中しやすいのでスマホケースを付けて使うのがおすすめです。

 

 

画面サイズは6.7インチ

 

Xiaomi 13Tのディスプレイは6.8インチの有機ELディスプレイ(AMOLED)です。

最近のスマホの中では大きめの画面サイズで、動画を見る人や文字サイズを大きくしたい人にもおすすめです。

 

UQモバイル Xiaomi 13T ディスプレイ サイズ 6.7インチ

 

ただし、その分本体幅は76mmあり、重さも197gと少々重いので注意してください。

 

リフレッシュレートは144Hz

 

Xiaomi 13Tのリフレッシュレートは最大144Hzです。

 

リフレッシュレートとは画面に1秒間に描画できる画像の枚数で、数値が大きいほどスクロールした際に画面が綺麗にサクサク表示されます。

高性能機種でも最大120Hzの場合が多いですが、Xiaomi 13Tは最大144Hzなのでゲームにも最適ですね。

 

ただし、リフレッシュレートを「高」に設定するとバッテリーの消費が速くなります。

こだわりがなければ「標準」のままでもよいでしょう。

 

UQモバイル Xiaomi 13T リフレッシュレート

 

Xiaomi 13TはSIMフリー

 

UQモバイル版のXiaomi 13TはSIMフリー(シムフリー)です。

Xiaomi 13Tを含め、UQモバイルで2021年10月1日以降に販売されたスマホは全てSIMロックがかかっていません。

 

SIMロックはかかっていないので、購入時から他社のSIMを入れてAPN設定すれば問題なく使えます。

Xiaomi 13Tはドコモ/au/ソフトバンク/楽天モバイルの4Gバンドを網羅しています。

ただしドコモ5Gのn79には非対応なので、ドコモのSIMを入れて5G通信をしたい人はn79に対応した他機種がよいでしょう。

 

nanoSIM・eSIMのデュアルSIM

 

UQモバイルのXiaomi 13TはnanoSIMとeSIMが使えるデュアルSIMです。

もちろんDSDVにも対応しています。

 

UQモバイル Xiaomi 13T nanoSIM SDカード

 

UQモバイル Xiaomi 13T eSIM

 

UQモバイルやau回線以外にドコモ・ソフトバンク・楽天モバイルの回線でも使えるので、UQモバイルと他社のSIMを併用するのもおすすめです。

ただしドコモは4Gは使えるものの5Gのn79には非対応なので、5Gも使いたい人はau回線/ソフトバンク回線か楽天モバイルがよいでしょう。

 

5G対応

 

UQモバイルのXiaomi 13Tは5G対応のAndroidスマホです。

UQモバイルの5Gプランを契約している人は、5Gが追加料金不要で使えます。

現在4Gプランを契約中の人は、無料で現行プランにプラン変更すれば5Gが使えるようになります。

 

UQモバイルの5Gエリアはまだまだ十分に広がったとは言えず、5Gでしか楽しめないコンテンツもありませんが、1~2年もすれば5Gが使えるエリアも広がってきます。

4Gスマホと比べても価格は高くないので、5Gは不要という人も今から5G対応端末を購入しましょう。

 

CPUはDimensity 8200-Ultra

 

Xiaomi 13Tに搭載されているチップセットはMediaTekのDimensity 8200-Ultraです。

ミドルハイのCPUで、antutu(ver10.1.8)のベンチマークスコアは89万ほどでした。(のちほど詳しく解説)

重い3Dゲームもできる性能です。

 

性能の割に価格も高くないのでコスパがよいですね。

 

メモリーRAMは8GB

 

Xiaomi 13Tのメモリー(RAM)は8GBです。

これだけあれば安心ですね。

 

さらにストレージの容量を使って最大5GBまで拡張できます。

体感で処理速度が変わるほどではないと思いますが、ストレージに余裕がない場合を除いては5GBまで拡張するのがおすすめです。

 

UQモバイル Xiaomi 13T メモリ拡張

 

ちなみにメモリー拡張の設定は「設定」→「追加設定」→「メモリ拡張」からできます。

 

ストレージは128GB

 

Xiaomi 13Tのストレージ(ROM)は256GBです。

これだけあれば十分ですね。

初期状態では35GBほど埋まっており、残りは220GBほどでした。

 

UQモバイル Xiaomi 13T ストレージ容量

 

ただしSDカードによる容量拡張はできません。

256GBで足りない人はクラウドストレージを利用しましょう。

 

microSDカードは非対応

 

Xiaomi 13TはmicroSDカードが使えません。

本体のストレージ容量は256GBありますが、256GBで足りない人はクラウドストレージなどを利用しましょう。

 

イヤホンジャックなし

 

Xiaomi 13Tには3.5mmイヤホンジャックもありません。

有線でイヤホンやヘッドフォンを接続したい人は、USB Type-Cから3.5mmイヤホンジャックに変換するケーブルを使ってください。

 

 

最大67Wの急速充電

 

Xiaomi 13Tは最大67Wの急速充電に対応しています。

バッテリーが少なくなっても短時間で回復できるのが便利です。

 

ただし、急速充電器やPD対応ケーブルは付属していません。

通常の充電器やUSBケーブルも使えますが、せっかくなので65Wや100Wの急速充電に対応したPD対応充電器/PD対応ケーブルを使うのがおすすめです。

 

 

USB端子はUSB Type-C

 

Xiaomi 13TのUSB端子はUSB Type-Cです。

前章で解説したとおりXiaomi 13Tは最大67Wの急速充電に対応しているので、せっかくなら65Wや100Wの急速充電に対応したPD対応充電器/PD対応ケーブルを使うのがおすすめです。

 

 

▼Xiaomi 13Tの詳細▼

UQモバイル公式ショップ 

 

Xiaomi 13Tのカメラレビュー

 

カメラは3眼レンズ

 

Xiaomi 13Tのアウトカメラは3つのレンズを搭載しています。

 

  • 約5,000万画素(標準/広角)
  • 約1,200万画素(超広角)
  • 約5,000万画素(望遠)

 

UQモバイル Xiaomi 13T カメラ トリプルレンズ

 

インカメラは2,000万画素の広角で、画面の上部の穴にレンズがある「パンチホール型」です。

 

実際に撮影した写真

 

ここではXiaomi 13Tで撮影した写真を記載していきます。

ただし、記事にアップする際に画質は劣化していますので参考程度にみてください。

 

まずは通常の写真です。

最近のスマホはある程度性能が高いので、たとえエントリーモデルの機種だとしても通常写真はきれいに撮影できます。

撮影したのは朝8時頃だったので完全に明るくなる前の時間でしたが、それでも十分きれいです。

色は肉眼よりも少し鮮やかになっている気がします。

UQモバイル Xiaomi 13T カメラレビュー 1倍

 

Xiaomi 13Tには超広角レンズも掲載されています。

大自然の風景写真を撮影するときなどに使えますね。

UQモバイル Xiaomi 13T カメラレビュー 超広角

 

Xiaomi 13Tには望遠レンズもあり、最大20倍までズーム可能です。

2倍・3倍以上はほとんど使わないと思いますが、念のため載せておきます。

 

▼2倍▼

UQモバイル Xiaomi 13T カメラレビュー 2倍

 

▼4倍▼

UQモバイル Xiaomi 13T カメラレビュー 4倍

 

エントリーモデルの低価格機種だと4倍になるとぼやけてきますが、Xiaomi 13Tは4倍でもきれいです。

ただ、6倍になると細かい部分の鮮明さはなくなってきます。

鮮明に撮影できるのは4~5倍まででしょうか。

 

▼6倍▼

UQモバイル Xiaomi 13T カメラレビュー 6倍

 

8倍以降はおまけという感じですね。

 

▼8倍▼

UQモバイル Xiaomi 13T カメラレビュー 8倍

 

▼10倍▼

UQモバイル Xiaomi 13T カメラレビュー 10倍

 

▼15倍▼

UQモバイル Xiaomi 13T カメラレビュー 15倍

 

▼20倍▼

UQモバイル Xiaomi 13T カメラレビュー 20倍

 

最後に、カメラの性能差が出やすい夜景の写真です。

Xiaomi 13Tには夜景モードも搭載されていますが、まずは普通に撮影した場合の写真です。

全体的に鮮明で、このままでもなかなか良いと思いました。

UQモバイル Xiaomi 13T カメラレビュー 夜景

 

続いて夜景モードに切り替えて撮影した写真はこちら。UQモバイル Xiaomi 13T カメラレビュー 夜景モード

 

正直、ほとんど差はありません。

夜景を撮影する場合は、夜景モードに手動で切り替えなくてもAIが自動で判断して夜景モードで撮影してくれるようです。

ただし、AIは必ず夜景モードで撮影してくれるわけではないので、夜景モードに切り替えて撮影するのが確実です。

 

ちなみに、私が現在メインで使っているGoogle Pixel 6のナイトモードで撮影した夜景はこちら。

Google Pixelシリーズのカメラの評判は非常に良いのですが、わずかにXiaomi 13Tの方が鮮明で明るい気がします。

 

Xiaomi 13Tのカメラはかなり良いです。

私がメインで使っているGoogle Pixel 6も(型落ちながら)カメラの評価は高いのですが、Xiaomi 13Tはそれよりも良いと思いました。

強くこだわる人でなければ、Xiaomi 13Tはミドルスペックの機種の中でもかなり満足のいくカメラが搭載されています。

価格もそこまで高くないので、この価格でこの性能ならかなりオススメできる機種ですね。

 

UQ版Xiaomi 13Tの付属品

 

Xiaomi 13Tの付属品は画面保護フィルム、ソフトケース、SIMピンです。

画面保護フィルムは貼り付けられた状態で出荷されます。

USB充電器や充電ケーブルは付属していません。

 

  • 画面保護フィルム(貼付済み)
  • ソフトケース
  • SIM取り出し用ピン
  • 取扱説明書類

 

UQモバイル Xiaomi 13T 付属品 同梱品

 

充電器・USBケーブルなし

 

Xiaomi 13TにはUSB充電器やUSBケーブルは付属していません。

お持ちでない人は自身で準備が必要です。

 

なお、Xiaomi 13Tは最大67Wの急速充電に対応しているので、せっかくなら65Wや100Wの急速充電に対応したPD対応充電器/PD対応ケーブルを使うのがおすすめです。

 

 

Xiaomi 13Tのスマホケース

 

UQモバイルのXiaomi 13Tにはソフトケースが付属しています。

ただし、付属しているのは透明の簡易的なものなので、好みがある人は自身で購入しましょう。

 

 

Xiaomi 13Tの画面保護フィルム

 

Xiaomi 13Tは最初から画面保護フィルムが貼付されています。

こだわりがなければ、自身で購入する必要はありません。

 

ただし、ガラスフィルムや反射低減、指紋が目立たないフィルムなどを使いたい人は自身で購入しましょう。

個人的な印象としては、付属のフィルムは指紋が目立つ気がするので、しばらく使ったら貼り替えましょう。

 

 

▼Xiaomi 13Tの詳細▼

UQモバイル公式ショップ 

 

Xiaomi 13Tの便利機能

 

搭載便利機能一覧

 

Xiaomi 13Tに搭載されている便利機能は以下のとおりです。

 

機能 有無
おサイフケータイ
防水 ○(IPX8)
防塵 ○(IP6X)
ワンセグ ×
ワイヤレス充電 ×
指紋認証
顔認証

 

画面内指紋認証・顔認証対応

 

Xiaomi 13Tは顔認証と指紋認証の両方に対応しています。

 

指紋認証は画面内指紋認証です。

Xiaomi 13Tには出荷時から画面フィルムが貼付されているのであまり心配はないと思いますが、自分でフィルムを買い替える場合は口コミなどを見て指紋認証に影響がないか確認したほうがよいかもしれません。

 

防水/防塵対応

 

Xiaomi 13Tは防水にも対応しています。

防水はIPX8なので、水濡れや水没にも強いです。

 

防塵もIP6Xなので問題ないでしょう。

 

おサイフケータイ対応

 

Xiaomi 13Tはおサイフケータイに対応しています。

おサイフケータイのマークはありませんが、オンラインマニュアルによるセンサーは本体背面の最上部あるようです。

 

Xiaomi 13T おサイフケータイ Felica どこ

 

ワンセグ・フルセグ非対応

 

Xiaomi 13Tはワンセグ・フルセグには対応していません。

 

ワイヤレス充電非対応

 

Xiaomi 13Tはワイヤレス充電に非対応です。

 

UQ版Xiaomi 13Tの対応バンド

 

Xiaomi 13Tの対応周波数

 

UQモバイル版のXiaomi 13Tの対応バンドは以下のとおりです。

 

  • 5G:n3/n28/n77/n78
  • 4G/LTE:B1/3/8/18/19/26/28/42
  • 3G:B1/6/19

詳細対応周波数一覧 | UQ (PDF)

 

ドコモ回線で使える?

 

Xiaomi 13Tはドコモ回線でも使えますが、5Gのデータ通信には注意が必要です。

 

ドコモ回線で使用する4G/LTEのバンドは1・3・19です。

UQモバイル版のXiaomi 13Tは1・3・19の全てと、VoLTEにも対応しています。

よって、Xiaomi 13Tはドコモ・ahamoやドコモ回線の格安SIMでも通話や4Gによるデータ通信ができます。

 

シムラボでもahamoのSIMを入れてみましたが、SIMを入れると自動でAPNが設定され、通話やデータ通信が問題なくできました。

また、すぐに5G表記になり、その後も5Gのままデータ通信ができました。

 

UQモバイル Xiaomi 13T ドコモ回線 使える

 

ただし、5Gのデータ通信には注意が必要です。

ドコモが使う主要な5Gバンドはn78・n79ですが、UQモバイルのXiaomi 13Tはn79に非対応です。

n28やn78には対応しているのでエリアによっては使えないことはないですが、あまり期待できません。

ドコモのSIMをメインで使う場合には他機種を選びましょう。

 

シムラボでahamoのSIMを差した際は5Gで通信できましたが、たまたまn79以外の5Gバンドをつかんだのでしょう。

 

他社で使用する際は、使用前に必ず各キャリアの動作確認端末を確認してください

 

ソフトバンク回線で使える?

 

ソフトバンク・ワイモバイル回線で使う4G/LTEのバンドは1・3・8ですが、Xiaomi 13Tはすべて対応しています。

5Gバンドのn77にも対応しています。

よって、UQモバイル版のXiaomi 13Tはソフトバンク・ワイモバイル・LINEMOやソフトバンク回線を使った格安SIMでも問題なく使えます。

 

シムラボでもワイモバイルのSIMを入れてみました。

ahamoのように自動でAPNは設定されませんでしたが、APNはプリセットされた中から選択するだけで、選択後に機内モードをON→OFFにするとすぐに通話やデータ通信ができるようになりました。

また、問題なく5Gでも通信できました。

 

UQモバイル Xiaomi 13T ソフトバンク回線 使える

 

ただし、使用前に必ず各キャリアの動作確認端末を確認してください

 

au回線・au VoLTE対応

 

Xiaomi 13Tはもちろんau回線で使えます。

 

Xiaomi 13Tはau回線の4Gバンド(1・18・26)と5Gのn77/n78の全てに対応しています。

また、au VoLTEにも対応しています。

 

よってUQモバイル以外にもau/povo/UQモバイルやau回線を使った格安SIMでも4G/5Gが使えます。

 

使用前に必ず各キャリアの動作確認端末を確認してください

 

楽天モバイルで使える?

 

記事執筆時点で、UQモバイル版のXiaomi 13Tは楽天モバイル公式サイトの「ご利用製品の対応状況確認」に記載がありません。

UQモバイルは過去の機種もほとんど記載されていませんが、同じ仕様のau版はしばらくすると動作確認されるかもしれませんので、しばらく待ちましょう。

 

シムラボでも楽天モバイルのSIMを入れてみましたが、SIMを入れると自動でAPNが設定され、すぐに通話やデータ通信ができるようになりました。

また、5Gでも通信できました。

 

UQモバイル Xiaomi 13T 楽天モバイル 使える

ただし、UQモバイル版のXiaomi 13TはETWSなどの細かい機能には対応していない可能性が高いです。

同時期に発売されたRedmi 12 5Gも細かい機能には非対応でしたし、過去機種もほとんどが非対応です。

 

Redmi 12 5G 楽天モバイル 使える

 

普段使いでは困りませんが、楽天モバイルをメイン回線として使う場合には少し不安です。

楽天モバイルのSIMをメインで使う人は楽天モバイルで端末を買うのがおすすめです。

詳細楽天モバイルのおすすめ端末

 

Xiaomi 13Tのベンチマークスコア

 

シムラボでもXiaomi 13Tのベンチマークを測定しました。

 

antutu

 

antutu(V10.1.8)で測定したXiaomi 13Tの総合ベンチマークスコアは約89.0万でした。

 

UQモバイル Xiaomi 13T antutu ベンチマークスコア

 

このスコアがあれば重い3Dゲームもある程度快適に処理できるでしょう。

メモリーRAMも8GB(拡張で最大13GB)なので十分です。

 

Geekbench6

 

Geekbench 6(6.2.2)によるXiaomi 13Tのベンチマークスコアはシングル:1216、マルチ:3834でした。

 

UQモバイル Xiaomi 13T Geekbench6 ベンチマークスコア

 

私も数日間に渡ってXiaomi 13Tを使いましたが、WEBサイトやSNSの閲覧、アプリの使用においてはかなり快適でした。

あまりヘビーな使い方はしませんが、設定画面やアプリの切り替えなどの速度もかなり速かったです。

 

ただ、それほどスマホを使わない人にとってはややオーバースペックかもしれません。

同じXiaomi製スマホならRedmi 12 5Gでも十分だと思いますし、Galaxy A23 5Gなども安く買えます。

詳細UQモバイルのおすすめ端末一覧

 

▼Xiaomi 13Tの詳細▼

UQモバイル公式ショップ 

 

Xiaomi 13Tの購入/機種変更はこちら

 

以上、UQモバイルで発売されたXiaomi 13Tの詳細でした。

購入はweb限定キャンペーンがお得なUQモバイル公式オンラインショップが断然おすすめです。

購入はこちらからどうぞ!

 

▼Xiaomi 13Tの詳細▼

UQモバイル公式ショップ 

 

▼オンライン限定割引あり▼
UQモバイル オンライン限定セール端末割引の詳細はこちら 

 

他の販売中のスマホはこちら
UQ mobileのおすすめ端末

 

UQモバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました